2021年11月

ゾンビランドサガにひかれて取材してみると『進化』があった


web_211130_01_2.jpg
(佐賀市唐人2丁目にあるゾンビランドサガマンホール)

佐賀の路上で見かけたとき、思わず笑みがこぼれました。

鮮やかな色のバルーンフェスタの熱気球の背景から飛び出してきそうな笑顔のキャラクター。
縁に刻まれた「おすい」の文字にも不思議と愛着がわくような気持ちになりました。
「下水道のマンホール」が遊び心と人を引きつけるアートになっているのに驚きました。

描かれているのは、TVアニメ『ゾンビランドサガ』のキャラクター「源さくら」です。

『ゾンビランドサガ』は「アニメ総選挙2018 年間大賞」など数々の賞に輝いた人気アニメで、
ゾンビとしてよみがえった7人の少女が、佐賀を救うためにローカルアイドルとして奮闘する物語です。奇想天外さと音楽、個性豊かなキャラクターが魅力です。

なぜ、そんなに詳しいのか?
実は私(50代・カメラマン)もこのアニメに夢中になっている1人だからなんです。
取材を進めると遊び心にとどまらない、マンホールの「進化」を知ることができました。


『ゾンビランドサガ』マンホールを見に行こう

web_211130_02_2.jpg
(佐賀県内さまざまな場所に設置されたゾンビランドサガマンホール)

マンホールの『ゾンビランドサガ』は、佐賀県とのさまざまなコラボレーションの1つです。

ことし「佐賀城跡」や「道の駅鹿島」「唐津市歴史民俗資料館」など県内14か所に出現しました。
キャラクターと佐賀の名所や名物が組み合わされていて、アニメのファンにマンホールを探しな
がら各地を訪ね歩いてもらうことで観光につなげようというのです。

新型コロナ感染拡大の影響を受けた観光業界。アイドルたちは、佐賀を盛り上げる使命と役割を
ここでも果たそうとしているということでしょうか。

インフラとしてのマンホールの目的を超えた活躍は、SNS上でも注目を集めています。

「唐津、伊万里方面のマンホールを訪ねました!」
「うれしのには、あいちゃんのマンホールもあるんだよ」
「ゾンサガマンホール巡りの旅!!順調!!順調!!」
(Twitterより)

現地を訪れたファンによって、毎日のように「キャラマンホール」が投稿されているのです。

(佐賀県広報広聴課担当者)
「人気アニメとコラボレーションすることによって、観光客が増えています。これをきっかけに、より多くの人に来ていただいて、佐賀をより深く知って、楽しんでほしい」。

私もマンホール巡りに挑戦中ですが、まだ、すべてを回りきることができていないので
いつかコンプリートしたいと思っています。

かわいいマンホールの裏に創業100年の技術力

『ゾンビランドサガ』のマンホールを手がけているのは、福岡市博多区に本社を置く日之出水道機器という会社。実はこの会社、知る人ぞ知る創業100年を超える老舗の鋳物メーカーです。

二輪車が上を通っても転倒しにくい表面のデザインや、素材開発、軽量化による環境負荷軽減など、業界のトップランナーとして、さまざまなマンホール技術を開発してきました。

その技術力を背景にしたマンホールに加えて、最近では、自治体からの要望が増えるのに合わせて、絵やデザインが描かれたマンホールを数多く生み出しています。

web_211130_03_2.jpg
(マンホールに着色する作業)

その作業の現場を取材することができました。

マンホール自体は、まず砂でできた型に溶けた鉄を流し込み、冷えて固まったら、砂の部分を崩して製品を取り出します。そして表面処理をすると黒光りするマンホールが出来上がりです。

今回のようなキャラクターマンホールの場合は、このあと塗料流し込みによる着色作業が待っています。1枚1枚、職人が手作業で塗料を流し込んでいました。

広い面は均一に、細かく区切られたところは高さのばらつきがでないように、フラットに仕上げていくのが熟練の技。

特に難しいのが顔の広い面で、細かいチリが入ったりムラができたりすると、きれいな肌にならないので、最初から全てやり直さなくてはいけないそうです。

一人前の技術者だけが知る、ある「領域」について責任者の佐藤邦弘さん(45歳)が
語ってくれました。

「塗料を流し込むとき、指先の感覚を大事にしながら入れていきます。目と手の感覚が合わないとフラットな面はできません。女性の化粧をしてあげるような感じで仕上げるのですが、難しいです。数をこなさないとその域にはたどりつかない。」

一人前になるにはとにかく数をこなすしかないという佐藤さん。
観光振興を担う愛らしいマンホールは、職人たちのこだわりの技によって生み出されていたのです。

web_211130_04_2.jpg
(着色について語る 佐藤邦弘さん)

