クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.39182017年1月17日(火)放送
宇宙から謎の信号?地球外生命を追う

宇宙から謎の信号?地球外生命を追う

宇宙人の存在に迫る! 世界が本格的調査へ!

山あいにこつ然と現れた、大きなおわん型の施設。
何とこれ、中国で9月に完成したばかりの世界最大の電波望遠鏡です。
直径は500メートル、面積はサッカーコートおよそ30個分もあります。
今、この巨大な電波望遠鏡で、宇宙人が発した電波を捉えようとしています。

実は、アメリカでもオーストラリアでも、巨大な電波望遠鏡どうしを連携させて、宇宙人探しが行われています。
「ブレークスルー・リッスン」と名付けられた、このプロジェクト。
ロシアの投資家が資金を提供し、世界中の研究者に呼びかけて実現しました。

ロシアの投資家 ユーリ・ミルナーさん
「このプログラムには10年にわたり、合計115億円の資金が投入されます。」

宇宙論の権威・ホーキング博士をはじめ、世界中の著名な科学者たちが参加を表明しています。

理論物理学者 スティーブン・ホーキング博士
「今こそ地球外生命を見つけると公約すべきときがきました。」

世界中の電波望遠鏡のデータが集まるのはここ、カリフォルニア大学バークレー校です。

地球外知的生命探査センター 所長 アンドリュー・セミアン博士
「ここで世界中の望遠鏡を操作し、観測しています。」

指揮を執るのは、アンドリュー・セミアン博士。
無数に広がる星々に望遠鏡を向けて、宇宙人の活動に由来する電波を探しています。

地球外知的生命探査センター 所長 アンドリュー・セミアン博士
「いま標的にしているのは、はくちょう座にあるKICー8462852という天体です。
地球外知的生命の高度な文明があるかもしれないと考えられています。」

ケプラー宇宙望遠鏡によって捉えられた、はくちょう座の一角に位置する恒星「KICー8462852」。

なぜか、過去に1週間だけ極端に暗くなっていたことが分かりました。
この不可解な現象、宇宙人の仕業ではないかという説が出ています。

高度な文明を持つ宇宙人が、光のエネルギーを効率的に利用するために巨大な建造物を造っているのではないか。
そして、恒星を囲むように造られた、その建造物が光を遮っているのではないかというのです。
ちょっとした変化も見逃すまいとモニターに目を凝らします。

「何か変わったことがありましたか?」

地球外知的生命探査センター 所長 アンドリュー・セミアン博士
「いや、いまのところありません。
でも機器は順調に動いているので期待できます。
せまい部屋でモニターを見続ける退屈な作業でも、常に興奮しています。
5分、10分の間に、人類の未来を変える発見をするかもしれないのですから。」

世界の科学者が調査開始! 宇宙の知的生命はどこに?

ゲスト カンニング竹山さん(お笑い芸人)
ゲスト 渡部潤一さん(国立天文台副台長)

竹山さん:これは、はくちょう座に巨大建造物がもしあるとすれば、1週間ぐらい暗くなっただけで、宇宙人みたいな知的生命体がそれを造ったと言い切れるんですか?

渡部さん:言い切れはしないんですけど、あれだけ暗くなる現象を最初は、すい星、ほうき星や小惑星で説明しようとしたんですが、なかなかそれでは説明しきれない。
建造物でも、まだ説明しきれないところがあって、謎に満ちているんです。
今それが、本当にどういう原因なのかを探っているところなんです。

竹山さん:暗いということは、ずっとかぶさり合っていると、これが映らないから暗いけど、星だと、こういきますもんね。
すごいな。

多くの研究者が「いる」ということを前提に真剣に議論しているわけだが、今、こうした地球外生命の探査は注目されている?

渡部さん:これは理由が2つありまして、1つはそれだけ観測する技術が進んで、いろんなものが見えてきた、本当に手が届きそうになってきたということと、もう1つは地球のような生命が住めるような場所が、実は宇宙の中でたくさん見つかってきているんです。
そういうことから、やっぱり探すべきだということになっています。

竹山さん:われわれ人間が進化していくということですね。

渡部さん:技術問題としても進化していますね。

はくちょう座のほかにも、具体的にこうした地球外知的生命の存在が疑われる事例はある?

