2020年3月25日

この1年を振り返って  @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です♪

あっという間に3月末。来週からは新年度が始まりますね!

 

この1年、私は「はまなかあいづTODAY」のリポーターとして、さまざまな場所に取材に行きました。

★スタッフの間では、その日のニュースを機動的に取材して伝える、という意味をこめて“機動班リポーター”と呼んでいました。

 

機動班リポーター初日は、新元号の発表にともなう動きの取材でした。

2020-0325-01.jpg

4月に、衣装を借りて「ミスピーチ」の歴史をお伝えしたことも印象深いです♪

2020-0325-02.jpg

5月には、いわき支局のスタジオから「ウニの貝焼き」のリポートをしたり。

2020-0325-03.jpg

8月。バナナが大好きな私♪広野町で栽培が始まったバナナのリポートは、とてもワクワクしました!

2020-0325-04.jpg

11月には、翌月に設立25周年を迎えるJICA二本松訓練所を取材し、訓練生のみなさんの意気込みに、強い刺激を受けました!

2020-0325-05.jpg

残念ながら、きのう発表があった通り、新型コロナウイルスの影響により、東京オリンピック・パラリンピック、

そして、あしたから始まる予定だった聖火リレーも延期になってしまいましたね…。

 

この1年、東京オリンピック・パラリンピックに向けた動きもたくさんお伝えしました。

7月には、東京オリンピックのソフトボールと野球の試合が行われる、県営あづま球場の改修の状況をリポートしたり。

2020-0325-06.jpg

12月に聖火リレーの詳細ルートが発表された日は、聖火リレーのスタート地点となる「Jヴィレッジの9番ピッチ」を駆け抜けたり。

2020-0325-07.JPG

先週、東京2020オリンピックの聖火トーチを初めて手にしました。

2020-0325-08.JPG

時期を改め、再び福島から大会や聖火リレーが始まるのを楽しみに待ちたいと思います。


そして、福島のありのままの姿や震災の教訓を学ぶ、訪日外国人旅行者向けの「ホープツーリズム」の取り組みをお伝えしたりと、

私が福島局を志望した理由の1つだった、海外での風評払拭に関連する取材も実現できました。

2020-0325-09.JPG

風評に関する内容は「一度伝えたらおしまい」ではなく、

さまざまな形で、繰り返し、県内外や国内外に発信し続けることが大事だと、ますます実感しました。

 

私自身も海外で働いていた頃に、心配した現地の人たちに「福島は大丈夫?」と何度も聞かれました。

海外での風評払拭について、個人的にも今後ずっと関わっていきたいと思っています。


福島で目標としていた取材の多くが実現した1年でした。

急なお願いにも関わらず、取材を受け入れてくださったみなさんのご好意に感謝しています。ありがとうございました。

 

外に出ての取材が多かった業務から一転。新年度からは、また業務内容が変わります!

来週からの1年間も、福島のみなさんを思いながら情報を伝えられるよう頑張ります。新年度もよろしくお願いします♪

 

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:16:15 | 固定リンク


ページの一番上へ▲