2020年3月

まもなく朝ドラ「エール」♪♪ @安藤結衣


こんばんは!エールPR隊長(で、アナウンサー)の安藤結衣です!

いよいよ来週から始まる、連続テレビ小説「エール」!

福島市出身の作曲家、古関裕而をモデルにした主人公を、俳優の窪田正孝さんが演じます。

0327ando1.jpg

 (撮影を前に福島を訪れた窪田さんと)

放送やSNSなどで知ってくださっている方もいるかもしれませんが、、、

去年から「エールPR隊長」として、ドラマ撮影の密着やPR、出演者のみなさんのインタビューなどをしてきました。

0327ando2.jpg

  

放送は3月30日(月)!! まもなくです!

ということで、今まで取材してきた「エール」に関する話題をいくつかまとめて放送します。

 

3月28日(土) 午前7:30からの「ウィークエンド東北」(総合テレビ東北6県向け)

福島で行われた撮影の現場に密着しました!

0237ando3.jpg

 (エキストラとして参加した福島のみなさんと)

 

そして、3月30日(月)からの5日間は、

「エールWEEK」と題して、午後6:10~ 「はまなかあいづTODAY」(総合テレビ福島県域)の中で、出演者インタビューや福島&東京での撮影について放送します!

 

新型コロナウイルスの影響で関連のイベントが中止になるなどご迷惑をおかけしていますが、ぜひいろいろな角度から「エール」を楽しんでいただければと思います!!

 0237ando4.jpg

 0327ando5.jpg

(福島放送局「エール」PR隊一同)

 

投稿者:安藤 結衣 | 投稿時間:14:19 | 固定リンク


この1年を振り返って  @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です♪

あっという間に3月末。来週からは新年度が始まりますね!

 

この1年、私は「はまなかあいづTODAY」のリポーターとして、さまざまな場所に取材に行きました。

★スタッフの間では、その日のニュースを機動的に取材して伝える、という意味をこめて“機動班リポーター”と呼んでいました。

 

機動班リポーター初日は、新元号の発表にともなう動きの取材でした。

2020-0325-01.jpg

4月に、衣装を借りて「ミスピーチ」の歴史をお伝えしたことも印象深いです♪

2020-0325-02.jpg

5月には、いわき支局のスタジオから「ウニの貝焼き」のリポートをしたり。

2020-0325-03.jpg

8月。バナナが大好きな私♪広野町で栽培が始まったバナナのリポートは、とてもワクワクしました!

2020-0325-04.jpg

11月には、翌月に設立25周年を迎えるJICA二本松訓練所を取材し、訓練生のみなさんの意気込みに、強い刺激を受けました!

2020-0325-05.jpg

残念ながら、きのう発表があった通り、新型コロナウイルスの影響により、東京オリンピック・パラリンピック、

そして、あしたから始まる予定だった聖火リレーも延期になってしまいましたね…。

 

この1年、東京オリンピック・パラリンピックに向けた動きもたくさんお伝えしました。

7月には、東京オリンピックのソフトボールと野球の試合が行われる、県営あづま球場の改修の状況をリポートしたり。

2020-0325-06.jpg

12月に聖火リレーの詳細ルートが発表された日は、聖火リレーのスタート地点となる「Jヴィレッジの9番ピッチ」を駆け抜けたり。

2020-0325-07.JPG

先週、東京2020オリンピックの聖火トーチを初めて手にしました。

2020-0325-08.JPG

時期を改め、再び福島から大会や聖火リレーが始まるのを楽しみに待ちたいと思います。


そして、福島のありのままの姿や震災の教訓を学ぶ、訪日外国人旅行者向けの「ホープツーリズム」の取り組みをお伝えしたりと、

私が福島局を志望した理由の1つだった、海外での風評払拭に関連する取材も実現できました。

2020-0325-09.JPG

風評に関する内容は「一度伝えたらおしまい」ではなく、

さまざまな形で、繰り返し、県内外や国内外に発信し続けることが大事だと、ますます実感しました。

 

私自身も海外で働いていた頃に、心配した現地の人たちに「福島は大丈夫?」と何度も聞かれました。

海外での風評払拭について、個人的にも今後ずっと関わっていきたいと思っています。


福島で目標としていた取材の多くが実現した1年でした。

急なお願いにも関わらず、取材を受け入れてくださったみなさんのご好意に感謝しています。ありがとうございました。

 

外に出ての取材が多かった業務から一転。新年度からは、また業務内容が変わります!

