2021年9月

新鮮さが命!博多万能ねぎ~福岡 朝倉市~


青ネギ生産量九州一の福岡県。
中でも朝倉市は県内シェア80%以上を占める一大産地です。

朝倉で栽培された青ネギは、「博多万能ねぎ」の名で東京進出を果たしたブランド野菜。そこには新鮮さを保つための様々な工夫がありました。

万能ねぎ農家の小柳達也さんは、栽培歴37年。
現在はJA筑前あさくらの博多万能ねぎ部会の部会長も務められているベテラン農家さんです。

暑さに弱い万能ねぎの収穫は、夜明け前の朝5時から。
外はまだ暗い中、ハウスの中では電灯をつけて手作業で収穫します。

収穫後も丁寧な作業が続きます。
ネギは中心から新しい葉が生えてくるので、外側の古くなった葉は全て手で剥き、
食感のいい新鮮な1本に整えます。
100gごとにラベルを巻いて束ねられたネギは、すぐに出荷かと思いきや…

夕方、各農家が選果場に持ちこみ、7℃前後に保たれた巨大な冷蔵庫で
一晩しっかりと芯まで冷やします。
こうすることで、ネギの温度を低く保ち、
食卓に並ぶまで鮮度を保つことができるのです。
こうして栽培から収穫、そして出荷まで、厳格に管理された朝倉の青ネギだけが「博多万能ねぎ」を名乗ることが出来ます。

青ネギといえばラーメンやうどん、納豆やとうふに欠かせない薬味ですが、
「博多万能ねぎ」は名前の通り“万能”!“生で良し”“煮て良し”“薬味に良し”
メインの食材としても使うこともできます。

今回、「博多万能ねぎピザ」を取材させていただいたカフェのオーナー稲葉さんに、家庭でも簡単に作れる“万能ねぎピザトースト”の作り方を教えて頂きました。


材料
食パン1枚(お好みの厚さ)
チーズ(お好みの量)
ケチャップ(大さじ1)
しょうゆ(適量)
★万能ねぎ(半束)
マヨネーズ(大さじ3)
かつお節(2g程度)

s_210930_01.jpg

【作り方】
①食パンにケチャップを塗る。
②ボウルにを入れ、しょうゆをひと回しする。
③よく混ぜた②をパンに乗せる。
④お好みの量のチーズをかけて、オーブントースターで焼く。
チーズに焼き目がついたら完成です。

なお、博多万能ねぎは百貨店や一部スーパーで購入できます。

s_210930_02.jpg
採れたての博多万能ねぎ

s_210930_03.jpg
博多万能ねぎピザトースト

【問い合わせ先】
■朝倉のカフェ
Café楓
住所:〒838-1301 福岡県朝倉市烏集院158-1
電話:0946-52-2561

■博多万能ねぎについて
JA筑前あさくら 園芸部 東部野菜課(※JAでは一般の方への販売は行っていません)
住所:〒838-1302 福岡県朝倉市宮野2111-1
電話:0946-52-2163


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、福岡県朝倉市の「博多万能ねぎ」でした!

ふだんからよく召し上がっているという方もいらっしゃったのではないでしょうか?
かくいう私は、存在は知っていたのですが、食べたことがありませんでした・・・(笑)

というのも、私はネギが苦手で、これまで極力食べるのを避けてきたのです・・・
ネギを取材すると決まった時は、少々、いや、かなり、不安でした(笑)

しかし、すぐにロケの日はやってきました・・・(笑)
まずはカフェでネギを使ったピザをいただくことに!
正直、心臓はドクンドクンと、耳に響いてくるくらい音を立てていたのですが、
覚悟を決めていただいてみると・・・・・おいしかったです。(笑)
私が苦手だった、独特の辛みも少なく、チーズとよく合っていました!
一度火を通しているにもかかわらず、シャキシャキとした食感やみずみずしさもしっかり残っていました。
私の中でネギの印象が大きく変わった瞬間でした。

こちらのカフェでは、博多万能ねぎを使ったアレンジレシピも教えていただきました。
「万能ねぎピザトースト」です!

s_210930_04.jpg

和と洋がとてもマッチしていて、本当においしかったです^^
簡単にできるので、家でも作ってみたいと思います!


そして、ネギを栽培しているハウスにお邪魔させていただいたのですが・・・。
収穫開始の時間がとても早く、まだあたりは真っ暗でした。
いつもこんなに朝早くから作業をされているのだと思うと頭が下がる思いです。

今回ネギ栽培について教えてくださったのは、小柳達也さん。
ふだんはご家族みなさんで作業を分担しているそうです。
みなさんとっても優しい方々でした!!!

ハウス内に案内していただくと、ネギが上に向かって一斉に生えていました!(笑)
収穫させていただきましたが、思ったよりも簡単に抜けて、驚きました。
土には1cmほどしか埋まっていないからだそうですが、あんなに立派にまっすぐ伸びているネギの力強さにも驚かされました。


きっと私のように、ネギが苦手だという方もいらっしゃると思います。
ですが、博多万能ねぎは思っていたよりも辛みが少なく、食べやすかったです!

みなさまもぜひ、アレンジレシピなどで、一度召し上がってみてください!
もしかしたら、ネギの印象が変わるかもしれません^^

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

前選手×中澤佑二さん


岡野唯です。
アビスパは8月下旬の2試合、
9月の3試合で
4勝1引き分け、負けなしです。

oka_20210930_1.jpg

好調の要因について日本代表で
キャプテン経験がある中澤佑二さんが
アビスパのキャプテン前寛之選手に迫りました!    

9月27日のマンスリーアビスパの放送では
お伝えできなかった“未公開トーク”を含めた内容を
お届けします。

oka_210930_02.jpg
 
中澤さん
前選手、初めまして。
NHK福岡のアビスパ担当・中澤です。

前選手
お願いします!

中澤さん
僕、このマンスリーアビスパがスタートする前から
前選手のことが好きでした。
前選手にインタビューができるということで
ワイシャツをしっかり新調してきましたし、
髪もジェルで整えてきました!

前選手
いつも通りですね(笑)

★好調の要因は?★

中澤さん
記憶に新しいですが、
絶対王者・川崎のリーグ戦の負けなし記録を
30試合でストップさせて(8月25日)、
鹿島も倒し(9月11日)、アビスパは非常に調子がいいと
思うのですが、その要因はどこにあるでしょう?

前選手
J1に上がって1年目のチームは
相手のクオリティーやスピードに苦しむことが
多いと思います。
ハードワークや攻守の切り替えの早さで
相手のクオリティーを上回っていく、
これが勝ち点を積んでいる要因です。

あとは、チーム力。
川崎戦でいえばふだんのメンバーから大きく変わりました。
それでもアビスパのスタイルを全員で表現できているところは
すごい強みかと。
チームの雰囲気もとてもいいです。

中澤さん
どの辺がいいですか?

前選手
ふだん出場できていない選手を含めて「チームのため」を
実行できている。
バラバラになってしまうチームもあると思うので、
そこをまとめているシゲさん(長谷部茂利監督)はすごいです。


★前選手の魅力に迫る★

中澤さん
ここからは前選手の魅力について迫っていきます。
中澤チェック!

僕が注目しているのは、“攻守でのつなぎ役”。
攻撃ではボールをピックアップして、
守備では相手のいいところをつぶす。
福岡になくてはならない存在です。
ボランチとして、前選手がプレーする上で、
一番、意識しているところは?

前選手
ポジショニングですね。

中澤さん
攻守において?

前選手
そうですね。
フォワードとディフェンダーの間にいるのがボランチです。
攻撃を厚くする、得点に絡む。
守備では一つ手前のラインで危険なボールを防ぐという
大きな役割があると思います。

中澤さん
ベストプレーができた試合はありますか?
僕は、攻守においてどの試合もほぼミスがないと思います。

前選手
鹿島戦は全体の守備の強度、
ボールの奪う勝負どころで勝てました。
3対0で勝ったこともありますが、
理想的な展開に持っていけた試合だったと思います。

中澤さん
あのゲームは鹿島の出足が鈍いところもありましたが、
それ以上にアビスパの“前でボールを取ってやるぞ”という
気持ちがすごく表れていたゲームだったと思います。

PKを外したあとは、やばいなと思ってしまうのです。
(0対0の前半、山岸選手がPKを決められず、
先制のチャンスを逃す)

ディフェンダーとして
特に上位チーム相手にあの場面で外したときに、
巻き返されるのではないかと不安に思うのですけど、
あのとき前選手は焦らなかったですか?

前選手
焦りはなかったですが、
(そのあと)決めてくれるだろう!と。
祐也くん(山岸選手)との信頼関係もあったので。

中澤さん
そのあと、山岸選手は自分らしい泥臭いプレーで、
得点に絡みました(後半、チーム3点目のゴールを決める)。
非常に良かった試合だと思いました。

oka_210930_03.jpg

一方、前選手のポジションは得点を10点、20点取ったり、
スーパーセーブをしたり、派手なポジションではないと思います。
サッカーを初めて見る初心者の方を含めて、
前選手のどこに注目すると楽しめるでしょうか?

前選手
僕のプレーは“ボール奪取”が一番の特徴だと思うので、
相手から予測してボール奪うところを一番見てほしいです。

中澤さん
ボールをさばくところではなく?

選手
ボールさばくことも好きです。

中澤さん
僕は前選手を見ていて、味方の2、3メートル前のスペースに
ボールを出せていると思います。
それは意識していますか?

前選手
意識しています。

中澤さん
僕はそれがすごく好きです。
ボールに意味を込めてパスもできるし、
そこからスピードにものれる。
味方も受けたら“前に行ける、行っていい”と感じます。

前選手
なるべくみんなに上がって、追い越してほしいので、
“上げられる、ここ行けそう”というときには前に出しています。

中澤さん
ちなみにこれまで対戦した選手の中で
一番やりにくかった相手は?

前選手
神戸のイニエスタ選手は
ボールをさらしてくれなかったですし、
奪いどころも見つけさせてくれませんでした。

中澤さん
イニエスタ選手と戦った選手はみんな言いますね。
“ボールが見えない、さらしてくれない”。
前選手がそこに気付くというところも
前選手が進化できるポイントだと思います。

前選手
今シーズンもう一度、
神戸と対戦する(10月16日)のでチャレンジします。

岡野
ここからは前選手の人物像に迫っていきたいと思います。

ピッチ上の前選手は、常に冷静沈着で状況判断に優れていて、
視野が広いという印象があります。
ご家庭ではいかがでしょう?

中澤さん
そう!
前選手のSNSも見ましたけれども、
奥様と2匹のワンちゃん。
犬好きに悪い人はいないと言いますからね。

前選手
そうなんです(笑)。

中澤さん
家でも冷静沈着なのですか?

前選手
家の中でもあまりしゃべらないです。
奥さんがすごく元気で、ずっと話しかけてくれるので。

中澤さん
家庭内での決定権やキャプテンシーは?

