2021年1月

2021年01月30日 (土)

冬には"おかゆ"&「手紙」募集 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんばんは!佐藤彩乃です。

 

週の終わりの金曜日♪

曜日パーソナリティーは、

たんぽぽの白鳥久美子さん。

 

白鳥さんは、リモートでの参加でした。

 

今週のテーマ「寒い冬、何食べる?」

について聞いてみると、白鳥さんは…

 

「朝昼晩、おかゆを食べています!!」

 

ベースの味を中華風にし、

ピータンをいれたり、

ホタテを入れたり(高級~!キラキラ)

さまざまなバリエーションで

楽しんでいるそうです。

 

どうしても

「風邪をひいた」

「胃腸の調子がよくない…」

というときに食べるイメージがある

おかゆですが、

具を工夫すれば、いくらでも楽しめそう!

 

まだまだ寒いこの時期に、

食べるとポカポカしそうです。

 

さて、きょうの番組後半には、

特別企画「わたしたちの“物語”」

をお送りしました。

 

これまで、

『はまなかあいづTODAY』で

展開してきたこのコーナー。

 

きょうから

『こでらんに5』でも

スタートすることになりました。

 

震災と原発事故から、まもなく10年。

 

みなさんからお寄せいただいた、

震災にまつわる手紙やメッセージを

紹介するキャンペーン「わたしたちの物語」を、

福島の新聞社やラジオ局と共同で行っています。

 

1回目のきょうは、

震災当時、浪江町の小学校に勤務していた

男性からいただいた手紙を紹介しました。

 

「あの時」をともに経験した、

同僚への感謝の手紙でした。

 

みなさん1人1人の10年間を振り返っていただき、

「突然の別れで伝えられなかった言葉」や

「支えてくれた誰かへの感謝」などを

お寄せください。

 

お送りいただく方法は、以下の3つです。

▼郵便

〒960-8588

NHK福島放送局

「わたしたちの物語」係まで

▼ファクシミリ

024-522-3700

▼NHK福島放送局のホームページから

 

お寄せいただいた手紙やメッセージは、

『こでらんに5』をはじめ

『はまなかあいづTODAY』や

NHK福島放送局のホームページで

紹介するほか、

福島の新聞社やラジオ局でも

紹介させていただく場合があります。

 

みなさんからの手紙やメッセージ、

お待ちしています。

DSC00104.JPG

(書き、書き…)

 

これにちなんで、

来週の番組メッセージテーマも

「手紙」です。

 

最近、筆をとりましたか?

受け取ってうれしい手紙は、ありましたか?

ぜひ、教えてくださいね。

 

今週も『こでらんに5』に

お付き合いいただき、

ありがとうございました。

 

週末にかけて、

ぐっと冷え込む予報が出ています。

 

あたたかくして、お過ごしくださいね。

それでは、また来週!

 

1つ、お願いがあります。

 

金曜日の「こでらー大喜利」。

作品の受け付けは、

2月4日(木)正午までです。

いつもより早めに投稿を!

たくさんの作品、お待ちしています♪♪

 

DSC00105.JPG

 

~きょうの音楽~

・太陽にお願い/東京スカパラダイスオーケストラ

・君だけを見ていた/To Be Continued

・Brave/伴都美子

・切手のないおくりもの/WANIMA

 

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:07:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2021年01月29日 (金)

お手軽 "からだポカポカ" レシピを紹介 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

「寒い冬、何食べる?」をテーマに

おたよりを募集している、

今週の『こでらんに5』。

 

リモート出演の木曜パーソナリティー、

開沼博さんにとっては「おでん」!

 

「やっぱり、味のしみたおでんは、

ほっとしますよねぇ…」と、

電話口の向こうに

ほほえみが見えたようでした…

 

暮らしに役立つ情報をお届けする

『ひろし探検隊』でも、

このおたよりテーマにちなんで

「手軽にからだを温めるレシピ」を

紹介しました。

 

教えてくれたのは

福島学院大学・食物栄養学科・

講師の橋本ヨシイさん。

 

橋本さんには、

月曜日に放送している

「んめぇ~なふくしま」でも

お世話になっています。

 

「からだを温める食材」というと、

ぱっと思い浮かぶのは、、、

 

「しょうが」「ニンニク」「ネギ」、

それに「辛いもの」といったもの。

 

橋本さんによると

「発酵食品」もそのひとつなのだそう。

 

発酵食品は、発酵の過程で酵素が生まれ、

食べ物の消化吸収を良くし、

代謝をよくして、

体温を上げる働きがあるということです。

(これは意外でした~!)。

 

さらに「調理法」も、とっても大切!