来週からの1年間も、福島のみなさんを思いながら情報を伝えられるよう頑張ります。新年度もよろしくお願いします♪

 

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:16:15 | 固定リンク


『エール』放送まであと少し♪♪♪ @高石桃子


こんにちは!「はまなかあいづTODAY」キャスターの高石桃子です。

 

福島出身の作曲家・古関裕而を主人公のモデルにした連続テレビ小説「エール」の放送スタートまで、あと10日ほど。

ずっと行きたかった、福島市の古関裕而記念館に行ってきました。

2020-0319-001.jpg 

 

展示内容については、

今月4日、ラジオの「こでらんに5」と名古屋放送局の「夕刊ゴジらじ」とのコラボレーション放送で

記念館から中継していた安藤アナウンサーのリポートを聞いて、ばっちり予習してから行きました!

(詳しくは、丹野キャスターの隊員日誌をご覧ください♪http://www.nhk.or.jp/fukushima-blog/150/

 

とんがり帽子の屋根と直筆の楽譜をこの目で見ることができて、大満足でした!

 

記念館の見学のあとには、古関裕而生誕の地にも立ち寄りました。ドラマがますます楽しみになりました♪

2020-0319-002.jpg 

 

さらに、ドラマの放送と連動して、

「はまなかあいづTODAY」では、今月から、福島の魅力を全国に発信する「福をココから」のコーナーを放送中です。

みなさんの自慢の1枚を、ぜひ福島放送局のホームページからお送りください!

2020-0319-03.jpg

 

そして、先週と今週のニュースでは、JR常磐線の9年ぶりの全線再開についてたくさんお伝えしました。

そんな中、常磐線再開と同じタイミングで、節目を迎えた鉄道がもう1つあります。それがこちら…。

2020-0319-004.jpg

JR只見線です。おなじみのクリーム色のと緑の車両「キハ40系」。今月13日で引退となりました。

 

秋には、私もこの車両の窓から、絶景を楽しませてもらいました。

引退は寂しいですが…。すでに新しい車両がデビューしているそうです。また乗りに行きたいなと思います♪

 

すっかり春の陽気ですが、週末は、また寒くなりそうですね。

みなさま、体調を崩さないようお気をつけください。

投稿者:髙石 桃子 | 投稿時間:15:08 | 固定リンク


咲いて...いました @丹野なな子


ラジオ番組「こでらんに5」、水曜日を担当している丹野なな子です。

 

夕方のラジオ第1では、連日、大相撲春場所の中継をお送りしています。

「こでらんに5」は、今週までお休みをいただいております。

番組再開は、今月23日(月)の予定です。

 

ほぼひと月まえのこのブログ、「まさか…」のタイトルで、紹介したカーネーション。

先日『東京で桜が咲いた!』というニュースが流れた頃に、…咲いてました(笑)

s-DSC_1039.jpg

※驚きすぎて、花にピントが合っていなくてごめんなさい(汗)

 

しかも、写真で紹介したのとは別の1輪(笑)ノーマークでした(笑×2)

s-DSC_1040.jpg

※以前のブログに取り上げたのは、奥のほうにあるつぼみ

 

冬越しさせていたはずなんですが、これって結局、“鉢植えが冬眠していなかった”ということですよね…。

 

自宅のベランダで起きた小さな出来事。いつもの春なら、花が咲いたら“嬉しい”“喜びの報告”なのですが。

うーん、この冬の暖かさが各方面の植物に、この後どんな影響を与えるのか??が、少し気がかりになってきました。

 

みなさんのまわりの出来事も、「こでらんに5」宛にお送りくださいね♪

(毎週テーマを決めてお便り募集もしていますが、テーマ以外の内容も絶賛募集中 笑)

お待ちしています。

 

投稿者:丹野 なな子 | 投稿時間:13:30 | 固定リンク


浪江駅で、NHK水戸放送局と...! @淺川理沙


こんにちは。キャスターの淺川理沙です♪

 

今月14日(土)に、JR常磐線が全線開通しましたね!!

