料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「鶏肉の小悪魔風」

完成写真
6月8日 放送
出演:ダ フチガミ博多 オーナーシェフ(九州イタリア料理協会 会長)渕上 兼督さん

イタリアのトスカーナ地方で生まれた料理です。
本場では、鶏を丸ごと使い、羽を開いて焼く形がマントを広げた悪魔の姿に似ている事から「悪魔風」といわれています。今回は「小悪魔風」として鶏もも肉を使います。鶏皮がカリッと香ばしく、アンチョビのうま味とレモンのさわやかな味わいのソースに絡めて食べると格別です!

材料

(2人分)
鶏もも肉…300g、ミニトマト…8コ、ベビーリーフ…適量、レモン汁…少々、アンチョビ(ペースト)…10g、レモンの皮…適量、水…少々、塩、黒こしょう…各適量、オリーブ油、エクストラバージンオリーブ油…各適量

作り方

(1) 鶏肉の両面に軽く塩・黒こしょうをして約10分間おく

(2) フライパンを熱し、オリーブ油を入れ皮の方から下に(皿と水が入ったボウルで)重しをのせ弱火~中火で約10分間焼く

ポイント→ 重しをのせることで、皮全体にむらなく焼き色をつける

(3) 身も焼き、両面焼けたら、食べやすい大きさに切る

(4) 【ソースを作る】鶏肉を焼いたフライパンに、まな板で鶏肉を切り残った肉汁を入れる

(5) フライパンを熱し、アンチョビペースト、水、レモン汁を加え煮立たせ、エクストラバージンオリーブ油を入れ、よく混ぜてとろみをつけ乳化させる

(6) 【トマトのサラダを作る】ボウルにくし形に切ったミニトマト、ベビーリーフ、レモン汁、エクストラバージンオリーブ油、塩を入れ混ぜ合わせる

(7) 器に盛り付け、(5)のソースを鶏肉にかけて完成!

▲ ページの先頭へ