2021年6月16日

お取り寄せで九州沖縄応援!~熊本・宮崎~


緊急事態宣言の延長で外食も制限され、消費者も生産者もガマンの日々が続く。そこで、おうちから九州沖縄の食を応援すべく、各地のソウルフードをお取り寄せ!今回は夏を目前に、夏バテを防ぐかきこみ飯2品を、地元の方にリモートで簡単アレンジレシピを教わりながら食す。

1品目は熊本が誇る和牛、あか牛を使った「あか牛丼」。あか牛は、これまで贈答品として熊本県内で消費されていたが、コロナを機に、多くの生産者が巣ごもり消費に注目。精力的にネット販売を展開している。そのあか牛をミディアムレアで白米に贅沢に敷き詰めるあか牛丼。あか牛を愛しすぎて大阪から移住した方にアレンジレシピを教わる。意外な「あのタレ」をかけると絶品に変身!

2品目は、宮崎のソウルフード「冷や汁」。魚のすり身や味噌を合わせた汁を麦飯にかけて食べる郷土料理。かつて農家の人たちが夏の重労働の際に、栄養補給や体力回復のために、簡単にかきこめるように作った、いわばお手軽最強飯!宮崎県庁職員の“冷や汁エバンジェリスト(伝道師)”が教える「紅白冷や汁」をいただく。紅白とは!?

■今回お取り寄せした「あか牛」と「冷や汁」
s_210616_01.jpg

■番組内で紹介したお取り寄せグルメ【あか牛】
s_210616_02.jpg
『あか牛丼セット』
内容
・あか牛(200グラム)
・肉ダレ
・ご飯ダレ

あか牛のお取り寄せは、「あか牛の三協グループ」のHPより可能です。
お取り寄せ先 あか牛の三協グループ本部
熊本県熊本市西区田崎町430-11
(電話:096-352-7555)

■番組内で紹介したアレンジレシピについて【あか牛丼】
s_210616_03.jpg
<材料(2人前)>
・あか牛…200g
・塩、こしょう…少々
・酒…50ml
・温泉卵…2コ
・水菜…1束
・大葉、わさび…適量

<レシピ>
①お肉の表面に塩・こしょうで下味をつける
②フライパンに火をつけ、油を入れ強火で片面約40秒ずつ焼き色をつける
③お肉の両面に焼き色がついたら、中火で料理酒を入れ、肉ダレをかけ、1分30秒ほど
お肉を2、3回ひっくり返す
④アルミホイルに包んで、2~3分待つ
⑤厚くなりすぎないようにお肉をカットする
⑥丼ぶりにご飯を準備し、ご飯ダレをかけ、3センチほどに切った水菜を敷き、
カットしたお肉を並べ、中央に温泉卵を割り、大葉とわさびを添える 
⑦最後に「うなぎのタレ」を回しかければ完成!

■番組内でアレンジレシピを教えてくれた方について【あか牛】
s_210616_04.jpg
あか牛の三協グループ
統括執行役員 岩本尚弘さん

▽番組に出演者してくれた方々の個人情報については、お伝えすることができません。

■番組内で紹介したお取り寄せグルメ【冷や汁】
s_210616_05.jpg
『ひや汁の素セット』    
内容
・冷や汁のもと3個

冷や汁のお取り寄せは、「向栄食品工業」のHPより可能です。
お取り寄せ先 有限会社向栄食品工業
宮崎県東諸県郡国富町竹田991
(電話:0985-75-5121)

■番組内で紹介したアレンジレシピについて【冷や汁】
s_210616_06.jpg
<材料(3人前)>
・冷や汁のもと…1袋
・きゅうり…1本
・大葉…8枚
・みょうが…2コ
・木綿豆腐…1丁
・トマトジュース…540ml
・豆乳…540ml

<レシピ>
①お皿などの上にキッチンペーパーでくるんだ木綿豆腐を置き、
その上に重しを置いて水切りしておく
②きゅうりは輪切りに、大葉とみょうがを千切りにする
④冷や汁のもとを豆乳で溶く(赤の場合は無塩のトマトジュース)
⑤水切りした木綿豆腐を指でほぐしながら入れる
⑥きゅうり・大葉・みょうがを入れて混ぜる
⑦少し大きめの茶碗にごはん(麦入り)をよそい、汁を上からかける
※冷や汁のもとを溶く場合は、泡立て器があった方がやりやすいです。

■番組内でアレンジレシピを教えてくれた方について【冷や汁】
s_210616_07.jpg
宮崎県物産貿易振興センター
東京事務所 所長 日高大介さん  

▽番組に出演者してくれた方々の個人情報については、お伝えすることができません。


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、「お取り寄せグルメ」でした!!


食いち史上初の試みということで、撮影の日は少し緊張しました(笑)
ですが、あか牛丼と冷や汁がおいしくて気づいたらそのおいしさに打ち震えていました。(笑)

s_210616_08.jpgのサムネイル画像

s_210616_09.jpgのサムネイル画像

まずは、あか牛丼ですが・・・ 
もう、作る前から、早く食べたくてしかたがありませんでした。(笑)
 
アレンジレシピを教えてくださったのは、岩本尚弘さん。
岩本さんはとても明るくておもしろい方で、私は岩本さんの世界に引き込まれて大阪弁が出ないよう必死でした(笑)

そして!肝心の料理についてですが・・・
かむたびにお肉のうまみがあふれ出てきて、完全にほおが落ちました。
かみ応えがありますが、同時に、柔らかいのです。
そしてまた、あのうなぎのタレが最高に合うんです!
あの甘いタレと最高のお肉、合わないわけがありませんよね!!
今思い出してもよだれがたれそうな勢いです。
また食べたいです^^


そして、2品目!! 冷や汁です!
さらさら食べられて、やっぱり夏にはぴったりですね!!
冷や汁エバンジェリストの日高大介さんにアレンジレシピを教えていただきました。
冷や汁への愛が特大で、カレーのような国民食にするんだ!と意気込んでおられました。
そんな日高さんが教えてくださったアレンジは、“紅白冷や汁”!

最初は全く想像がついていなかったのですが、実際作ってみると本当に紅白冷や汁になりました。(笑)
そして、作りながら私は、“本当においしいのだろうか?”と疑ってしまいましたが・・・
すみません。侮っていたようです。
豆乳が入った白冷や汁は、まろやかでよくおみそとも合い、とても食べやすかったです!
また、トマトジュースが入った赤冷や汁は、さっぱりとしたトマトの酸味とおみその優しい甘さがマッチしていて、こちらもおいしかったです!
どちらも夏の食欲のないときでもさらさら食べられそうでした!


さて、コロナ禍で増えたお取り寄せグルメですが・・・
まさかこんなにおいしく食べられるとは!!!と、新たな気づきでした。
もっといろんなお取り寄せをしてみたくなりました!!

今はあまり旅行や外食をできない時期ですが、
皆様も、おうちでお取り寄せグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ページの一番上へ▲