食いち!

2020年04月01日 (水)地中の黄金!春の絶品たけのこ 福岡県・北九州市


日本有数の竹林面積を誇る、北九州市合馬地区でいま旬を迎えるのが「たけのこ」。冬から収穫が始まり、4月に最盛期を迎える合馬のたけのこは、京都など関西の市場で最高値で売れるほどの“極上品”と言われてきた。
空気に触れるとえぐみが出るため、まだ地表に出ないうちに収穫。この地域特有の粘土質の「赤土」も地中に空気を通さないため、酸化しにくい。収穫してすぐのたけのこを使った「焼きたけのこ」や「刺身」は、みずみずしく歯ごたえがあり、ほのかに甘い。
たけのこ農家3代目の三村訓章さん(58)は、多い時で一日1000本を一人で収穫。近年の需要に合わせ、たけのこの収穫・生産だけでなく、アク抜きや味付けをした加工品開発も自ら行う。高級ブランドの味を後世に残すために工夫する生産者家族の姿とともに、旬のたけのこの魅力を伝える。

s_200401_01.jpg

s_200401_02.jpg

【問い合わせ先】
■たけのこ料理が食べられるお店
▽合馬茶屋
住所:福岡県北九州市小倉南区大字合馬1187番地
電話:070-2384-6639
FAX:093-981-9799
営業時間:10:30~完売にて終了
※5月6日(土)までの営業になります。
※お店で開発した「たけのこ入りラー油」も料亭で販売中。

■たけのこの収穫体験ができるところ 
▽合馬たけのこ体験園
住所:福岡県北九州市小倉南区辻三452
電話:093-452-0240
営業時間:9:00~
※名簿登録者とその家族・関係者限定です。但し、学習目的は特別となります。
(3月14日~4月19日の土・日・祝日)

■たけのこ料理の作り方

●たけのこと春キャベツのペペロンチーノ
s_200401_03.jpg
 
【材料/4人分】
ゆでたけのこ・・・400g
キャベツ・・・300g
しめじ・・・1/2パック
パスタ・・・4束
にんにく・・・1片
たかのつめ・・・1本
オリーブオイル・・・大さじ4
<調味料>
こぶ茶・・・小さじ2
うまくちしょう油・・・小さじ1
塩・胡椒・・・少々

(1)たけのこは短冊に切る。キャベツもたけのこの大きさに合わせて小さめにざく切り。しめじは根をとっておく。にんにくは芽を取り除きスライスする。
(2)フライパンにオリーブオイル、たかのつめ、にんにくを入れてから火にかけいためる。
(3)たけのこ、キャベツを入れてざっくり混ぜる。
(4)ゆでたパスタを入れ、調味料で味を調える。

●たけのこご飯
 s_200401_04.jpg
【材料/4人分】
ゆでたけのこ・・・250g
米・・・3カップ
油揚げ・・・1/2枚
木の芽・・・少々
<調味料>
だし汁・・・3カップ
うすくち醤油・・・小さじ4杯
酒・・・小さじ4杯
塩・・・少々

【つくり方】
(1)たけのこは1口大に切り、油揚げは細かく刻んでざるに入れ、熱湯をまわしかけ、脂抜きしておく。
(2)炊飯器に米と(1)、調味料を全て入れ、炊く。
(3)(2)を器に盛り付け、木の芽を散らす。

●たけのこの煮物
 s_200401_05.jpg
【材料/4人分】
ゆでたけのこ・・・300g
煮干し・・・10g
砂糖・・・大さじ1
うす口しょうゆ・・・大さじ1
こい口しょうゆ・・大さじ1

【つくり方】
(1)たけのこを食べやすい大きさに切る。
(2)いりこだしでたけのこを10分ほど煮る。
(3)砂糖、うす口しょうゆを入れる。
(4)最後に、こい口しょうゆをまわし入れ、味をととのえる。

★さらに味に変化を!たけのこの煮物の鰹節まぶし★
 s_200401_06.jpg
【材料】
かつお節・・・1パック
たけのこの煮物・・・4人分

【つくり方】
(1)かつお節をフライパンで2~3分いる(中火)。
(2)たけのこの煮物をからめて完成。

その他、レシピに関するお問い合わせ
▽「合馬たけのこ体験園」
電話:093-452-0240
s_200401_07.jpg



fukuchi.pngのサムネイル画像

4月からもよろしくお願いいたします!
さて今日は見て、食べて春を感じられる「たけのこ」をご紹介しました。

s_200401_08.jpg
 
向かった先は福岡県北九州市の合馬地区。
訪れたときは天気が晴れており、もうすっかり春!といった感じでぽかぽかとしていました。
この合馬地区はもともと豊富な竹を生かして竹細工を作っていたこともあり、たくさんの竹がありました!とてもきれいで神秘的!

今回取材させていただいたのはたけのこ農家の三村訓章さん、妻の理恵子さんです。
さっそくたけのこ収穫を体験させてもらうために訓章さんと山に行きました!
山登りが大変で・・・福岡に来て1年になりますが、私がどれだけ運動不足なのかがわかり、とても反省しました・・・(笑)


到着し、たけのこ収穫へ!!!これもまた大変なんです!
たけのこを見つけ出すのも難しく、そして掘るのもかなりの力が必要でした!
かなりの力と時間を使ってやっと採れました!とても嬉しくて感動しました(^^)

 s_200401_09.jpg

1つ1つ手作業で収穫するたけのこ。妻の理恵子さんがたけのこ料理を作ってくれました。
たけのこのペペロンチーノ、煮物、たけのこご飯など作っていただき、理恵子さんはたけのこは和食、洋食、中華などいろいろな料理に合うとおっしゃっていました。

s_200401_10.jpg
 
たけのこのサクッとした歯触りに噛めば噛むほど甘みや香りが出てきて幸せな気持ちになりました!

