料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「ベジブロスで『ミニトマトの炊き込みごはん&なすのピリ辛マリネ』」

完成写真
7月7日 放送
(出演:佐藤紀章さん)

野菜の“ベジタブル”と、だしを意味する"ブロス"が合わさった「ベジブロス」は、野菜の皮や根も残さず使う野菜だし。料理がよりおいしく、しかも栄養満点になると注目のベジブロスの作り方と、おすすめ料理を紹介。

材料

(2人分)
【ベジブロス(野菜だし)】
ミニトマト…6コ(へたがついたまま)、しいたけ…4コ(2分の1に切る・いしづきも使う)、たまねぎ…小1コ(皮ごと横にスライスする)、キャベツ…2枚(1/3に切る)、しょうが…1かけ(皮ごとスライスする)、にんじん・セロリ…各少量(皮ごと乱切りにする)、ねぎ(青い部分)…少量(10センチを2本ほど)、水…1リットル、酒…大さじ1

【ミニトマトの炊き込みご飯(2人分)】
米…360ml(2合)、もち米…大さじ2、ミニトマト…6コ、ベジブロス・かつおだし…各90ml、うす口しょうゆ…大さじ2

【なすのピリ辛マリネ(2人分)】
なす…1本、青唐辛子…1/2本、ベジブロス…100ml、しょうが…1かけ、うす口しょうゆ・みりん…各大さじ1、塩…適量

作り方

【ベジブロス(野菜だし)】
(1) 切った野菜・水・酒を鍋に入れて火にかける。
★野菜は家にある残り野菜で良いが向き不向きはある。
たまねぎはうまみが出やすく栄養もあるので入れる。
ブロッコリー・カリフラワーは苦味が出るので入れない。
★野菜は皮つきのまま切って使い、皮や根からコクを出す。

(2) アクをとり沸騰させないよう弱火で20〜30分煮る。

(3) 野菜が沈み、水分量が3分の2まで煮詰め、ざるなどでこす。

(4) 冷めたら冷蔵庫(3日ほど)や冷凍庫(2〜3週間)で保存できる。
かつおだしや水のかわりとして使え、肉じゃがやカレーなど煮物にオススメ。
氷は麦茶やほうじ茶などに入れて使っても良い。

【ミニトマトの炊き込みご飯】
(1) 米ともち米を混ぜてとぎ1時間ほど水につけて、ざるにあげる。

(2) ミニトマトはへたをとり湯むきする。
ミニトマトはやわらかくなるので固めのものでよい。
赤色だけでなく黄色を混ぜても彩りが良くなる。
★ミニトマトに穴をあけてうまみを出す
炊くときにエキスが出るよう、つまようじで2・3か所穴をあけておく

(3) 土鍋にといだ米・もち米を入れ、トマトを中央に載せる。
ベジブロス・かつおだし・うす口しょうゆを加えて火にかける。

(4) 中火にかけて沸騰したら(7分ほどが目安)弱火にして12分ほど炊く。
火を止めて5分ほど蒸らしてからミニトマトをくずし全体を混ぜる。
(炊飯器の場合は普通か炊き込みご飯で炊けばOK。)

【なすのピリ辛マリネ】
(1) なすは縦半分に切って斜め薄切りにし、2%程度の塩水に10分つけてあくを抜く。
★あくを抜くとうまみが入りやすい

(2) 唐辛子は縦半分に切って種をとり斜め薄切りにしてある。

(3) ベジブロス・しょうが・うす口しょうゆ・みりん・塩をあわせて煮立て冷ましてから青唐辛子・なすを加えて混ぜる。
冷蔵庫で冷やせば出来上がり。

▲ ページの先頭へ