料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「やりいかのジェノベーゼパスタ」

完成写真
7月30日 放送
(出演:ダ フチガミ博多 オーナーシェフ(九州イタリア料理協会 会長) 渕上兼督さん)

みずみずしい旬のやりいかが、おいしい季節!バジルをたっぷり使った「ジェノベーゼソース」でパスタと一緒に頂きます。ソースを作る時は、ミキサーの食材を入れる容器を冷やすのがポイント!容器を冷やすことで、バジルの変色を防ぎます。うま味が詰まったやりいかと、バジルのフレッシュな香りがきいた、爽やかな夏のパスタが味わえます!

材料

(2人分)
やりいか・・・1ぱい、にんにく・・・1かけ、アンチョビ(フィレ)・・・1枚、セミドライトマト・・・5コ分、塩・水・オリーブ油・・・適量、パスタ(ゆでたもの)・・・200g、バジル(生)・・・適量
【ジェノベーゼソース】バジル(生)・・・200g、にんにく・・・1かけ、松の実・・・60g、エクストラバージンオリーブ油・・・80ml、パルミジャーノチーズ・・・70g、塩・・・適量

作り方

(1) <下準備>【セミドライトマトを作る】(作りやすい分量)トマト10コ
縦半分切ったミニトマトに塩を振り、半日、日陰干しをする

(2) <下準備>やりいか・・・塩で下味をつけ、魚焼きグリルで焼き(約5分)食べやすい大きさに切りました。
ポイント→ミキサーの容器を冷やしておく⇒バジルの変色を防ぐ!

(3) 【ジェノベーゼソースを作る】
ミキサー容器に、バジル、にんにく、松の実、エクストラバージンオリーブ油を少し入れ、スイッチON

(4) パルミジャーノチーズを入れ、さらに残りのエクストラバージンオリーブ油を少量ずつ入れなじませる

(5) 塩を入れて味を調える

(6) フライパンで、オリーブ油とつぶしたにんにくを入れ熱し、きつね色になるまでソテーした中に、アンチョビ(みじん切り)を入れてなじませる

(7) にんにくを取り出し、セミドライトマト、水を加え、強火にしてソースにとろみとツヤを出す(乳化させる)

(8) (7)をしっかり温めたら、ゆでたパスタとあえる

(9) 火を消し、ジェノベーゼソースを全体に絡める
ポイント→必ず火を止め、ジェノベーゼソースをあえる⇒ソースの変色をおさえる

(10) 焼いたヤリイカをまぜ合わせ、塩で味を調える

(11) 器に盛り付け、バジルを飾り、完成!

▲ ページの先頭へ