食いち!

2021年06月30日 (水)甘酸っぱい!森の宝石 やまもも~福岡県 那珂川市~


福岡市のお隣、那珂川市。全面積の70%が森林で南部に脊振山系の山々が連なる山里です。この山里で200年以上前から親しまれてきたのが「やまもも」の果実。直径2㎝ほどの暗赤色の丸い実の表面にはビーズの様な赤い粒々が並び、さながら森の宝石です。味は甘酸っぱく、昔から田植え期のおやつ、ご飯のおかずとして親しまれてきましたが、ここ数年、地元の「やまももがたり」と呼ばれるプロジェクトの人々のアイデアにより、クレープや大福もち、ドレッシングに甘酒とさまざまな新商品に生まれ変わっています。
今から50年前、先祖代々のやまももに加え、より大きな実をつける苗木120本を四国から取り寄せ、育ててきた山下守光さん(78)。高齢になりやまももの森の手入れが難しくなってきましたが、「やまももがたり」との協力で、山里の宝物としてよみがえりました。
甘酸っぱ~い山里の果実・やまももの魅力と、那珂川市の新しい取り組みをお伝えします。

【問い合わせ先】
■やまももについて
やまももの収穫は例年、6月の中旬から下旬ぐらいまでです。那珂川市での今年の収穫はほぼ終わっています。ピューレや冷凍食品などについては下記までお問合せください。
・やまもものピューレ等の取り寄せ
「南畑(みなみはた)ぼうぶら会議」 
メール:bouburakaigi@gmail.com

・「やまももがたり」の取り組みや、やまもも特産品について
那珂川市商工会・女性部
住所:〒811-1242 福岡県那珂川市西隈3丁目1番10号
電話:092-952-2949


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、那珂川市の「やまもも」でした!
なじみ深いという方、初めて見たという方、どちらもいらっしゃったと思いますが、私は後者でした。ですが今回取材させていただく中で、とても魅力的な果実なのだと知りました。

“やまももがたり”と称して、やまもものPRを行っている商工会のみなさん。
女性部部長の山﨑さんが主導してこの取り組みが始まったそうです。

現在お店とコラボして作ったメニューの数は20種類以上と、そのバラエティーの豊富さもさることながら、山崎さんたち関わるかたがたの熱意がすごかったです。それだけやまももが魅力的で、人をひきつけるのかもしれません。

実際、いくつかのお店でやまもも料理をいただきましたが、やまももが見せるいろんな顔に驚きました。一つの果物なのに、食べ方によって甘さや酸味の度合いや食感の変化があり、おかずからスイーツ、飲み物まで、幅広く使われています。
やまもものクレープシュゼットをいただいた時は、ベリーのような甘みと華やかさがありました。しかし、ベリーと違ったのは爽やかな酸味が残るところです。食べ終わったあとも非常にすっきりしていました。とても食べやすく、おいしかったです。見た目もかわいいですよね^^
 
s_210630_01.jpg

そして、やまももの収穫にお邪魔させていただきました。
とっても立派な木がそびえ立っていて、それを豪快に揺らして収穫します。
最初に見た時は驚きました(笑)そして、実際に私も木の下で揺らしたやまももが落ちてくるのを待ちましたが、頭や肩に当たると結構痛いのです。実がしっかりしているからだと思いますが、子どもたちもキャーキャー言いながら参加していてその場にいるだけで楽しかったです。

収穫したてのやまももを使って作ったやまももジャムも、パンにとてもよく合っておいしかったです。まだ温かいジャムは、収穫作業後には心にしみますね。
 
s_210630_02.jpg

さて、やまももを植えて育ててきた山下さんにもお話を伺いました。昔はやまももに塩をかけてそれをおかずにごはんを食べていたといいます。フルーツをおかずに?塩をかけて?と、はじめは、はてなだらけでした。(笑)そこで実際に塩をかけていただいてみましたが・・・。

おいしかったです。塩がやまももの甘みと酸味を引き立てていて、やまももの粒だった舌触りをよく感じられました。

今回の取材でやまももを初めて食べる時、黒いのが甘くておいしいよと言われました。
確かに黒い実は甘みが強くおいしかったです。しかし驚いたのは、オレンジの実は黒いものより酸味があるのですが、それもとてもおいしいということなのです。だいたいの果物は甘いほうがよいとされがちですが、やまももに関しては、酸味があるものはあるもので、渋みや苦みもなく、純粋に甘酸っぱさを楽しめました。きっとそうした、さまざまな変化を楽しめるやまももの特性も、いろんな人をとりこにする理由なのだと思います。

皆様もぜひ、今が旬のやまもも召し上がってみてはいかがでしょうか?
コロナが落ち着いたら、那珂川市でやまもも料理の食べ比べをするのも楽しいかもしれませんね^^

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2021年06月23日 (水)みずみずしさが決め手!"博多きゅうり"~福岡県 糸島市~


今回の食いち!は、福岡県糸島市の「博多きゅうり」を紹介しました。

「博多きゅうり」はあふれ出る水分とシャキシャキで甘いのが特徴。福岡県糸島市はそんな良質なきゅうりを作る産地で知られています。訪ねたのは、「博多きゅうり」を作って25年、きゅうり部会・部会長の濵野穣(はまの・ゆたか)さん(48)は2000本の「博多きゅうり」を育てるのに毎日10トンの地下水を使います。

水分をたっぷりの新鮮な状態で出荷しようといろいろ工夫をしています。

きゅうりにはもともと、とげがあることをみなさん知っていますか?実はこのとげこそが水分を保っているんです。とげがとれると水蒸気が蒸散して、きゅうりの水分が徐々に減っていってしまうというわけなんです。そのため、濵野さんは、とげに触れないように先端をもってもぎります。かごに入れる時も、傷つけないようにそっと置きます。

収穫したらなり口の面積をなるべく小さくしてもぎることで水分が逃げないようにしています。簡単そうにみえてなかなかできないんです。
さらにきゅうりを袋にいれて水分を逃がさないようにしている徹底ぶり。濵野さんの「きゅうり愛」が伝わってきます。

そんなとれたての新鮮なきゅうりを使って、妻の恵(めぐみ)さんが、簡単に作れる漬物を教えてくれました。きゅうりに塩、砂糖、ビールを注いで1日置くと、あふれんばかりの水分がきゅうりから出てくるんです!うまみがたっぷり染み出て、とてもおいしいんです。恵さんお手製のビール漬けは、地元でもとても人気なんですって!