13日(金)の『はまなかあいづTODAY』では、運転再開を翌日に控えたJR浪江駅から中継しました。

2020-0318-01.JPG

 

常磐線は、私の出身地である千葉県も走っているので、

私にとっては、「福島県から千葉県まで、再び、電車1本で行けるようになるんだ!」という喜びもあります。

浜通りへ、北からも南からも電車で行けるようになることは、復興に向けた大きな一歩となることを実感しました。

2020-0318-02.JPG


一方、常磐線が全線開通することにともなって、最終日を迎えたのが、浪江駅と富岡町をつないでいた「代行バス」です。

浪江駅前で中継の準備をしていると、運行初日から、代行バスを使っていたという男性が話しかけてくださいました。

 

添乗員さんとの思い出などを話してくださり、「いつも顔を合わせていた添乗員さんと会えるのも、きょうが最後。

今後もう会えないかもしれないから、お礼を伝えたくて来たんだよ」と、なごり惜しそうにおっしゃっていたのが印象的でした。

2020-0318-03.jpg

(左に写っているのが、浪江駅前の代行バス乗り場です。)


ところで、今回の中継には「裏話」があります♪

福島局の中継を、NHK水戸放送局のディレクターやカメラマンなどが担当したんです!

 

というのも、水戸局の『いば6』(茨城県域・平日午後6時10分~7時)でも、

福島局と同じ13日(金)に、時間差で、浪江駅前から中継を行ったんです。

 

画面上では『はまなかあいづTODAY』と『いば6』が、同じ場所から中継していたことは分からない形でしたが、

実は、制作や技術面では"コラボ”していたのです!

(『いば6』のサイトはこちら→ https://www4.nhk.or.jp/P3505/


水戸局に向けての中継は、中村慶子アナウンサーが担当しました。

中村アナの中継は、話の展開の仕方や言葉の選び方が、とても勉強になりました。

 

私がキャスターになる前、毎日『おはよう日本』で見ていた中村アナ。

そして、水戸局のみなさんと一緒に浜通りの話題を中継できて、うれしかったです。

 

大学の先輩でもあるということで、一緒に写真を撮っていただきました。

とてもとても優しくて、穏やかなお人柄で、憧れです。ありがとうございました☆

2020-0318-04.jpg


最後にお知らせです。

 

今月も、ラジオ第一の番組『マイあさ!』の「マイあさだより」のコーナーに出演します。

来週・24日(火)朝5時17分ごろからの出演予定です。

放送日の2日後に福島県からスタートする「聖火リレー」についても話します。早朝ではありますが、ぜひお聴きください♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:11:54 | 固定リンク


穏やかに @丹野なな子


ラジオ番組「こでらんに5」、水曜日を担当している丹野なな子です。

 

夕方のラジオ第1では、連日、大相撲春場所の中継をお送りしています。

中継のところどころで、力士の息づかいや、土俵入りでまわしを叩く音なども鮮明に聞こえてきて、

『興味深い中継~』と、感じております。(※個人の感想です)

 

ということで、「こでらんに5」は今週・来週、お休みをいただいております。

番組再開は、今月23日(月)の予定です。もう、年度末ですね。

 

3月の声を聞くころから、毎年、なんとなく“心がざわざわする”のを感じることが、ここ数年続いています。

そんな時は、身の回りの人と、たわいのない話をしたり、“あの日”の自分のことを話したり…。

(この季節に限らず、ふとした瞬間に“あの日”のことを思い出すことも、もちろんあります。)

自分が生きている間は、“あの日”のことは、ずっと忘れないのだと思います。

 

 

さて、話題を変えて!