「葉物野菜は体を冷やす」とされますが、

ゆでればOK!

 

大根やニンジンも、生のサラダは冷えますが、

煮たり蒸したりすると体を温めてくれます。

 

体を冷やすイメージがある夏野菜のトマトも、

炒めたり、煮込んだりするとよいそうです。

 

さらに、橋本さんには、

体を温める食材を使った、

カンタン料理を教えてもらいました! 

 

ニラにんじんのふわふわ卵みそ汁

 

~材料(1人分)~

・ニラ…1/3束(約30g)

・にんじん…20g

・豆腐…40g

・卵…1個

・だし汁…200ml

・みそ…小さじ2

・水溶きかたくり粉…少量

 

~作り方~

(1)

ニラを2cmくらいの長さに切り、

にんじんはせん切りにします。

卵は、小さい容器に溶きほぐしておく。

 

(2)

鍋にだし汁を入れて、火にかけます。

煮立ってきたら、

にんじんと、豆腐(手でちぎりながら)、

ニラ、みそを加えます。

 

(3)

水溶きかたくり粉でとろみをつけ、

溶き卵を回し入れます。

卵がふわっと浮いてきたら、

火を止めて器に盛り、できあがり!

 

★ポイントは、

かたくり粉で「とろみをつける」こと。

とろみをつけることで、冷めにくく、

最後まで温かく食べられます。

 

ジンジャーミルクティー

 

耐熱マグカップに、

材料を入れて、レンジでチンするだけ!!

DSC00094.JPG

私も、作ってみました!

自然な甘さで、ほっとする味わいです。

 

~分量~

・牛乳…150ml

・紅茶のティーバック…1袋

・おろししょうが…

 小さじ1/2~1(好みで調整)

・はちみつ…小さじ1~2

・シナモンスティック  1本

(または、シナモンパウダー)

★レンジで作るときは、

吹きこぼれないよう、ご注意を!

 

レシピを教えてくれた橋本さんは

「体温が36℃以下になると、

風邪をひきやすくなったり、

感染症にかかりやすくなったりする

といわれます。

食事で体を温めて、

この寒い時期を乗り越えましょう!」

話していました。

 

今夜の食卓の「もう一品」に、

寝る前の「ほっとする時間」に、

いかがでしょうか♪

 

体の中からも外からも、

しっかりあたためて、

心も体も健康でありましょう!!

DSC00101.JPG

 

~きょうの音楽~

・きっと忘れない/ZARD

・愛Knowマジック/米米CLUB

・Black Rover/ビッケブランカ

・勝手にしやがれ/高橋真梨子

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:07:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2021年01月28日 (木)

投稿、お待ちしています♪ @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」

丹野なな子です。

 

この季節にしては

“暖かい”と感じる日が、

ここ数日続いていますね。

 

まだ1月ですから、

このまま春が来るわけはないのでしょうが、

ここまでの寒さで

“ちぢこまっていた体”にとっては、

ありがたい…(笑)

 

新しい年になり、気温が上がると、

丹野には心配ごとがひとつあります。

 

そう、あれ!あれです!!

 

“スギ花粉”です。

 

実は、今月の2週目あたりから、

怪しい雰囲気がありました。

 

すでに1月中から、

【予防の飲み薬・点眼薬・

点鼻薬・花粉除けめがね】、

そして、マスクは引き続き…。

私にとっての、

“少し気が重い 

長~い春”の始まりです(涙)

 

少し冒頭が長くなりました。

さて、本題です♪

 

きょうの番組は、国会中継のため

午後5時50分からの10分間でした。

聞いてくださった“こでらーさん”いるといいな…

 

ぎゅぎゅぎゅぎゅーーーと凝縮して、

こでらーさんからのメッセージを

可能なかぎり紹介しました。

 

今週のテーマは

「寒い冬、何食べる?」です。

 

きょうは『鍋料理を食べたい♪』

というこでらーさんが、多かったかな?

 

あす以降も、

みなさんからの投稿を、お待ちしています!

