九州沖縄オリンピアン列伝

古賀稔彦

92年バルセロナで金メダル、96年アトランタで銀メダルを獲得した古賀稔彦。豪快な背負い投げを得意としたことから「平成の三四郎」と呼ばれた。90年、体重別階級がない全日本柔道選手権では、当時75kgほどだった古賀は、100kgを超える重量級の選手たちを次々と倒し準優勝を果たす。

▲ ページの先頭へ