今回は合馬のたけのこを食べて春を感じました。
これから春本番!4月からもたくさんの食の今を伝えていきます!

s_200401_011.jpg

今回取材させていただいたたけのこ農家の三村訓章さん、妻の理恵子さん

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2020年03月25日 (水)赤いダイヤ 島の極甘トマト ~長崎市 高島~


今回の食いち!は長崎市の小さな島・高島の極甘でコクのある高島トマトを紹介しました。
高島は元々、炭鉱の島として賑わっていましたが、1986年の閉山によって多くの人が島を去りました。過疎化を食い止めようと第3セクター方式でトマト栽培が始まりましたが赤字続き。14年前にその後を継いだのが、長崎市に本社を置く海運会社でした。所長の溝江弘さんを筆頭にトマト事業部を作り、ハウス栽培をスタート。試行錯誤の末、トマトの原産地である南米・アンデス高地の雨が少なく乾燥した環境に近づける方法で甘みとコクの強いトマト作りに成功します。一般的なトマトの糖度は5?7度ですが、この農園の糖度の平均値は9度を超えています。
糖度によるランク分けを行いブランド化を進め、今では全国から注文が入る人気のトマトに。島の直売所やホームページから購入ができますが、生産量に限りがあるため早々に売り切れることも。これから5月の収穫終了まで、どんどん甘くなる高島のトマト。ぜひ一度、お試しください。

s_200325_01.jpg
高島トマト

s_200325_02.jpg
水や肥料を極限まで減らして栽培

s_200325_03.jpg
たかしま農園・所長の溝江弘さん

s_200325_04.jpg
高島


■高島トマトが食べられるお店
s_200325_05.jpg

s_200325_06.jpg

▽バラモン食堂
住所:〒850-0852 長崎市万屋町6?29
電話:095-895-8218
※高島トマトの収穫時期のみ(5月頃まで)
※定休日:月(祝祭日の場合は翌火曜日)

 s_200325_07.jpg


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、長崎県の「高島トマト」をご紹介しました!
トマトが好きで、小さい頃からよく食べていたのですが、今回の高島トマト、食べた時に感動してしまいました…。
長崎市内のお店できびなごとトマトのピザをいただいたのですが、とっっっても甘かったんです。

トマトが栽培されている高島に行ってみると、とても風が気持ち良くてゆったりとした時間が流れる島でした。
上陸する前からトマトの看板が見えてきて、船着き場から徒歩30秒で、トマトの直売店に到着。そして、そこから歩いて3分ほどのところに、栽培しているハウスがありました。

s_200325_08.jpg

高島トマトの栽培をしている溝江弘さんは、とても朗らかな方で、沢山冗談を飛ばしながら、高島トマトの魅力を教えてくださいました。
高島は海に囲まれていて、山などの日光を遮るものもないため、トマトの栽培にはとても良い環境だそうです。
確かに、日差しが温かく、海風が気持ちの良い島でした。

s_200325_09.jpg

そして、高島トマトの収穫体験をさせていただいたのですが、ふつうのトマトよりも少し小ぶりなものが多いにもかかわらず、ひとつひとつの実がずっしりと重かったです。溝江さんは、中身がしっかり詰まっているからね!とおっしゃっていました。

s_200325_10.jpg

生のトマトをいただいてみると、いくらでも食べられるおいしさでした!
甘いだけでなく、中身がぎっしり詰まっているからか、味が濃くて?み応えもあります。本当にフルーツの果実を味わっているような感覚でした。

s_200325_11.jpg

取材で島にいる間、溝江さんのもとでトマトの栽培をしている方々も、皆さん高島トマトはおいしい、最高だよ!と笑顔でトマト自慢をしてくださいました。

s_200325_12.jpg

そんな沢山の方々の愛が注がれて育てられた高島トマト、是非皆様も高島の良さとそのトマトのおいしさを味わいに、訪れてみてはいかがでしょうか?

s_200325_13.jpg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2020年03月04日 (水)200年の伝統技術 もちもち「本葛」~福岡県朝倉市秋月~


s_200304_01.jpg
本葛

朝倉市秋月。「筑前の小京都」と呼ばれ、歴史と文化が色濃く残るこの町で、梅がほころぶ頃に作られるのが、本葛だ。秋月の名水で練り上げた「粘り」が特徴で、そうめんやスイーツなどさまざまな食べ物に用いられている。
本葛は、100キロの巨大な根からわずか7キロしか取れない貴重な食材。精製に大量の水が必要なため、古来から水が豊富な秋月で生産されてきた。200年以上続く本葛工房の髙木久助さん(60)は、10代目としてその技術を受け継ぐ。工房を訪れると、年に一度この時期にしか行わない最後の工程である「たたき」の真っ最中。静ひつな工房で、職人が木枠に入れた葛を一斉にたたく様は、まるで楽器を奏でているかのよう。力任せに見えるが、実は素材の状態によって微妙な加減を必要とする職人技が光る。
髙木さんがこの伝統的な技術を受け継いで欲しいと期待を寄せるのが、工房唯一の若手である川原洋平さん(35)。自分が父から受け継いだ時のように、葛作りの神髄を目でみて学んでほしいとあえて厳しく接している。昔ながらの製法を守りながら後世にその技術を伝える職人の姿を通して、福岡が誇る貴重な食文化の魅力を伝える。