今年2月、濵野さんは、地域の人たちと「博多きゅうり」をPRしようと、JAとタッグを組んで、きゅうりの魅力を歌にした動画を作りました。農家のみなさんと一緒に出演しています。きゅうりを手に、笑顔で発信する濱野さんの夢は、世界中の人にきゅうりを食べてもらうこと。このみずみずしい「博多きゅうり」、ぜひ一度味わってみて下さい!


s_210623_01.jpg
■福岡県糸島市の「博多きゅうり」

s_210623_02.jpg
■「博多きゅうり」作りのベテラン!
きゅうり部会部会長の濵野穣さん

s_210623_03.jpg
■トゲがきゅうりの水分を保ちます。

s_210623_04.jpg
■とげがとれないように優しく収穫する濵野さん


s_210623_05.jpg
■なり口を小さくして収穫するのもベテランの技

s_210623_06.jpg
■袋をかけて水分を逃がさない

s_210623_07.jpg
■妻の恵さんがきゅうりのおすすめ料理を教えてくれました。

s_210623_09.jpg

s_210623_10.jpg

■番組で紹介した料理レシピ
▽きゅうりの塩こんぶあえ(4人分)
・きゅうり・・1本
・塩こんぶ・・・7g
・酢・・・20ml
・一味唐辛子・・少々

<作り方>
① きゅうりをよく洗い、一口大に切る。
② 塩こんぶと酢を入れてよく混ぜ、冷蔵庫で10分間冷やす。
③ お好みで、一味唐辛子を乗せる。

s_210623_11.jpg

s_210623_12.jpg

▽きゅうりのビール漬け
<材料4人分>
・きゅうり・・・・・1kg (およそ10本分)
・砂糖・・・・160g
・塩・・・・40g
・ビール・・・135ml(余ったビールでもOK)

<作り方>
① きゅうりをよく洗い、一口大に切る。深さのある容器に入れる。
② 深さのある容器に入れて、重さを量りながら1キロに調整する。
③ 砂糖・塩を加え、ビールを注ぐ。
④ きゅうりになじませて、お好みで1日~3日間冷蔵庫に置く。

そのほかのお問い合わせは・・・

JA糸島本社 胡瓜(きゅうり)部会
〒819-1119 福岡県糸島市前原東2丁目7-1
TEL092-322-2761 までお問合せ下さい。


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、福岡県糸島市の「博多きゅうり」でした!

s_210623_13.jpg
あんなにおいしい新鮮なきゅうり初めてたべました・・・
きゅうりの味がしっかりしていて歯ごたえもよく、特にみずみずしさは最高でした!

さて、そんな博多きゅうりについて教えてくださったのは、濱野穣さん。
とってもおもしろい方で、終始笑わせてくださいました!(笑)

s_210623_14.jpg

さっそく、収穫したきゅうりを見せていただくと、表面にはとげとげが!!!
持ってみると痛いんです!(笑)
収穫したてのきゅうりにとげがあり、まさか痛いとは思っていませんでした(笑)
とげも新鮮さの証しなのだそうです。

折って食べてみようと折ろうとするのですが・・・
とげは痛いし、何よりもきゅうりが力強く立派に育っているのでなかなか折れませんでした・・・。
かなり力を入れて、やっと折れましたが、その瞬間、きゅうりの香りがふわ~っと香り、折った表面には水滴が!
表面にたっぷりの水滴が出てくるさまは、本当に驚きでした。


そして、この新鮮なきゅうりを使った料理を、穣さんの妻である恵さんに教えていただきました!恵さんは、明るくて優しく、そしておもしろい方でした。穣さんともとても仲がよくて、お二人の会話を聞いているとほっこりしました。

まず教えていただいたのは、「きゅうりと塩昆布あえ」。
塩昆布のほどよいしょっぱさとお酢の酸味、そして砂糖の甘さがとてもきゅうりに合うのです。いろんな味覚のバランスがよく、夏にもすっきり食べられる
一品でした。


そして、「きゅうりのビール漬け」。
きゅうりをビールに漬けておいしいのだろうかと不思議に思っていたのですが・・・
あれは、止まらなくなります。甘いお漬物に感覚は近いのですが、おいしかったです。
恵さんいわく、BBQに作って持って行くとお肉よりも食べてしまうと大人気だったそうです。
その気持ちがわかりました。
しかも、きゅうりの見た目がお花みたいでかわいかったです^^

さて、今回ご紹介した、みずみずしい“博多きゅうり”。
皆様も一度、ビール漬けにして召し上がってみてはいかがでしょうか?
この夏、止まらないおつまみになるかもしれませんよ^^

s_210623_15.png

s_210623_16.jpg

s_210623_17.jpg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:19時33分 | 固定リンク


2021年06月16日 (水)お取り寄せで九州沖縄応援!~熊本・宮崎~


緊急事態宣言の延長で外食も制限され、消費者も生産者もガマンの日々が続く。そこで、おうちから九州沖縄の食を応援すべく、各地のソウルフードをお取り寄せ!今回は夏を目前に、夏バテを防ぐかきこみ飯2品を、地元の方にリモートで簡単アレンジレシピを教わりながら食す。

1品目は熊本が誇る和牛、あか牛を使った「あか牛丼」。あか牛は、これまで贈答品として熊本県内で消費されていたが、コロナを機に、多くの生産者が巣ごもり消費に注目。精力的にネット販売を展開している。そのあか牛をミディアムレアで白米に贅沢に敷き詰めるあか牛丼。あか牛を愛しすぎて大阪から移住した方にアレンジレシピを教わる。意外な「あのタレ」をかけると絶品に変身!

2品目は、宮崎のソウルフード「冷や汁」。魚のすり身や味噌を合わせた汁を麦飯にかけて食べる郷土料理。かつて農家の人たちが夏の重労働の際に、栄養補給や体力回復のために、簡単にかきこめるように作った、いわばお手軽最強飯!宮崎県庁職員の“冷や汁エバンジェリスト(伝道師)”が教える「紅白冷や汁」をいただく。紅白とは!?

■今回お取り寄せした「あか牛」と「冷や汁」
s_210616_01.jpg

■番組内で紹介したお取り寄せグルメ【あか牛】
s_210616_02.jpg
『あか牛丼セット』
内容
・あか牛(200グラム)
・肉ダレ
・ご飯ダレ

あか牛のお取り寄せは、「あか牛の三協グループ」のHPより可能です。
お取り寄せ先 あか牛の三協グループ本部
熊本県熊本市西区田崎町430-11
(電話:096-352-7555)

■番組内で紹介したアレンジレシピについて【あか牛丼】
s_210616_03.jpg
<材料(2人前)>
・あか牛…200g
・塩、こしょう…少々
・酒…50ml
・温泉卵…2コ
・水菜…1束
・大葉、わさび…適量

<レシピ>
①お肉の表面に塩・こしょうで下味をつける
②フライパンに火をつけ、油を入れ強火で片面約40秒ずつ焼き色をつける
③お肉の両面に焼き色がついたら、中火で料理酒を入れ、肉ダレをかけ、1分30秒ほど
お肉を2、3回ひっくり返す
④アルミホイルに包んで、2~3分待つ
⑤厚くなりすぎないようにお肉をカットする
⑥丼ぶりにご飯を準備し、ご飯ダレをかけ、3センチほどに切った水菜を敷き、
カットしたお肉を並べ、中央に温泉卵を割り、大葉とわさびを添える 
⑦最後に「うなぎのタレ」を回しかければ完成!