 

投稿をお待ちしているのが、もう一つ。

s-DSC00090.jpg

東日本大震災から10年になるいま、

この10年間、

それぞれの心にしまっていた言葉や思いを、

手紙やメッセージの形で届けてください!

というプロジェクト、

「わたしたちの“物語”」。

 

詳しくは、

福島局のホームページをご覧ください♪

https://www.nhk.or.jp/fukushima/monogatari/index.html

 

あなたの思いを

「こでらんに5」の中でも、

紹介させてください!

 

この大きなポスターから、

プロジェクトにかける

私たちの熱意も伝わるかしら?

待っています、お願いします。

 

最後になりましたが、

きょう予告していた

「ふくしまクエスト」と

「こでらんに温泉」は、

後日、改めて紹介する予定です。

ご了承ください。

 

ときどきある“凝縮放送”

(←こんな言葉あるのかな?)の隊員日誌、

報告は以上!きょうも任務完了…。

 

こでらーのみなさん、

引き続き、

新型コロナウイルスの

感染拡大防止のための

“基本の対策”をお願いします。

 

その対策一つ一つが、

大事な命を守ることにつながります。

 

いま、みんなで協力して、

収束の日が必ず来ると信じて

過ごしましょう!

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:07:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2021年01月27日 (水)

リンゴジュースの飲み比べ!? @佐藤彩乃

 

「福島民報社」と協力しながら、

地域の情報や頑張っている人を紹介する

『ふるさとツアーズ4』

 

きょうは『磐梯町』から、

リンゴジュースの話題をお届けしました。

 

電話で話を伺ったのは、

磐梯町の農家・田中重博さん。

ジュースと、

その原料となるリンゴを作っています。

 

生食用として出荷するのは

難しいリンゴを選んで、

須賀川市にあるリンゴ専門の加工場に運び、

ジュースに加工してもらっているとのこと。

 

およそ8年前に作り始めたリンゴジュースは、

全部で10種類あって、

品種ごとに違った味わいを楽しめます。

 

生食としても人気の「サンふじ」、

酸味の強い「紅玉」、

香りの高い「シナノスイート」、

サラッとした甘みが特徴の「つがる」など、

味の特徴はさまざま。

 

福島民報の記事に載っている、

6本セットの写真をよ~く見ると、

1本1本透明度が違っていて、目でも楽しい♪

 

さらに驚くことに、田中さんの農園では、

その倍以上の

品種のリンゴを育てているとのこと!

 

恥ずかしながら、

そんなに品種があるなんて、

知りませんでした…!

 

どれも

「おいしいものを味わってほしいという

一心で作っています」と話す

田中さんの語り口からは

「リンゴへの愛」が

ひしひしと伝わってきました。

 

リンゴジュースは、

大ビンと小ビンの2種類の展開で、

大ビンは1ℓ入り、

小ビンは200ml入りです。

 

小ビンは、6本セットでも販売していて

「飲み比べ」するのがオススメだそうです。

やってみたい!

 

<問い合わせ先>

磐梯町の

「道の駅ばんだい 徳一の里 きらり」

電話番号:0242-74-1091

 

~2月の「ふるツア」は?~

2日(火)に紹介するのは『川俣町』

そして、

9日(火)にお伝えするのは、こちら!

DSC00080.JPG

 『浅川町』です。

どうぞお楽しみに~♪

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:07:00 | カテゴリ:ふるさとツアーズ4 | 固定リンク


2021年01月27日 (水)

引地さんは、焼かずに「煮込んで」いただきます @佐藤彩乃

 

…そう、それは「ギョーザ」のこと!!

みなさんのお宅では、いかがですか?

 

こんにちは!佐藤彩乃です。

冒頭の「煮込みギョーザ」は、

火曜パーソナリティー・

RAG FAIRの引地洋輔さんが

「寒い日に食べたい!」という

メニューのひとつとして

紹介してくれたものです。

 

とんこつ風のスープで

グツグツと煮込めば、

つるるんと何個でも食べられる&

からだがあたたまること、

間違いなし!!ですね。

 

引地さん自身が陣頭指揮を執り、

1か月に80個ほどの

ギョーザを作るという引地家。

 

冷え込む予報の今週末にも、

つくりおきのギョーザを煮込んで、

ぽかぽかしたいな~と話していました。

 

こんな話題になったのも、

今週のおたよりテーマが

「寒い冬、何食べる?」だから。

 

こでらーの皆さんからの

たくさんのメッセージ、

ありがとうございます。

 

あまりにおいしそうなものの数々に、

お腹がぐぅ…!

 

引き続き、皆さんからのメッセージ、

お待ちしています。

DSC00073.JPG

 ~きょうの音楽~

・Blue Moon/RAG FAIR

・ハートのイアリング/松田聖子

・希望の道/西村由紀江

・羅針盤/高橋優

 

~『ふくしまSONGS』の曲~

・聴かせて

 /ハートフルサウンド

・はじめましてから出会いたい

 /ハートフルサウンド

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:07:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2021年01月26日 (火)

放送再開 & 福島ジビエの可能性 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、ごぶさたしておりました!

佐藤彩乃です。

 

大相撲中継が明けて、

3週間ぶりの放送再開です。

 

久しぶりの放送に、気合十分!!な

「ぺんぎんナッツ」のふたりと

お届けしましたよ。

 

番組前半

『んめぇ~なふくしま』のゲストは、

福島大学食農学類・准教授の林薫平さん。

 

「福島のジビエの可能性」、

特に「イノシシ」について

教えてもらいました。

s-DSC00071.jpg 

ご自身の研究内容にちなんで?

革のジャケットをお召しです!すてき~!

 

2011年の原発事故以降、

県内のイノシシは、

まだ、食用にすることはできません。

 

一部で、皮の活用はしているものの、

肉の部分は廃棄処分になっています。

 

「せっかく命をいただいているのだから、

せめて、食べることで活用したい」

「近い将来、福島のイノシシが

食べられる日が来たときのために」と、

林さんたちが研究を進めているのが

「ジビエ」です。

 

実験のひとつとして、

他県産のイノシシの肉を

猪苗代町の「雪室」で

3か月間熟成させると、

驚くほどおいしくなったそう!

 

ぺんナツのふたりも

「ええ~すごい!早く食べてみたい~!」と、

興味津々でした。

 

林さんは

「県産のイノシシだから、

ひとまとめにすべて制限」とするのではなく、

「放射性物質の濃度が

低くなっている生息域はないか?

出荷のためにできることはないか?と、

可能性を探りながら研究を進めていきたい、

と意気込みを語っていました。

 

福島のイノシシの肉が

安心して食べられるようになったら、

ぜひ、また番組で教えていただきたいな、

と強く思いました。

 

1日も早く、私たちの食卓に

「福島のイノシシ」が

並ぶ日が来ますように!

 

~今週のおたよりテーマ~

「寒い冬、何食べる?」です。

 

週末にかけて、

ぐっと冷え込む予報が出ています。

 

寒さに負けない料理のレシピや、

「冬には必ずこれを食べる!」という

みなさんの知恵をお送りください!

お待ちしています♪

 

~きょうの音楽~

・炎(ほむら)/LiSA

・メシ I GOT IT ↑↑/GReeeeN

・僕が僕のすべて/嵐

※Go! Go!ハイスクールで話を聞いた、

郡山女子大学附属高校・

伊藤さやかさんのリクエスト

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:07:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2021年01月08日 (金)

久々!『リモート大喜利』開催 & しばらくお別れです

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

金曜日のパーソナリティーの、

たんぽぽ・白鳥久美子さんは、電話での出演でした。

 

去年6月以来の、久しぶりの「リモート大喜利」。

少しずつ、息が合ってきました!

 

白鳥さんは

「みんな、お正月休み中に、いっぱい考えて送ってくれました!

紹介する作品がたくさんだ~!」と、

 

新年早々その腕を競う、全国のこでらーの皆さんをたたえていましたよ。

 

2021年、初笑い!たくさんの投稿、ありがとうございました。

 

さて、来週からの『こでらんに5』は、

大相撲初場所の中継を予定しているため、お休み期間に入ります。

 

放送再開は、今月25日(月)の予定です。

 

しばらくお別れとなるこでらーの皆さんに向けて、白鳥さんは

 

「どんな状況にあっても“笑っていれば、きっと何とかなる!”

 

また元気に集まって、笑いましょうね~!」と、メッセージを送ってくれました。

 

次にお耳にかかるときまで、どうかみなさん、健康で、お元気にお過ごしください。それでは!

 

s-DSC00064.jpg

 

~次回放送のお知らせ~

 

メッセージテーマは「寒い冬、何食べる?」です。

 

鍋?しょうがをたっぷり使った料理?

 

それともシチュー?(私は、その上にサックサクのパイのふたがのっていると、心が躍ります)

 

~きょうの音楽~

 

・そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸

 

・繋いだ手から/back number

 

・ひだまりの詩/Le Couple

 

・虹の都へ/高野寛

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:28 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2021年01月07日 (木)

開沼さんはリモートで出演です

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

緊急事態宣言の発出を受けて、

木曜パーソナリティーの開沼 博さんには、リモートで出演してもらいました。

 

きょうの放送では

「ことしは体を動かす1年にしたい!」

と意気込む開沼さんにぴったりの内容をお届けしました。

 

去年の秋に放送した『ひろし探検隊~ラジオでストレッチ~』の、アンコール放送です。

 

「ストレッチの詳しい内容を知りたい!」

「この日誌で、開沼さんの写真が見られないなんて、さみしいわ…(涙)」

という方は、こちらをクリック!

 

開沼さんの、珍しい姿(?)も見られます。

 

2020年09月10日 (木)放送

「ギュ~っと縮んで、パッ!!」ラジオでストレッチ

https://www.nhk.or.jp/fukushima-blog/2020/09/10/

 

お正月の運動不足&からだのだるさ・重さを、気持ちよ~く解消しちゃいましょう。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね♪

 

あすも、メッセージテーマは「今年はどんな年にしたい?」です。

 

このテーマのおたよりの紹介は、あすが最終日!

もちろん、それ以外のことでも大歓迎です。お待ちしています!

 

s-DSC00061.jpg

 

(元日に、勢いで「お米の検定」に申し込むも、盛大に水加減を間違えて大量のおかゆを製造した私。果たして、合格できるのか?)

 

~きょうの音楽~

 ・PIECES OF A DREAM/CHEMISTRY

 ・夜空ノムコウ/スガシカオ

 ・サイレントマジョリティー/欅坂46

 ・愛だったんだよ/玉置浩二

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:38 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2021年01月06日 (水)

ことしもよろしくお願いいたします @丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

水曜日の田中・丹野コンビ、ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

きょうが、新年最初のW担当の日でした。

 

いまの福島の気になる話題を取り上げる「ふくしまクエスト」では、

旬の「あんこう」を紹介しました。

水産物といえば、番組準レギュラーの福島市公設地方卸売市場の山下明彦さん!

きょうは電話で話を聞きました。

s-DSC00044.jpg

※スタジオに届いた試食用の“あんこう鍋”♪

 

福島の市場でも、“県産品”という位置づけで、この季節のメインの魚“あんこう”。

ここ最近は、県外からも『福島のあんこうが欲しい!』と、

人気が高まってきているそうです。

以前は、庶民的な魚だったあんこう、近頃はいわゆる“常磐もの”のくくりで、

高級感が増してきているそうですよ♪

 

きょうも、田中アナウンサーがこでらーのみなさんを代表して、試食♪

「新年の良いスタートができた!良い1年になりそう♪♪」と、

本人も大満足の味わいだったようです。

s-DSC00038.jpg

※身の部分、白身がおいしそう~

s-DSC00037.jpg

※肝(あんきも)も、食欲をそそる~

 

山下さん

「あんこうが一年でも一番おいしくなる12月から2月にかけて、

期間限定で出回る、あんこう。

毎日食べてとは言わないので、売り場で見かけたら、

この季節ならでは!ということで、ぜひ食べてみてください。」と山下さん。

 

おいしい地元の魚をたくさん食べて、ことしも健康で元気に過ごしますね!

山下さん、きょうもありがとうございました。

 

 

番組後半は、

映画や本の人気ランキングを紹介する「こでランク」。

きょうは「本」の情報。

福島市内にある書店の店長、本の達人・熊谷茉結さんの登場です♪

s-DSC00048.jpg

書店の年越しは、休みが“おおみそかと元日”だったそうです。

開店していたおかげで、

年末年始の期間に「読みたい本を確保できた!よかった~」という人も多かったかもしれませんね。

 

さて、きょうの人気ランキング、

社会現象になっている劇場版アニメのノベライズが早くも登場していたり、

本格的推理小説がランクインしていたりと、興味深いものでした。

 

そして本の達人の一押しの本は、本格ミステリー作品。

昭和24年、名古屋市内の新制高校が話の舞台です。

青春×ミステリー、どんな展開なのか魅力的ですよね!(丹野は読みました)

 

88歳の現役ミステリー作家が、

自らが経験した“戦後日本の混乱期”と“青春の日々”を描き出した物語。

かつて読んだ、文学作品の世界を感じました。

(私は、自分が生まれる前の昭和の空気感を、

本の世界でたくさん浴びていたんだなぁ~と、確認!)

 

熊谷さん

「作者は、現在“昭和36年を舞台とした続編”を構想中ということです。」

おー、創作意欲は、その情熱はどこからくるのでしょう?

人生の先輩を見習って、私もこの1年、頑張りまーす!

隊員日誌、報告は以上!きょうも任務完了です。

 

去年の年末から、新型コロナウイルスの感染が拡大しています。

あらためて基本の対策を確認!

ひとりひとりが自分のことと考えて慎重に行動して、

後から振り返ったときに、「取り越し苦労で済んでよかった」と思えるようにしたいですね。

(自分自身に、言い聞かせています!)

 

【きょうの音楽】

1曲目 Ti Amo / EXILE

2曲目 言葉にできない / オフコース

3曲目 長崎の鐘 / 紺野恭子

4曲目 本当の世界  /  奥華子

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:20:28 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2021年01月05日 (火)

次回は『磐梯町』を紹介します

 

福島民報社と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ」。

 

きょうは、アンコール放送として『鏡石町』の話題をお届けしました。

 

(去年11月に取り上げたときの記事は、こちらです!

https://www.nhk.or.jp/fukushima-blog/900/439846.html

 

そして、新年初めての抽選会!今回は、2回分を抽選しました。

 

s-DSC00021.jpg

 

まず、次回(1月26日の予定)紹介するのは…

 

s-DSC00019.jpg

 

『磐梯町』

 

そして、その次(2月2日の予定)は…

 

s-DSC00020.jpg

 

『川俣町』です。

 

(決して同じ写真ではありません!笑 引地さん、しっかりその市町村の位置に、ボールを合わせてくれていますよ~!)

 

次回以降も、どうぞお楽しみに♪

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:13:06 | カテゴリ:ふるさとツアーズ4 | 固定リンク


2021年01月05日 (火)

引地さんのことしの目標は&大喜利は木曜締め切り!

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

火曜パーソナリティーは、RAG FAIRの引地洋輔さんです。

 

今週のメッセージテーマは「今年はどんな年にしたい?」。

 

引地さんにも聴いてみると、意外な答えが返ってきました。

 

それは「あえて、目標を持たないこと」だそう!

 

新型コロナウイルスの影響で、去年に続き、なかなか明確な予定が立てにくいご時世。

 

「2021年12月31日に振り返ったとき

“ああ、ことしは、いいことが、あれもこれもあったなぁ…”

と積み上げる年にしたい!」

という思いが込められていました。

 

なるほど、これはすばらしい発想の転換です!

 

私も「休み明けの日は、出社しただけで100点満点!仕事をしたら、加点!」

をモットーに生きているので

(引地さんは“ハードル低っ!笑”と言いながらも、妙に納得した様子)、

 

“目標を持たない”のもありだなぁ…と、思わず共感してしまいました

(あれっ?それとこれとは関係ない?笑)。

 

こでらーのみなさんからも、まだまだメッセージお待ちしています!

 

 

~番組からのお知らせ~

 

『こでらー大喜利』の次回の作品締め切りを、

 

「1月7日(木)午後11:59まで(木曜日いっぱい)」

に変更させていただきます。

 

お題は「うちのコタツ、そろそろ買い替えかも…何が起きた?」です。

 

引地さんにも、答えを考えてもらいました(しかも、2つも!ありがとうございます!!)。

 

「猫が、丸くならなくなった」

 

投稿は、こちらからお願いします。お待ちしています!

 

https://www.nhk.or.jp/fukushima/k5/ogiri/index.html

 

~きょうの音楽~

(『ふくしまSONGS』で紹介)

・@Hello繋ぐ笑顔の輪/氏家エイミー

・会津時空-winter's-」/氏家エイミー

(その他の曲)

・そうるとれいん/CRAZY KEN BAND

・高校3年生/森山直太朗

・カナリヤ/米津玄師

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:12:17 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


2021年01月04日 (月)

冬は、やっぱりこれでしょ!「いかにんじん」

 

こでらーの皆様、あけましておめでとうございます。佐藤彩乃です。

 

ことしも、放送を通して、明るく、元気になれる時間をお届けできるよう、まい進します。

 

2021年も『こでらんに5』を、どうぞよろしくお願いします。

 

新年も、月曜日は「ぺんぎんナッツ」の中村陽介さん・いなのこうすけさんと、にぎにぎしくお届けします!!

 

さて、『んめぇ~なふくしま』で紹介したのは、県北地区の冬を象徴する、こちら。

 

s-DSC00004.jpg

 

「いかにんじん」です!

 

国見町で農業を営む、鈴木恵子さんにお話を伺いました。

 

s-DSC00009.jpg

 

(↑ 海外旅行が好きな鈴木さん。なかでもアメリカがお気に入りだと聞いた中村さんは、

  自由の女神を全身で表現)

 

今回のいかにんじんに入っているのは、国見町・川内地区の「長にんじん」です。

 

阿武隈川と滝川の合流地点にある川内地区は、

水はけがよく、層の下の方までやわらかい土壌が広がっています。

 

長にんじんや長ごぼうの栽培にぴったりで、

ミネラル豊富なおいしい根菜が育ちます。

 

そして、長ニンジンの最大の特徴は、名前の通り、その長さ!

 

大きいものだと、80cmから100cmにもなります。

 

「掘り出すのも、一苦労!」と、収穫秘話なども伺いながら、長にんじんの魅力に触れました。

 

(実は、去年12月の放送でも、長にんじんを紹介しました!

 

こちらもご覧ください

https://www.nhk.or.jp/fukushima-blog/150/440690.html

 

鈴木さん自慢の長にんじんを使った「いかにんじん」のレシピを紹介します。

 

【いかにんじん】(4人分)

~材料~

▼長にんじん…500g

▼切りスルメ…45g

▼しょうゆ…50㎖

▼みりん…25㎖

▼酒…25㎖

▼水…250~300㎖(減塩のため)

※以下はお好みでどうぞ

▼砂糖…大さじ2

▼酢…10㎖

 

~作り方~

①長にんじんの皮をむき、5センチくらいの長さに切り、千切りにする。

 

②スルメをお酒に30分くらい漬けて、柔らかくしておく。

(分量は、長にんじん2本に対し、市販の「切りスルメ」の小さめパック1袋の割合)

 

③切った長にんじんをボウルに入れ、塩をまぶして揉み、柔らかくする。

長にんじんがしんなりするまで、ザクザクと力を込めて揉む。

 

④ボウルに水を流し入れながら長にんじんを洗って、塩気をとる。

洗ったら、にんじんを手で強く絞って、いかにんじんを漬ける器に移す。

 

⑤だしは、鍋に水、しょうゆ、みりん、酒を入れて、ひと煮立ちさせて火を止める。

(にんじんとイカが全て浸るくらいの分量を作る)

 

⑥長にんじんとスルメイカを混ぜ、だしを注いで混ぜあわせる。

 

⑦密封容器などに入れて、冷蔵庫で2日ほど寝かせたら完成!!

 

~鈴木さんからのポイント~

★にんじんは、細く切ると味がしみ込みやすく、太く切った方がおいしさを感じられます。

食べやすさ重視で切ってください。

★長にんじんを揉んで柔らかくすると、鮮やかなオレンジ色が強くなり、香りもさらにUP!

 

お話を聞いた鈴木さんは

 

「“川内の長ニンジンは柔らかくておいしい”と言ってもらえると、その言葉が励みになります。ぜひ、いかにんじんには川内のものを使ってね!笑

 

手作りの愛情のこもった料理を食べて、新型コロナウイルスに打ち勝ち、感染が収束して喜びが感じられるように、みなさん、健康でいましょう!」と話しています。

 

鈴木さんたちが作った長にんじんは、1月半ばまで、国見町の「道の駅国見あつかしの郷」や、国見町周辺の農産物直売所で販売されています。

 

福島の食べ物からエネルギーをもらって、2021年も元気に過ごしましょう!

 

 

~きょうの音楽~

・NO MORE CRY/D-51

・New Year's Day/テイラー・スイフト

・えんとつ町のプペル/ロザリーナ

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:50 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