渡部さん:1977年に、アメリカの天文台で非常に強い信号を受けたことがありまして、これを「Wow!信号」というんですけど、あまりにも強いので、アメリカ人が「Wow!」と書き込んだという。
これは、同じ方向を見ても二度と受けられなかったんですけど、そういう事例は今までもあって、これから新しい技術で、また謎が解けていく可能性もあるわけです。

そんな中、去年(2016年)ロシアの電波望遠鏡が地球外知的生命からの信号かもしれないという電波をキャッチしまして、世界を騒がせました。

宇宙から謎の信号!? 人類の備えはOK?

雪原に突如現れる巨大な施設。
ロシアの電波望遠鏡「RATAN−600」です。

ラタン600研究室 ニコライ・ブルーゾフ上級研究員
「電波望遠鏡としては最大の施設です。」

謎の信号を捉えたのは、一昨年(2015年)5月のこと。
ヘラクレス座にある、恒星とその惑星に向けた時。
自然界では存在しないような強い電波をキャッチしたのです。
およそ2秒間続いたといいます。

ラタン600研究室 ニコライ・ブルーゾフ上級研究員
「こんなことは初めてでした。
私が知る限り、宇宙からと思われる信号を受信したことはありません。」

その情報は、イタリアにいる第一人者に伝えられました。

クラウディオ・マッコーネ博士。
地球外知的生命探査の学会で委員長を務め、ロシアの研究チームにも名前を連ねていました。
信号は地球外知的生命によるものなのか。
確証が持てなかったマッコーネ博士は、去年の夏、仲間の研究者たち40人近くに詳細な情報を添えたメールを送りました。

IAA地球外知的生命探査委員会 クラウディオ・マッコーネ委員長
「真偽を検証できる望遠鏡を持っている仲間の研究者に知らせたのです。」

ところが、そのメールを受け取った研究者の1人がインターネットで情報を公開してしまいます。
詳細なデータまで記載された記事がテレビ局などの目に留まり、大々的にニュースで取り上げられました。

ロシアのテレビ番組
「宇宙人はSFの話だとは言い切れないようです。」

アメリカのテレビ番組
「はるか遠くの文明から送られてきたメッセージではないかと話題になっています。」

ニュースを知った人々からは、一斉に不安の声が上がりました。

“宇宙人は我々より、はるかに進んでいるだろう。”

“私たちは宇宙人に征服されるか、一掃されるかのどちらかだ。”

“地球は彼らの植民地候補になるに違いない。”

実は、人々に不安を起こさせないために、研究者の間には、ある取り決めが交わされていました。

1989年に学会で採択された、地球外知的生命からの信号の発見に関する議定書です。
条文は、検証から公表までの手順や返信の制限などを定めた9条からなります。
2条では、不確実な情報の公開を禁止しています。
その一方で、宇宙からの信号を受信した時は、複数の研究所で検証しなくてはならないとも定めています。
今回、マッコーネ博士は複数の研究所で検証するため、メールを大勢の研究者に送りました。
その情報が漏れて、不確実な情報の公開になってしまったのです。
その後、事態は思いがけない結末を迎えます。

アメリカのテレビ番組
「専門家たちを含め、多くの人たちが人為的な信号だったのだろうと考えています。」

アメリカの天文学者が追跡調査したところ、未確認の人工衛星など、地球由来のノイズである可能性が高いとされたのです。
誤った情報の拡散と結論づけられた、今回の騒動。
しかし、研究者たちの間では、発見時の対応について課題が残りました。

兵庫県立大学の鳴沢真也博士。
マッコーネ博士から信号の検証を依頼された研究者の1人です。
その後の学会では、近い将来起こりうるであろう地球外知的生命の発見に対し、改めて実効性のあるルール作りが必要だと確認されたといいます。

兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 鳴沢真也博士
「プロトコル(議定書)に沿って行動する心の準備は、しておくべきですね。
今回の“事件”はSETI(地球外知的生命探査)コミュニティにとっても、私にとっても、よい教訓になったというように思ってます。」

ついに地球外生命と接触… そのとき人類はどうする?