先日、本格的な春の気配を感じさせる雨が降った夜に、“ほうとう”を作りました♪

s-DSC_1022.jpg

以前勤務していた甲府放送局の同僚が、少し前に、ほうとうの乾麺を送ってくれていたのです!

(※ほうとうは、山梨郷土料理。たくさんの野菜を入れた具だくさんの汁で、太めのもちもちの麺をいただいきます。)

冬の寒さの厳しい時に!と思って、タイミングを見計らっていたのですが、

ご承知のとおり、今シーズンは、なかなか寒い日が無くて…。で、ここまで持ち越していました(笑)

 

“お好きな野菜を”と作り方に書いてあったので、

冷蔵庫にあった、まいたけ・しいたけ・にんじん・かぼちゃ・玉ねぎ・長ねぎで!ほんとうに、具だくさん(笑)

s-DSC_1025.jpg

s-DSC_1026.jpg

※出来たてなので~、撮影中に“湯気”で…、曇った(笑)

 

s-DSC_1027.jpg

※グルメ番組などで見る、箸で持ち上げてみせるいわゆる“箸あげ”をしようとして、

『あ!背景に、写ってはいけない自室の何かが!!!』と気づき、上のような写真に。

あまりおいしそうに見えなくて、ごめんなさい(汗)

 

麦みそベースでダシが効いたつゆが、野菜の甘みと相まって、美味♪

甲府は、東日本大震災後の私に、元気を取り戻してくれた場所。

それがあったから、いまの福島での生活につながっていると、思っています。

そんなことも考えながら食し、心も体もあたたまりました。

 

かつて当たり前と思っていた、当たり前の日常を、いま過ごせていることに、心から感謝して…。

きょうのブログは、この辺りで失礼いたします。

投稿者:丹野 なな子 | 投稿時間:14:12 | 固定リンク


浪江町を歩いて  @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です。

 

きょうで、東日本大震災から9年ですね…。

あっという間に感じますが、この9年間を細かく思い出すと、さまざまなことがあり、決して短い時間ではなかったことを実感します。


今週の「はまなかあいづTODAY」では、震災9年の中継シリーズと題して、毎日、浜通りから中継をしています。

私は、あさって・13日(金)の浪江町からの中継を担当します。

今回は、NHK水戸放送局のディレクターさんやカメラマンさんと一緒にお伝えします。

浪江町の方々の今の思いをお伝えします。ぜひ、ご覧ください。


その中継の取材で、先週、浪江町に行ってきました。

2020-0311-01.jpg

仙台から常磐線に乗り、浪江駅まで向かいました。常磐線に乗ったのは初めてです。

震災によって不通となっていた、JR常磐線の浪江駅~富岡町までの区間。今月14日(土)に全線開通します。

浪江駅のホームには、開通に向けた試運転を行っている車両が停まっていました。

2020-0311-02.jpg

駅前には「祝!JR常磐線全線開通」の文字。

2020-0311-03.jpg

2020-0311-04.jpg

 

ただ、駅の周囲を歩くと、解体を控える建物をいくつも見かけました。

このアパート(だったと思われる)建物も、見た目は新しく、今すぐにでも入居できそうですが、9年をへて、解体が決まったようです。

2020-0311-05.jpg

 

また、地震直後で止まったと思われる時計もそのままに…。

2020-0311-06.jpg


浪江駅から歩いて15分ほど。仮設の商業施設「まち・なみ・まるしぇ」に到着しました。

2020-0311-07.jpg

 

目的は、浪江町名物の「なみえ焼そば」です♪本場のなみえ焼そばを初めて食べました!

ソースが濃く、味がしっかりしていて、おいしかったです!

焼うどんが大好きな私は、なみえ焼そばの極太の麺と、シャキシャキしたもやしの食感がクセになりました♪

2020-0311-08.jpg

店の女性におすすめしてもらい、途中から一味唐辛子をかけて食べました。

私は辛いのが得意ではないのですが、一味唐辛子をかけると、より味がしまって、おいしかったです!

こうしてブログを書いていると、もう一度食べたくなります~!


