2017年11月28日

2017年11月28日 (火)

プレミアムな商品券販売!"玉川村" @北村有紗

 

みなさんこんにちは!

火曜日は、社会学者の開沼博さんとお届けしています。

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ2」。

きょうは、玉川村の話題です!

 

来月・12月3日(日)に、玉川村で販売される“プレミアム商品券”についての話でしたよ!

1セット1万円で1000円券×11枚つづり!1000円分お得なんです~♪

1人5セットまで購入できるので、最大5000円もお得になっちゃう!

 

来月3日(日)午前10時から、玉川村役場の隣にある就業改善センターで、

その翌日からは、商工会の事務所で販売するそうです。

村外の人でも購入できるそうですよ♪

商品が使用できる店の情報など、詳しくは、玉川村商工会まで。

(電話)0247-57-2250です!

 

「ふるさとツアーズ2」、次回は“金山町”です!

なお、次回は、来月・12月12日(火)の放送予定です。

s-IMG_9945.jpg

どうぞお楽しみに♪

投稿者:北村有紗 | 投稿時間:19:57 | カテゴリ:ふるさとツアーズ4 | 固定リンク


2017年11月28日 (火)

理解するって難しい。@北村有紗

 

みなさんこんにちは!

きょうも、「こでらんに5」にお付き合いいただき、ありがとうございました♪

火曜日は、社会学者の開沼博さんとお届けしています。

 s-IMG_9949.jpg 

「開沼Cafe」のテーマは、“福島の復興状況への、東京と福島の意識の溝について”。

 

「復興五輪」というテーマも掲げられている2020年の東京オリンピック・パラリンピック。

そのビッグイベントに向けて、

“東京の人がどれだけ被災地について理解をしているのか“という意識調査が、

都内のシンクタンクによって行われました。

 

目を引く項目は、「福島県内の現状を東京都民は正しく理解していると思うかどうか」。

東京都民に聞くと、「そう思う」「ややそう思う」は6.8%。

逆に「そう思わない」「あまりそう思わない」は54.6%。

「福島の状況を正しく理解できていないなー」という感覚が、東京都民には圧倒的に強いそう。

 

さらに「福島県産の食べ物に対して、どういう意識があるのか」という調査も。

例えば…「家族や子どもに、福島県産の食品を食べるのを進めるか」という質問には、

35%が「放射線が気になるので、ためらう」と答えています。

正直、この数字にびっくり。そんなに高いんだ…。

自分たちでは分からない温度差があると感じました。

 

あすの水曜日、アルコ&ピースの平子祐希さんはお休み!

ピンチヒッターとして、ふくしまボンガーズのしなだマンさんが、再び登場します♪

こでらー大喜利のお題は、“こんなバスツアーはいやだ!”

作品は1人5通まで。

あすの正午が締め切りです!

お待ちしております♪

 

 

投稿者:北村有紗 | 投稿時間:19:52 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