竹山さん:おお!いよいよ現実味というか、もうSFとかドラマや映画の世界じゃない、これが現実にあるわけですよね。
じゃあ地球外知的生命と接触について、いろいろルール作りが必要というのは具体的には何をどうするんですか?
なんですか、ルールというのは。

渡部さん:信号を受けた時に研究者はどうすべきか、あるいは、大きく言えば、人類としてどうすべきかということを、やっぱりある程度決めておかなければいけないということにつながると思うんですね。
それは、もう議論は少しずつ始まっていると思いますけれども、まだ今回の件では、研究者側に情報の共有のしかたや公表のしかたに問題があったということは言えると思います。

そもそも地球外知的生命と接触すべきかどうかということも研究者の間では今、議論になっているんです。
例えば、ホーキング博士は「絶対に接触は避けるべきだ」としているんです。
なぜかといいますと、コロンブスがアメリカ大陸を発見した時と同じように、地球が侵略されてしまうという理由からなんです。
一方、地球外知的生命探査の草分けの1人、ロシアのカルダショフ博士は逆に「積極的に接触すべきだ」という立場なんです。
地球人は、より高度な地球外知的生命に学ぶべきだという理由なんです。
研究者の間でも真っ二つに意見は分かれているんです。
これについて、視聴者の皆さんからもさまざまな意見が寄せられているが、竹山さんはどう思う?

竹山さん:映画みたいに向こうがぐんぐん来ちゃったら、接触しなくても、もう会っちゃうわけじゃないですか。
でも、会うかどうかの寸前ぐらい、こっちに決める権利があったとしても、僕はもう会ったほうがいいんじゃないかと思うんですよね。
それはなぜかというと、向こうがそれだけ高度な文明を持っていれば、こっちが隠れた気でも全部見透かされているような気がするんですよ。
だから、ちょっと平和的なというか、友好的なというか、そうなった方がいいと思うけどなあ。

ロシアの件でも不安の声が多く上がっていて、あわやパニックという状況だったんですけれども、実は研究者は、パニックを避けるために宇宙人との接触に際して、社会への影響度をはかった上で公表することが大切だというふうに考えているんです。
そのために考えられたのが、「リオスケール」と呼ばれる計算式なんです。
宇宙人からの接触が疑われた場合に、その状況や頻度、距離そして情報の信頼度から求められる数値なんです。
結果は0から10で数値化されまして、その数字が大きいほど影響力も大きいということになるんです。

例えば、どんな例かといいますと、映画「E.T.」。
宇宙人そのものが目の前に現れちゃったという場合は、最大の10。
甚大な影響があると。
そして、次に「コンタクト」という映画がありましたが、地球に向けた信号を何度も受信するようなシーンがありましたが、これは4から6に当たるということなんです。
実際の今回のロシアの件をリオスケールで計算しますと、当初の状況ですと2。
限りなく低いということで、それほど影響度が高くなかったんです。
こうしたことがきちんと整理されていれば、パニックに陥ることもないのではないかと考えられているんです。

竹山さん:4~5とか、5~6になった場合は、ちゃんと公表はしてもらえるんですか?

渡部さん:最終的には公表をする。
ただし、公表した後の対策とか、そういうのはまだ議論されてないんです。
(10だった場合、どうしたらいいのかというのは定まってない?)
実は、天文学で小惑星が地球に衝突する危険性を評価する「トリノスケール」というのがありまして、このトリノスケールは、そのスケールに応じて、その後、社会で何をすべきか。
例えば、避難すべきというようなことを、すでにユネスコや国連で議論を始めているんです。
だから、同じような議論がこのリオスケールにも必要なんじゃないかなと思います。

