料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「ぶりグラタン」

完成写真
12月8日 放送
出演:料理研究家 佐藤 彰子さん

これから旬を迎える「ぶり」をご紹介します。福岡では、「博多雑煮」に入れて食べるなど、昔からお正月には欠かせない魚として親しまれてきました。また、成長するにつれ呼び名が変わる出世魚であることから、縁起が良い魚としても知られています。今回は、旬を迎える天然のぶりを使って、クリスマスや冬の食卓にもぴったりの「ぶりグラタン」を作ります。

材料(4人分)

ぶり(切り身)…4切れ、塩、こしょう、にんにく(すりおろす)…各少々、小麦粉…適量、たまねぎ…1/2コ、しめじ…1パック、ほうれんそう…1ワ、オリーブ油…大さじ1、溶けるチーズ…60g、パセリ(みじん切り)…適量
【牛肉の下味】
バター、小麦粉…各30g、牛乳…500ml、白みそ…20g

作り方

(1) たまねぎは薄切り、しめじは石づきを切り手でほぐし、ほうれんそうはきれいに洗って4pの長さに切る

(2) ぶりを一口大に切る(切らずに切り身のまま使っても良い)

(3) ぶりに、塩、こしょう、すりおろしたにんにくで下味をつけて5〜10分おき、全体に小麦粉をまぶす

(4) フライパンにオリーブ油を熱し、ぶりを両面色よく焼く。焼き色がついたら皿に取り出す。
ポイント→ ぶりを焼くことで身が崩れにくくなる。焼き色が付くことで風味も良くなる。最後オーブンでしっかり火を通すので、この段階では中まで完全に火が通っていなくてもOK。

(5) ホワイトソースを作る。ぶりを焼いたフライパンをキッチンペーパーでふき取り、バターを熱し、たまねぎ、しめじ、ほうれんそうを しんなりするまで炒める

(6) (5)に小麦粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒め、牛乳を加えて白みそで味を整える
ポイント→ 白みそは、ぶりとの相性バッチリ!香りが良くなり、コクも出る。 白みそがなければ、塩こしょうやご家庭にあるみそ、薄口しょうゆで味付けしても良い。

(7) (6)を、とろみがつくまで中火で煮る

(8) 耐熱皿に(7)を入れ、(4)のぶりを乗せ、溶けるチーズを散らす

(9) (8)を200度のオーブンで10〜15分間焼き、みじん切りしたパセリをかけて完成!

▲ ページの先頭へ