【問い合わせ先】
■秋月名物の葛料理が食べられるお店
▽廣茶房「葛の花」
住所:〒838-0001 福岡県朝倉市秋月532番地
電話:0946-25-0215

■秋月名物の本葛のお求め場所
・店舗での購入
▽「廣久葛本舗」
住所:〒838-0001 福岡県朝倉市秋月532番地
・電話での購入
フリーダイヤル:0120-117-910
※インターネットでの購入もできます



fukuchi.pngのサムネイル画像

3月になりましたが、まだ寒い日が続きますね。
葛湯で暖まりたくなるこの時期。今回は福岡県朝倉市秋月の本葛をご紹介しました。
私は葛餅は食べたことがありましたが、原料や葛粉の作り方などは全く知らず、今回取材したら驚きの連発でした!!

本葛の工房のあるじである10代目の髙木久助さんに案内してもらいました。
まずは葛の原料。原料は一見「木??」と聞きたくなるくらい大きくて太い葛の根っこです。
それを何度も秋月の豊富な水で洗っていくと真っ白になるんです!
葛の根っこは茶色なのに、何度も洗うと真っ白に!驚きました!!
大きくて重たい葛の根ですが、その中の7%しか葛は作られないんです!それも驚き!

さらに、精製した葛を加工する重要な工程も見せてもらったのですが、そこにも驚きのポイントが。
粘土状になった本葛を木枠に入れていく作業で、見た目はプルプルしていて柔らかそうなのですが、触ってみると堅いんです。
時間が経つと溶けていくような見た目になるのですが、それでも触ると堅いんです。これが葛に含まれるデンプンの特徴なんだそうです。

そして空気を抜いていく「たたき」という作業をするのですが、それがけっこう大変でした!体全体を使ってたくさんたたいていくんです。
たたき終わった本葛は鏡のようになめらかな見た目になっていました。しかし、私はヘトヘトでした・・・(笑)でも、とても楽しかったです!

そうして半年から1年熟成させて完成した本葛。
葛餅はモチモチしていてとてもおいしかったです!

髙木さんと髙木さんが期待を寄せる工房唯一の若手、川原洋平さんは、本葛の良さを使って様々な料理を研究していました。
葛ロールケーキに葛プリン、葛カクテルなど「和」なイメージを持っていた葛がいろいろな料理に使われていました!
どの料理も歯触りが違ってとてもおいしかったです。

葛餅や葛湯としておいしいだけではなく、とろみ付けとしていろいろな料理に使えますので、ぜひみなさんも食べてみてください!

s_200304_02.jpg
10代目の髙木久助さん

s_200304_03.jpg
葛の原料の根っこは大きくて重かったです!

s_200304_04.jpg
木枠に入れられた本葛

s_200304_05.jpg
時間が経つと溶けるようになめらかに!

s_200304_06.jpg
「たたき」の作業が行われるとさらになめらかに!

s_200304_07.jpg
工房唯一の若手 川原洋平さん

s_200304_08.jpg
本葛を使った料理はたくさんありました!

s_200304_09.jpg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2020年02月26日 (水)いにしえの山の幸 ニホンキジ ~鹿児島 鹿屋市~


今回の食いち!は鹿児島県鹿屋市で養殖されたニホンキジを紹介しました。
実はニホンキジは古くから日本で食されてきた山の幸で、随筆「徒然草」にも“宮中で扱う食材として申し分ない”と記されるほど珍重されてきました。

ただ、これまで国内の養殖のキジ肉といえば外来種のキジが多く、ニホンキジの肉はあまり市場に出回っていませんでした。
そもそも養殖のニホンキジは主に狩猟資源保護のため野に放たれる放鳥用として養殖されてきました。しかしここ最近、狩猟者の減少やイノシシやシカなどへの狩猟対象の変化、そして自治体の財政減など様々な影響から、キジの放鳥事業は全国的に縮小傾向にあります。
そこで、ニホンキジの養殖業者は需要拡大を狙い食肉として加工を始め、再びニホンキジが食材として注目されるようになったのです。

3年前から出荷が始まった鹿屋市のニホンキジは、鶏肉と比べてうまみが強く、きめ細かい肉質だと料理店でも好評です。
今後は地域の特産品として成長が期待されるニホンキジ、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

s_200226_01.jpg
ニホンキジ

s_200226_02.jpg
広い放飼場(ほうしじょう)で育てられています

s_200226_03.jpg
生産者の小倉直樹さん


■ニホンキジが食べられるお店
s_200226_04.jpg

s_200226_05.jpg

▽マナーハウス島津重富荘 フレンチレストランオトヌ
住所:〒892-0802 鹿児島市清水町31-7
電話:099-247-3122
※要予約。詳しくはお店にお尋ねください
※定休日:月・火(祝祭日除く)


■ニホンキジの卵のプリンが食べられるお店
s_200226_06.jpg

s_200226_07.jpg

▽カフェ・ド・グリル サザンクロス
住所:〒899-7306 鹿児島県曽於郡大崎町永吉8155-2
電話:099-476-4406
※時期によっては取扱いがない場合もあります。詳しくはお店にお尋ねください
※定休日:火曜日(ランチのみ営業)・水曜日


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、「ニホンキジ」をご紹介しました!

