料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「鶏肉のコンフィ」

完成写真
6月3日 放送
(出演:ソラリア西鉄ホテル福岡 臼間 慎介さん)

レストランやバルでよく見かけるようになった「コンフィ」。一見、焼き料理に思うかもしれませんが、実は食材をオイルに浸し低温でじっくり煮るフランスの調理法です。今回は、ラードを使って鶏肉をコンフィに。保存袋に入れお湯を入れた炊飯器で煮るので自宅で簡単にフレンチを楽しめます!カリカリに焼いたお肉にバルサミコソースで仕上げ。おもてなし料理や、ビールのおつまみとしても美味しいですよ♪

材料

(2人分)
鶏もも肉…2枚(500g)、タイム(生)…4本、ローズマリー(生)…4本、ローリエ…4枚、にんにく…10g、ラード…160g、塩、こしょう、サラダ油、ベビーリーフ…各適量

【ソース】バルサミコ酢…40g、はちみつ…20g、粒マスタード…20g

作り方

(1) 鶏肉の身の筋を切るように切れ目を入れ、塩・こしょうで下味をする

(2) ジッパー付きの袋などに、鶏肉、タイム、ローズマリー、ローリエ、にんにく(薄切りにしたもの)、ラードを入れ混ぜて、空気を抜き、冷蔵庫に入れて一日漬けこみ、マリネする

(3) 炊飯器にお湯を入れ保温ボタンで70℃位にしておく

(4) マリネした袋のまま炊飯器のお湯に入れ、保温で20分間加熱する

(5) 袋から鶏を出して、ハーブをはずし、水分をペーパータオルで拭き取る

(6) フライパンにサラダ油を入れ弱火にし、皮がカリカリになるまでじっくり焼く
ポイント→ 弱火でじっくり焼いて 皮をカリカリに! (じっくり焼く事で、皮はカリカリ、中はジューシーに仕上がります。強火だと身が縮んで焼き目だけつく) 裏はそのままか、軽く焼く

(7) 【ソースを作る】
鍋に、バルサミコ酢、はちみつ、粒マスタードを入れ、半分になるまで煮詰める(酸味をとばす)

(8) 器に鶏肉を乗せ、周りにソースを流し、上にベビーリーフを飾って完成!

▲ ページの先頭へ