■番組内でアレンジレシピを教えてくれた方について【あか牛】
s_210616_04.jpg
あか牛の三協グループ
統括執行役員 岩本尚弘さん

▽番組に出演者してくれた方々の個人情報については、お伝えすることができません。

■番組内で紹介したお取り寄せグルメ【冷や汁】
s_210616_05.jpg
『ひや汁の素セット』    
内容
・冷や汁のもと3個

冷や汁のお取り寄せは、「向栄食品工業」のHPより可能です。
お取り寄せ先 有限会社向栄食品工業
宮崎県東諸県郡国富町竹田991
(電話:0985-75-5121)

■番組内で紹介したアレンジレシピについて【冷や汁】
s_210616_06.jpg
<材料(3人前)>
・冷や汁のもと…1袋
・きゅうり…1本
・大葉…8枚
・みょうが…2コ
・木綿豆腐…1丁
・トマトジュース…540ml
・豆乳…540ml

<レシピ>
①お皿などの上にキッチンペーパーでくるんだ木綿豆腐を置き、
その上に重しを置いて水切りしておく
②きゅうりは輪切りに、大葉とみょうがを千切りにする
④冷や汁のもとを豆乳で溶く(赤の場合は無塩のトマトジュース)
⑤水切りした木綿豆腐を指でほぐしながら入れる
⑥きゅうり・大葉・みょうがを入れて混ぜる
⑦少し大きめの茶碗にごはん(麦入り)をよそい、汁を上からかける
※冷や汁のもとを溶く場合は、泡立て器があった方がやりやすいです。

■番組内でアレンジレシピを教えてくれた方について【冷や汁】
s_210616_07.jpg
宮崎県物産貿易振興センター
東京事務所 所長 日高大介さん  

▽番組に出演者してくれた方々の個人情報については、お伝えすることができません。


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、「お取り寄せグルメ」でした!!


食いち史上初の試みということで、撮影の日は少し緊張しました(笑)
ですが、あか牛丼と冷や汁がおいしくて気づいたらそのおいしさに打ち震えていました。(笑)

s_210616_08.jpgのサムネイル画像

s_210616_09.jpgのサムネイル画像

まずは、あか牛丼ですが・・・ 
もう、作る前から、早く食べたくてしかたがありませんでした。(笑)
 
アレンジレシピを教えてくださったのは、岩本尚弘さん。
岩本さんはとても明るくておもしろい方で、私は岩本さんの世界に引き込まれて大阪弁が出ないよう必死でした(笑)

そして!肝心の料理についてですが・・・
かむたびにお肉のうまみがあふれ出てきて、完全にほおが落ちました。
かみ応えがありますが、同時に、柔らかいのです。
そしてまた、あのうなぎのタレが最高に合うんです!
あの甘いタレと最高のお肉、合わないわけがありませんよね!!
今思い出してもよだれがたれそうな勢いです。
また食べたいです^^


そして、2品目!! 冷や汁です!
さらさら食べられて、やっぱり夏にはぴったりですね!!
冷や汁エバンジェリストの日高大介さんにアレンジレシピを教えていただきました。
冷や汁への愛が特大で、カレーのような国民食にするんだ!と意気込んでおられました。
そんな日高さんが教えてくださったアレンジは、“紅白冷や汁”!

最初は全く想像がついていなかったのですが、実際作ってみると本当に紅白冷や汁になりました。(笑)
そして、作りながら私は、“本当においしいのだろうか?”と疑ってしまいましたが・・・
すみません。侮っていたようです。
豆乳が入った白冷や汁は、まろやかでよくおみそとも合い、とても食べやすかったです!
また、トマトジュースが入った赤冷や汁は、さっぱりとしたトマトの酸味とおみその優しい甘さがマッチしていて、こちらもおいしかったです!
どちらも夏の食欲のないときでもさらさら食べられそうでした!


さて、コロナ禍で増えたお取り寄せグルメですが・・・
まさかこんなにおいしく食べられるとは!!!と、新たな気づきでした。
もっといろんなお取り寄せをしてみたくなりました!!

今はあまり旅行や外食をできない時期ですが、
皆様も、おうちでお取り寄せグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2021年06月09日 (水)新たな特産品を!恵みの果実 びわ ~福岡 みやま市~


今回の食いち!は、福岡県みやま市のびわをご紹介しました。
みやま市といえば、セロリや山川みかんの産地として知られていますが、去年、新たな特産品づくりのプロジェクトが始まりました。その名は「みやまびわプロジェクト」。生産農家が手放し管理が行き届かなくなっていた1500坪のびわ畑を有効活用しようと、みやま市の花火製造所・3代目の妻・筒井今日子さんと地域で特産品づくりを模索していた徳永順子さんが発起人となって始まりました。発起人の二人をはじめ農業経験ゼロのメンバーは、びわ栽培の専門家に教えを請い、伸びきった枝の剪定、雨ざらしだった果実の袋掛けなど行ってきました。また、みやま市のバイオマスセンターで作られる有機肥料を使うなど、オールみやまのびわ作りにこだわりました。1年間、週末を利用してメンバーが集い作業を行い、5月の終わり、ついに収穫を迎えました。
筒井さんは、国内で残りわずかとなった線香花火製造所のブランディングで成功した経験を活かし、みやまのびわを国内はもちろん、世界にPRしようと考えています。
その第一歩として、まずは地元の道の駅に出荷。初日に出荷した約30kg分は見事に完売、幸先の良いスタートとなりました。さらに実だけではなく「びわの葉」の活用も考えています。古来、漢方薬などにも使われてきた効能を活かして、健康茶やエキスを使ったスキンケア商品など試作も始まっています。

s_210609_01_2.jpgのサムネイル画像
■実ったびわ    

s_210609_02_2.jpg
■発起人の筒井今日子さんと徳永順子さん
   
s_210609_03_2.jpg 
■プロジェクトメンバー    

s_210609_04_2.jpg
■作業の合間のお茶タイム
     
s_210609_05_2.jpg
■収穫したびわ


■福岡・みやま市の「びわ」に関するお問合せ
▽道の駅みやま 電話:0944-67-6477
▽筒井時正玩具花火製造所 電話:0944-67-0764


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、みやま市の「びわ」でした!

