料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「かぶとうなぎの菊花あんかけ」

完成写真
9月3日 放送
(出演:ホテルオークラ福岡 和食堂 山里 料理長 松島孝吏さん)

9月9日は重陽の節句。別名「菊の節句」です。もうすぐ訪れるその日にちなんで、秋らしい菊花を使ったメニューを作ります。今からが旬のかぶをうなぎと一緒に煮て、食用菊の花びらを散らしたあんをかけて頂きます。華やかでちょっぴり秋の訪れを感じる煮物です。

材料

(2人分)
かぶ…1コ、うなぎの白焼き…1/2本、食用菊…5コ、菊菜(春菊) ゆでたもの…少々、わさび…少々、米酢…少々、うす口しょうゆ…適宜
【調味料】かつおだし…500ml、酒・うす口しょうゆ・みりん…各大さじ1、塩…小さじ1、水溶きかたくり粉…大さじ2(かたくり粉を同量の水で溶く)

作り方

(1) 【菊の花の下準備】
食用菊の花びらを取り、水で洗い、 沸騰したお湯に米酢を入れざるに入れて花びらをゆでる(2〜30秒間)
ポイント→ゆであがりの目安は、花びらがプクッとふくらむ時!

(2) 花びらを水にさらし、絞る

(3) 筋が残らないように皮をむき、くし形に切ったかぶを鍋で沸騰した調味料の中に入れ、透明感が出るまで弱火で炊く

(4) 火を止めて自然と冷ます
(冷ますことで味が染み込む)

(5) (4)のかぶを温め、4等分に切ったうなぎを炊く
(うなぎを炊く時は弱火でゆっくり炊くと、ふっくらとなる)

(6) さらに、ゆでた菊菜を入れ、温める
(菊菜とは春菊の事を言います)

(7) 器に盛りつける

(8) 【あんを作る】
残っただしに香り付けとしてうす口しょうゆを入れ(2)の花びらを入れ、水溶きかたくり粉を入れ、とろみをつける

(9) 器に盛り付けた具材に(8)のあんをかけ、わさびをそえて完成!

▲ ページの先頭へ