料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「こぼれ萩〜外郎(ういろう)製〜」

完成写真
9月5日 放送
(出演:和菓子教室 主宰 藤田博子さん)

四季を楽しむ、和菓子をご紹介。今回は、外郎(ういろう)で秋を楽しみます。薄い緑の外郎(ういろう)に映える、赤い萩の花を模した飾りが素敵な一品。和菓子を家で作るなんて難しい?!そんなことはありません。家庭でもできる、簡単和菓子をお楽しみに♪

材料

(約4コ分)
上白糖…50g、上新粉…30g、もち粉…10g、水…40g、白あん…80g、食用色素(緑・赤)…適宜、真挽粉(しんびきこ)…適量、シナモン…少々

作り方

(1) 上新粉、もち粉、上白糖を混ぜ合わせ、水を半分より少し多め(30g程度)入れて、ダマにならないように混ぜる

(2) 残りの水を加えて、さらに混ぜる

(3) 食用色素で色(緑)をつける

(4) 蒸し器の中に型枠を入れ、ひと絞りした布巾を枠に広げる

(5) 枠に流し込み、フタをして強火で15分蒸す

(6) 蒸しあがったら、皿に出し、生地をゴムベラで練る。

(7) 生地を4等分する

(8) 真挽粉に食用色素(赤)で色をつける
◎真挽粉(しんびきこ)とは…
桜餅とかに使われる道明寺を、炒った粉。
和菓子にはよく使われる材料

(8-①) 食用アルコールを真挽粉にシュッとふりかける

(8-②) 食用色素(赤)を少しふりかける

(8-③) 混ぜる
※水で行うと、真挽粉がべちゃっとなり、乾くのが遅い
食用アルコールだと、乾燥が早いのでオススメ
ただし、食用アルコールで行ってください

(9) 白あんを生地で包む

(9-①) 生地を内に入れるようにして、丸めて表面をツルっとさせる

(9-②) 生地を白あんより大きめに広げる

(9-③) 白あんをのせて、包む

(10) スプーンの柄を湿らせて、シナモンを付け、生地にシナモンで線を入れる

(11) 真挽粉を乗せて、完成!

▲ ページの先頭へ