甘くてジューシーでした^^
びわがあんなに実をたくさんつけるものだったとは!!
ことしは特に実りがよい年だということですが、オレンジの実がとてもきれいでした。
 
s_210609_06_2.jpg

今回、「びわプロジェクト」なるものがあると聞き、最初にお話を伺ったのは、徳永順子さん。
周りのかたがたから“じゅんこ姉さん”と呼ばれている、とっても明るい方でした。

そして、そんな“じゅんこ姉さん“から頼られるびわプロジェクトの”ボス“、筒井今日子さん。実は、徳永さんが筒井さんに相談したことがきっかけで、このプロジェクトが始まったそうです。
収穫の日は20人ほど人が集まっていましたが、皆さんほぼボランティアだというのも驚きでした。
もうこの時期ですから、作業していると暑くて汗をかきます。楽な作業ではないのに、皆さん本当に仲がよく楽しそうに作業されていらっしゃいました。
 
s_210609_07_2.jpg

私も、収穫してそのまま食べさせていただいたのですが、暑い作業の中で食べるびわは、ジューシーな果汁が体にしみわたるように甘くて最高でした。
 
s_210609_08_2.jpg

s_210609_09_2.jpg

こちらのびわは無農薬で育てているそうなのですが、それゆえに、雑草なども生えやすいそうなのです。
そこで、この日やぎさんが一匹、その草を食べるボランティアに来ていました!(笑)
本当に人なつこくて、近くに行くとスリスリしてくれるのです。
かわいくて、ことあるごとにちょっかいをかけに行ってしまいました。(笑)

s_210609_10_2.jpg s_210609_11_2.jpg

そして、唯一この日つらかったこと。それは、蚊の猛襲です。
ロケクルー全員およそ10か所以上も刺されてしまいました・・・
そして、かゆみに耐えながら撮影をしていたところ、救世主が現れました。

びわのエキスで作った虫よけ兼かゆみ止め兼化粧水!!!
もう、万能過ぎてひとことでは書けません。使わせていただくと、すーっとかゆみが引いて、しかもお肌もさらさらになりました。
おそるべしびわの力・・・

ちなみに、びわのエキスは体によいそうで、びわの葉は昔から漢方などにも使われていたそうです。
私はびわの葉で作ったお茶をいただいたのですが、すっきりしていて飲みやすかったです。
今はまだ研究段階だそうですが、今後はもっとびわのフルーティーな香りがするおいしいお茶を加工品として作っていきたいということでした。
 
s_210609_12_2.jpg

この“びわプロジェクト”が今後どうなっていくのか、とても楽しみです^^

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2021年06月02日 (水)謎の麺"ごろし" ~福岡 筑後地方~


今回の食いち!は、福岡県筑後地方のごろしをご紹介しました。
筑後地方の郷土の味“ごろし”。地元のスーパーや道の駅にはうどん玉・ちゃんぽん玉と並んで売られているほど、地元では愛されている麺です。平らで幅広の麺なんですが、実はきな粉や黒蜜をかけて食べる、甘味・スイーツなんです。
“ごろし”というユニークな名称には「小麦粉の白さが黒砂糖の黒で殺されいく」という説や「五次郎という人物が作った」という説など諸説あります。
筑後地方では、「ごろし」や「うどん」などの小麦を使った麺が江戸時代から明治時代に広まっていったと言われており、田植えの時期などの農繁期、腹持ちの良さからお茶受けとして“ごろし”がよく食べられていたそうです。
しかし、筑後地方に数か所あった“ごろし”の製麺所は、今では柳川市にある創業60年の製麺所だけになってしまいました。ここでも一時製造中止の危機を迎えましたが、2代目の妻の片山律子さん(66)がスーパーで店頭販売をしたり、店舗などに直接卸したりして、販路を拡大、今では毎日300食ほど製造しています。
さらに、片山さんは地域の皆さんと「ごろしでラザニア」などアレンジ料理を開発しています。“ごろし”の美味しさを多くの人に知ってもらい、これからも残っていって欲しいという思いからです。筑後地方の郷土の味“ごろし”、みなさんも一度味わってみてください。

s_210602_01.jpg
■ごろし  

s_210602_02.jpg
 ■麺なのにスイーツ!
     
s_210602_03.jpg
■製麺所2代目 片山譲さん    

s_210602_04.jpg
■製麺所3代目 片山雄介さん
     
s_210602_05.jpg
■製麺所2代目の妻・片山律子さん  

s_210602_06.jpg
 ■ごろしでラザニア

■番組で紹介した料理レシピ
▽ごろしでラザニア〈材料?人分〉
・ごろし…1袋(180g)
・ミートソース…80g
・ホワイトソース…50cc
・ミックスチーズ…30g
・粉チーズ…適量

〈作り方〉
①ごろしを食べやすい大きさに切り、3〜4分茹でる
②茹で上がったごろしのお湯を切り、耐熱皿に移す
③温めたミートソースとごろしを混ぜ合わせ
④その上にホワイトソース・チーズ・粉チーズをのせる
⑤オーブンで5分焼いて完成

■福岡 筑後地方の「ごろし」に関するお問合せ
▽協和食品工業株式会社 電話:0944−72−2414
▽道の駅「みやま」 電話:0944-67-6477


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、筑後地方で食べられている「ごろし」でした!

特徴的な名前ですが、初めて聞いたという方も多かったかもしれません。
取材で何人かの方にインタビューさせていただいたのですが、特に若い方は、ほとんど知りませんでした。
しかし、昔はとてもポピュラーな食べ物だったそうで、お年を召した方に聞くと、皆さんおいしいよ!昔はよく食べた、とおっしゃっていました。


さて、そんな「ごろし」。食べ方も、びっくりでしたよね!
麺なのに、まさか甘味として食べるとは!!!

最初は本当においしいのだろうかと半信半疑でしたが、食べてみるともっちもちで、きなこや黒蜜とよく合っておいしかったです!
そしてなによりも、おなかにたまりました。食料が豊富になかった時代に、腹持ちがいいということから重宝されたのもうなずけます。
 
s_210602_07.jpgs_210602_08.jpg

そして、今回そのごろしについて教えてくださったのは、ごろしを製造している片山さん一家。皆さんとっても仲がよくて、お話に混ぜてもらっているだけで楽しかったです。

2代目と3代目にごろしの作り方を見せていただいたのですが、やはり特筆すべきは、麺をゆでる工程です。
まさか、あんなに高温のお湯がぼこぼこと湧き上がり、熱湯があふれ出しているところに、ごろしを文字どおり“投入”していくとは!!!
驚きすぎて、リポーターなのに一瞬ことばをなくしてしまい、えー!!としか言えませんでした・・・精進します・・・(笑)
しかしこのとき2代目は、これからこんな風に入れるからね、などの前置きも一切なく、淡々とそんな行動をするものですから、その光景が普通でない私にとって、本当に衝撃でした(笑)
でもこうして入れることも、おいしいごろしを作るためには大切なんですね。
 
s_210602_09.jpgs_210602_10.jpg

そして、できあがったごろしを使って、2代目の妻の律子さんがラザニアを作ってくださいました。
これがまた本当においしかったんですよ・・・!!
ごろしがパスタよりももちもちしていて、ソースもよくからむんです。
今後ラザニアは全部ごろしでいただきたいくらいでした。
甘味だけでなく、ラザニアなどにもよく合うのだなあと、ごろしの可能性に思わずうなりました。
律子さんは、それぞれのご家庭でいろんなアレンジを楽しんで、それがまたそれぞれの家の味になっていけば、とおっしゃっていました。
 
s_210602_11.jpgs_210602_12.jpg

「ごろし」、ぜひ皆様も一度召し上がってみてください。
それぞれのお気に入りの食べ方を見つけるのもきっと楽しいですね^^

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2021年05月26日 (水)世界を変える おいしい大豆肉~熊本 益城町~


