料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「焼きなすとうすい豆の茶わん蒸し」

完成写真
6月2日 放送
(出演:黒澤新二さん)

今回教えていただくのは、夏野菜をたっぷり使って、冷やしてもおいしいという、夏のおもてなしにもおすすめの茶わん蒸し。具は夏野菜の代表なす。その上に、今が旬のうすい豆を使ったとろーりあんをかけて季節感を演出します。

材料

(2人分)
なす…1本、うすい豆(えんどう豆と同じ。グリンピースでも代用できる)…20粒ほど、卵…2コ、おろししょうが…適量、だし…790ml、薄口しょうゆ…40ml、みりん…30ml、濃い口しょうゆ…10ml、水溶きかたくり粉・塩…適量

作り方

(1) コンロに網を置き、なすを焼く。
皮は焦げていいので、全体がふにゃふにゃとやわらかくなるまで焼く。
焼いた茄子を氷水に入れ、その中で皮をむき軽く絞る。

(2) だし360ml・薄口しょうゆ20ml・みりん20mlを合わせて鍋に入れ、ひと煮たちさせたら冷まし味を含ませる。(うすい豆にもこの合わせだしを使うので、全部を使わず一部を残しておく)
★このままでもおいしい焼きなすのおひたしに!
しょうがやかつお節と食べるだけでもおいしい。

(3) さやから出した豆に塩をまぶして15分ほど置き、豆が汗をかくように水分が出たら、沸騰したお湯でコトコト5分ほど煮る。豆を食べてみて火が通ったか判断する。
火が通ったら、鍋に水を勢いよく入れず、ゆっくり流しいれて冷ます。
★ゆっくり温度を下げると、しわのないきれいな豆に!
冷ました豆を、焼きなすのときに作った残りの合わせだしにつけて味を含ませる。

(4) 卵2コ・だし300ml・薄口しょうゆ20mlを合わせてこし、卵だしを作る。

(5) 茶わんに一口大に切った焼きなすを入れ、卵だしを茶わんの半分ほどまでそそぐ。
アルミホイルでふたをして、蒸し器で強火で7分蒸す。

(6) だし130ml・濃い口しょうゆ10ml・みりん10mlを鍋でひと煮立ちさせ、水溶きかたくり粉を入れあんを作り、うすい豆を入れる。

(7) 蒸しあがった茶わん蒸しに、あんをかけ、おろししょうがを添えてできあがり!

▲ ページの先頭へ