2021年2月 1日

2021年02月01日 (月)

旬の「あさつき」を食す & 「県工」からゲスト

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

今週から、2月がスタート!

 

『ぺんぎんナッツ』の中村陽介さん・いなのこうすけさんとともに、

ラジオを通して、元気をお届けします。

 

元気になるには「食」も大切!

 

ということで「んめぇ~なふくしま」で紹介したのは、

この時期が旬の「あさつき」です。

 

DSC00109.JPG

 

JAふくしま未来 女性部 安達地区・副部長の菅野まゆみさん

「あさつき」について聞きました。(菅野さんは、後列左端)

 

DSC00117.JPG

 

あさつきは、血行を良くし、肩こりや疲労回復の効果が期待できるとともに、

 身体に活力を与えてくれる栄養素がたっぷり含まれています。

 

JAふくしま未来での出荷量は20tほどで、

その90%を安達地区で作っているというから驚きです。

 

きょうは、新鮮なものを使って

「あさつきの酢味噌和え」を作ってきてくれました。

 

DSC00111.JPG

 

【あさつきの酢味噌和え】

~材料~

▼あさつき…お好みの量

▼酢…大さじ2

▼みそ…大さじ1

▼砂糖…大さじ1

 

~作り方~

⓪あさつきに根がついていたら、切り落としておく。

①あさつきは、洗って汚れを落とす。

②沸騰したお湯に塩少々を入れて、ゆでる。

サッとゆでたら、冷水をくぐらせて水気を切る。

③酢味噌だれを作る。

ボウルに酢、みそ、砂糖を入れてよくかき混ぜる。

味はお好みで調整を♪

④水気をよく切ったあさつきと、酢味噌だれをよくからませて、できあがり♪

 

菅野さんによると「シャキシャキとした食感を残すために、ゆですぎないようにする」

のがポイントだそうです。

 

中村さん、いなのさんは、ともに、あさつき初挑戦!

 

「しゃきしゃきとした、独特の食感がたまらない~!」と、

ぱくぱく食べすすめていました。

 

「あさつきを食べると、春が来る」と話す、菅野さん。

みなさんも、見かけたら、食べてみてくださいね。

 

◆ ◆ ◆

 

『Go!Go!ハイスクール』で紹介したのは、福島市にある「福島工業高校」。

 

福島市民の間では「県工(けんこう)」と呼ぶ人が多い印象があります。

 

今回は、2年生で生徒会長の亀倉諄哉さんが、学校生活のことを教えてくれました。

 

DSC00118.JPG

 

(会長らしいポーズを!という、ぺんナツからのオーダーに応えて)

 

電気科をはじめ、機械科・建築科・環境化学科・情報電子科の5つの学科がある福島工業高校は

「普通科の高校では得られないような技術を学べる」のが最大の特徴です。

 

「中学生の頃からあこがれていた資格をとる!」と目標を立てて入学した亀倉さん。

 

一生懸命頑張っている様子を聴くと、とても輝いて見えました。

夢に向かって、頑張ってくださいね。応援しています!

 

 

~きょうの音楽~

・ただひとつだけ伝えたいこと/かりゆし58

・いわき地固め唄/遠藤えりかさんの歌唱

(第42回NHK東北民謡コンクール 福島県大会の出場者)

・ドライフラワー/優里

(福島工業高校の生徒会長、亀倉諄哉さんが選んだ1曲)

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:35 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