福島弁では「なじょすっぺ」が好きです♪ @淺川理沙

こんにちは、キャスターの淺川理沙です。


みなさん、変わりなくお過ごしですか?

私は、大型連休の期間中、一歩も外に出ず、

ずっと、福島の自宅で過ごしていました。

 

前から勉強したかった分野が3つあり、

その中の1つを、毎日ひたすら勉強していました。

 

キャスターになってから、

こんなに自分の時間を持てたのは、初めてでした。

 

忙しさの中で見過ごしていた、自分の気持ちに気がつけたり…。

自分と向き合う時間を持てたことは、とても大きかったです。


また、「テレビを見る時間」が増えたような気がします。

相変わらず、

連続テレビ小説「エール」と「はね駒」を見ています。

 

「エール」の舞台は、東京に移りましたが、

主人公の裕一が暮らしていた川俣町は、

「樹齢500年以上の“秋山の駒桜”」や、

「着るだけで心拍数を図れるシャツ」などの取材で訪れた

思い出深い土地です。


2020-0513-01.jpg

(去年4月。左下に小さく映っているのが私です。

雪が舞っていて、寒かったなぁ。)

 

また、この時期、楽しみにしていたのは、

川俣町で、大型連休に行われる

「川俣シャモまつり」のニュースでした。

 

福島局1年目の夏に

「世界一長い、川俣シャモの丸焼き」という

イベントのニュースをお伝えして、

「105羽のシャモが、1本の棒に通されて、

丸ごと焼かれる」という映像にびっくり!

 

それ以来、川俣シャモのニュースを楽しみにしていたのですが、

残念ながら、新型コロナウイルスの影響で

ことし、春の祭りは中止になったそうです。

 

川俣シャモは、初めて食べたとき、おいしさに感激しました!

その後も、何度か、川俣シャモの親子丼を食べました♪

また、食べに行きたいなぁ。

2020-0513-02.jpg

(卵もぷるぷる。

川俣シャモのレトルトカレーもおいしかったです!)


食べ物といえば、最近はまっているのは、

相馬市の松川浦でとれた「あおさ海苔」です♪

 

午後5時台に放送しているラジオ番組「こでらんに5」で、

ことし2月に紹介され、スーパーで見つけて、すぐに買いました!

(「こでらんに5」で紹介した様子は→→→

https://www.nhk.or.jp/fukushima-blog/2020/02/27/

 

私は、うどんやサラダに入れて食べています。おいしいです!

2020-0513-03.jpg
(「こでらんに5」で紹介されていた

「あおさ海苔のかきあげ」も、とってもおいしかったです!)


相馬市の松川浦。

初めて訪れたのは、福島に来てすぐの2018年4月でした。

 

相馬市といえば、連続テレビ小説「はね駒」の舞台でもあります。

主人公・りんの実家は、松川浦に近い設定だと聞きました。

 

「はね駒」も楽しくて毎日楽しみに見ています♪

関東出身の私には、福島の方言は難しくて、

いまだに話すことはできないのですが、、、、、

 

りんが困ったときに使う「なじょすっぺ」が、

(「どうしよう」の意味ですよね?)、かわいくてお気に入りです♪

私も心の中で使っています。(笑)


先が見えない日々で、私も苦しさを感じますが、

勉強したり、テレビを見たりしながら、気分転換しています。

みなさんも、くれぐれも体に気をつけて、お過ごしください。



淺川 理沙

投稿時間:16:14