牛、豚、鳥に続く第4の肉として注目されているのが、「大豆肉」。大豆を原料として肉のような味と食感の新食材です。スーパーではすでに大豆肉コーナーが登場し食品メーカー4社から20種類以上も発売されている。全国チェーンのバーガー店では去年8月より大豆パテの商品がレギュラー販売され売り上げも好評。老舗ホテルでは大豆肉のラザニアを発売、料理長も「うまみがある」と自信を持ってすすめている。
このうま味がある「大豆肉」を開発生産しているのは社員33人の熊本のベンチャー企業。およそ30年の研究を経て、従来の大豆肉とは全く違う製法を開発、「おいしい大豆肉」の製造に成功した。実際に大豆肉と牛肉をハンバーグで比べるとうま味が強く、後味がさっぱりしていると評価された。開発した落合さんの目標は世界の食糧危機、たんぱく質危機を救う事だという。世界を救うおいしい大豆肉がいかにして製造されるのかその秘密に迫ります。

s_210526_01.jpg
■「大豆肉」・・・大豆を原料にして、肉の味や食感を再現して作られた、肉の代わりとなる植物性の食品。「代替肉」「植物肉」とも呼ばれている

〇番組内容

s_210526_02.jpg
■精肉コーナーの隣に大豆肉コーナー登場  

s_210526_03.jpg
■大豆肉バーガーは定番商品

s_210526_04.jpg
■老舗ホテルでも大豆肉ラザニアが登場

s_210526_05.jpg
■シェフは「この大豆肉はうまみがある」

s_210526_06.jpg
■大豆肉をつくっているベンチャー企業

s_210526_07.jpg
■おいしさの秘密は「発芽」

s_210526_08.jpg
■発芽でうまみが変化することを発見

s_210526_09.jpg
■発見した落合孝次さん 大豆研究30年

s_210526_10.jpg
■加熱、加圧で肉のような食感をつくる

s_210526_11.jpg
■出来たての大豆肉

s_210526_12.jpg
■味を分析しても大豆肉はうまみが強い

s_210526_13.jpg
■大豆肉が当たり前になって
世界の食料危機を救いたい!

〇大豆肉コーナーのあるスーパー
▽イオン福岡店
電話:092-939-7700
食品メーカー大手4社からおよそ20種類ほど販売されています。

〇大豆肉ハンバーガー
全国のフレッシュネスバーガーで食べられます。
ハンバーガーの名称「グッドバーガー」
▽撮影した店舗はフレッシュネスバーガー西新店
住所:福岡県福岡市早良区西新3-4-2 紙与西新ビル
電話:092-847-3434 
(平日)9:00~23:00 (土日祝)7:00~23:00

〇大豆肉ラザニア
▽ホテルオークラ福岡 オールデイダイニング「カメリア」
7:00~20:00
お電話でのご予約:0120-262-993(10:00〜18:00)
プラントベースメニューの
「DAIZミラクルミートボロネーズと揚げなすのラザニア」

〇発芽大豆肉を開発製造している会社
▽DAIZ株式会社
住所:熊本市中央区南熊本5-1-1 テルウェル熊本ビル 4F
電話:096-363-8800
※一般小売りはしておりません。


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、「大豆肉」をご紹介しました!!!

実は私、大豆肉を食べたのは初めてだったのですが、全国チェーンのハンバーガー店でパテに使われているということでいただいてきました!
結論から申し上げますと、大豆肉だと言われなければわからないくらいでした・・・。
お肉を食べている満足感がしっかりあり、うまみもたっぷりでした!
しかし、本物のお肉との違いを探してみると、お肉の野性味が少なく後味がすっきりしているなと思いました。とても食べやすかったです。
お店の方は女性に特に人気だとおっしゃっていましたが、分かる気がします^^

また、市内の老舗ホテルで提供されている大豆肉を使ったラザニアもいただきました!
こちらのラザニアは、ヴィーガン(完全菜食主義者)の方がよく注文なさるということでしたが、大豆肉にはそういった需要もあるのかと、いまさらながら気づかされました。

そして、気になるそのお味ですが・・・
食べた瞬間、大豆肉のこうばしさが口いっぱいに広がり、かむたびにじゅわりとうまみが広がるんです・・・!
弾力がしっかりあって、本物のお肉そのものでした。
ラザニア自体、かなりこってりした料理ですが、この日、おなかいっぱいにラザニアを食べられました!
お肉の存在感はありつつも後味がすっきりしているので、食べていて飽きがこず、胃にも優しかったです。

そして今回、その大豆肉と本物のお肉を味覚センサーで分析していただきました。
正直、わくわくが止まりませんでした!
というのも、研究所や大豆肉を作っている方々も調べたことがなかったのだそうです。ドキドキしながら結果を待ちました。

そして結果はというと・・・大豆肉と本物のお肉は味覚的にはほぼ違いはなかったのです!!!!すごいですよね!やはり私の味覚は間違っていなかった!(笑)
細かく見た結果を研究員の方に教えていただくと、大豆肉のほうがうまみ成分が強く、後味として残りやすい苦味が少ないそうです。

まさか機械で調べてもほとんど変わりないという結果が出るとは・・・。
驚きでした。

しかし、大豆肉の味はメーカーによっても違い、今回取材させていただいた大豆肉の工場では、発芽をコントロールすることで、味や食感に違いを出しているということでした!
てっきり、同じようにできた大豆にそれぞれの味をつけているのかと思っていました。

大豆肉の作り方もそれぞれメーカーによって違うということですから、もしかしたら一概に全てがおいしい!!!!!とは言えないのかもしれません。
しかし、これからの大豆肉の未来がとても楽しみになりました!

