料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「鶏肉とかぶのくわ焼き」

完成写真
10月19日 放送
出演:ホテル オークラ 福岡 和食堂 山里 料理長
松島 孝吏さん

「くわ焼き」は、肉や野菜をしょうゆや酒などのタレにつけ、鉄板やフライパンで焼いた料理です。今回は、鶏肉とかぶをメインに使って作ります。かぶは生でもおいしいので、完全に煮詰めないのもポイントです。焼き目をしっかりつけ、手早く煮詰めることで素材の良さが引き立つお料理です。

材料(2人分)

鶏もも肉…60g、かぶ…1/2コ(直径7cmくらい)、生麩(なまふ)…40g、アスパラガス…2本
サラダ油…少々、小麦粉…少々、わさび…少々、山椒…少々
【合わせ調味料】
酒…75ml、しょうゆ…25ml、砂糖…25g

作り方

(1) かぶ(一口大に切って厚く皮をむく)、生麩(1cmに切る)、アスパラガス(袴を取り4cm)、それぞれ切る

(2) 調味料(酒・しょうゆ・砂糖)をまぜ合わせる

(3) 鶏肉をそぎ切りにして一口大にする
(そぎ切りにすると、火が通りやすい)
(材料はそれぞれ一口大に合わせる)

(4) 鶏肉に小麦粉をまぶす(付けすぎないように余分な粉ははたいて落とす)

(5) 熱したフライパンにサラダ油を入れ、鶏肉→かぶ→生麩の順番で焼き目をつける
(しっかりと焼き目をつけることで調味料のからみが良くなります)
(生麩は焼き目が付きやすいので最後)

(6) アスパラガスを入れて色鮮やかに炒める

(7) 合わせ調味料を半分くらい入れ、手早くからめながら煮詰めていく
 ポイント→ 調味料は手早くからめると かぶの食感がアップ!
 (手早くからめることで、食材に調味料がしみ込まず、かぶの食感・香りが残る)
 (かぶは、生でも食べられるので中はシャッキリ感が残っていてOK)

(8) 煮詰まり具合を見て、必要なら調味料としょうゆをたす

(9) 器に盛り付け、わさびをのせ、山椒をかけて完成!

▲ ページの先頭へ