マンホールの「進化」した姿とは

この工場を取材していると、さらなる進化を遂げた「マンホールの最新技術」に出会いました。

マンホールメーカー、下水道事業会社、電気機器メーカーの技術を結集して作り上げた、水害から町を守る「マンホールアンテナ」です。

web_211130_05_2.jpgweb_211130_06_2.jpg
(「マンホールアンテナ」の表と裏 / 日之出水道機器提供)
マンホールに水位計センサーを取り付けて、発信された情報をサーバで管理し、遠隔地でも、手元のパソコンでリアルタイムに下水道内の水位を監視することができます。

水位の変化をリアルタイムに把握できるので、危険水位になる前にポンプ場や処理場に適切な指示が出せるようになります。

浸水被害をいち早く察知して、被害の軽減を図ることができるのです。

web_211130_07_2.jpgweb_211130_08_2.jpg
(「マンホールアンテナ」地下の配線状況/日之出水道機器提供)
マンホールは全国に1,500万個と言われています。この新しい技術が水害時の被害軽減に役立つと期待されています。すでに複数の自治体で導入が始まっているそうです。

web_211130_09_2.jpg
(ゾンビランドサガマンホールの型←レアな映像です)

ことし8月の記録的な豪雨で、武雄市の広い範囲が浸水する被害を受けるなどした佐賀県。

救うためゾンビとしてよみがえった少女たちが描かれたマンホールは、コロナで影響を受けた
観光を盛り上げるだけでなく、水害から命を守るための役割も担おうとしています。

佐賀を訪れたら、マンホールにいる「ゾンビランドサガ」に注目してみてください。


web_211130_10_2.png
筆者:木村史カメラマン

全国各地の「ご当地マンホールカード」を集めるのが最近の楽しみ

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:13時47分 | カテゴリ:WEBいち! | 固定リンク

麦焼酎のふるさと壱岐を満喫!


国税庁が、日本酒や焼酎などの消費や輸出促進に向けて、ツーリズムなどもろもろの取り組みを支援している。その事業の一環として壱岐の焼酎メーカー7社が共同で酒蔵ツーリズムを企画しており、酒蔵と島内の名所を巡るバスツアーや壱岐焼酎ミュージアムを設置したりしている。
実用化を目指し、実験的に行われているこのツアーに福地リポーターが参加。壱岐焼酎の造り方を酒蔵に見学しに行ったり、壱岐にある7蔵すべての焼酎を試飲したりする。ほかにも、壱岐のグルメを堪能したり、観光名所に訪れたりと、壱岐の魅力を味わい、壱岐焼酎×観光の取り組みをリポートする。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

新型コロナワクチン 副反応どう考える?


今回も、前回に続いて、新型コロナウイルスのワクチンについて取材しました。
テーマは「副反応」です。

県内の実態について調べようと、医師や医療機関が作成した「予防接種後副反応疑い報告書」を福岡県に情報公開請求しました。すると、680人分、1300枚余りの書類が出てきました。

ba_211119_01.jpg

こちらが報告書のひな形です。
ba_211119_02.jpg

項目としては、患者の性別と年齢。ワクチンの種類と接種日。それに、症状の概要や程度、患者を診察した報告者の意見などがあります。

ba_211119_03.jpg

今回入手したのは、ことし3月から9月下旬までに接種した680人に関する報告です。
それらを項目別で集計していきました。

まず男女別でみてみますと、
女性が509人とおよそ75%、男性が170人のおよそ25%でした。

ba_211119_04.jpg

年代別では、40代が149人と最も多く、30代が129人、
50代が127人などとなりました。

ba_211119_05.jpg

症状の程度別では、「重い」が158人となりました。 
「重い」症状について、死亡、障害、入院など、さらに細かく書くことになっています。

それぞれの人数ですが、死亡が29人、障害が4人、入院が104人などでした。

ba_211119_06.jpg

こうした人たちの具体的な症状についても見ていきます。

70歳の女性の報告の内容です。
「接種の翌日から38度台の熱。4日目に熱は下がるものの腹痛と吐き気。
 6日目に病院で受診、意識ははっきりとしていて、検査で異常なし。
 7日目に腹痛のため再び受診も 容態が急変して死亡」。

ba_211119_07.jpg


続いて、50歳の女性の報告では、
「接種後30分間は異常なく帰宅。その日の夜にじんましんが出て、
 ひどい頭痛と38度台の熱。接種の翌日、昼過ぎごろに救急搬送。
 CT検査で脳内出血確認。意識消失の状態が続く」。

ba_211119_08.jpg

こうした人たちはいずれも副反応の「疑い」として医師から報告されたもので、
この時点では実際の副反応かどうかは確定していません。

また、死亡した人については、いずれもワクチン接種との因果関係は
「わからない」とされています。

ワクチン接種後の具体的な状況がわかると、非常に不安になるかもしれませんが、
こうした症状は全体で見ると極めて少ないということも今回、わかりました。
では、どれだけの割合で報告書が提出されているのか。

