2021年06月02日 (水)謎の麺"ごろし" ~福岡 筑後地方~


今回の食いち!は、福岡県筑後地方のごろしをご紹介しました。
筑後地方の郷土の味“ごろし”。地元のスーパーや道の駅にはうどん玉・ちゃんぽん玉と並んで売られているほど、地元では愛されている麺です。平らで幅広の麺なんですが、実はきな粉や黒蜜をかけて食べる、甘味・スイーツなんです。
“ごろし”というユニークな名称には「小麦粉の白さが黒砂糖の黒で殺されいく」という説や「五次郎という人物が作った」という説など諸説あります。
筑後地方では、「ごろし」や「うどん」などの小麦を使った麺が江戸時代から明治時代に広まっていったと言われており、田植えの時期などの農繁期、腹持ちの良さからお茶受けとして“ごろし”がよく食べられていたそうです。
しかし、筑後地方に数か所あった“ごろし”の製麺所は、今では柳川市にある創業60年の製麺所だけになってしまいました。ここでも一時製造中止の危機を迎えましたが、2代目の妻の片山律子さん(66)がスーパーで店頭販売をしたり、店舗などに直接卸したりして、販路を拡大、今では毎日300食ほど製造しています。
さらに、片山さんは地域の皆さんと「ごろしでラザニア」などアレンジ料理を開発しています。“ごろし”の美味しさを多くの人に知ってもらい、これからも残っていって欲しいという思いからです。筑後地方の郷土の味“ごろし”、みなさんも一度味わってみてください。

s_210602_01.jpg
■ごろし  

s_210602_02.jpg
 ■麺なのにスイーツ!
     
s_210602_03.jpg
■製麺所2代目 片山譲さん    

s_210602_04.jpg
■製麺所3代目 片山雄介さん
     
s_210602_05.jpg
■製麺所2代目の妻・片山律子さん  

s_210602_06.jpg
 ■ごろしでラザニア

■番組で紹介した料理レシピ
▽ごろしでラザニア〈材料?人分〉
・ごろし…1袋(180g)
・ミートソース…80g
・ホワイトソース…50cc
・ミックスチーズ…30g
・粉チーズ…適量

〈作り方〉
①ごろしを食べやすい大きさに切り、3〜4分茹でる
②茹で上がったごろしのお湯を切り、耐熱皿に移す
③温めたミートソースとごろしを混ぜ合わせ
④その上にホワイトソース・チーズ・粉チーズをのせる
⑤オーブンで5分焼いて完成

■福岡 筑後地方の「ごろし」に関するお問合せ
▽協和食品工業株式会社 電話:0944−72−2414
▽道の駅「みやま」 電話:0944-67-6477


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、筑後地方で食べられている「ごろし」でした!

特徴的な名前ですが、初めて聞いたという方も多かったかもしれません。
取材で何人かの方にインタビューさせていただいたのですが、特に若い方は、ほとんど知りませんでした。
しかし、昔はとてもポピュラーな食べ物だったそうで、お年を召した方に聞くと、皆さんおいしいよ!昔はよく食べた、とおっしゃっていました。


さて、そんな「ごろし」。食べ方も、びっくりでしたよね!
麺なのに、まさか甘味として食べるとは!!!

最初は本当においしいのだろうかと半信半疑でしたが、食べてみるともっちもちで、きなこや黒蜜とよく合っておいしかったです!
そしてなによりも、おなかにたまりました。食料が豊富になかった時代に、腹持ちがいいということから重宝されたのもうなずけます。
 
s_210602_07.jpgs_210602_08.jpg

そして、今回そのごろしについて教えてくださったのは、ごろしを製造している片山さん一家。皆さんとっても仲がよくて、お話に混ぜてもらっているだけで楽しかったです。

2代目と3代目にごろしの作り方を見せていただいたのですが、やはり特筆すべきは、麺をゆでる工程です。
まさか、あんなに高温のお湯がぼこぼこと湧き上がり、熱湯があふれ出しているところに、ごろしを文字どおり“投入”していくとは!!!
驚きすぎて、リポーターなのに一瞬ことばをなくしてしまい、えー!!としか言えませんでした・・・精進します・・・(笑)
しかしこのとき2代目は、これからこんな風に入れるからね、などの前置きも一切なく、淡々とそんな行動をするものですから、その光景が普通でない私にとって、本当に衝撃でした(笑)
でもこうして入れることも、おいしいごろしを作るためには大切なんですね。
 
s_210602_09.jpgs_210602_10.jpg

そして、できあがったごろしを使って、2代目の妻の律子さんがラザニアを作ってくださいました。
これがまた本当においしかったんですよ・・・!!
ごろしがパスタよりももちもちしていて、ソースもよくからむんです。
今後ラザニアは全部ごろしでいただきたいくらいでした。
甘味だけでなく、ラザニアなどにもよく合うのだなあと、ごろしの可能性に思わずうなりました。
律子さんは、それぞれのご家庭でいろんなアレンジを楽しんで、それがまたそれぞれの家の味になっていけば、とおっしゃっていました。
 
s_210602_11.jpgs_210602_12.jpg

「ごろし」、ぜひ皆様も一度召し上がってみてください。
それぞれのお気に入りの食べ方を見つけるのもきっと楽しいですね^^

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