NHK福岡ドラマ「福岡美人がゆく!」

お知らせ

福田愛依さん、平山カンタロウさん(図鑑)の出演が決定しました。

楽曲情報更新(C&K)しました。

制作にあたって

NHK福岡放送局では、16年にわたり福岡のさまざまな地域や事象にスポットをあて、福岡の魅力的な姿や風景をドラマの舞台とし、福岡に生きる人々の姿をいきいきと描き出す「地域ドラマ」を制作してまいりました。

今回は、平成最後のNHK福岡ドラマとして、「平成の福岡女子」をテーマに送ります。

平成のはじめに生まれ、まもなく30歳を迎える3人の福岡の男女を軸に、この福岡で、それぞれがそれぞれの〝今〟を精一杯生きている姿を描くオリジナルドラマです。

平成最後という「時」、福岡という「地域性」、そして「福岡人マインド」・・・それらを軽妙に描きつつも新しい時代に向けて希望を感じられるような、これまでのNHK福岡発の地域ドラマとは一味違う作品をお届けいたします。

【放送予定】
平成31年3月1日(金)
総合・九州沖縄地方
午後7:30

※放送日時は変更になる場合があります。

あらすじ

2019年。平成最後の年・・・東京で働く築子(つきこ)(奈緒)は福岡の郊外で生まれ育った。高校を卒業して上京。平成の終わりとともに築子は30歳を迎える。が、高校時代にイメージしていた「30歳の自分」とはかけはなれた現状・・・夢見ていたデザイナーとしての独り立ちへの壁は高く、長らくつきあっている彼氏とも結婚という流れは見えず、なんとか、背伸びしてぶら下がっていた東京ライフにも、だんだんと「疲れ」を感じるようになってきていた。

SNSに溢れる地元・福岡の友人達のリア充な書き込みも、良くも悪くも築子を刺激してくる。そんなある日、福岡で花屋を営む父・直三(なおぞう)(陣内孝則)が倒れたとの一報が・・・母・総子(ふさこ)(宮崎美子)の連絡を受け、あわてて地元に帰ってくる築子だったが・・・そのまま結局、しばらく福岡に滞在することになる。

久々の地元。そこで待っていたのは、高校時代の友人でひそかな思いを寄せていた山田(白石隼也)との、思わぬ再会だった。それをきっかけに、築子の親友だった穂波(ほなみ)(梅田彩佳)をまじえ、山田がダンサーとして働いているという店で3人だけのプチ同窓会を催すことになる。

久しぶりに福岡の都心にやってきた築子。山田が働いているという店にたどりつくと・・・そこは福岡でも有名なショーパブ。なんと山田は、そこで“女性”のダンサーとして活躍していたのだった。

高校を卒業してそれぞれの道を歩んできた3人。それぞれのを語り合い、そしてを振り返り、当時の思い出に浸る楽しいときが続くかと思いきや、あるきっかけから今それぞれが抱える個人的な問題が徐々に明らかになっていく…。

キャスト

※写真をクリックするとプロフィールをご覧いただけます。

キャスト

奈緒

キャスト

梅田彩佳

キャスト

白石隼也

キャスト

中澤裕子

キャスト

福田愛依

キャスト

清人(バッドボーイズ)

キャスト

平山カンタロウ(図鑑)

キャスト

宮崎美子

キャスト

陣内孝則

作

作

丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)
作家/演出家/俳優。大阪府出身。劇団鹿殺し 座付き作家。2000年、座長菜月チョビとともに劇団鹿殺しを旗揚げ。2010年に書き下ろした戯曲「スーパースター」が第55回岸田國士戯曲賞最終候補にノミネート。近年は「マジムリ学園」(日本テレビ系列)、「崖っぷちの淵子!」(NHK)などの脚本をつとめ、活動の幅をさらに広げている。演出家としては、2017年舞台「何者」(原作/朝井リョウ)などを手掛ける。今回、「福岡美人がゆく!」では初めて1時間を超えるドラマの脚本を書き下ろした。

音楽

C&K「終わりなき輪舞曲(ロンド)」が登場

作

C&K
CLIEVY(栃木県出身)とKEEN(鹿児島県出身)、男性2人のシンガーソングライターユニット。今年結成10年を迎えた。ディスコ、ファンク、ソウル、レゲエをルーツにフォークや80年代の歌謡曲、クラブミュージックまで幅広いジャンルを網羅する独自の音楽スタイルで人気を博す。今年はC&Kはじめてのドラマ主題歌(日本テレビ系「サバイバル・ウェディング」)「ドラマ」をリリース。そして11月には横浜アリーナでの単独ライブを成功させたばかり。
「終わりなき輪舞曲(ロンド)」は、2014年9月、同年11月マリンメッセ福岡公演(即日完売)の前にリリースされたC&K11枚目のシングルであるが、九州朝日放送「ドォーモ」のエンディングテーマにも用いられたことがあるなど、九州でのC&Kの人気を決定づけた歌でもある。

スタッフ

演  出:
安藤大佑
制作統括:
一坊寺剛

【撮影期間】
12月8日~ 福岡市・太宰府市・春日市・筑紫野市・新宮町にて撮影

福岡発地域ドラマ
▲ ページの先頭へ