2018年10月03日 (水)お殿様も大満足!ぬか炊き ~福岡県北九州市~


青魚がおいしい季節、秋。北九州ではなじみのある料理、「ぬか炊き」がおいしく食べられる季節です。ぬか炊きはイワシやさばといった青魚をぬかみそで煮込んだ北九州の郷土料理。とうがらしやさんしょうが入る、北九州ならではのぬかみそで炊きあげるため、普通の煮魚とは違ってぴりっとした風味でさっぱりと食べられる主役のおかずです。
ほかの地域では耳にしない「ぬか炊き」。始まりの時期は定かではありませんが、初代小倉藩主・小笠原忠真がたいへんな「ぬか」好きであったことから、城下にもぬかの食文化が広がったとも。また、小倉城とゆかりの深い八坂神社の宮司祢宜(ねぎ)のお家には、400年前から「ぬか床」が受け継がれており、ぬか文化は北九州に長く根づいています。
しかし、手間がかかるぬか床の管理は現代人の生活には合わず、若者の「ぬか離れ」が進んでいるのが現状。そんな状況に立ち向かおうと、若い人にも親しみを食べてもらうため、新しいぬか炊きを開発する新米店主や、その魅力を科学・栄養学的な側面から若者に教える工学博士が奮闘中。お殿様の「ぬか愛」は、今も北九州にあふれていました。

■手羽元のぬか炊き定食
s_181003_01.jpeg

■ぬか炊きを食べられる定食屋さん
▽海鮮丼&ぬか炊き専門店 味処 矢野(あじどころやの)
休:日曜・祭日
住所:福岡県北九州市小倉北区浅野2-4-25
電話:093-551-0719
営業時間:(月~金)11時~午後3時 午後6時~午後10時
(土)11時~午後2時 午後6時~午後10時

■ぬか炊き販売店 3代目 宇佐美雄介(うさみゆうすけ)さん
s_181003_03.jpeg s_181003_02.jpeg

■旦過市場内のお店

s_181003_04.jpeg

■店頭で販売されるぬか炊き

s_181003_05.jpeg

■ぬか炊きが購入できるお店
(店内に飲食スペースはありません)
▽宇佐美商店(旦過市場内)
住所:福岡県北九州市小倉北区魚町4丁目1-30
・いわし、さば 350円(1尾)
・スペアリブ 300円(1本)※週末のみの販売です
・煮卵 150円(1個)
営業時間:午前10時~午後6時
不定休:日曜日・祝日
電話:093-521―7216

■小倉高校で講義をしていた、
北九州小倉・糠床糠炊き研究会 会長 木村洋(ひろし)さん
s_181003_06.jpeg

■北九州小倉・糠床糠炊き研究会

ぬか床やぬか炊きに関する講習会をご希望の方は、以下の連絡先まで。
事務局:木村康子(やすこ)さん(会長補佐)090-8664―1652
電話/FAX:093-451―0124
住所:〒802-0985 北九州市小倉南区大字志井1019-1

■400年のぬか床を受け継ぐ神社 八坂神社
住所:北九州市小倉北区城内2-2
電話:093-561-0753
※現在は宮司禰宜(ねぎ)のお母様のご自宅でぬか床を保管しているので、
八坂神社ではぬか床をご覧いただけません。

■小倉藩主とゆかりの深い、
八坂神社の宮司祢宜(ねぎ) 高山定典(さだのり)さん

s_181003_07.jpeg

■400年のぬか床を管理する
母・多恵子さん

s_181003_08.jpeg

yamamoto.jpgのサムネイル画像

s_181003_09.jpeg

北九州の郷土料理「ぬか炊き」。
皆さんは、食べたことがありますか?
広島出身の私は、去年北九州に来て初めて食べたんですが、それから大好きになりました。
今は、よく定食屋さんで食べたり、お店で買って家で食べたりもしています。
味付けが濃いので、ご飯ともお酒とも、とても合うんですよ。
北九州の街の人たちに聞いても、やはりぬか炊きが大好きな人たちがたくさんいました。今は家で作っていないという人も、食べたくなってお店に買いに行くんだそうです。
「ぬか炊き」は、サバやイワシをぬかみそと醤油で炊き上げたもので、2時間かけてじっくりと煮込むので、骨まで柔らかくなります。
味は、お店や家庭によって違いました。
お店で食べたものは、最初は甘みがあり、後から唐辛子がピリッとして、山椒のさわやかな辛さがすーっと鼻に抜けていきました。
そして、今回は、昔ながらの家庭で作るぬか炊きも試食しました。
高山さんのご自宅を訪ねて、400年受け継がれてきたぬか床で作ったぬか炊きを食べてみると、甘さが少なくてびっくり!昔ながらのぬか炊きは、砂糖などの調味料が入っていないので、甘さが少ないのだそうです。家庭で作られたぬか炊きは、今回初めて食べましたが、山椒の香りがより際立ち、さっぱりとしていて、とてもおいしかったです。
高山さんご家族は、このぬか炊きを食べると、昔みんなで集まって食べていた頃を思い出すと楽しそうに話していました。
北九州で愛され続ける「ぬか炊き」。これからも大切に受け継がれていってほしいですね。
私もより大好きになりました。
皆さんも北九州に来られたときには、ぜひ味わってみてください!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分


ページの一番上へ▲