2021年04月16日 (金)「"ぼっち"を考えよう」担当ディレクター取材後記


放送中、時間がなくて、表紙だけの紹介になりましたが、
“ぼっち””おひとりさま””1人暮らし”に関する書籍について。2日(金)の放送後、みなさんのリアクションを受けてリサーチしました。読んでみて心に残った3冊をご紹介します。

b_210416_02.jpg

【孤独死しないためのおひとりさまサバイバル術 著者:高嶋あがさ】
孤独死の不安を抱える40歳独身の女性漫画家が、コロナ禍をどう生きているのか、実体験を描いたマンガエッセイ。強烈な家庭環境に翻弄されながらも、ひとりを生き抜くための日常(ダイエットや歯の治療など、個人的ないろいろ)を、ユーモアを交えながら伝えてくれています。

【ソロ活女子のススメ 著者:朝井麻由美】
ソロ活の楽しみ方の事例が、難易度別に30種類掲載。ひとりで行動することをポジティブにとらえる考え方や、「なるほど」と思えることがいろいろと書かれていて、ソロ活をしてみたい気持ちにさせてくれる本です(女性向けの書籍ですが男性の私でも楽しく読むことができました)。

【ひとりでしにたい 著者:カレー沢薫】
タイトルは強烈ですが、ひとりで生きていく決意をした30代の女性が、
おひとりさまライフについて真剣に考え始める漫画。生活に関わる制度や、気をつけるべきことが具体的に書かれており、大変勉強になります。

気分転換になったり、新しい考え方をインプットできるかもしれません。
ぜひ読んでみてください(本の感想もメッセージお待ちしています)。

--------------------------------------------------

<リアクション、ありがとうございました>

2週間にわたって“ぼっち”を考えよう、ご覧いただきありがとうございました。本当にリアクションいただけるのかな?と不安を感じていたので、メッセージが届いたときは、大変うれしかったです。孤独感にさいなまれやすい世の中になってしまいましたが、みなさんとのリアクションを通して、少しでもお役に立ったり、気持ちが和らぐ内容をお届けできればと思います。

今回の企画を制作しながら、還暦を迎えた実家の母(現在80代の祖母と二人暮らし)の将来のことを考えていました。自分にも、自分の周りの人にとっても、すぐ身近なテーマであると、強く感じています。私は30代ですが、同世代の関心でいうと、婚活や出産に関する事情も気になっています。

来週は別チームの企画をお届けしますが、引き続きリサーチを続けます。みなさんからのメッセージをお待ちしています。「追跡!バリサーチ」、今後もよろしくお願いします。

(ディレクター丸山より)

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:14時00分


ページの一番上へ▲