s_200226_08.jpg

初めて見たという方もいらっしゃったかもしれませんが、私も、実は初めて。
そして、初めて頂きました(笑)
フレンチレストランで出されるくらい、上品に食べることができて、けれど味は濃厚でおいしいんです。
鶏に似ていますが、うまみが強く、歯ごたえがあります。ですが、サクッと噛み切れてとても食べやすかったです。
実際に、このニホンキジが育てられているところに行ってみると、まず、その美しさと大きさに圧倒されました。

s_200226_09.jpg

存在感がある上に、ジャンプしたり動き回ったりしていたため、はじめは少し怖かったです。しかし、育てている小倉さんが抱っこして、キジを触らせてくれました。
おとなしく目をパチパチさせているのを
近くで見ると、少しずつかわいく思えてきました。
お邪魔した日は雨が降ったりやんだりしていたのですが、雨が上がった時、ふるふると体を振って、体についた水滴を飛ばしていて、その様子もかわいかったです。

小倉さんは、キジたちの様子を毎日丁寧に見ながら、餌などにもこだわって育てています。小倉さんが話すひとことひとことから、キジへの想いが伝わってきました。

s_200226_10.jpg

s_200226_11.jpg

そんな小倉さんと高校時代の同級生だった坂元さん。小倉さんの挑戦を後押ししたいと、キジの卵を使ったプリンを作っています。
頂くと、クリームのようになめらかで、とってもおいしかったです。
卵が濃厚なのに、卵臭さが全くなく、口の中に入れると優しい味がふんわり広がります。
気づいたら全部なくなってしまっていました。

地元をあげて名物にしようとみなさんそれぞれが頑張っているのだなあと感心しました。
今回は、そんなニホンキジをご紹介しました。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2020年02月19日 (水)キリシタンの果実?"ゆうこう" 長崎 外海


長崎市北部に、知る人ぞ知る、ほかの地域では手に入らないかんきつ類がある。鮮やかな黄色で、苦み成分が少なく、みずみずしい香りが様々な料理に使えると注目されている、「ゆうこう」という名の果実。人気の秘密は、その汎用性だけでなく神秘的なその歴史にもある。ゆうこうの樹が自生している箇所を地図に落としていくと、「潜伏キリシタンが住んでいた」地域に集中していることが明らかに。そのひとつが、外海(そとめ)地区。江戸時代初期のキリシタン弾圧を題材にした遠藤周作の「沈黙」の舞台にもなった、全国有数の「潜伏キリシタンの里」だ。 
近年、その歴史に注目が集まり、ポン酢や、サイダー、カステラなどさまざまな商品に加工され、長崎の新たな名物になろうとしている。ポン酢は、フランスやイタリアからシンガポールまで八か国から注文がくるほど。幼い頃からゆうこうに親しみがあったという地元の人や、この「沈黙の果実」を海外に発信していこうと取り組む人々を取材。

【問い合わせ先】
■ゆうこう料理を食べられるお店(日宇スギノさんのレストラン)
▽「tabedokoro ヴォスロール」 
住所:長崎県長崎市西出津町2696-2
電話:0959-25-0018
※完全予約制のお店です。電話でお問い合わせください。
※ゆうこうを使った料理は10月~4月頃までの期間限定です。
※ゆうこうのジュースは一年中取り扱っています。

■ゆうこうを使った商品のお問い合わせ
「ゆうこう」の果実はすでに収穫の時期を終えています。
加工商品は、道の駅「夕陽が丘外海」や長崎市内のみやげ店などでご購入いただけます。

▽道の駅「夕陽が丘外海」
住所:〒851-2327 長崎県長崎市東出津町149番地2
電話:0959-25-1430
営業時間:
夏(4~9月) 9:00~19:00
冬(10~3月) 9:00~18:00
※定休日 1月1日~1月3日

■スタジオでご紹介したカステラ
▽「長崎浪漫 ゆうこうかすてぃら」
価格:2,376円 (1斤 10カット入り)
秋~春の限定品で、その年の収穫量によって生産量が異なります。
お求め先 LUSK nagasaki GIFT
※WEB限定で扱っています。
電話:095-827-7717

■スタジオでご紹介したハム
▽「ゆうこうベリーロール(スライスタイプ)」
価格:540円
お求め先:手作りハムソーセージ専門店 Gris Hause NAGASE (グリースハウゼナガセ)
住所:〒852-8105 長崎市目覚町14-15浜ビル1階
電話:095-800-3706
営業時間:9時~19時
定休日:毎週火曜日
※イベント出店などで不定休。詳しくはお店までお問い合わせください。
※ネット販売も行っています



fukuchi.pngのサムネイル画像

今回は長崎の幻の果実!「ゆうこう」をご紹介しました!

向かったのは長崎市の中心部から車で30分ほどの外海地区。
初めて訪れる外海は山や海に囲まれていて心がとても落ち着きました!

外海で生まれ育った日宇スギノさんが、この土地ならではの物があると「ゆうこう」を紹介してくださり、ゆうこうの樹がある所へ案内してくださりました。
向かうと、道のいろいろな部分にゆうこうの樹が自生していました。
昔はそのまま食べられていたゆうこうですが、今は香りを楽しむ果物としていろいろな料理に使われています。
しかし!私はそのまま食べました!すっぱい!!今でも思い出すと口が酸っぱくなります!!(笑)
酸っぱいのですが、おいしい酸っぱさで、ゆうこうのさっぱりとした香りも楽しむことができました!