680人が接種した期間には、県内ではあわせて340万人ほどが接種していますので、
単純に計算すると、副反応の疑いで報告が出された人は全体の0点02%。つまり5000人に1人の割合にとどまります。

ba_211119_09.jpg

この5000人に1人の割合をどのように受け止めればいいのか。
国内の研究者で作る「日本ワクチン学会」で理事長を務める、福岡看護大学の岡田賢司教授に聞きました。

ba_211119_10.jpg

「ワクチンを打った後、何か症状が出たら報告するのが副反応疑い報告制度です。その中で0.0何%と上がってきているがその中に真の副反応が正確にわかりませんが、それよりももっと少ないはず。 
他のワクチンと比べてメッセンジャーRNAワクチンだけに特別な副反応が検出できたかというと、いまのところ世界中からそんな報告はない。
人に特別、重篤な副反応はいまのところなさそうなのでワクチンを進めようという話になっている」。

岡田理事長は、報告数は多くないと受け止めているとしたうえで、今回のワクチンについて、特別に注意しなければならない状況は見つかっていないと指摘しました。

来月からは3回目のワクチン接種が始まるわけですが、
では、この報告書はいったい、何のために集めているのでしょうか。

厚生労働省は新型コロナに限らずワクチンの予防接種では、副反応が起きる可能性があるとして、国はこうした報告を集める制度を設けています。

ba_211119_11.jpg

この制度では、現場の医師や医療機関が副反応の疑いがあると
判断した場合に報告書を書きます。

国が委託した専門の組織が、内容を分析・評価し、厚生労働省に報告します。
予防接種に重大な懸念が生じた場合、接種を中止するなど速やかに対応するためです。

このような報告を集める意義について、岡田理事長に聞きました。

ba_211119_10.jpgのサムネイル画像

「上がってくる症例は1例1例みんなちがう。打った後の症状や死亡の原因がみんな違う。1つ1つ評価しようとしても因果関係は評価できない。
しかし、そんな人がたくさん増えてきたら関係しているかもしれないのでそこからあるシグナルがわかったらそれを医学的に疫学的に比較していく」。

接種後にでた症状をできるだけ多く集め、その中から注意すべき傾向が出てきたらすぐに対応していこうということでした。

感染者が減って、日常生活を取り戻しつつあるとワクチンの効果を感じている方も多いと思います。しかし、その一方で、副反応の疑いでつらい思いをしている人がいるのも事実です。そういった人たちのためにも、今後も副反応の疑いを幅広く集めて分析し、対策や支援に結びつけていくことが必要だと感じました。

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:16時50分 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク

宮田栄次さん&武藤竜哉さん×中澤佑二さん


岡野唯です。

10月最終週のマンスリーアビスパは
“選手を支えるスタッフ”をテーマに
チーフトレーナーの宮田栄次さん
用具係の武藤竜哉さんに登場して
いただきました。

oka_211117_01.jpg
 
宮田さんは選手のケアやけが人のリハビリ、
武藤さんは練習や試合で使う用具の準備、
スパイクの手入れなどを担当しています。

更新がやや遅くなりましたが、
今回も、放送では、お伝えできなかった
“未公開トーク”を含めた内容でお届けします。


“選手を支える人たち”
中澤さん
J1残留おめでとうございます!
僕自身最高にうれしいですし、
支えてくれたスタッフがいるからだと思います。

oka_211117_02.jpg
 
まずはトレーナーの宮田さんから
聞きたいと思います。
選手から“ゴッドハンド宮田”
呼ばれているそうですね。
なぜそう呼ばれているのでしょうか。


宮田トレーナー
ゴッドハンドかどうかはわかりませんが、
選手の体を触ったときにできるだけ
多くの情報を取り入れようとしています。
筋肉や関節と会話をするようにしています。


中澤さん
武藤さんはどのようなお仕事を?


武藤さん
練習や試合の準備と片付け、
ウェアの洗濯や
スパイクの管理もしています。
練習中はトレーニングがスムーズにいくように、
マークを片づけたりゴール運んだり、
ときにはラインズマンをやったりしています。
自分の中で考えながら、できることをやっています。


中澤さん
宮田さん、長谷部監督は
「足が張ったからマッサージしてほしい」
といった話はありますか?