今後、人類の主要なたんぱく源になるのではと期待されている大豆肉ですが、まだまだ先入観を持ってしまっている方もいらっしゃると思います。
ですが、ぜひ一度召し上がってみてください!
もしかすると、イメージがガラッと変わるかもしれませんよ^^

投稿者:中田理奈 | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2021年04月28日 (水)殿様が食べた城下かれい~大分 日出町~


今回の食いち!は、大分県日出町の城下かれいをご紹介しました。
日出城址から見渡せる別府湾で取れるため、“城下”の名がついたマコガレイです。身は厚く柔らかで香味豊かなその味は古くから知られ、将軍家に献上されるなど「殿様魚」とも呼ばれていました。
「おいしさの秘密は海の中!」と聞き、漁師・北野和貴さん(48)と別府湾へ。案内された場所で教えてもらった答えは「海中に湧き出る真水」でした。日出町の山に降った雨が地下水となり、海に湧き出しているのです。ミネラルたっぷりの真水によって海藻やプランクトンが豊富で栄養たっぷりな環境に。そんな恵まれた環境で育つことで城下かれいは他にはないおいしい魚になるというわけです。
 しかし、漁獲量は40年前に比べ約10分の1にまで減っています。町の大切な資源を守るために稚魚を育成して放流する取り組みも行われています。
 毎年5月に行われる「城下かれい祭り」は、コロナ禍で2年連続の中止に。少しでも城下かれいの味を知ってもらおうと、市内6店舗が完全予約制の期間限定メニューを出すことになったのですが、新型コロナウイルス感染者が急増しているため大分県在住者のみのイベントとなりました。日出町の人々が「町の宝」と口を揃える「城下かれい」。8月頃までが特においしい時期です。コロナが収まったらぜひ食べにきて欲しいと町の皆さんも願っています。

 

s_210428_01.jpg
■城下かれい

s_210428_02.jpg
■日出町の漁師・北野和貴さん

s_210428_03.jpg
■城下かれいの限定メニュー

s_210428_04.jpg
■城下かれいの刺身

■大分 日出町の「城下かれい」に関するお問合せ
▽城下かれい賞味会2WEEKS ひじ町ツーリズム協会 
電話:0979-84-7077
▽的山荘 
電話:0977-72-2321(番組で紹介した料亭)

 

nakata.png

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、大分県日出町の「城下かれい」でした!
漁師歴30年の北野和貴さんの漁に同行させていただきました!
優しくて、とても話しやすい方でした。

城下かれい、ドサドサとたくさん取れるわけではないんですね・・・高級魚・・・。
取れたカレイを触らせていただいたのですが、想像していた魚の感触とは違い、とってもふわふわで分厚かったです。魚はうろこで硬いというイメージが勝手にありました。

また、今回は稚魚から育てて放流しているという町の育成施設にもお邪魔させていただきました。

光栄なことに、放流をお手伝いさせてもらったのですが・・・
いつもお世話をしているお姉さんとは違い、私はその日初めて会ったカレイたちなのに、放す時はとってもさびしくて、頑張ってほしい!と、なぜか子どもの巣立ちを見送る親のような気分でした・・・(笑)

そして、今回は着物も着させていただきました!
着物をきれいに着せていただき、城跡周りを散策するのは、とても趣があり、楽しかったです。

s_210428_05.jpg

s_210428_06.jpg

そして、着物のまま、城下かれいを食べることができる料亭にお邪魔させていただいたのですが・・・
とっても立派で上品な店構えに、少し、いや、かなり緊張しました(笑)
ですが、お店に入ると、すてきな内装、そして何よりも中から見える景色に目を奪われました。
きれいな庭の向こうには、山と別府湾が見渡せ、とても美しく、入ってくる風はとても心地よかったです。
おかみさんは、風が気持ちいいでしょう、とにこにこお話してくださりました。
すごく上品で、けれど決して気取らず、とっても素敵な方でした。

そして、肝心の城下かれいのお味はというと・・・
まず、薄造りのお刺身!とってもおいしかったです!!
淡泊ですがほのかに感じる甘みがあり、舌触りはとてもなめらかで、かみ応えもありました。
また、から揚げは、外はカリッとしていて中はふわっふわでした。
そして、煮つけ。もうまず見た目からして城下かれいの肉厚感が分かったのですが、その身は最高でした・・・。今まで食べたカレイの煮つけの中で、間違いなく1番ふわふわでおいしかったです。

s_210428_07.jpg

s_210428_08.jpg

s_210428_09.jpg

s_210428_10.jpg
そんな、今が一番おいしい時期だという城下かれい、新型コロナウイルスの影響ですぐには食べに行けませんが、旬は7月から8月ごろまでとのことなので、新型コロナウイルスが収まってきたら、皆様もぜひ一度日出町を訪れて、召し上がってみてください。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2021年04月21日 (水)春 活火山の恵み じゃがいも~長崎 島原半島~


春、長崎・島原半島で、じゃがいもの収穫が最盛期を迎える。煮込んでも崩れにくく、健康的な白色で見栄えの良いのが特徴の『島原半島産じゃがいも』は、雲仙岳など活火山の多い島原半島の恩恵をたっぷり受けた長崎県が誇る逸品だ。

南島原の農家・酒井 光則さんは祖父の代からじゃがいもを生産している。目の前に有明海が広がる段々畑に中田理奈リポーターがお邪魔した。島原半島のじゃがいも作りに欠かせないのが『赤土』。実は、150万年前から島原半島各地の噴火活動で降り積もってきた火山灰が時を経て土壌に変化したもので、成分の鉄分が赤くさびたことから、『赤土』と呼ばれるようになった。元は火山灰であったことから、鉄分やカリウムなどミネラルも適量に含まれていて、じゃがいもの成長に適した土壌として大切に使われてきた。長崎でじゃがいも生産が始まったのは、およそ400年前。交易を許されていた出島にオランダ商人がジャカルタから持ち込んだのが始まりと言われている。その後、大正時代から香港やフィリピンなどに輸出が始まり、その量をまかなうために島原半島でも本格的に栽培が始まった。
活火山とともに歩んできた島原半島では、食べ方にもその熱を活用して楽しむことができる。やってきたのは、橘湾沿いにある小浜温泉。その中心部の広場には、海底下のマグマ溜まりから出ている90℃の蒸気で、蒸し料理を作ることができる『蒸し釜』が観光協会によって運営されている。30分ほどじゃがいもを蒸すと、ホクホクとした『蒸しじゃがいも』が完成。小浜温泉の泉質は塩分のある食塩泉であることから、食材にもほのかに塩みが加わり、この地ならでは味付けを楽しむことができる。


〇番組内で訪ねた雲仙温泉・雲仙地獄

s_210421_02.jpg
島原半島中心に位置する 雲仙岳

 s_210421_01.jpg
雲仙温泉街を散策すると

s_210421_03.jpg
源泉の湯気が立ち上る雲仙地獄

▽雲仙地獄
住所:雲仙市小浜町雲仙320(温泉街の中心部にあります。)
※24時間見学できますが、夜間のライトアップはありません。 

雲仙地獄の詳細については、雲仙温泉観光協会にお問い合わせください。
【問い合わせ先】
雲仙温泉観光協会
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320
電話:0957-73-3434