日宇さんは幼い頃からゆうこうを食べて育ち、毎年この季節になると「ゆうこうの季節だな」と思い、幼少期に出された母のゆうこう料理や、食べきれないくらいできたゆうこうで手遊びしながら持ち帰ったことなどいろいろな思い出を思い出すそうです。

さっぱりとしておいしいだけじゃなく潜伏キリシタンの歴史にもゆかりがあると言われているゆうこうは、世界へと発信しようと商品化が進んでいます。
長崎市ゆうこう復興会の中尾順光さんは元々ゆうこうのことを知らなかったのですが、歴史を知り、たくさんの方に知ってもらいたいと商品化に協力をしています。

調味料やお菓子など、たくさんのゆうこうを使った商品がありました。
ゆうこうの香りが引き立っていてどれもおいしかったです!

外海のキリシタンの歴史だけでなく香りや味が楽しめる「ゆうこう」
是非みなさんも食べてみてください!
 
s_200219_01.jpg
ゆうこう

 s_200219_02.jpg
外海で生まれ育った日宇スギノさん

 s_200219_03.jpg
日宇さんが祖母や母から受け継いだゆうこう料理

 s_200219_04.jpg
長崎市ゆうこう振興会の中尾順光さん

 s_200219_05.jpg
ゆうこうを使った商品はたくさんありました!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2020年02月12日 (水)我が町のソウルフード〝鶏ぼっかけ" ~福岡 大野城市~


今回の食いち!は福岡市の南、大野城市の「大野城鶏ぼっかけ」を紹介しました。
約10万人が暮らす大野城市は、昭和30年代まで田園風景が広がり、当時貴重だった鶏を正月やお盆、田植えなどの特別な時に調理していました。そんな折に出されていたのが「鶏ぼっかけ」という料理で、地域の人たちにとってごちそうでした。
鶏ぼっかけとは、一口大の鶏肉の入った鶏がらスープをご飯にぶっかける料理です。
「ぼっかけ」とは「ぶっかける」がなまって呼ばれるようになったそうです。
9年前、大野城市では地域に残る料理を、町の名物として郷土料理を広く知ってもらおうというプロジェクトが結成されました。
今では、この鶏ぼっかけを通し様々な人たちの輪ができています。
鶏ぼっかけの歌を作った人、イベントなどでPR活動を行う“鶏ぼっかけ隊”、そして昔から作り続けている井上幸子さんは、地元の小学校で鶏ぼっかけについて教える講義を行っています。
さらに市内の6店舗の飲食店も協力し、鶏ぼっかけを現代風のアレンジを加え提供しています。

s_200212_01.jpg
鶏ぼっかけ

s_200212_02.jpg
鶏ぼっかけの歌を作った松尾雄介さん

s_200212_03.jpg
鶏ぼっかけ隊のみなさん

s_200212_04.jpg
紹介した飲食店のアレンジ!
〝かしわめしの焼おにぎり“鶏ぼっかけ

■鶏ぼっかけが食べられるお店
s_200212_05.jpg

s_200212_06.jpg

▽大野城心のふるさと館(ここふるショップ)
住所:福岡県大野城市曙町3-8-3
電話:092-558-5000
開館時間:午前9時から午後7時
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌平日)、12月28日から1月4日
入館料:無料

■かしわめしの焼きおにぎりを使った鶏ぼっかけが食べられるお店
s_200212_07.jpg

s_200212_04.jpg

▽相撲鳥(西鉄春日原駅から約150m)
住所:福岡県大野城市錦町2-1-25
電話:092-571-4280


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、福岡県大野城市の「鶏ぼっかけ」をご紹介しました!

s_200212_08.jpg

福岡に住み始めて約1年。
はじめて、鶏ぼっかけを知りました。
鶏がらスープのいい香りを感じながら、一口いただいてみると、、、。
一度食べたら止まらないくらい、やみつきになる味でした。
とてもおいしかったです。

そして、この鶏ぼっかけ、実はお店や家庭によって、それぞれ味が違うんです。

s_200212_09.jpg

番組でおじゃました井上幸子さんが長年家族に振る舞ってきた鶏ぼっかけは、おふくろの味がして体にしみました。
井上さんは、本当に優しくてお茶目な方で、その雰囲気からか、初めてお会いしたにもかかわらず、実家に帰ってきたような、そんな気持ちになりました。
身も心も温まる、懐かしい味がしました。
そして、鶏ぼっかけを復活させようと、歌を作った松尾雄介さんや、有志で集まって活動している「鶏ぼっかけ隊」の皆さんともお会いしました。
お話していると、地元、大野城への愛がひしひしと伝わってきました。

s_200212_10.jpg

ぼっかけ隊の皆さんには、最後に、おすすめだというお店に連れて行ってもらいました。
そこでは、かしわめしの焼きおにぎりを使っていたんです。そのアレンジに驚きましたが、とてもおいしかったです。
大野城市出身でなくとも、懐かしい味でふるさとを感じる、そんな〝鶏ぼっかけ“、皆さんも召し上がってみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2020年02月05日 (水)沖縄の誇り!巨大"セーイカ" 沖縄県・糸満市


沖縄本島の最南端に位置する糸満市。海の幸が豊かなこの場所でいま旬を迎えているのが“ソデイカ”。大きいものは体長1メートル、重さ20キロにもなり食用では最大級のイカ。沖縄の方言では“セーイカ”とよばれ、親しまれる。中でも糸満は、全国有数の水揚げを誇り、回転寿司のネタなどで全国に流通している。この時期、漁港では海人たちが、鮮度抜群のセーイカを次々に持ち帰る。漁が行われるのは、本島周辺などで1週間程度。セーイカ漁は普及してまだ30年と歴史は浅いが、海人は漁法や漁場を開拓・発展させ、セーイカ漁を短期間で地域の主要漁業に成長させた。しかし近年、漁獲量が減少し、それに伴った価格の高騰が深刻に。過去10年で価格は60%跳ね上がり、海人・消費者双方にとって、手の届かない食材にならないか心配されている。
旧正月の大晦日にあたるこの日、海人の1年の労をねぎらいながら、地域と家族を支えてきた海人家族のセーイカ飯を“ありがたく”味わう。