宮田さん
いえ、そういったことは
一切ないです。


中澤さん
そのあたりは、長谷部監督が
一線をこえないようにしているのでしょうか。


宮田さん
そうですね、
その分を選手に捧げてほしいと言われています。


中澤さん
武藤さんはちなみに何時出勤、何時退勤ですか。


武藤さん
いつものトレーニングの日は
午前6時半にはクラブハウスに来ます。
そこから練習の準備、
練習後は、ウェアの洗濯、
それが終わるのに
午後4時くらいまでかかります。
帰るのは午後5時くらい。
日によってですね。


★中澤ボンバーチェック★
中澤さん
ここで中澤ボンバーチェックということで、
スパイクの管理を担当している
武藤さんにお聞きしたいことがあります。

僕自身、現役時代、
スパイクに関しては
こだわりを持っていました。
武藤さんのスパイクに対する
こだわりがあったら教えてください。

oka_211117_03.jpg
 
武藤さん
選手やスタッフが試合で使用する
シューズに関しては全員分、
僕が預かっています。
ひもの通し方であったり
スパイクの皮の伸び方だったり、
ひとりひとりこだわりがあります。

ですので
選手とのコミュニケーションを
大事にするようにしています。

ひとりひとりと向き合って
スパイクに落とし込んで、
試合で、選手に気持ちよく履いてもらえるように
自分がやれることをできるかぎりやっています。


中澤さん
ちなみに一番スパイクに
こだわりのある選手は誰ですか。


武藤さん
城後選手は右足と左足のスパイクのサイズが違ったり
ひもの通し方をこだわったりしています。
履いた感触も含め、
大事な感覚があると感じています。


中澤さん
ちなみに僕は現役のとき、
1日に20足近く
スパイクを用意してもらっていました。
アビスパにそんなに用意してもらう選手はいますか。


武藤さん
さすがにいないですね。
20足はすごいですね。


中澤さん
僕はグラウンドの芝の長い短い、土の状態、
あとは湿気、風、天候、アップで変えて、
前半で変えて、後半で変えて、
いろいろな状況を加味して、
その日一番のスパイクを選ぶみたいな感じで
結局20足くらい必要になりました。
用具係としてはかなり面倒くさい選手ですよね。


武藤さん
当時のマリノスのスパイク管理の方は
知っているので・・・。


岡野
中澤さん、チームで一番、
スパイクを準備してもらっているのが
山岸選手だという情報が入っています。
実はその山岸選手から
メッセージをいただいておりまして・・・。

『ひもの色が異なるなどスパイクは
8足くらい準備してもらっています。

試合前半、
スパイクとボールの感触が悪かった時に、
後半からは新しいスパイクで臨むからです。

そのスパイクのピカピカ具合には
いつも驚かされています。

現在チームトップタイの5ゴール(注・取材当時)、
武藤さんのおかげです。

これからもよろしくお願いします』


武藤さん
そんなに素敵な言葉を言われるのは、
うれしいですね。ありがたいです。


中澤さん
スパイクや用具を管理する上で
気を付けていることはありますか。


武藤さん
選手やスタッフの大事なものを預かっているので、
絶対に大事にしないといけない。
ユニフォームはスポンサーのことも考えて、
きれいに維持し、
ひとりで背負っている部分を
みんなに返せるようにという
気持ちだけは
絶対にぶれてはいけないと思っています。

そして、選手に最高のパフォーマンスをしてもらうという
気持ちも大きく持っています。


中澤さん
続いて、宮田さん。
けがをした選手のケアの仕方についてこだわりは。

oka_211117_04.jpg

宮田さん
選手は30人以上いますが、
ケア中は1対1なので
常に1人に集中して対応しています。

中澤さん
けがをしないためにアドバイスしていることは。


宮田さん
正常な体を選手本人に把握してもらうこと。
その状態と比べてきょうはどうか、
練習後はどうか、
自分で認識してもらうことが大事です。

たとえば、腰が張っていると言ったら、
腰ももちろんですが、腰に影響を及ぼす
太ももの裏側や、
逆におなか側の筋肉が張っているとか
他の部分から影響が出ている場合があります。
体を全体的に、気を付けて見ています。


中澤さん
それと聞いた話ですが、
宮田さんがトレーニングをするときに、
鬼メニューがあると・・・
鬼メニューの「鬼」とはなんですか。


宮田さん
たくさんあって何が鬼かわからないですが。(笑)
基本的には特別なことはしていないと思います。

たとえば腕立て伏せの場合、
20回が限界のときに、
そこからさらに3回から5回やってもらう感じです。
「限界」は選手が自分の頭で決めてしまうものなので、
そこを打ち破ってほしいです。


中澤さん
限界までいくだけではなくて、
限界をこえろということですね。
それが鬼メニューの中身なのですね。


岡野
宮田さんにはですね、
サポーターから
“ミスターアビスパ”として愛されている
城後寿選手からのメッセージが届いております!