前選手
キャプテンシーは奥さんが持っていて、最後の決定権は僕にある。

中澤さん
なるほど!いい関係ですね。
奥さまが引っ張ってくれて、最終的な決定権は前選手にあると。
いいですね、うらやましい。

前選手
中澤さんは?

中澤さん
うちはキャプテンシーも決定権も、僕にはないですね。

前選手
(笑)

oka_210930_04.jpg

岡野
前選手が“一番テンションが上がるのは、
どんなときですか?

前選手
ワンちゃんと遊んでいるときは楽しいです。
サッカーのことを忘れて、そこが癒しの時間です。

★中澤さんに聞きたいこと★

前選手
クラブでも代表でも、
キャプテンマークを巻いていたと思います。
キャプテンとして意識されていたことや
やっていたことがあれば教えてほしいです。

中澤さん
“チームがいい時も、悪い時も
常にポジティブで、いいエネルギーを発していたい”
そういうことを意識していました。

キャプテンがそういう雰囲気を出すと、あっという間にチームに伝わる。
不満があっても言いたいことがあっても、
まずチームが勝つためにはどうしたらいいんだろうと、
言動に気を付けていました。

あとは練習では誰よりも手を抜かない。
疲れていても連戦でも、練習は絶対に120%でやる。
それが、他の選手たちも“キャプテンがやっていたらやらないと”
という風に自然になるのが本当のプロの集団になると思います。

特にマリノスはプロ意識の高い選手が多かったので、
なおさらキャプテンをやる以上、やらないといけなかったです。


★中澤さんからエール★

中澤さん
誰よりも汗をかいて、チームを引っ張るキャプテンがいる
チームは強いと思っています。

笑顔を忘れずに、前選手らしくチームを引っ張ってもらえれば
もっと順位は上がると思います。
これからも応援させてもらいます。

それと、日本代表に入れるポテンシャルを持った選手だと思っています。
頑張っていると思いますが、頑張ってください。

前選手
そこを目指して、頑張ります。

岡野
前選手、中澤さんとの対談はいかがでした?

前選手
すごく楽しかったですしアドバイスももらったので
また頑張れます!

oka_210930_05.jpg

(END)

愛犬の話をしている前選手の表情は
収録中、一番の笑顔でした☆

私も犬を2匹飼っています。
最後は岡野家のツートップで締めたいと思います。

oka_210930_06.jpg

9月、特に頼もしかったフォワード陣。
(9番:フアンマ選手、11番:山岸選手)
残り8試合も期待しています!!

投稿者:岡野唯 | 投稿時間:11時50分 | カテゴリ:キャスター日記 | 固定リンク

頭皮&髪も夏バテ!?秋の紫外線対策


今日のバリサーチ、調査したのは。

b_210924_001.jpg

2000年代に関西を中心に大流行。
その特徴的なフォルムで通行人の視線をくぎ付けにし、
市民権を得た今でも独特な存在感を放つ、巨大なサンバイザーです。

日焼け対策の名プレーヤーとして、
長年、自転車利用者に愛用されています。

ところが、その意外な落とし穴(といいますか、ぼんやり気になっていた)、
「頭部の日焼け」について、追跡調査を行いました。

7月9日に放送した特別編「#てれふく 替え玉・特盛り増刊号」にて投稿をいただいた、
サンバイザー愛用者のエミさん(50代・女性)。

b_210924_002.jpg

真夏に肌を露出しない日焼け対策をされていましたが、
「サンバイザー着用時は、帽子をかぶらない」とのことでした。

サンバイザーを着用すると、頭にとりつけるホルダー部分と
帽子が当たってしまい、2つ同時にかぶることができないそうです。

その後、街中でサンバイザーを着用されている方を見かけましたが、
その多くの方が、頭部はむき出しのままでした。

ということで、9月。福岡市中央区にある発毛治療のクリニックを訪れ、
エミさんの頭皮の調査をお願いしました。

b_210924_003.jpg

b_210924_004.jpg

結果は、頭皮がちらほらと赤くなっていました。
健康な頭皮は青白い色をしています。

「ひどい状態ではないが、紫外線が当たり続けると、
炎症や抜け毛につながるので注意してください」とのことでした。

長年、発毛治療を行うクリニックの浜中聡子先生にお話しを伺いました。

 b_210924_005.jpg
【髪の分け目は要注意!】
分け目をつけた髪型の人は、分部部分の頭皮に集中して紫外線が当たってしまう
→帽子をかぶる、髪型を変えて分け目を変えるなど、紫外線が当たり続けないように対策を。

【頭皮&髪は秋こそ要注意!】
さらに、サンバイザー利用者に限らず、
秋も引き続き紫外線対策に注意を払ってほしい、とのこと。

b_210924_006.jpg

「秋口は一番抜け毛が多くなりやすい時期です。夏バテのときは、食欲低下や睡眠の質が悪くなり、身体的な負担が出てくると、髪も夏バテしてしまい、影響が出てきます」
「髪の毛の原料はたんぱく質。肉、魚、大豆など、できるだけ高たんぱく低脂肪な食事を心がけてほしい」

秋はバランスのよい食事と睡眠をしっかりとって、髪と頭皮の夏バテを解消しましょう!
(「頭隠して尻隠さず」ならぬ「顔隠して頭隠さず」にならないように…)

今回の調査は、エミさんの投稿「サンバイザー仲間を見つけてほしい」から派生して、紫外線対策について取材することにつながりました。改めましてエミさん、ありがとうございました。放送の感想、ご意見、新たなご要望など、引き続き皆さんからのリアクションをお待ちしています。