【問い合わせ先】
■イカスミ汁提供のお店
▽糸満海人食堂(11:00~18:00)
住所:沖縄県糸満市字糸満989-88
電話:098-911-7466
※イカスミ汁以外のメニューも販売しています。

■ソデイカが食べられるお寿司屋さん
全国の回転寿司チェーン店「くら寿司」で食べることができます。
※期間限定メニューのため、数量限定で販売しております。

■糸満のセーイカに関するお問い合わせ
▽糸満漁業協同組合
住所:沖縄県糸満市西崎1丁目4番11号
電話:098-992-2011

■セーイカチャンプルーの作り方
材料(3人前)
・セーイカ・・・300グラム
・ゴーヤ・・・1/2個
・白味噌・・・適量
・にんにくペースト・・・適量
・砂糖・・・適量

【作り方】
(1)セーイカを一口大に切り、そこに白味噌、ニンニクペースト、砂糖を入れ5~10分漬ける。
(2)油を引いたフライパンにイカとゴーヤを炒め、醤油を混ぜ合わせる。
(3)(お好みでスパムを入れて炒めて)完成


fukuchi.pngのサムネイル画像

めんそーれ!今回は沖縄県で漁獲量一位を誇る糸満市の「ソデイカ」をご紹介しました!
耳の部分がまるで着物の袖のように見えることから「ソデイカ」と全国的に呼ばれていますが、沖縄では「セーイカ」と呼ばれて親しまれています。

沖縄に着いてすぐ、冬なのにも関わらず福岡とは違って暖かく、不思議な感覚でした。
さっそく糸満市へ行き、沖縄の郷土料理である「イカスミ汁」を初めて食べました!
見た目は真っ黒ですがあっさりしているおいしい汁にイカのほのかな甘みを感じられてとてもおいしかったです!!
食べ進めるとイカの存在感が強くて、よく見るとイカが分厚くて1つ1つ大きいことに気づきました。
お店の人に、「15キロくらいある大きなイカだよ!」と教えてもらいました!
そんなに大きいイカ!?想像ができない!見てみたい!と強く思い、漁港に向かうと・・・待っていたのは巨大な!巨大すぎるイカでした!!

セーイカ漁師の大嵩博正さんが釣ったソデイカと身長156センチの私が背比べをすると、ほとんど変わらない!セーイカの身長は154センチでした!

大嵩さんのご自宅にお邪魔してセーイカ料理をいただきましたが、ねっとりとしていて甘みが強く、とてもおいしかったです!

セーイカ漁は1週間程度かけて行うそうですが、大嵩さんは妻の敬子さんが作ったセーイカ料理を持って行って船内で食べているのだそう。
夫婦の絆を強く感じ、あたたかい気持ちになりました。

糸満市ではたくさんのセーイカの料理やお刺身、加工品があります。
とってもおいしいので是非皆さんも食べてみてください!


 s_200205_01.jpg
セーイカ漁師の大嵩博正さん

 s_200205_02.jpg
セーイカの重さは20キロ超え!

 s_200205_03.jpg
大嵩さんの妻・敬子さん特製セーイカのゴーヤチャンプルー

 s_200205_04.jpg
ダシの香りが漂うあったかいイカスミ汁

 s_200205_05.jpg
大嵩さん、大嵩さんの船で一緒にセーイカを釣るたかひろさん

 s_200205_06.jpg
大嵩さん家族でとてもおいしいセーイカ料理をいただきました!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2020年01月29日 (水)脂たっぷり 養殖サバ ~佐賀県 唐津市~


今回の食いち!は佐賀県唐津市の養殖のマサバを紹介しました。
サバを刺身で食べるなどの食文化がある九州では、各地でサバが養殖されブランド魚として流通しています。唐津市でも呼子のイカに次ぐ、新たな名物にと2014年に誕生しました。
唐津市の養殖サバの特徴はなんといっても「完全養殖」であるということ。
一般的な養殖サバは、天然の稚魚を捕まえて大きく育てますが、唐津市は九州大学と連携し、卵から育てる養殖方法を開発しました。
九州大学の“九”と「品質(Quality)」の頭文字をとって、「唐津Qサバ」と名付けられました。
完全養殖は稚魚からエサを管理することで、寄生虫のアニサキスの発生を抑えること、
また天然資源に頼らないため自然に優しいことが特徴です。
特別なエサを与え、1年半かけて育てたQサバは脂がたっぷり。身に含まれる脂質の割合は、天然サバと比べ、年間を通じてなんと2倍以上になるのだそうです。
サバ好きのみなさん、ぜひ唐津市のQサバを試してみてはいかがでしょうか。

s_200129_01.jpg
唐津Qサバ

s_200129_02.jpg
稚魚は市の施設でふ化させます

s_200129_03.jpg
サバを育てる 坂本進一さん

s_200129_04.jpg
およそ1年半で出荷を迎えます



s_200129_05.jpgs_200129_06.jpg

■Qサバの料理が食べられるお店
▽大志
住所:〒847-0052 佐賀県唐津市呉服町1798
電話:0955-74-0107
※要予約。詳しくはお店にお尋ねください
※18:00~23:00 定休日:火曜日


s_200129_07.jpgs_200129_08.jpg

■Qサバを取り扱う店
▽田川鮮魚店(Aコープやまもと店)
住所:〒847-0002 佐賀県唐津市山本1390
電話:0955-78-1373
※時期によっては取り扱いがない場合もあります