「まち・なみ・まるしぇ」のすぐ隣にあったのが、この観光案内の看板。

おそらく、震災前に設置されたものかと思います。

浪江町で行われてた(現在も行われている)13の行事の写真と場所が載っていました。

2020-0311-09.jpg

震災によって、浪江町の日常が急に奪われてしまったことを忘れずに、前に進んでいる浪江町の今を、13日にお伝えします。

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:11:44 | 固定リンク


フロアバレーボール、知っていますか?  @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です♪


先月21日(金)の「はまなかあいづTODAY」の「LIVEふくしま」では、

福島県立視覚支援学校が取り組む“フロアバレーボール”をお伝えしました!

2020-0304-01.JPG

 

フロアバレーボールって聞いたことありますか?

もともと、目の不自由な方々が楽しめるスポーツとして考案されました。

全国の視覚支援学校を中心に、昭和30年代から行われている、歴史ある競技なんです。

 

今では、視覚障害のある人もない人も、一緒になって楽しめるスポーツとして親しまれています。

パラリンピック競技の「シッティングバレーボール」とは別の競技ですよ!


県立視覚支援学校の球技部のメンバーは、全員で8人。放課後に週2日、2時間ほど練習しています。

2017年度から、3年連続で全国大会に出場している強豪チームなんです!!

2020-0304-02.JPG

 

では、“フロアバレーボール”とは、どんな競技なのか!?

 

【一般的なバレーボールと同じ点】

・選手の人数(前衛専門3人、後衛専門3人の6人制)

・コートの広さ

・3打以内で相手に打ち返すなどの基本的なルール

・ボールの大きさ(色は、弱視の人も見やすい白色)

視覚に障害のある人たちもプレーする競技ではありますが、ボールの中に鈴が入っているなど、音がするわけではないんです。

2020-0304-03.JPG

 

【一般的なバレーボールと違う点】

違う点は、大まかに3つあります。

 

①「ネットの下」からボールを打つ!

ネットと床との間は、およそ30センチ。このわずかなすき間をボールを通過させて、相手コートにアタックします。

相手が打ち返せなかったり、コートの後ろ側をボールが通過すると、得点となります。

2020-0304-04.JPG

2020-0304-05.JPG

 

②試合中、選手以外は言葉を発してはいけない!

そうすることで、選手たちはボールの転がる音を感じ取ったり、

後衛選手の声やアドバイスを参考にしながら、ボールを追うことができるんです。

 

③前衛の選手は「アイマスク」もしくは「アイシェード」を着用する!

私も、プラスチックでできた「アイシェード」を着けてみました。一切何も見えず、光すら感じることができません。

選手によって視覚障害の程度に違いがあっても、平等にプレーするために着けるものなんです。

2020-0304-06.JPG

 

フロアバレーボールの全国大会は、ことしは8月に兵庫県で開かれる予定です。

球技部のみなさんは、4年連続の全国大会出場を目指しているとのこと!!

全国大会出場だけでなく、全国制覇してほしいなぁと、私も楽しみにしています~☆

 

さらに、3年連続で全国大会に出場した前衛担当の常松桜さんは、福島県の実行委員会から聖火ランナーに選ばれたんです!!

今月28日(土)に、中通りを走ります。私も応援しています~☆

2020-0304-07.jpg

(みんな、とってもいい笑顔♪)


実は、今回の「LIVEふくしま」の取材時に、球技部のみなさんに交じって、私も“フロアバレーボール”を体験させてもらいました♪

私が体験したのは前衛です。アイシェードを着用して、何も見えない中でのプレー。

 

しかし、前衛の2人の選手が、私の手を握って「こっちだよ」と導いてくれたり、後衛選手の声を頼りにアタックしたりと、

メンバーとは初めて会ったのに、フロアバレーボールのおかげで打ち解けることができ、

「チームの一員」という一体感をものすごく感じられて、うれしかったし、楽しかったです♪

 

球技部のみなさんは、とても優しくて、そしてかわいくて、もっともっといろいろとお話ししたかったな~と思いました。

また、みなさんに会える日を楽しみにしています♪

そして、みなさんの活躍を期待しています♪♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:08:40 | 固定リンク


ページの一番上へ▲