〇番組内で取材したじゃがいもと生産者について

s_210421_04.jpg
春に旬を迎えた長崎のじゃがいも

s_210421_05.jpg
じゃがいも農家 酒井光則さん

s_210421_06.jpg
酒井さんのじゃがいも農地

▽番組に出演者してくれた方々の個人情報については、お伝えすることができません。


〇番組内で紹介した蒸し釜について

s_210421_08.jpg
小浜温泉 蒸し釜

s_210421_07.jpg
蒸しじゃがいも

【問い合わせ先】
住所:長崎県雲仙市小浜町北本町905-71(沿岸沿いの広場にあります。)

蒸し釜の利用可能時間や利用方法については、小浜温泉旅館組合に
お問い合わせください。
【問い合わせ先】
小浜温泉旅館組合  
住所:長崎県雲仙市小浜町北本町14-39
電話:0957-74-2672

 

nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、長崎県島原半島の「じゃがいも」でした!
見た目からすごくきれいでしたよね!
しかも、収穫後すぐだと指で少しこするだけであんなに簡単に皮がむけてしまうなんて、驚きでした!
じゃがいもについて、今回教えてくださったのは、酒井光則さん。
優しくて、初めてお会いしたのに自分のおじいちゃんのように感じてしまう方でした。
実際にじゃがいも収穫を手伝わせていただいたのですが、感想を申し上げますと、総じて大変でした・・・
思っていたより3倍くらい重たかった草を刈るのも、かぶせてあったビニールを剥いで運ぶのも、想像以上の重労働でした。
そして、くたくたになりながら、やっとじゃがいもを掘る作業なんです。

私にはとても操作が難しかった耕うん機で掘り出したじゃがいもは、傷つかないよう丁寧にかごに入れていきます。
そして、そのかごがまた、私の力では持ち上げることができないほどに重く、その上、ずっとしゃがみこんで作業をしているため、足腰がもう・・・(笑)
じゃがいも農家の方々を心底尊敬し、これからはじゃがいもをもっと大事にいただこうと思いました・・・。

さて、今回は火山に関係しているということで、「雲仙地獄」にも行ってきました!!
近づけば近づくほど硫黄の香りは強くなっていきますが、立ち上る湯煙を見ると、一気にわくわく感が増しました。
湯煙で前が見えなくなることもあるくらいで、その蒸気も温かく、その場所を通るだけでも楽しかったです。

s_210421_09.jpgs_210421_10.jpg

また、海沿いにある小浜温泉のほうにも行ってきましたよ!
蒸し釜をお借りし、じゃがいもを30分ほど蒸していただきましたが、もう、最高でした。
やはり海が近いからか、少し塩気を感じ、じゃがいもの甘さがより引き立ちます。
そして、じゃがいも自体の味が濃いこともあり、何もつけなくてもおいしかったです。
この土地ならではの食べ方だなあと思いました。

また、福岡に戻ってから、何度かじゃがいもを使った料理を作ってみました!!
白だしで煮たものと肉じゃがを作りましたが、煮崩れせず、けれどしっかりと味が染みこんでいてとってもおいしくいただけました!

s_210421_11.jpgs_210421_12.jpg

今は観光に訪れるのも少しためらってしまいますが、食材を通してその土地を感じるのも楽しいかもしれませんね。
ぜひ皆様も一度、島原半島のじゃがいも、召し上がってみてください^^

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2021年04月14日 (水)白くて柔らかい!春ごぼう~熊本県 菊池市~


今回の食いち!は、熊本県菊池市の「春ごぼう」を紹介しました。

九州沖縄でも有数のごぼうの産地・菊池平野では、3月下旬から、「春ごぼう」の収穫が始まりました。訪ねたのは、ごぼうを作って30年のベテラン川口秀一さんと、息子の晃範(あきのり)さんです。川口さんのところでは1日の収穫量がなんと1トン!

この“春ごぼう”は、白くて柔らかく、あくが少ないのが特徴です。その秘密は畑にあります。この地域では、およそ50年前から稲刈りを終えた水田の裏作としてごぼうの栽培を始め、「菊池水田ごぼう」のブランドで出荷しています。水田は土壌が柔らかいことからよく育ち、通常より2か月も早く収穫できるのです。そのぶん白くて柔らかいごぼうになるというわけです。

さらに白さを保つ工夫があります。収穫してすぐに毛布をかけて日差しや風からごぼうを守ったり、出荷前に地元菊池川水系の水を使って2時間以上あく抜きをしたり、手間をかけて白さを保つことで「菊池水田ごぼう」のブランドを守っているんです。
また、地元JAと農家の女性部がごぼうをおいしく食べてほしいと去年、30を超えるオリジナルレシピを考案、中でも人気のメニュを作っていただきました。

ごぼうの柔らかさをそのまま生かして素揚げした「ごぼうチップス」、豚肉としょうがで
いためたしぐれ煮。ごぼうが柔らかいため味もしみやすく、あく抜きをしなくていいので短時間で料理できるのもポイントです。さらにごぼうの風味を生かした「ビール」を熊本市のクラフトビールメーカと一緒に開発しました。

息子の晃範さんは、ごぼう部会82軒の副会長。若手10人と定期的に勉強会を開いています。2月には広島から土壌改良の専門家を呼んで病害虫に強い土づくりを学びました。この「菊池水田ごぼう」をこの先50年もずっと作り続けられるように頑張りたいという思いからです。地域で守る「菊池水田ごぼう」、みなさんも一度味わってみてください。


s_210414_01.jpg
■菊池水田ごぼう

s_210414_02.jpg
■ごぼう作りのベテラン 川口秀一さん

s_210414_03.jpg
■息子の川口 晃範さん

s_210414_04.jpg
■水田の土が柔らかいので早く育ちます


s_210414_05.jpg
■日焼けしないように毛布をかけます

s_210414_06.jpg
■菊池川水系の水であく抜きします

---------------------

■「菊池水田ごぼう」を購入できるお店
▽きくちのまんま 菊池店
住所:〒861-1324 熊本県菊池市野間口903-1
電話:0968-26-5877

そのほか、JAタウンのホームページからも購入できます。
営業時間:午前9時~午後6時 ※年末年始を除き年中無休
その他、全国各地のスーパーで購入することができます。

---------------------
■番組で紹介した料理レシピ

s_210414_07.jpg
▽ごぼうチップス(材料4人分)
ごぼう・・・2~3本 かたくり粉・・・適宜 油・・・適量
・薄くスライスしたごぼうに片栗粉をまぶして、180度の油で1~2分揚げる

 

s_210414_08.jpg
▽ごぼうが旨い! DE しょうが 
<材料4人分>
・ごぼう・・・・・2本(200~250g)
・豚こま肉・・・・200g
・しょうが・・・・1かけ
・小ねぎ(小口切り)・・・適量
・ごま油・・・・適量
・七味唐辛子・・適量