NHK福岡放送局
ディレクター 丸山光理

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時55分 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク

「バイクの"騒音"」取材後記


9/10放送の『追跡!バリサーチ』はバイクの騒音に苦しむ現場を取材しました。
担当した記者の西潟茜子です。放送後、新たな動きがありました。

b_210924_01.jpg

今回の現場になった糸島市の二丈パーキングが10月1日から夜間閉鎖されることが正式に発表されました。発表の文書には、赤い文字で「一部の利用者による違反行為により近隣住民の皆さまに多大な迷惑をおかけしていることから、やむをえず夜間閉鎖を行うものです」と書かれていました。

b_210924_02.jpg

放送内容には盛り込んでいませんが、実は、このパーキングはもともと長距離トラックの運転手などの休憩用の施設です。だから24時間、利用できるようになっています。
ところが近くの有料バイパスが無料化され、バイパスを利用する人が増えたことから、駐車場の本来の目的が少しずつ変化する中で、放送でもお伝えした自動車やバイクの暴走行為や空ぶかしによる騒音が問題化しました。
発表文にある「やむをえず」という表現には、管理者の国やパーキングを観光資源の一つとしてきた地元糸島市など、「閉鎖」とは違う形で問題の解決を望んできた人たちの悔しい気持ちが込められていると私は思います。

夜間閉鎖によって、あのバイクの集団は、別の「居場所」を求めるのだろうか。

b_210924_03.jpg

彼らに直接、話を聞きに行って一番印象に残ったのが「居場所がない」という言葉でした。
バイクに乗って集まることができる県内の複数のスポットが閉鎖され、さまよう彼らの気持ちもわかるような気がしたからです。それはコロナ禍で、不要不急の外出が制限され、気軽に出かけたり、旅行したりすることができない私も自分の「居場所」を求めるような気持ちになることがあるからだと思います。

それでも、リサーチを進めていくと日常生活の「居場所」で苦しむ人たちの姿が見えてきました。二丈パーキング周辺の地域に住む人たちです。
当時の私の取材メモをご紹介します。

(6月14日の取材メモ)
b_210924_04.jpg

「静かにしていただけませんか?」と注意をした住民の方は「なんや、おまえ!」と怒鳴られ、その後1時間ほど家の窓にライトを照らされ、怖くて外に出ることもできなくなったといいます。その恐怖とストレスから、帯状ほう疹を患い、薬を飲まないと眠れなくなって本当に苦しいと話しました。「夜は安心して眠りたい」そんな声をたくさん聞ききました。
「夜、現場に行ってみてほしい。そうすればあなたも分かる」そんな言葉もたくさんかけられました。

また、地域に長年住んでいる住民の方からは、「以前からバイクがよく通る場所。こんなことで声を上げていたらきりがない。ここに住むのであれば仕方ないと割り切らなければ。これまで我慢してきたのだから」という声もありました。

住民の中には、市役所へ相談したという方もいました。ところが、騒音問題に対応する専門の部署はなく、さまざまな部署を紹介されるうちに、声を上げること自体がためらわれるような気持ちになったと困惑していました。

こうした状況から、実態をインタビューで応えてほしいとお願いしてもなかなか答えてもらえず、放送に向けた取材は難航しました。その中で、ある住民の方が、放送前日に騒音被害の実態について手紙で伝えてくださいました。
放送では一部の紹介にとどまったので、ここで全文を掲載します。


「ご担当者様
はじめまして。
202号線沿いに住む住民のものです。
糸島は海も山も近く、環境的に子育てにとても良いと思っていました。が、現状はとてもひどいもので、夜中はバイクや車によるドリフト行為で、
子供も泣きながら起きてしまい、私も不眠症になってしまいました。
元々パニック障害を患っており、正直この騒音のせいでとてもストレスのかかる生活を送っており、パニック発作も頻繁に出るようになりました。
二丈PAが集いの広場になっていること。
警察の方から、沿線上を行ったり来たりしながら、二丈PAに集まってきていると聞きました。一部のマナーやモラルのない方の行為によって、近隣住民の方の生活に支障をきたしていること。騒音がいかに心理的なストレスに繋がり、身体の不調にまでつながる事。
この現状をこのままで放置せず、管理者にはきちんと対応いただきたい。
実際にものすごいスピードですれ違うバイクや車と衝突をしかけて、
命の危険をも「何度も」感じました。
正直人身事故が起きるのも時間の問題と思っております。
明日自分の大切な人の命が奪われ、あの時二丈PAを閉鎖していれば、、、っていう結末にならないように。
一日も早い閉鎖のご検討をお願いいたします。
そして一日も早く、住民の方たちに平和な日常が戻りますように。
心より願っております。」


放送の最後で触れましたが、騒音は公害の一つです。その中でも「感覚公害」というものに分類されます。簡単に言えば「うるさい、くさい、きたない」など、人の感覚に作用する公害です。総務省によると「感覚公害」は公害被害のおよそ7割を占めています。日常生活に密着した公害とされる一方で、自治体に感覚公害を専門とする職員や部署が少なく、問題が長期化しやすくなる傾向にあるということでした。感覚公害は、個人差があり定量化も難しいため、具体的な解決策を導きにくい実態があることを知りました。

感覚公害。皆さんの身近に潜んでいないでしょうか?社会では、時として声を上げることが、傲慢だとか異常だと思われてしまうことがあるように思いますが、声を上げることで物事は少しだけ良い方向に動くかもしれない。今回の取材で得た私の実感です。