『移動中のバスの中でも体に関する勉強をするなど、
年齢を重ねても勉強する姿を目撃しています。

2009年、僕が大けがをしたときのリハビリは、
鬼でした。

僕のために心を鬼にして、
8か月間毎日厳しく、
一切の妥協も許してくれなかった。

あのリハビリがあったからこそ
体も心も強くなり、
35歳のいまでも現役生活を送れています』


宮田さん
ありがとうございます。
本当にありがたいことばです。


中澤さん
常に勉強されているというのは。


宮田さん
できるだけ移動時間も利用して、
疑問に思ったことや、
そのときにけがをしている選手のこととか
何かプラスになるようにという思いで
勉強しています。


中澤さん
アビスパの中で、
この筋肉がすごいという人はいますか。

宮田さん
ジョンマリ選手。
日本選手では最近ボリュームアップしているのが
金森選手です。


岡野
宮田さんは選手並みの筋肉を
持っているのですよね?


中澤さん
ムキムキなのですか!


宮田さん
武藤君と一緒で、ときどき筋トレを。


中澤さん
体脂肪率はどれくらいですか?


宮田さん
今年は測っていませんが、
去年は3%台でした。
3.5%とか。


中澤さん
3.5%はすごい、尊敬します。
僕は、現役のときどう頑張っても
6%の後半くらいまででした。
3%台までには落とせなかったです。


岡野
それでは最後に
お二人の夢や目標を
聞かせてください。


武藤さん
J1残留を決めることができましたが、
チームとしては勝ち点50、10位以内の目標に
向かってチームの一員としてサポートできるよう
がんばりたいです。
(注・11月3日にアビスパは勝利し、勝ち点50を達成)

個人的に今後の目標としては
ACL出場・アジアの1番になれるような
サポートをしたいという思いがあります。


宮田さん
夢を探し続けて50年が経ってしまったのですが・・・
仕事の夢は年間を通してけが人を限りなく
ゼロに近づけることです。


中澤さん
お二人ともがんばって下さい。
ありがとうございました!!

oka_211117_05.jpg
 
(END)

【追伸】
今月3日の大分戦。
アビスパのVTRも編集する後輩を誘って
ゴール裏で観戦しました。

初めてのベススタはもちろん、
初めて生で見る選手や監督らに
終始大興奮だった彼女の初観戦は・・・

1対0の完封勝利!

目をキラキラと輝かせながら
『すごく楽しかったです!また行きたいです!』

帰り際に聞いたこの言葉は、
勝利と同じくらいうれしかったです。

ちなみに私はこの日から
“勝利の女神”と呼んでいます。

oka_211117_06.jpg 

ホーム最終戦も頼んだぞ!

投稿者:岡野唯 | 投稿時間:09時54分 | カテゴリ:キャスター日記 | 固定リンク

ワクチン 打たない選択の先に・・・追い詰められる人たち


今回のテーマは、新型コロナのワクチン。
先日の放送を見た方からこんな投稿がありました。

ba_211115_01.png

ワクチンを打っていないので、別の仕事をしてほしいといわれたという内容です。
まずは投稿に関して詳しく聞くため、本人を訪ねました。

ba_211115_02.png

福岡県内に住む、佐藤有紀子さん(仮名)は、
子どもと関わる仕事がしたいと、大学では保育学を専攻。
現在、保育士として働いています。

新型コロナの第5波のさなか、勤務先から突如、「園の規定について変更がある」と、説明を受けました。
「(私が)ワクチンを打っていないので/子どもに全く関わらないような仕事しかできないので、事務員っていう枠にしかできないと。申し訳ないけど、そういうふうに規定が変わったと言われた」。

実はそれまで有紀子さんは、
ワクチンを打たないことを園にも認めてもらい働いていました。
「ワクチンは自由意志かどうかっていうのを確認して「強制していいものじゃないから強制はしないよ」と伝えられていた」といいます。

その方針が変わり、園からは
「保育士として働き続けてほしいので、来年4月までにできればワクチンを打ってほしい」と言われていると言います。

佐藤有紀子さん(仮名)。
「園に子どもを預けている保護者からもワクチン、職員さん、みんな打ってるんですかっていうような声が上がったりするから、そういう世の中の流れに合わせて、というような感じのことを園側から言われた」

保育士として働き続けるため、ワクチンを打ったほうがいいのか。
有紀子さんは家族で何度も話し合ってきました。
厚生労働省が出しているデータなどから、
ワクチンは「重症化を抑える効果がある」と考え、
祖母だけは接種をしています。

有紀子さんとほかの家族が
心配しているのは、
接種後の副反応です。
家族の話し合いでも結論がでていません。
「(厚労省のHPでは)ワクチンを打ったあと、亡くなった方が、ワクチンが原因ですっていうふうには出ていない。でもワクチンが原因ではないとは断定していない。分からないっていう理由」

ba_211115_04.png

いまは週に2回、園側の負担で抗原検査を受け勤務を続けている有紀子さん。
来年4月以降、保育士して働ける別の園はないか探し始めています。
「もしワクチンが自由だよっていうような園があるようであれば、そっちをちょっと見学行ってみるか、もう保育職自体を辞めるか、どうしようかなっていうのは、今検討しているところですね」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ba_211115_05.png

