2019年3月27日

2019年03月27日 (水)

"こで5"、今年度最後の水曜日の放送です@丹野なな子

 

「こでらんに5W(ダブリュー)」、丹野なな子です。

 

今年度最後の、水曜日の放送です。と、タイトルに書きましたが…、

田中・丹野のWコンビは、新年度も変わらず水曜日を担当しますので、

引き続きお願いいたします。

 

さて、「ふくしまクエスト」、きょうは「仕事に役立つ新聞の読み方」がテーマ。

間もなく新年度、これから社会に出る新社会人のみなさんに向けての内容です。

(もちろん、ベテラン社会人のみなさんにも、役立てて欲しい!笑)

スタジオには、新聞のプロ、福島民報社地域交流部の渡部育夫さんに来てもらいました♪

s-IMG_2328.jpg

※写真(左)渡部さん 記者として、事件事故、政治、経済なども担当し、現職に。

 

渡部さんのお話では、

・新聞記事は、大切なことから順番に書いていく

・記事のポイントを、見出し・タイトルという形で示している

 

だから、時間がないという時は、まずは見出しだけでもザッと目を通すと、出来事がわかるし、活字に抵抗感がある方は、読むというより、「見る・目を通す」といった感覚で、少しずつ親しんでみよう!ということが紹介されました。

 

そうなんです、たくさん記事が書いてあると、全部読むの大変そう…、なんて思うことがあるんです。が、ザッとみるだけでも良いんだと思うと、気が楽になりませんか?

その他、自分の感覚で“役に立つ”と思った情報はファイルしたり、スマホのノートアプリで分野別に整理しておくと、役に立つとのこと。

 

新社会人にとっても、さほどハードルは高くないかも?ぜひ、あすから、取り入れてみては?

 

合わせて、記者歴が長い渡部さんに、この春以降、注目すべき出来事についても聞いてみました。

・新天皇の即位、改元

・オリンピック~福島も会場、聖火リレー

世界から注目される中で、福島がどのように動いていくのかということに興味があるし、

どんな新時代になるのか、どんな時代にしていくべきなのかということを、新聞記事をきっかけに想像して欲しいということも、話していました。

 渡部さん、きょうは「ペン」を「マイク」に持ちかえて、ためになるお話をありがとうございました。

 

後半は、「こでランク」。

スタジオには、福島市内にある書店の店長、本の達人・金子瑛未さん。

人気の本のランキングや、達人おススメの本を、紹介しました。

s-IMG_2326.jpg

※写真(左) 金子さんは、花粉症から卒業したいそうです…(涙)

 

「別れと出会いの季節」におススメしたいということで、“ことわざ”をまとめた本を紹介してもらいました。

『ことわざにはたくさんの「処世術」が詰まっていて、生活にまつわるいくつかのテーマ別に、内容が構成されている。この季節、辛くなったりした時に、ことわざから先人の教えを学び、気持ちを切り替えるのもいいのでは!?』と、金子さん。

 

なるほど~。確かに、ことわざって、説得力がありますよね。

うん、この春から、なにか立ち止まるようなときには、この本を参考にしよう。

金子さん、きょうも素敵な本の紹介、ありがとうございました♪

 

きょうの隊員日誌、報告はここまでです。

あす木曜日は、社会学者の開沼博さんと北村有紗さんの登場です!

北村さん、あす・あさっての出演で、「こでらんに5」を卒業です(涙)

番組のメッセージテーマは「卒業」。

こでらーのみなさんから、お疲れ様メッセージを、たくさん届けてください!

お願いします。では、二人に、バトンタッチです!

 

【きょうの音楽】

1曲目 ミラクル / CANTA(かんた)

2曲目 春なのに/ 柏原芳恵

3曲目 ピーター・ガン/ ヘンリー・マンシーニ(※リクエスト曲)

投稿者:丹野なな子 | 投稿時間:20:48 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