NHK福岡放送局
記者 西潟茜子

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:13時20分 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク

ITで"はいかい"を見守る


9月21日はWHOなどが定めた「世界アルツハイマーデー」。
予測として2025年には高齢者の5人に1人が認知症になると言われているなか、“はいかい”、つまり1人歩きによる事故の防止が喫緊の課題になっています。
福岡県内の施設や企業などは、“はいかい”を見守るためのIT技術を取り入れています。
その進化した現場を取材しました。

web_210921_01.jpg
久留米市のある老人ホームでは、デイサービスを含める50人以上の利用者のなかで、
およそ1割の方が、“はいかい”の可能性を抱える重度の認知症患者です。

限られた介護スタッフで、いつ外出するか分からない入居者を見守ることは、重要な課題でした。

web_210921_02.jpg
そこで・・・
(機械音声)「おじいちゃん どこ行くと」

これは監視カメラではありません。
地元のメーカーが開発した、“はいかい”を見守るための顔認証と通知システムです。

事前登録された方が外出する瞬間の様子を自動で撮影します。

web_210921_03.jpg
そして間もなく、事前に登録されたスタッフ宛てに、メールで動画が届きます。
動画では入居者がどんな服装で出たか、正確に知ることができます。
スタッフはこのシステムを利用して、入居者の予想せぬ外出を迅速に発見することが
できます。

web_210921_04.jpg
共生の里・荒木 山口敏伸施設長
「このシステムを利用することによって安心して その認知症の方が自由に行動ができるというようなこともあります。それによって認知症の症状が落ち着いたり、気持ちが楽になったりされるので」。

web_210921_05.jpg
この日訪れたのはシステムの開発者、弥吉伸二さんです。
開発の背景には、認知症を患った弥吉さんの母の存在がありました。
ひとり歩きをする母がいきいき出来るように見守りたい。
しかし、製品化の直前に他界してしまいました。

(弥吉伸二さん)
「僕は今、認知症の、ここの施設も同じなんですけど、みんな僕の母親に思えるんですよ。だからこの人たちが本当に歩くこと、あるいは健全な生活を送ることによって、
少しでも長生きしてほしい」。

web_210921_06.jpg
一方で、どれだけ見守っても、予期せぬ外出を止めることができなかった場合、
思わぬ事故を招く危険性があります。
行方不明の発見に有効なのが、GPSです。位置情報をリアルタイムで知ることができ、
早期発見につながります。
しかし、こだわりが強い認知症の方は協力してくれません。

web_210921_07.jpg
宗像市のある靴工房です。GPSを必ず持ってもらう加工を行っています。
理学療法士の資格を持つ、靴職人の宮尾勇樹さんは、履き慣れた靴のかかとに
GPSを埋め込むサービスを提供しています。
「一番履いているものにこういった加工するというのが、気づかれにくい点では一番理想です」。

web_210921_08.jpg
サービスを開始して2年、利用者は全国に広がっています。ひとり歩きを見守る家族の負担は大きく軽減されたと好評です。

web_210921_09.jpg
「本当にずっと目が離せない緊張した状態から、少し余裕をもってすることができるようになった」。

(靴職人宮尾勇樹さん)
「何よりやっぱり喜んでいただく声が一番のやりがいです。そんな時こそやっぱりやってよかったなと思います」。

----------------------------------------------------

スタジオ一橋キャスター
みまもる人も心配でみまもっているわけで、「出ないで!おばあちゃん、おじいちゃん」
と怒ってしまう事もなるべくしたくないと思いますし、いざとうときのためにこういうことがあるということで、見守っている家族の方にとっても、見守られる認知症の方にとってもほんとにハッピーにお互いなれる仕組みかなと思いますよね。

ひとりひとり症状が違うこともありますし、結局は人間がこうしてみまもる必要もあるわけですし、ITの技術を導入することでみんながハッピーになれるということですよね。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:12時00分 | カテゴリ:WEBいち! | 固定リンク

半導体の模倣品に注意


 

自動車や家電などさまざまな製品に欠かせない
半導体が世界的に不足しています。

今、大きな問題となっているのが“模倣品”です。

web_210916_01.jpg
 
こちらの画像。
一見すると同じ製品に見えますよね。
しかし、
そもそも正規品は日本では作られておらず、右側のJAPANの表記はあり得ません。

web_210916_02.jpg
 
さらに、こちらはX線でみた内部の構造。
回路が全く異なります。

半導体がなかなか手に入らない中で、
企業が
模倣品をつかまされてしまうリスクが広がっています。

web_210916_03.jpg
 
半導体の調達は主に2つの方法があります。
メーカーから直接仕入れる方法。
あるいは商社などがもつ在庫をネットで買う方法です。

このネットで買うサイトの中には、
模倣品を本物のように販売しているケースもあるというのです。


★真贋判定サービスに依頼殺到
こうしたなかで、
模倣品と本物の真贋判定を手がける会社があります。

web_210916_04.jpg
 
東京のこちらの会社では、
もともと半導体製品の検査や評価・分析などを行っていますが、
模倣品の相談が急増したため、
真贋判定サービスとしてことし6月から依頼を受け付けています。