ワクチン接種について、他にも問題は起きていないか。
NHK福岡では、アンケートを実施。
11月12日現在、113の声が寄せられました。
その中には、仕事への影響についてのものも複数ありました。
「未接種の社員は会議に出席できない、出張にいけない」。
「病院勤務、接種が当たり前という無言のプレッシャーがあります」。

中には、打たない選択をしたことで、
退職に至るまで追い込まれている、との書き込みも。
取材をすると、声を寄せてくれた男性は、介護施設で働いていました。
副反応のリスクを考え、接種を見送っていました。
今年9月以降、上司から何度も呼び出され、「接種してもらわないと困る」
「接種しないと今の業務を外す」と言われたと話していました。
そのことで心身ともに疲弊。
先日、職場に退職の意向を伝えました。

ba_211115_06.png

事務員への配置を提案された保育士の有紀子さん。
いま感じているのは
ワクチンを打たない選択を続けることの難しさです。

佐藤有紀子さん(仮名)。
「強制じゃないけど、強制みたいな雰囲気になってきてるなって。あまりおおっぴらに「私は打ってないよ」みたいなことも言えないし、それで「えって」思われて距離を置かれるとか考えたらやっぱり話題にしたくない」

そもそも、こうした事例に法的な問題はないのか。
労働問題を取り扱う福岡労働局を訪ねました。
ワクチンを打たない選択をした人たちが
職場で直面している問題について福岡労働局雇用環境・均等部、指導課長の屋敷智子さんに聞いてみると。

ba_211115_07.png

「確かにワクチン接種をしていない方について、ワクチン接種に関わる差別じゃないかっていうのは相談はあるんですけど、それをしちゃいけませんよっていうふうに直接禁止する法律っていうのもないんです」

ba_211115_08.png

法律がない中、問題がないか判断する基準の一つとなっているのは、
9月に国が示したこの文章です。
(出典:新型コロナワクチン接種証明の利用に関する基本的な考え方について/令和3年9月9日 新型コロナウイルス感染症対策本部より)。

ba_211115_09.png

そこには、
「接種を受けていないことを理由に解雇などを行うこと」は、
「差別的な取り扱いに当たる可能性が高い」とまで記述されていますが、
どのような事例が差別にあたるのか、詳しい説明は記されていません。

そのため多くのケースでは、
働く人と雇う側で、話し合いの場を持ち、
お互いで合意できる可能性を探ってもらうしかないといいます。

福岡労働局雇用環境・均等部、指導課長の屋敷智子さん。
「ワクチンを接種したくないという気持ちは尊重しないといけないから、なんとか続けられる方法を労使で模索していくしかない」
―――――――――――――――――――――――――
今回の取材を通し、
世界中の人の健康や命に関わる問題だけに、簡単には白黒付けられない。
だからこそ、感染が比較的落ち着いている今、ワクチンを巡る様々な問題について冷静に議論する必要があると感じました。

労働局指導課長の屋敷さんによると、
労働局が労使の間に入って、話し合いの場を設けるような対応もできるとのことです。
身の回りで問題が起きていたらまずは相談をしてほしいと話していました。

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:14時00分 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク

伝統の宇佐飴 新たな挑戦~大分 宇佐市~


今回の食いち!は、大分県宇佐市の「宇佐飴(あめ)」をご紹介しました。
全国に4万社以上ある八幡宮の総本社・宇佐神宮の参道でしか手に入らない、大変貴重な飴です。

飴と聞くと、砂糖の入った甘いものを想像されるかと思いますが、なんと宇佐飴は砂糖を使っていません。それなのに、ほっこりする優しい甘みがあるんです。
その秘密は水飴。もち米や芋のでんぷんと麦芽のみを原料とする、昔ながらの甘味料です。この水飴を約180℃の釜で煮詰め、機械で練り、細く伸ばして一口大に切ったら宇佐飴の完成。シンプルな工程に思えますが、飴を焦がさないように1時間近くかき混ぜ続けたり、まだ湯気の立っている飴を素手で触ったりと、想像以上に大変な作業でした。

創業100年を超える宇佐飴屋の4代目・岡部嘉洋さん(47)は、1年前にお店を継ぎました。参道がにぎわっていた昭和30年代には20軒ほどあった製造元も、現在では3軒に。歴史の深い宇佐飴をどうにか残したい、宇佐神宮に来たら当たり前のように宇佐飴を買って帰る時代がもう一度来て欲しいと、岡部さんは新しい取り組みを始めます。
それには地域の方々の力も欠かせません。これまでプレーンしかなかった宇佐飴にフレーバーをつけてみると、地元のものは使えないか?と大分県内から食材が集まりました。宇佐市産の緑茶を提供する千財康雄さんも、宇佐飴の復活を願っています。
さらに、岡部さんの宇佐飴は洋菓子にもなりました。地元で人気の洋菓子店では、宇佐飴入りのクリームを挟んだクッキーサンドを提供しています。小さい頃から宇佐飴を食べていたというオーナーの小林洋司さんは、宇佐飴を知るきっかけになればと語っていました。