■唐津Qサバに関しては…
▽唐津市 水産課
住所:〒847-0014 佐賀県唐津市西城内1-1
電話:0955-72-9130


nakata.pngのサムネイル画像
 
こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、佐賀県唐津市の養殖サバ、その名も「唐津Qサバ」をご紹介しました。
本当にとってもおいしかったです。
臭みは全くなく、脂のノリも絶妙でした!

s_200129_09.jpg

Qサバを使った料理を提供している松田拓也さん。最近では、Qサバのほうが天然のサバよりも良質の脂が乗っていて、おいしいんじゃないかとおっしゃっていた程です。
そして、そのQサバの稚魚を育てている市の施設へ行き、サバを見せていただいたのですが、徹底した工夫が沢山あり、感動しました。
私はスーパーや魚屋さんに並んでいるサバしか見たことがなかったのですが、泳いでいる姿を上から見て驚きました。
少し蛇に似た模様がくっきりと見えていて、全体的に白っぽく見えたんです。
施設の村山孝行さんにお伺いしたところ、養殖で小さい頃から屋内で育つため、紫外線の影響などが少ないから白いのではないかとのことでした。

s_200129_10.jpg

その後、市の施設で育った稚魚を、海で大きく育て出荷している、坂本進一さんのいけすに伺いました。
すごく面白くて優しい方で、育てているサバの特性など、いろんなことを教えてくださいました。

s_200129_11.jpg

そして今回、はじめてサバの白子が食べられることを知りました(笑)
普段食べるタラなどの白子よりも、弾力があり、かむとあっという間になくなります。サバの風味も感じられて、本当においしかったです。

s_200129_12.jpg

サバは、自分の子供のようだとおっしゃる坂本さん。元気な姿を見るとうれしいと笑う坂本さんの表情からも、サバへの愛情がひしひしと伝わってきました。
皆様もぜひ、愛情たっぷりに育てられたQサバを食べに、唐津を訪れてみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2020年01月09日 (木)パリッでもちっ!南関あげ ~熊本 南関町~


今回の「食いち!」でご紹介するのは熊本県南関町で古くから作られている「南関あげ」です。大きさは20㎝四方と普通の油揚げよりもずっと大きく非常に軽いのが特徴です。というのも水分は3%ほどで普通の油あげの10分の1以下。出来上がりはパリッパリで、おだしを吸収すると、もっちもちに大変身。みそ汁やお鍋、稲荷ずしなどどんな素材ともよく馴染み、味をひきたてる優れものの食材で今、全国のプロの料理人からも注目されてるんです。最近は地元でもカレーや丼メニュー、ピザも登場してレシピのバリエーションも広がり、通販で全国にも出荷されています。その味を支えてきたのは独特の伝統的な製法です。家庭料理も絶品にしてくれる熊本発の食材「南関あげ」の魅力をご紹介します。

【番組で紹介した場所】

■「南関いなり」が名物のすし屋
▽「たつみ寿司」総本店
住所:福岡市博多区下川端町8番6号
電話:092-263-1661

■様々な「南関あげ」を置いている地元スーパー
▽「ビッグオーク」
住所:南関町関町1479番地
電話:0968-53-3300

■「南関あげ」を手作りで作る南関あげ屋
▽「南関食品」津留満彦さん
住所:南関町関東705番地
電話:0968-53-6911
FAX:0968-53-6912
※電話&FAXでの注文も受け付けています。

■「南関あげ」を全国に出荷する食品会社
▽「塩山食品」
住所:南関町小原32-2
電話:0968-53-0154
FAX:0968-53-2752
※電話&FAXでの注文も受け付けています。

■「南関あげ丼」が食べられるところ
▽「なんかんいきいき村」
住所:南関町関町419-1
電話:0968-53-0388
※南関あげを使った様々な食品を販売。食堂で「南関あげ丼」を食べられる。


s_200108_01.jpg
南関町のスーパーで何種類もの地元産「南関あげ」を発見!

s_200108_02.jpg
左側が南関あげ。普通の油あげ(右側)よりもずっと大きい!

s_200108_03.jpg
手作りで南関あげを作る津留満彦さん

s_200108_04.jpg
塩山工場長「南関あげのおいしさを全国に届けたい」

s_200108_05.jpg
南関あげが主役!「南関あげ丼」


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、熊本県南関町の「南関あげ」をご紹介しました!