全国から依頼が相次ぎ、
すでに200件近くにのぼっているということです。

web_210916_05.jpg
 
「模倣品の可能性があるというものを含めると3割の懸念部品がある
 部品が著しく発熱して発煙発火につながるようなトラブルが懸念される」。


★奔走する商社
こうした模倣品のリスクをかいくぐって、
仕入れに奔走する企業を取材しました。

web_210916_06.jpg
 
福岡市南区にある商社。
半導体をメーカーから仕入れて取引先に卸しています。

web_210916_07.jpg
 
こちらの会社が仕入れている半導体は、
集中治療室にある医療機器の電源が落ちないように制御する機器に使われています。
いのちを守る重要な部品です。
この半導体が手に入らないのです。

web_210916_08.jpg

ことし3月、
会社は医療機器の関連会社から半導体の注文を受けました。

用意しなければならない半導体は750個。
伝えられた納入の期限は8月末でした。

さっそく、
この半導体を製造する日本のメーカーに注文しましたが、
12月まで時間がかかると言われました。

web_210916_09.jpg
 
模倣品がないと業界で信頼されてるサイトには、在庫はありません。
リスクがある怪しげなサイトからは注文できないため、
会社単独でなんとか調達先を見つける必要がでました。

web_210916_10.jpg
 
社内にはアルゼンチンやインド、中国など外国人の社員がいます。

さまざまな言語を使って人海戦術で世界中の企業と交渉。

その結果、
フランスの商社が在庫を持っていることが判明。

web_210916_11.jpg
 
なんとか必要な750個の半導体を確保できました。
しかし、
仕入れ価格は通常の5倍を要求されました。

web_210916_12.jpg
 
八洲産業 田島一義 常務取締役
「なんとしても調達してほしいと強い意向があったので
アメリカ、イタリア、ドイツ、フランスなどで探しました。
 日本製の半導体をフランスから仕入れたのは本当に初めて」。


しかし、
紹介した会社でも納入待ちの半導体はまだまだ大量にあります。

何度も同じような仕入れができるわけではないので
安定して供給できる体制作りが急がれます。

web_210916_13.jpg
 
半導体需給が逼迫するなか、 
国内では生産拡大の動きがすでに始まっています。

このうち、
福岡と熊本に生産拠点を持つ三菱電機は、
「今後、九州での生産能力を強化する予定」と
はっきりと答えています。
新製品などの開発の加速も進めるということです。

福岡をはじめ九州はシリコンアイランドと言われるように
半導体関連の企業の拠点が集積している地域です。

脱炭素社会に向けた自動車の電動化など
半導体の需要はさらに増す見込みの中、
新たな工場が九州・福岡に建設されれば、
地域経済の活性化にもつながります。
いまの逆境がそうしたきっかけにもなればと期待しています。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:12時00分 | カテゴリ:WEBいち! | 固定リンク

新車が届かない その理由は?


 

web_210914_01.jpg

緑色の基盤。埋め込まれている黒い小さな部品が半導体です。

家電製品や自動車などの頭脳の役割を担う小さな部品で、
これが無いと、機器は動きません。
いま世界的にこの半導体が不足して、深刻な影響が広がっています。

web_210914_02.jpg

福岡市早良区にある自動車販売会社です。
こちらでは新車の納期が遅れ、注文してもほしい車が手に入らない事態になっています。

仕入れ先のディーラーに納期を問い合わせても、
帰ってくるのは「未定」という答えのみ。
顧客に迷惑をかけてしまう事態に頭を抱えています。

web_210914_03.jpg

★半導体不足はなぜ??

web_210914_04.jpg

どうして新車が入ってこないのか、要因は大きく2つあります。
1つは、「コロナ禍の影響」。
もうひとつは、「中国とアメリカ」です。

まず、コロナ禍の影響ですが、
テレワークの拡大や外出自粛の広がりで
パソコンやゲーム機の需要が急速に拡大しました。
さらに、
巨大市場の中国とアメリカで、コロナ禍で落ち込んだ経済が回復し、
自動車をはじめ半導体を使うさまざまな製品の需要が急速に伸びています。

さらに、
世界大手の日本の半導体メーカーの工場火災も重なりました。

この半導体の世界的な不足で、
大手自動車メーカーのトヨタやホンダなどは
減産や販売計画の見直しに踏み切っているのです。


半導体が不足しているなら
半導体を増産すればよいのではないか。

そう思いますよね。
ただ、簡単ではないんです。

まず、そもそも工場に設備投資を行って
新しい生産ラインを作り、
実際に本格稼働するにはその準備に1年近くかかるものなのです。
つまり、
増産には時間が掛かります。

さらに、いまの半導体不足で、
生産ラインの製造装置に使う半導体さえも、
不足する事態になっています。
増産には通常よりもさらに時間が掛かる状況です。
    

★影響は中古車市場にも波及

web_210914_05.jpg

半導体不足は
中古車市場にも大きな影響を与えています。

新車がなかなか買えない客が中古車の購入に切り替えるケースが増加。

web_210914_06.jpg 

需要が増えたことで、
中古車を仕入れている
オークション市場の相場が高騰する事態に。


仕入れ価格は車種によっては
コロナ前より1割以上上昇しています。

しかし、顧客との関係もあり
すべてを販売価格に転嫁できず、
会社の利益も削っている状況です。

web_210914_07.jpg
 
福岡自動車販売
山口雄二社長
「本当に大変。新車の納車ができれば中古車の在庫不足が解消される。
 元の流れに早く戻って欲しい」。


★解消はいつ?

