NHKギャラリー

NHKギャラリー

テレビホールとよかビジョンホールへのホワイエ的な空間ですが、みなさんに開放されたコミュニケーションの広場です。

展示スケジュール

花みずきが咲いたら

期 間

12月10日(火)〜12月15日(日)
午前10時〜午後5時 最終日は午後3時まで 入場無料
山本 眞理さん遺作展

出展者より

彼女と再会したのは高校を卒業して30年目でした。母校の同窓会では50歳になる年に総会の当番をするのが恒例で、その一年前から活動を始めるのです。
彼女の発病は総会の後、まだ50歳を迎えていませんでした。原因不明、病名不明のまま病院生活に入ってしまいました。随分経って病名が告げられました。多発性硬化症。難病指定です。体が動かず、手や足も思うように動けない病床に居ながら、見舞う私たちを勇気づけ元気を与えてくれました。いつも皆の心に寄り添い、笑顔と暖かな心、言葉を投げかけてくれました。
病床で制作したたくさんの作品は、一人一人の心を明るく照らしてくれる本当に「眞理ちゃんそのもの」です。企画していく中にも一つ一つに彼女の思いを感じ、彼女の素晴らしさを感じています。

玉恵の会

期 間

1月28日(火)〜2月2日(日)
午前10時〜午後5時 最終日は14時まで 入場無料
押し花・バック・ブローチ等作品の展示

出展者より

仕事ざんまいの日々の中、初めての趣味として自分の時間を持ち押し花に没頭し、徹夜で制作する事もしばしばでした。押し花を始めたのは68歳の頃から。90歳過ぎまで制作し現在は93歳です。道端にある草でも絵になるのが魅力。姉妹と友人とのコラボでの展示です。三人の作品を楽しんで見て頂けたら幸いです。(写真左)

主人を黄泉の国へと送り出し喪失感と寂しさにもがいていた頃、古布で作られたバックに出会い魅了されました。優しい手触りを持つ布を一枚一枚つないで遊ぶ時間に、どれだけ癒されたことでしょう。古布達を見ていると、それぞれに物語があり、命があるように感じます。つたない作品ではありますが、大好きな姉と大好きな友人と作品展を開くという思いがけない御縁に感謝しかありません。(写真右)

親しい人からもらったアクセサリーをほどいて、ブローチを作りました。元の持ち主の方に見せると、ピアスのあの石が、ネックレスの金具が、あの服のボタンが、と驚かれます。頂いた方の優しさを思い出しながら、作っている時間を楽しみました。もう一度命を吹き込まれたアクセサリーを、ご覧ください。ご来館をお待ちしております。(写真右)

福岡大学主催 第15回(令和元年度)全国高校生川柳コンクール作品展

期 間

1月21日(火)〜1月26日(日)
午前10時〜午後5時 最終日は午後4時まで 入場無料
第15回(令和元年度)全国高校生川柳コンクール入選作品の展示

出展者より

全国19,574人の高校生の応募作品の中から選ばれた珠玉の56作品を展示します。多くの方のご来場をお待ちしています。

NHKギャラリー出展のご案内

NHK福岡放送局は、『親しまれる放送局』として、地域の情報発信と文化の創造・交流に寄与しています。
趣味や生涯学習、文化サークルなどさまざまなグループのみなさんに作品発表の場、コミュニケーションの場として「NHKギャラリー」をご利用いただいています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

申し込み・お問い合わせは
NHKビジネスクリエイト「NHKギャラリー」係
電話: (092) 724-2895

▲ ページの先頭へ