料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「博多雑煮」

完成写真
12月10日 放送
(出演:料理研究家 佐藤 彰子さん)

年末年始に福岡で水揚げされる寒ブリ。出世魚で縁起がいいと言われ、お正月の「博多雑煮」にも使われます。長浜鮮魚市場で年末だけ特別にブリだけの「ブリ競り」が午前2時半から行われます。寒ブリを使った博多雑煮の作り方を詳しくご紹介します。

材料

(4人分)
寒ブリ(上身)…120g、かつお菜…120g、干しシイタケ…4枚、里芋…2個、焼き豆腐…1/3丁、かまぼこ…4枚、丸餅…8個、だし汁…6カップ
A:薄口醤油・濃口醤油…各大さじ1と1/2

作り方


事前準備:だしは、煮干し80g、焼きあご4尾、昆布40g、干しシイタケ4〜8枚、水8カップで、煮干しは頭と内臓を取り、焼きあごは荒くほぐしておいて、昆布は繊維を切るように横に切り込みを入れて、干しシイタケを入れ、一晩水につける。できた出汁は、固く絞った濡れ布巾でこす。


(1) 寒ブリは塩をして一晩おき、一人一切れ食べやすく切って茹でる

(2) 干しシイタケは一晩水に戻して柔らかくし、石突を切る

(3) かつお菜は、きれいに洗って色よく茹で、食べやすい大きさに切る

(4) 里芋は皮を取り、塩でもんでぬめりを取って、縦半分に切り柔らかく茹でる

(5) 焼き豆腐は4等分に切る

(6) だし用に一晩つけておいた昆布を敷き、丸餅を並べ水を入れて柔らかく茹でる

(7) 鍋にだし汁6カップを入れ、Aで味をつけ温める

(8) 温めた出汁を2カップ分取り、寒ブリとかまぼこを入れて弱火で温める

(9) お椀に寒ブリとかまぼこ、丸餅などを盛って、だし汁を入れればできあがり

▲ ページの先頭へ