深刻な自動車業界への影響。
さらに、半導体不足はノートパソコンやタブレット端末、
エアコンなどの家電製品の品薄も引き起こしています。

半導体不足はいつまで続くのか。
今後について、
半導体業界に詳しい専門家に聞きました。

web_210914_08.jpg

 半導体市場の動向に詳しい
イギリスの調査会社「オムディア」
 南川明 シニアディレクター
「もう25年くらいこの業界みていますけど、
 これほど半導体が足りなくなったのは初めて。
 政府が半導体メーカーになるべく車用の半導体を
 作ってほしいと要請したので
 この秋くらいから自動車用の半導体が多く出てくる。
 ことしの年末に向けて
 新車の品薄は解消に向かうと思う。
 ただ、
 生産能力を車に振り向けてしまったので
 エアコンとか産業機器とかは
 足りない状態がまだまだ続いてしまう。
 特に来年の後半くらいになってこないと
 解消しないのではないかと思っている」。


世界的な半導体不足の中、
日本を含めて半導体を自国で数多く生産しようという
国際的な競争も始まっています。
暮らしへの影響が長期化する中、安定供給が急がれます。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:13時25分 | カテゴリ:WEBいち! | 固定リンク

バイクの"騒音" どうしたら・・・


bari_210910_01.jpg

「おまわりさんへ。
ぼくは夜になると困っています。
ブンブンブーンという大きな音。
たすけてください」

交番に届けられた小学生からの手紙が、今回の取材のきっかけです。

bari_210910_02.jpg

いったい何が起こっているのか。
向かったのは、福岡県西部・糸島市二丈の海岸です。
この海岸に隣接しているパーキングエリアが今回の「現場」。

日中は、ドライブの休憩場所や観光スポットとして
家族連れやカップルなど多くの人が訪れますが
夜になると、様子が一変しました。

bari_210910_03.jpg

けたたましい音を立ててパーキングに集まった派手なバイクの数々。
空ぶかしやドリフト走行、時には花火を上げることもあり
明け方まで大きな音が鳴り響きます。

警察で調べてみると今年4月までに、騒音に関する110番の件数は例年の2倍近くに上っているというのです。
警察も取り締まりを行っていますが、悪質行為は繰り返されています。

bari_210910_04.jpg

いったいなぜ、彼らはここに集まるのか。直接、聞くことにしました。
出会ったのは、10代後半から20歳までの若者たちでした。

(記者)
「なぜ、大きな音を出しながら走るの?」
(グループの1人)
「海の近くで比較的住民も少ないし、ここは大丈夫かなと思っていた」と答えました。

(記者)
「困っている人たちがいることをどう思っているの?」
(グループの1人)
「うるさいことは自覚しているけど、今はここしかない。自分たちの居場所でもある」

bari_210910_05.jpg

調べると、近年、県内各地のパーキングが次々に夜間規制されていました。
彼らが「居場所」を求めて行き着いた先が、ここ二丈パーキングだと言うのです。

私は、住民の人たちの声も聞きたいと、インタビューをお願いしましたが
取材は行き詰まりました。
「報復が恐ろしく、声を上げられない」と答えた人や、実際に嫌がらせを受けたという人もいました。
その中で、どうしても知ってほしいことがあると、後日メールをくださった方がいました。

bari_210910_06.jpg

「糸島は海も山も近く、環境的に子育てにとても良いと思っていましたが、子どもも泣きながら起きてしまい、私も不眠症になってしまいました。ものすごいスピードですれ違うバイクや車と衝突をしかけて、命の危険をも、何度も感じました」

この二丈パーキングの周りでは、山に音が反響し、かなり遠くまで騒音が響きます。
取材で会った人のなかには、パニック障害の発作やストレスから帯状ほう疹になったという方もいらっしゃいました。実際の心理的、身体的な被害は私の想像を超えるものでした。


警察はしっかり取り締まりをしているのか?という声もありますが、取り締まりを強化しているものの、いたちごっこになっているのが現状です。
それに、『騒音』自体を取り締まることの難しさもあります。
警察によると、急発進や空ぶかしについては、現行犯での検挙が前提となっていたり、エンジン音の測定を行っても、基準内ギリギリで検挙に至らなかったりするケースも多いということです。

こうした事態を受けて、住民たちが動き出しました。
去年11月、地域の住民は、夜間の閉鎖を求める要望書を国道事務所や警察そして糸島市に提出しました。
でも、夜間の閉鎖は観光への影響も少なくない、夜も駐車場を利用したい人たちのためにはできれば避けたいなど、さまざまな意見が交わされました。
その結果、ことし7月、二丈パーキングを管理する国道事務所は、「住民の声を大切にしたい」として、駐車場の閉鎖に踏み切る方針を住民側に伝えました。
現在、具体的な開始時期について、調整が続いています。

bari_210910_07.jpg

こうした動きに地域の代表者はこう話していました。
「もっと時間がかかると思ったが、早く前向き対応していただいて本当に助かっています。少しでも眠れるように、安心して生活できるようになれば助かります」。 


今回取材をすすめる中で、大きな問題に行き着きました。
それはこうした騒音被害は「感覚公害」というものにあたるということです。
大気や水質の汚染など目に見えるものだけでなく、うるさい、臭い、きたないといった
ひとに不快感を与えるものは、「感覚公害」というものに分類されます。
総務省によると、全体の7割を占めるとされ、
知らない間に健康被害を引き起こす可能性があるといいます。

bari_210910_08.jpg

福岡の暮らしの中で、こうした「感覚公害」がまだ潜んでいるのではないかと思います。
皆さんからもこんなことに困っている、または解決策がある!といった声をお待ちしています。
その声に「追跡バリサーチ」でこたえていきたいと思っています。

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時45分 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク

焼き物の町の新名物!~長崎 波佐見町~


長崎県波佐見町は400年以上の歴史がある陶磁器の町です。
波佐見焼は時代に応じたデザインを作り出し、幅広い世代から人気を集めています。

そんな焼き物の町から今年4月に誕生したのが、波佐見焼の陶箱に入った米粉クッキー。
カラフルでかわいい形が特徴です。

クッキーの材料はできる限り地元産にこだわっています。
波佐見茶や波佐見産のきなこ、季節のくだものや野菜などを使っています。
さらに、クッキーのメインの材料は米粉。
「ミズホチカラ」というパンやお菓子作りに適した米を粉にして使っています。

米づくりをしている小林善輝さんは、普段は波佐見焼の販売や卸の仕事をしているのですが、兼業でお米を作っています。
米の栽培に使っているのが、波佐見焼を作るときに欠かせない石こう型。使わなくなった石こう型をリサイクルし、土壌改良剤にして、田んぼにまいているのです。
まだまだ始まったばかりの取り組みですが、波佐見町の食や特産品がうまく循環して、よりいい特産品を生み出したいと町を挙げた取り組みが進んでいます。

波佐見町の新名物、陶箱クッキーは、毎週土曜日に数量限定で販売されています。
季節ごとに、器の色やクッキーの味も変わるので、季節ごとに楽しめます!

s_210908_01.jpg
波佐見 陶箱クッキー

s_210908_02.jpg
材料の波佐見産米粉

【問い合わせ先】
■出演者
クッキー製造 鬼木加工センターのみなさん
米粉製造 小林善輝さん

■「波佐見 陶箱クッキー」の販売
毎週土曜日9時から販売
波佐見町観光協会
住所:〒859-3711 長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2
電話:0956-85-2290

インターネットでの販売も行っています。
HASAMI COOKIES STORE


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
久しぶりの食いち!今回は、長崎県波佐見町の「米粉クッキー」でした!

上品でかわいい陶箱の中に、色とりどりでいろんな種類が楽しめる米粉クッキー。
クッキーが大好きな私は、終始うきうきワクワクしていました!!!!

クッキーを作っている地元の女性たちに会いに行ったのですが・・・
訪ねる時、加工センターの前にあったかかしが人間に見えてしまい、話しかけそうになりました(笑)

s_210908_03.jpg
加工センターにいるかかし達

s_210908_04.jpg
真ん中に座っているのが中田です
わかりますか?

私の中ではそんなプチハプニングもありましたが、クッキーを作っているみなさんに無事お会いすることができました!
みなさんとても仲がよくて、優しい方々でした。会話を聞いているだけで笑顔になってしまいました。

今回は、代表の楠本俊子さんに、波佐見での米粉クッキー作りについて教えていただきました。
驚いたのは、みなさんケーキ屋さんなどではなく、普段は主にみそを作っているということです。
「すごく大変ですよね。」と聞くと、はじめはきれいに型を抜くのが大変だったそうです。
いろんな種類のクッキーを作るには、ひとつひとつ材料や作り方、焼く時間なども変わります。
そんなに手間と時間をかけて大変なのに、「なぜそれでも作ろうと思うのですか。」と最後にみなさんに聞くと波佐見愛だという答えが返ってきました。
周りのみなさんも、「うんうん」と、笑いながらうなずいていて、そんなみなさんが作る米粉クッキーは温かい味がするのだろうなと思いました^^

こちらで作っている米粉クッキーは、材料にいろんな波佐見産のものが使われていますが、その中でも、絶対に外せない材料が米粉です。
その米粉を作っている小林善輝さんは、このプロジェクトがはじまってから、ミズホチカラという品種を育て始めたそうです。

米粉にする工程を見せていただくと、細かく行程ごとに時間を計っていました。
なんのためにそんなに時間を計っているのだろうと思い、聞いてみると、そのひとつひとつの工程によって、米粉の水分量が変わるそうなのです。
米粉の水分量の調整がクッキー作りには大切なんだそうです。

水分量が変わると、クッキーを作っている楠本さんたちに、「きょうのはちょっと作りにくかった」など、分かってしまうそうなのです。
そこで、最適な水分量を一緒に研究して、できるだけその水分量に近づくように米粉づくりをしています。

小林さんは、「波佐見には、みんなで助け合うという文化が昔からあった。」とおっしゃっていました。楠本さんたちが頑張っているのを見て、自分も何かできたらと、毎回朝早く起きて、できたての米粉を作るそうです。

波佐見の方々の温かさに、私の心も温かくなりました。

s_210908_05.jpg
鬼木加工センターのみなさん    

s_210908_06.jpg
米粉づくりをする小林さん

さて、そんな米粉クッキー、ほんっとうにおいしかったです!!!!!!
しかも食感や味が違ういろんなクッキーが楽しめるだけでなく、その味や形、陶箱から波佐見らしさを存分に感じられます。
箱を開ける時は、宝箱を開けるような気分でした。

クッキーは、食感がさくさくふわふわしていて、米粉だと言われなければわからないくらいでした。
ですが、米粉を使っているからか、後味にとってもすっきりした甘さが残ります。
おいしいのに胃に重く感じず、いくらでもパクパク食べてしまいそうで、自分の手を止めるのに苦労しました・・・(笑)

コロナ禍でなかなか旅行に行けない日々が続きますが、そんな今だからこそ、この波佐見らしさが詰まった米粉クッキーで、波佐見の良さを楽しみたいですね。
ぜひ一度召し上がってみてください^^

s_210908_07.jpg
夏限定の夏みかんクッキー

s_210908_08.jpg
ピスタチオとフランボワーズのクッキー

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ページの一番上へ▲