料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「中長なすのライスコロッケ アランチーノ パルメザンチーズのせんべいを添えて」

完成写真
9月25日 放送
(出演:九州イタリア料理協会 会長 渕上兼督さん)

今回のメイン食材は、八女市の「中長なす」。なすとトマトのリゾットに、モッツアレラチーズを詰め込み、ライスコロッケ(アランチーノ)にします。パルメザンチーズを薄くのばして焼き、せんべい状にしたものを添えていただきます!

材料

(2人分)
中長なす…80g、冷やごはん…100g、トマトソース…30g、パルメザンチーズ…20g、水、塩、ブラックペッパー…適量、とろみづけ用粉末…適量、モッツァレラチーズ、溶けるタイプのチーズ…10g、バジリコ…1枚分、強力粉、卵、パン粉、パルメザンチーズ、オリーブ油、揚げ油…適量

作り方

(1) パルメザンチーズのせんべいを作る。オーブンシートの上にパルメザンチーズを敷き、電子レンジで溶かす。温かい内に、シートごと深さのある容器(ココット皿やごはん茶碗)に入れ、冷まして型取る。器状のものを作る)

(2) ライスコロッケの中身を作る。中長なすは2cm角程度に切り、オリーブ油でソテーしておく。(火が通ればOK)

(3) ソテーした中長なすに、冷やごはんを加える。
ポイント→必ず冷やごはんで作る!

(4) (3)に、トマトソース(市販のものでOK)、パルメザンチーズ、水を加える。
ポイント→水は多めに加える。 水分量を多めにしないと、パサパサしたライスコロッケになる。

(5) (4)に、塩とブラックペッパーを加えて味付けする。

(6) (5)に、とろみづけ用粉末(赤ちゃんの離乳食などにを入れてとろみをつける粉末状のもの)を加える。これで、ライスコロッケの中身が完成。

(7) 手にオリーブ油を塗り、(6)を手に取り、中央に モッツアレラチーズと溶けるタイプのチーズ、バジリコを入れ、俵型にまとめる。
ポイント→手にオリーブ油をぬることでコロッケの種がつきにくく なり、作業しやすい。

(8) (7)に強力粉をまぶし、卵とパン粉を2回つける。
ポイント→卵とパン粉は2回つける。強力粉→卵→パン粉→卵→パン粉、の順。水分量が多めのコロッケなので、衣を分厚くしておかないと、割れて中のチーズが出てきたり、中に油が入ったりしてしまう。

(9) 170度の油できつね色になるまで揚げる。

(10) (1)で固めておいたパルメザンチーズのせんべいの中に、揚げ終わったライスコロッケを入れ、ハンバーガーなどを包むペーパーの中に入れ、せんべいとコロッケを一緒にいただく。
ポイント→せんべいが上手く器状に固まらなければ、割ってライスコロッケに添えても良い。

▲ ページの先頭へ