<調味料>
しょうゆ・酒・砂糖・・・・・大さじ3

<作り方>
① ごぼうはささがきにし、水洗いしておく
②豚肉は5センチに切り、しょうがは千切り
③フライパンにごま油を熱し、豚肉、ごぼう、しょうがを入れ、いためる
④豚肉に火が通ったら、調味料を加え、水分なくなるまでいためる
⑤仕上げに、小ねぎと七味唐辛子をかける

 

s_210414_09.jpg
▽カリカリごぼうチーズ
<材料4人分>
・ごぼう・・・・・1/2本(50g)
・とろけるスライスチーズ・・・7枚

<作り方>
② スライスチーズを4等分にする
② ごぼうは切ったチーズにのるくらいの3~4センチの斜め切りにする
③チーズの上にごぼうをのせる
④クッキングシートを敷いたお皿に③をのせ、600Wで2分程度チーズに色がつく
まで加熱する
⑤粗熱がとれたらできあがり

---------------------
そのほかのお問い合わせは・・・

JA菊池ゴボウ部会 〒861-1304 熊本県菊池市深川390
TEL0968-24-1141 までお問合せ下さい。


nakata.png
こんにちは!中田理奈です。
今回の食いち!は、熊本県菊池市の「春ごぼう」でした!
ほんとうに柔らかくておいしかったです・・・

s_210414_10.jpg
今回春ごぼうについて教えてくださったのは、川口秀一さんとそのご家族。
秀一さんは、ふだんはあまりたくさん話す方ではない、とおっしゃっていましたが、
とても優しい方で、私たちが取材に来たということで、いろんなことをお話ししてくださいました。

s_210414_11.jpg
早速春ごぼうが栽培されている畑に入らせていただくと、土がふっかふかで、
ごぼうが育っていた場所を危うく踏んでしまうと、ズボッと、足がハマってしまうくらいでした。
そんなふわふわな土の中で大切に育てられたごぼう、収穫後は一分一秒でも惜しいというように、川口さんはすぐに毛布でくるみます。
川口さんの妻の五月さんは、お父さんは私よりごぼうのほうを大切にしている、とおっしゃっていました(笑)
秀一さんは、どっちも大事だ、とたじたじで、仲良しご夫婦に、ほっこりしました^^

s_210414_12.jpg

s_210414_13.jpg
そして、農家の女性部の方々に、おすすめのごぼう料理を教えていただきました!
簡単にできるものをいくつか教えていただきましたが、ほんとうに美味しくて、どれも、仕事を忘れてバクバク食べてしまいそうでした。
特に、“ごぼうが旨い! DE しょうが”!
取材後、私は2回もこちらの料理を家で作りました(笑)
本当に簡単で、おいしいんです!
何よりも、ごぼうが柔らかいので、しっかり調味料が染み込むんですよ・・・
かむたびにごぼうのうまみとしっかり染み込んだ味付けがじゅわりと口の中で広がります。
これまで以上にごぼうが大好きになった取材でした・・・!
皆様もぜひ、この時期においしい春ごぼう、召し上がってみてください^^
いろんな食べ方を試してみるのも楽しいかもしれません♪ごぼうのビールも最高でした!

s_210414_14.jpg

s_210414_15.jpg

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


2021年04月07日 (水)放し飼いで元気いっぱい!たまご~鹿児島県姶良郡湧水町~


料理やデザート、何にでも使える万能食材「たまご」。いま全国から注文が相次いでいる若きたまご農家が鹿児島県の湧水町にいます。福重智弘さん(33)の農場で採れるたまごには、健康に良いとされているオメガ3脂肪酸が一般的なたまごの約1.5~2倍も含まれ、たまご独特の臭いが少なく、「ここのたまごでないと食べられない」という人までいるといいます。
これを実現しているのが、国内では珍しい「放し飼い」による鶏の飼育。日本の鶏の90%以上が鶏舎内で飼育されている一方、福重さんの鶏たちは早朝から日没まで自由に雑木林を歩き回りストレスフリーに過ごします。毎朝7時には約300羽による迫力満点の“レース”が行われるとか?!また、エサには「南九州産」「農薬・化学肥料・除草剤不使用栽培」の野菜や天然魚のあらをブレンドして自家発酵させたものを使用。水も日本名水百選に選定された湧き水を使うなど、九州の大地の恵みを生かした方法でたまごを作っています。
こだわりの限りが尽くされた自然養鶏たまごを紹介します。

s_210407_01.jpg
放し飼いの鶏が産んだたまご

s_210407_02.jpg
のびのびと過ごす鶏

s_210407_03.jpg
砂浴び中の鶏

s_210407_04.jpg
たまごかけごはん

 

【問い合わせ先】
■たまご料理を提供している飲食店について
▽お食事処はにわ   
住所:鹿児島県姶良郡湧水町米永459-1
電話:0995-74-2388

■たまご農家について
▽お多福たまご
住所:鹿児島県姶良郡湧水町米永宇田の頭1961-1
電話:080-1727-6113

■福重さんがたまごを届けた地元の和菓子屋について
▽御菓子司 きくすい堂
住所:鹿児島県姶良郡湧水町木場200 
電話:0995-74-2164

 

 

 

nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いち!は、鹿児島県姶良郡湧水町の「たまご」でした!

あんな風に、エサに向かって我先にと走る鶏たちを見るのは、初めてでした!!
衝撃でしたね!

s_210407_05.jpg

そして、たまごの味も衝撃でした。たまごかけごはんでいただいたのですが、とってもコクがあり、何よりもびっくりしたのは、白身のおいしさでした。
私は白身を食べた時のたまご臭さが少し苦手なのですが、そんな私が、ほぼ白身だけを食べても、食べられるどころかおいしい!と思えました。とてもすっきりとしていて、なのにコクはしっかりあるんです。

そんなおいしいたまごを生産しているのは、福重智寛さん。とても謙虚で腰が低い方でしたが、鶏さんたちへの愛と飼育のこだわりには、とてつもない情熱を感じました。
福重さんは、実は、鶏たちのことを“にわとりさん”と呼んでいるんです!
その呼び方からも、にわとりさんたちへの思いが感じられますよね。

s_210407_06.jpg

そして、そのにわとりさんたちは、ふだん、発酵食品や季節の野菜、フルーツなども食べているそうなのです。本当に驚きですよね!!

また、ごはんだけでなく、飲ませる水にもこだわって、地元湧水町の湧き水を使っていらっしゃいます。
普通の水道水を飲むと、独特の臭さや味があったりしますよね。ですが、湧水町の湧き水、飲んでみると、驚きました。水の臭みなどのクセがなく、すっきりと飲みやすかったんです。
もしかすると、これがあのたまごのすっきり感を生み出しているのかも、と思いました。

そんなおいしいごはんとおいしいお水を飲んで愛情たっぷりに育てられたにわとりさんたちが産むたまご。
皆様も一度、食べてみてはいかがでしょうか?

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