南関町では、南関あげが沢山の種類の料理に使われていて驚きました。
特に稲荷ずしは、格別に美味しく、人気が高い理由がわかりました。
また、稲荷ずしだけでなく、今回、南関あげを使った様々な料理をいただいたのですが、すべて、本当によく出汁(だし)がしみ込んでいて、噛んだ瞬間にじゅわっと口の中に出汁の味が広がりました。
私のお気に入りは、南関あげのコロッケです。
そちらも、しっかりと揚げの味がするのに、コロッケとして完璧に成り立っていて、斬新で、しかも、とってもおいしかったです。

s_200108_06.jpg

s_200108_07.jpg

そんな南関あげを手作りで作っているという津留さんのところに伺いました。
なんと毎日深夜0時に起きて南関あげを作っているそうなんです。
しかも、南関あげ作りを体験させていただくと、一定の大きさに豆腐を切ったり、しっかり大きく揚げたりなど、すごく難しいんです。

s_200108_08.jpg

s_200108_09.jpg

津留さんは、ご自身でいろんな試行錯誤を重ねて、今の南関あげを作ることができるようになったそうなのですが、南関あげ作りの奥深さを感じました。

そして、最近機械を導入したという工場にもお邪魔しました。
こちらでは、機械と人間の力と組み合わせて南関あげ作りの効率化を図っていました。
そうすることで、より多く作ることができ、地元だけでなく遠方の人など沢山の人に食べてもらえると言います。

また、南関あげの様々な料理を作っている物産館では、メニューは働かれている皆さんのおふくろの味から生まれたものなのだと聞きました。
南関あげは、昔から人々に愛されてきたのだなと感じ、心が温かくなりました。

皆様もぜひ一度、南関町に足を運んでみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:10時30分 | 固定リンク


2019年12月25日 (水)復活!温泉町のソウルフード ちゃんぽん ~佐賀 武雄市~


今回はヘルシーでボリューム満点のちゃんぽん。佐賀県を代表する温泉地・武雄市の北方町にはちゃんぽん店が並ぶ“ちゃんぽん街道”と呼ばれるエリアがあります。お昼どきに名物店に向かうとお客さんがひっきりなしに訪れていました。特徴は何と言ってもたっぷりの野菜。長崎のちゃんぽんと違い、エビなどの海鮮ではなく、豊富な野菜と豚肉で勝負。さらにスープは豚骨ベース。コクのあるスープに野菜のうまみが溶け込んで食べ応え満点。この地域にちゃんぽんが根づいたのは戦後間もない昭和24年頃。当時、北方町一帯は炭鉱業が盛んで、炭鉱で働く人たちに健康的でおなかがいっぱいになるものをと工夫をこらしたのが地元野菜でボリューム満点のちゃんぽんだったのです。ところが、ことし8月28日。佐賀県一帯を記録的な大雨が襲います。中でも北方町は被害が大きく、ちゃんぽん店のほとんどが一時休業を余儀なくされました。そんな中、親子3代で必死に再開に取り組んできたお店があります。11月末、再び開店したお店には多くの人が詰めかけました。今も店に立ち続ける初代のキクエさんは97歳。お客さんの喜ぶ顔が何よりの生きがいと話します。災害からまもなく4か月。復活を遂げたちゃんぽんの魅力を探ってきました。

s_191225_01.jpg

s_191225_02.jpg
 
■〔ちゃんぽん街道〕について
長崎自動車道 武雄北方インターより国道34号線に出てすぐ。
JR佐世保線 北方駅より徒歩15分ほど。

お店など詳しくは・・
▽武雄市商工会 北方事務所 
電話:0954-36-2111

■中田リポーターが訪ねたお店
▽名代 井手ちゃんぽん 北方本店
住所:佐賀県武雄市北方町志久1928
TEL:0954-36-2047
営業時間:午前10時30分~午後9時(オーダーストップは午後8時30分)
定休日:水曜日(水曜日が祝日の場合は翌木曜日)
 年末年始(12月31日・1月1日・1月2日)
 
s_191225_03.jpg

▽お食事処 かみや
住所:佐賀県武雄市北方町志久96-6
電話:0954-36-2915
営業時間:午前11時~午後2時30分
 午後5時~午後7時30分
定休日:日曜日
 年末年始(1月1日~1月6日)

s_191225_04.jpg

 
nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、佐賀県武雄市北方町の「ちゃんぽん」をご紹介しました!

ちゃんぽんと言えば長崎県が有名ですが、佐賀県では少し違ったちゃんぽんが親しまれていて、さらに7つのお店が並ぶ「ちゃんぽん街道」なるものがあったんです。
初めて知って驚いたのですが、実際に行って取材してみると、北方のちゃんぽんは、海鮮を使う長崎県とは違い、野菜がたっぷりで、スープは豚骨ベースのものになっているんです。
地元の方々に北方の名物を聞くと、皆さん口をそろえて「ちゃんぽん」と仰っていました。

ですが、今年8月末、佐賀では記録的な大雨が観測されました。北方でも、ほとんどのちゃんぽんのお店が浸水被害に遭ったそうです。
休業を余儀なくされたお店も多かったそうなのですが、最近、店を再開させたというお店に伺いました。
2軒のちゃんぽんのお店にお邪魔したのですが、どちらも休業していたことなど感じさせないくらい、お昼時はひっきりなしにお客さんが押し寄せていて、にぎわっていました。
1軒目は、地元の有名店。こってりでもなくあっさりでもない、味のバランスが絶妙な一杯でした。そして、ここではじめて北方のちゃんぽんを見たのですが、その、野菜のボリューム感に圧倒されました。
一瞬、こんなに食べられるのかなあと不安に思ったのですが、食べてみると飽きが来ない味で、ペロッと完食することができました(笑)
2軒目に行った町の食堂では、すごく優しい、どこか懐かしい味のするちゃんぽんをいただくことができました。
1度も食べたことがなかったのに、昔何度も食べたことがあるような感覚でした。

2軒とも、同じように野菜がたっぷりで豚骨スープを使っているのに味が全然違うことに驚きました。
ちゃんぽん街道のちゃんぽんを味比べするのも面白いかもしれません。
皆様も是非、足を運んでみてはいかがしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