竹山さん:具体的に話し合われてきたんですね。

宇宙人との接触についてもいろいろ考えられてきている中、それと並行して地球外生命の探査というのは急速に進んでいるんです。
中でも注目されているのが、「系外惑星」です。
私たちの住む太陽系の外で、地球と同じような環境の惑星を探せば、生命が見つかるのではないかというふうに考えられているんです。
今、最も注目されている系外惑星探査をご紹介します。

太陽系外惑星を探査 夢の計画実現へ

2009年公開の大ヒット映画「アバター」。
舞台になったのは、地球から最も近い恒星「ケンタウルス座アルファ星」の周りを回る、架空の天体です。
去年8月、まさにこの場所に、地球にそっくりな環境を持ち生命が存在するかもしれない惑星が、本当に発見されました。

「太陽系に最も近い系外惑星の発見に、私たちは、とても興奮しています。」

その名は「プロキシマb」。
わずか4光年という近さもあって、今、探査機を送り込む計画が急ピッチで進んでいます。

この小指の爪ほどの大きさのものが、探査機本体の模型。
このサイズに4台のカメラをはじめとした観測機器を搭載する予定です。
さらに探査機の推進力には、光の力を使います。

本体の周りには1メートル四方のヨットのような帆を広げます。
地上からの強力なレーザー光線を受けると、光の20%の速度にまで加速していきます。

スターショット計画技術責任者 ピート・クルーパー博士
「この探査機が完成すれば、宇宙探査に革命が起きるでしょう。」

探査機の開発に20年。
打ち上げてから、プロキシマbにたどりつくまで20年。
そして、データが地球に届くのに4年。
早ければ44年後には、地球外生命の画像が見られるかもしれないといいます。

生命発見の日は近い? 着々と進む宇宙探査計画

現実的に44年後に地球外生命の画像が見られるかもしれないんです。

竹山さん:あんな小さいのが、44年ですか。
何が見つかるんですかね?
地球外生命体。

渡部さん:たぶんプロキシマbは地球と同じように海を持っていると思われていて、もし大陸があれば、そこに、もしかしたら植物があって、緑色に茂っているかもしれない。
そういうものが見られるんじゃないかなと思います。

知的生命ももしかしたらいるかもしれない?

渡部さん:可能性としては、それほど高くはないと思うんですけど、本当に何がいるか分からないですよね。

竹山さん:地球だって昔は人間はいなかったわけですからね。

実は、私たちのすぐ近くの宇宙にも生命がいるのではないかと探索する研究が日本で進められているんです。

地上400キロメートルを周回する国際宇宙ステーション。
日本の実験棟「きぼう」があります。
この部分に取り付けられているのが、宇宙を漂う、ちりを採取する装置。
エアロゲルと呼ばれるスポンジのような物体に吸着させる仕組みです。

去年8月に回収されたサンプルには、生物由来の有機物や微生物を含むと期待できる、ちりが見つかりました。

東京薬科大学 生命科学部 山岸明彦教授
「2017年の初めから前半くらいに、ある程度の結果が出るのではと期待しています。」

竹山さん:見つかったんですね、ちり。

ちりが見つかって、その結果、どんなものなのかは今年(2017年)には分かるかもしれないということです。

竹山さん:本当に今、この番組に出演させてもらうのちょっとふわふわしていますね。
えっ本当か?これはっていう。
なんかのドッキリなんじゃないかというのもあったけど。

この研究については?

渡部さん:これは「たんぽぽ計画」というんですけど、たんぽぽが種をまくように、地球から、もしかしたら生命が宇宙に飛び出しているかもしれない、あるいは逆に降ってきているかもしれないという、そういうものを見つけようとしているもので、本当に見つかったらおもしろいことだなと思います。

私たちが生きているうちに、どんな地球外生命に会えるのか楽しみになってくるが、期待度としてはどのくらい?

渡部さん:地球外生命については、もう10年か20年で見つかるとわれわれは信じています。

竹山さん:いや、ちょっといい時代に生まれたなぁ。
会いたい!見たい!

知的生命も可能性がある?

渡部さん:あると思いますね。

これからの研究に期待したいと思います。

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス