料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「焼きたけのこの土佐煮」

完成写真
3月2日 放送
(出演:リーガロイヤルホテル小倉 日本料理料理長 黒澤 新二さん)

待ちに待った!春ももうすぐ。今回、旬を先取りした、たけのこ料理を紹介。「生」だからこその、たけのこを存分に楽しんでもらえるように、湯がき方からていねいに教えちゃいますよ〜。

材料

(2人分)
たけのこ…2本、水・米ぬか・赤とうがらし・削り節・サラダ油・木の芽・ふきのとう…適量
【合わせだし】
かつおだし…500ml、うす口しょうゆ・みりん…大さじ2、砂糖…大さじ1、塩…適量

作り方

(1) たけのこは皮のついたままよく水洗いして土を取り除いておく。

(2) たけのこの頭の部分を切り落とし縦に切れ目を入れる。

(3) 大きめの鍋に、たけのこ、水(たけのこがつかる程度)、米ぬか(ひとつかみほど。とぎ汁や生米でも代用できる)、赤とうがらし(1本くらい)を入れ、沸騰したら火を弱めて湯がく。(大きさにより30分〜1時間30分ほど)。火が通ったかは★たけのこの色の変わり目に串を刺して確認する。上の部分は皮ばかりでかたいままなので、真ん中〜下の茶〜白に色が変わる部分を 刺すと火が通ったかわかりやすい。

(4) 火を止めたら鍋のまま冷やす。手が入れられるくらいまで冷めたら皮をむき、 ぬかを落として水につけておく。

(5) たけのこを切り、味が含むよう隠し包丁をする。

(6) 鍋にたけのこと合わせだしを入れて強火にかけ、沸騰したら火を弱めて20〜30分たき、火を止めて自然に冷まして味を含ませる。

(7) 熱したフライパンにサラダ油を入れ、たけのこ・木の芽・ふきのとうを入れ、焼き目をつける。

(8) 焼いたたけのこに削り節をからめる。器に盛り付け、木の芽・ふきのとうを添える。

▲ ページの先頭へ