2017年10月17日

2017年10月17日 (火)

秋の味覚たくさん!"湯川村"@北村有紗

 

みなさん、こんばんは!

火曜日は、社会学者の開沼博さんとお届けしています。

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ2」!

きょうは湯川村の話題です!

福島大学の学生たちが湯川村の住民と一緒に行っている、地域を活性化するための取組み「堂畑(どうばたけ)マルシェ」について伺いました。

学生達は、湯川村の堂畑地区に訪問し「集落の活性化」をテーマに、昨年度から月に1度ずつ調査や住民と交流を行ってきました。

その中で出てきた活動目標の一つが、「堂畑マルシェ」。

堂畑地区で採れる野菜をもっと広く販売していこうというものです。

このマルシェには、とれたて野菜のほか白ナスなどの珍しい野菜も並ぶそう!

農家と学生、消費者との交流が生まれる、あたたかい取り組み。

これがきっかけで、「自分たちで食べるだけだったけれど野菜を買ってもらう喜びを知った!」と話す農家さんもいるんだそうです。

これからの更なる活動が楽しみ。

そして、湯川のおいしい野菜と出会えるのも楽しみ!

 

次回の「堂畑(どうばたけ)マルシェ」は

今月の28日(土)・29日(日)に福島大学で開かれる「第53回福大祭」で開催されます。

時間は午前9時~午後4時までですが、野菜がなくなり次第終了となりますので是非お早めに!!

 

「ふるさとツアーズ2」、次回は“塙町”です!

s-IMG_9763.jpg

どうぞお楽しみに♪

投稿者:北村有紗 | 投稿時間:21:04 | カテゴリ:ふるさとツアーズ4 | 固定リンク


2017年10月17日 (火)

開沼さんの特技、わたしも欲しい!@北村有紗

 

みなさん、こんばんは!

火曜日は、社会学者の開沼博さんとお届けしています!

今週のメッセージテーマは「わたしの特技」。

開沼さんの特技は“どんな魚でもきれいに食べられること”。

これ、案外むずかしいんですよね…。

 

きょうの「開沼Cafe」は、シリーズでお伝えしている「避難指示解除地域の今後」。

川内村で様々な活動をしている関孝男さんにお話を伺いました。

関さんは、「いわなの郷」の職員。

それと同時に、川内村への移住者を中心に魅力と将来を語る「Cafe學校」というイベントを定期的に開いています。

せっかく川内村に移住してきても離れてしまう人も多い。

また、何かできないかと思っても一人で悩む人もいる。

そこで、それぞれの立場の人がアイデアを出し・交流する場ができればと月1回「Cafe學校」を続けています。

どんなアイデアが出ているのかというと…川内村にゆかりの深い詩人の草野心平が村に本を寄付してできた“天山文庫”を活用しよう!などというもの。

たしかに、せっかくあるのにもったいないですもんね!

誰でも誰からも学びになる場、何かしらをつかめる場にしたいと話していました。

しかもこの会、川内村に関わりがない人でも参加できます。

“川内村”が好きな人、みんなで“川内村”の今後を考える場。

他の市町村でも役立ちそう!!

 s-IMG_9764.jpg

 

あす水曜日は、アルコ&ピースの平子祐希さんが曜日パーソナリティ!

こでらー大喜利のお題は「こんな鈴虫はいやだ!」です!!

どうぞお楽しみに♪

 

投稿者:北村有紗 | 投稿時間:21:00 | カテゴリ:隊員日誌 | 固定リンク


ページの一番上へ▲