大分県宇佐市に古くから伝わる「宇佐飴」。宇佐神宮への参拝もかねて、是非この機会に味わってみてください。

s_211110_01.jpg
■宇佐飴

s_211110_02.jpg
■宇佐飴屋4代目・岡部嘉洋さん

s_211110_03.jpg
■緑茶農園・千財康雄さん

s_211110_04.jpg
■宇佐飴のクッキーサンド

s_211110_05.jpg
■洋菓子店オーナー・小林洋司さん


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、大分県宇佐市の「宇佐飴(あめ)」でした!

はじめて知ったという方も多かったのではないでしょうか?
私も実は今回の取材ではじめて知ったのですが、食べてみると、全然初めて食べた感覚がしないのが不思議でした。
というのも、本当に懐かしく優しい味がするのです。
乳製品は一切入っていないにもかかわらず、すこしミルキーな味わいでコクがあり、とてもおいしかったです。
食感はキャラメルのように柔らかく、舌の上で少しずつ溶かしていきます。
そして、私が個人的にうれしかったのは、食べ終わったあとにのどが渇くことがなく、ちゃんと潤いを保ったままだったことです!!
これは、水分を吸収する砂糖を使用していないことが理由だそうです。

さて、今回は、そんな宇佐飴を作っている岡部嘉洋さんにお話を伺いました。
岡部さん、本当におもしろくて、お話もお上手な方でした。
笑わせてくれたり、本当に真剣な目で宇佐飴への熱意を伝えてくれたりと、
ずっと話をしていても飽きることがない楽しい方でした。

宇佐飴を作っているところを見せていただき、一部手伝わせていただいたのですが、見た目以上に難しく、大変な作業でした。
水あめを煮詰めるのですが、それが本当に重たいんですよ…筋肉痛になりそうでした(笑)

s_211110_06.jpg
■筋肉痛になりそう…!

そして、やっとできあがった、あとは切るだけ!と思っても、はさみでチョキチョキと簡単に切っているように見えた作業は、実際に切らせていただくと、全然切れませんでした…(笑)
宇佐飴がグニョッと曲がるだけで、なかなか切れず、切れたかと思えば不格好なあめになってしまいました(笑)
職人技でした。

s_211110_07.jpg
■昔は、飴を切る音が聞こえるとお店の外に人が集まって来たそうです

そして、できたて宇佐飴をいただきました!!!
これがまた、ふわふわであたたかくて、できたてならではのその絶妙な温度と食感が、優しい懐かしい味わいをさらに引き立てていました。
本当にほっこりして、仕事だということを忘れてしまいそうなくらいでした(笑)

岡部さんに、宇佐飴作りを継ぐといってもそんなに簡単なことではないのに、どうしてそんなに頑張れるのか、と聞くと、楽しいからと答えてくれました。
そして、どうしても宇佐飴を残さないといけないと思ったと教えてくださった時の、岡部さんの情熱にあふれた真剣な目を見た時、とても胸が熱くなりました。

そんな岡部さんだったからこそ地域のみなさんも岡部さんを応援したい、宇佐飴を地域で残していくんだ、と協力しているのかもしれないなあと感じました。

みなさまも宇佐神宮を訪れた際には、一度宇佐飴を召し上がってみてください。
きっと地域の温かさが伝わるような優しくて懐かしい味に、癒やされると思います^^

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

なぜ不足する?!10代の性知識 その背景とは


11/5(金)放送のバリサーチを担当したディレクターの中村です。
NHKで今月実施中の、「#BeyondGender九州・沖縄」キャンペーンに合わせて、今回は福岡の性教育について取材しました。

最近、よく耳にする「ジェンダー」という言葉。
ジェンダーとは、男らしさ・女らしさなど社会的に作られた性差のことを指します。
19日に九州沖縄で放送する番組のタイトル「Change!ジェンダーをこえて」にも使われているのですが、その中でも大切なのが、ジェンダーと性(セックス)にまつわる問題。
今回、いま不十分だと指摘される性教育の現場はどうなっているかと取材を始めました。

ba_211109_01.jpg

しかし、取材現場を検討していた矢先、同僚の男性ディレクターWさんからこんなことを聞かれました。「性教育とジェンダーって、何の関係があるんですか?」。
・・・男子校育ちで、性教育を受けた覚えがあまりないというWさん。「性教育の問題は教育の問題、ジェンダーの問題はジェンダーの問題なのに、なぜジェンダーと結びつけるのですか?」と聞くWさんに対し、私は具体的な例を示して答えることができませんでした。

