2021年04月07日 (水)放し飼いで元気いっぱい!たまご~鹿児島県姶良郡湧水町~


料理やデザート、何にでも使える万能食材「たまご」。いま全国から注文が相次いでいる若きたまご農家が鹿児島県の湧水町にいます。福重智弘さん(33)の農場で採れるたまごには、健康に良いとされているオメガ3脂肪酸が一般的なたまごの約1.5~2倍も含まれ、たまご独特の臭いが少なく、「ここのたまごでないと食べられない」という人までいるといいます。
これを実現しているのが、国内では珍しい「放し飼い」による鶏の飼育。日本の鶏の90%以上が鶏舎内で飼育されている一方、福重さんの鶏たちは早朝から日没まで自由に雑木林を歩き回りストレスフリーに過ごします。毎朝7時には約300羽による迫力満点の“レース”が行われるとか?!また、エサには「南九州産」「農薬・化学肥料・除草剤不使用栽培」の野菜や天然魚のあらをブレンドして自家発酵させたものを使用。水も日本名水百選に選定された湧き水を使うなど、九州の大地の恵みを生かした方法でたまごを作っています。
こだわりの限りが尽くされた自然養鶏たまごを紹介します。

s_210407_01.jpg
放し飼いの鶏が産んだたまご

s_210407_02.jpg
のびのびと過ごす鶏

s_210407_03.jpg
砂浴び中の鶏

s_210407_04.jpg
たまごかけごはん

 

【問い合わせ先】
■たまご料理を提供している飲食店について
▽お食事処はにわ   
住所:鹿児島県姶良郡湧水町米永459-1
電話:0995-74-2388

■たまご農家について
▽お多福たまご
住所:鹿児島県姶良郡湧水町米永宇田の頭1961-1
電話:080-1727-6113

■福重さんがたまごを届けた地元の和菓子屋について
▽御菓子司 きくすい堂
住所:鹿児島県姶良郡湧水町木場200 
電話:0995-74-2164

 

 

 

nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いち!は、鹿児島県姶良郡湧水町の「たまご」でした!

あんな風に、エサに向かって我先にと走る鶏たちを見るのは、初めてでした!!
衝撃でしたね!

s_210407_05.jpg

そして、たまごの味も衝撃でした。たまごかけごはんでいただいたのですが、とってもコクがあり、何よりもびっくりしたのは、白身のおいしさでした。
私は白身を食べた時のたまご臭さが少し苦手なのですが、そんな私が、ほぼ白身だけを食べても、食べられるどころかおいしい!と思えました。とてもすっきりとしていて、なのにコクはしっかりあるんです。

そんなおいしいたまごを生産しているのは、福重智寛さん。とても謙虚で腰が低い方でしたが、鶏さんたちへの愛と飼育のこだわりには、とてつもない情熱を感じました。
福重さんは、実は、鶏たちのことを“にわとりさん”と呼んでいるんです!
その呼び方からも、にわとりさんたちへの思いが感じられますよね。

s_210407_06.jpg

そして、そのにわとりさんたちは、ふだん、発酵食品や季節の野菜、フルーツなども食べているそうなのです。本当に驚きですよね!!

また、ごはんだけでなく、飲ませる水にもこだわって、地元湧水町の湧き水を使っていらっしゃいます。
普通の水道水を飲むと、独特の臭さや味があったりしますよね。ですが、湧水町の湧き水、飲んでみると、驚きました。水の臭みなどのクセがなく、すっきりと飲みやすかったんです。
もしかすると、これがあのたまごのすっきり感を生み出しているのかも、と思いました。

そんなおいしいごはんとおいしいお水を飲んで愛情たっぷりに育てられたにわとりさんたちが産むたまご。
皆様も一度、食べてみてはいかがでしょうか?

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