クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.3464 2014年2月5日(水)
見つめて 触れて 語りかけて ~認知症ケア“ユマニチュード”~

見つめて 触れて 語りかけて
~認知症ケア“ユマニチュード”~

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

見つめて 触れて 語りかけて
~認知症ケア“ユマニチュード”~

病院に入院しているうちに、認知症が進んで、すっかり元気をなくしてしまったこちらの3人。 あるケアを受けたところ…。 元気に、お化粧。 Vサイン。 そして握手。 一体、何が起きたのでしょうか。 認知症の高齢者が急増する、医療の現場。 状況が理解できずに、治療を拒む人も多く、対応に追われています。 治療のために患者の動きを抑え、その結果、症状がさらに悪化してしまうことも、少なくありません。 病院看護師 「何とかこの状況を変えたいとは思いますけど、実際どうしていいのかわからない。」 この事態を打開しようと、先月(1月)、病院の団体が、研修会を開きました。 認知症の人に接するためのケア、フランス生まれの、ユマニチュードという手法を学びます。 これまでの接し方を改めることで、怒りっぽい、意欲がなくなるといった症状を、改善する効果が期待されています。 ユマニチュード考案者 「この方法で、認知症の高齢者だけでなく、家庭やケアに関わるすべての人たちが、穏やかに過ごせるようになるのです。」 認知症になっても、人と人とのつながりを、全うしようという認知症ケア、ユマニチュード。 その可能性を探ります。

出演者

  • イヴ・ジネストさん
    (ジネスト・マレスコッティ研究所 所長)

  • 本田 美和子さん
    (国立病院機構 東京医療センター 総合内科医長)

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス