2020年12月 1日

2020年12月01日 (火)

春菊の意外な食べ方&学福ラグビー部員登場 @佐藤彩乃

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

月曜パーソナリティー・

ぺんぎんナッツの2人は、

およそ1か月ぶりの登場!

お久しぶりです~!

 

県内の食にまつわる取り組みを紹介する

「んめぇ~なふくしま」のゲストは、

JAふくしま未来・女性部

伊達地区本部・副部長の氏家愛子さん。

IMG_0095.JPG 

 ※画面中央が、氏家さん

 

氏家さんに紹介してもらったのは…こちら!

shunngiku.jpg 

 「春菊」です!

 

特に、伊達地区産の春菊は、

緑色が濃く、肉厚で柔らかいのが特徴です。

           

冬場の栄養補給に欠かせない野菜で

「食べる風邪薬」とも呼ばれる春菊。

 

春菊の香り成分には、

せきやたんを鎮めたり、

胃腸の調子を整えて

消化吸収を良くしてくれたりする

働きがあるとされています。

 

冬場は、

鍋料理に欠かせない食材として

需要が高い野菜ですが、、、

 

今回、紹介してくれた食べ方は

「春菊ごはん」。

shunngikugohan.jpg

 

中村さん、いなのさんも

「えぇ!?こんな食べ方、

初めて見た!」とびっくり。

 

作り方を紹介します。

【春菊ごはん】(3合分)

~材料~

▼春菊…1束 

▼米…3合 

▼塩…小さじ2 

▼白ごま…大さじ2

 

~作り方~

①春菊は、レシピの分量外の塩を入れた

 熱湯でゆでる。

 ゆでたら冷水に取り、軽く水気を絞る。

②水気を絞った春菊を細かく刻み、

 塩 小さじ2をまぶす。

③塩をまぶしたあと、

 春菊の水分をしっかり絞る。

④絞った春菊に白ごまを加えて、

 よく混ぜ合わせる。

⑤普通の水加減で炊き上げたご飯に、

 ④を加え、切るように混ぜ合わせて、

 できあがり♪

 

春菊をゆで、塩と白ゴマを混ぜ、

炊き立てご飯に混ぜるだけ。

作り方も簡単&栄養満点です。

 

氏家さんによると、

小さな子どもや、

春菊が苦手という人も、

なぜか喜んで食べるという

「春菊ごはん」

 

わたしも、今夜、試してみたくなりました。

おいしい料理を、ごちそうさまでした!

 

 

そして、後半の「Go!Go!ハイスクール」には、

学法福島高校の生徒会長、

2年生の阿部春道さんがスタジオに来てくれました。

IMG_0100.JPG

学法福島高校といえば、スポーツがさかん!

大相撲の大波3兄弟

(=若隆元・若元春・若隆景)の

出身校でもあります。

 

阿部さんは、生徒会長でありながら、

ラグビー部員でもあるのです。

IMG_0099.JPG

 

先日、福島県大会で優勝し、

6年ぶり2回目の花園への

きっぷを手にしたばかり。

 

体の鍛え方、トレーニングの方法など、

中村さんといなのさんからは、

たくさんの質問が飛んでいました。

 

体を大きくするために、

練習後、ウエイトトレーニング前に

「550グラムのごはん」

を食べていると聞いたときには、

驚きの声が!

 

日々の努力の積み重ねが、

勝利をもたらしたのだなと実感しました。

 

きょうの放送のために、

練習を抜けてきたという阿部さん!

(ありがとうございます!)。

 

オンエアを終えて、ほっとした表情で

グラウンドへと戻っていきました。

 

全国大会まで、あと1か月。

福島から、活躍を応援しています!

 

~きょうの音楽~

・いこう/いきものがかり

・冬のうた/Kiroro

・ハナツ/スキマスイッチ

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:08:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