料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「合いがもロースのトマト煮」

完成写真
5月12日 放送
(出演:黒澤新二さん)

アイガモをお料理に使ったこと、ありますか?「名前を聞いたことはあるけど…」という方が多いと思います。でも、アイガモのお肉って、意外とお料理しやすいんですよ。今回は、初心者でもカンタン!アイガモのトマト煮をご紹介します。

材料

(2人分)
合いがもロース肉…1枚、トマトジュース(無塩)…200ml、酒…80ml、濃い口しょうゆ…50ml、砂糖…30g 、たまねぎ・クレソン・粒マスタード…各適量

作り方

(1) フォークを使って合いがもの皮目のほうに針打ちをする。
★針打ち・・・針や串などで材料を細かく突き刺すこと。焼き目が綺麗になる。
しっかり刺して穴をあけておく。

(2) 合いがもの皮目の方を下にして熱したフライパンで焼く。キツネ色になるまで焼き目をつけ、ひっくりかえす。身のほうは焼きすぎると固くなるので、かるく焼く程度で。

(3) 鍋に、酒・砂糖・濃い口しょうゆ、トマトジュース(無塩)を入れて沸かし、焼いた合いがもを入れる。合いがもを入れると温度が下がるが強火にせず、中火(気泡が出ない程度)で15分ほどじっくり煮込んだら、肉をひきあげて切り断面を見る。
ローストビーフのようなピンク色ならOK。
赤くてまだ生っぽければ鍋に戻し、さらに5〜10分ほど煮込む。

(4) 合いがもはバットにあげて、乾燥しないよう煮汁を含ませたペーパータオルをかけて冷ます。
煮汁は荒熱をとって容器にうつし冷蔵庫か、氷水につけて冷ます。
★合いがもと煮汁を一緒にしておくと、合いがもに煮汁の熱が入り固くなってしまうので別々に冷ます。
冷めたら煮汁の油を取り除き、合いがもを煮汁に戻す。(この状態で4日間ほど日持ちします)

(5) 皮目のほうから包丁を入れ、2〜3ミリにスライスする。
たまねぎスライスやクレソンなどお好みの野菜を盛り付け、煮汁をかけて粒マスタードを添えて出来上がり!

▲ ページの先頭へ