そこで、「ジェンダーの問題はどうセックスに影響を及ぼしているのか。性教育とのつながりは?」とその関連を調べることにしました。
まず分かったのは、今、「セックスをはじめとした、性にまつわる若者の相談が増えている」という事実。相談機関やNPO団体などに聞き取りをする中で、望まない妊娠や中絶について苦しむ若い女性はもちろん、「アダルトビデオなどの情報があふれる中、どうセックスして良いか分からない」と悩む男性も多くいるということです。
これまで福岡では、男女別に生徒が集められ、男子生徒向けに「加害者になってはいけない」という講義がされたということもわかりました。「男だから(女の子の体を無理矢理触る)」「女だから(被害に遭う)」―、こうした思い込みもジェンダーの問題のひとつ。性教育がいかにジェンダーに密接に関わっているかがうかがえるエピソードです。

さらに、「今、性の問題の低年齢化が進んでいて、特に福岡は若年の中絶が多い」という話も聞きました。
「中絶が多いというのは本当なのか。そして一体、ジェンダーとどう関係しているのか?」。

そこで、厚生労働省が出している中絶件数などのデータにあたって調査を進めました。
すると人口1000人あたりの中絶件数は、福岡は20歳未満が三番目に多い(2019年,都道府県別 人工妊娠中絶件数などから算出)という数字が見えてきました。

ba_211109_02.jpg

若者の性に詳しい産婦人科医の田畑愛先生(熊本県)にこのデータの見方を尋ねたところ、「性教育の不足が密接に関係した問題」だと教えてくれました。増えている性感染症とともに、「コンドームを使わないでセックスする若者が増えている」ことが推察できるこのデータ。身体の仕組みやコンドームの役割をよく分かっていないために、安易に、避妊せずにセックスしてしまう若者が多くいるということが見えてきます。さらにセックスの主導権を男性に任せたり、避妊を言い出せなかったりするジェンダーの問題を背景にあるという指摘も受けました。

性感染症も中絶も、医療行為が必要となり、体に影響が出ます。成長中の若者ではよりそのリスクがあるのではないでしょうか。
では、こうした性の問題をどう解決していけば良いのか。

今、期待されているのがジェンダー観を含めた「性に関する教育」です。
放送では若者のセックスの是非までは言及しませんでしたが、田畑先生は「妊娠しても出産して責任のとれない高校生までは気軽にセックスするべきではない。大人である私たちがそこまで具体的に教えるべき」、と言い切っていました。「寝た子を起こすな」と、性教育に消極的な学校教育が続いてきましたが、田畑先生のようにはっきりと中高生にコミットする先生も現れ始め、現場はようやく、潮目を迎えているといえそうです。

福岡県でも、性暴力の被害件数が多いなどの状況を受けて、2019年に「福岡県における性暴力を根絶し、性被害から県民を守るための条例」が制定され、教育活動として、性暴力対策アドバイザー派遣事業が始まりました。

ba_211109_03.jpg

その事業のひとつが、放送でご紹介した性暴力被害者支援センター・ふくおかの本村さんの活動であり、高校生に向けて「性的同意の心構え」までも教える授業です。本村さんの柔和な語り口からは、セックスをタブー視せず、教育現場でも真摯に向き合っていこうという姿勢を感じました。
授業後には、担当教諭や生徒が「性について考えることが大事」と話し、変化していく様子も目の当たりにしました。

ba_211109_04.jpg

中絶や感染症の増加、レイプなどの性暴力―と聞くと、「ジェンダーと何が関係しているの?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、セックスの問題はジェンダーや暴力、感染症などに密接に関わっています。
性行為には相手の考えも影響するため、決して、一人だけの問題ではありません。さらに、セックスの問題は男女間だけの問題ではなく、同性同士でも起こりえることですし、LGBTQ+の方も同様に悩みを抱えています。

学校教育がなかなか広がらなかったように、性については普段からオープンに議論しないことが多く、家庭でも学校でも「どう教えて良いか分からない」という大人も多いかもしれません。しかし取材を通して、性の問題はひとりひとりの体や心に関わる権利に関わることがよく分かりました。取材者として、今後さらに少しでも真剣に考えていただく機会を作りたいと、19日金曜よる7時半からの番組でも改めて深掘りしていきます。

The Life「Change!2021 ジェンダーをこえて」
11月19日(金)午後7:30NHK総合(九州沖縄地方)

ba_211109_05.jpg

最後に、この場をお借りして、撮影にご協力いただいた性暴力被害者支援センターの皆様、玄洋高校の先生や生徒の皆様にお礼を申し上げます。
引き続き性教育に限らず、ジェンダーの問題に向き合って調べていきますので、ぜひたくさんの方からご意見をお待ちしています。

ba_211109_06.jpg
福岡放送局 ディレクター 中村宝子

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:11時20分 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク

ページの一番上へ▲