料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「ぷるぷるパンナコッタ」

完成写真
11月19日 放送
出演:荒木 真子さん

パンナコッタとは、ゼラチンでとろみをつけ、型に入れて作るつるりとした口当たりの甘い濃厚なクリームのスイーツです。通常は、牛乳・生クリーム・砂糖の全てを火にかけて混ぜ、ゼラチンでとろみをつけるので、どうしても、とろみがつくまでに時間がかかってしまいます。今回は、短い時間でとろみがつく方法を紹介します!

材料(4コ分)

粉ゼラチン…5g、水…50ml、生クリーム…50ml、牛乳…200ml、グラニュー糖…30g、バニラエッセンス…少々
【みかんソース】
みかん果汁…80ml(約2コ分)、グラニュー糖…10g、コーンスターチ…小さじ2/3、水…小さじ1、オレンジリキュール…少々
【仕上げ用】
ミント…適量

作り方

(1) 鍋に牛乳(分量の半分)を入れて温める

(2) 火を止めて、(1)に冷水でふやかしたゼラチンとグラニュー糖を入れて溶かす

(3) (2)に牛乳(半分の量)・生クリーム・バニラエッセンスを加えて混ぜる

(4) (3)を氷水にあてとろみをつける

(5) (4)をカップに入れる

(6) 冷蔵庫で冷やし固める

(7) 小鍋にみかん果汁とグラニュー糖を入れ、火にかける。

(8) 一旦火を止め、水溶きコーンスターチを少量ずつ入れとろみをつける。再度火にかけ、ソース状になるようにコーンスターチの量を加減しながら火を通す

(9) オレンジリキュールを混ぜ、冷ます

(10) 冷蔵庫で冷やし固めたパンナコッタを型から出し、みかんソースをかけ、ミントをのせる

ポイント@→ 牛乳は分量の半分だけ温める。ゼラチンを溶かしたあと、冷やしながらとろみをつけますが、ゼラチンを溶かした後に分量の半分の冷たい牛乳をいれれば、とろみをつける時間が短くて済みます。

ポイントA→ 氷水にあて、とろみをつけてから冷やし固める。とろみをつけてから冷やし固めないと分離して2層になってしまいます。

▲ ページの先頭へ