2021年6月 3日

中澤佑二さんが長谷部監督に聞く!


キャスターの岡野です。

梅雨の晴れ間にのぞく青空のように
まぶしかったアビスパの快進撃。
みなさん、目撃しましたか?

5月31日のスポロクでは、
(前回よりちょっと尺長めの)
マンスリーアビスパをお送りしました。

月に一度のこのコーナーを
“J1リーグ 5位”という
すばらしい成績で迎えられたこと、
アビスパさんには
感謝の気持ちでいっぱいです。

後押しするサポーターの想いも
力に変わったことでしょう。


さて、コーナーでは初の試み、
5月のリーグ戦(6試合)を
90秒で振り返りましたが…

「いいシーンありすぎ」
「◯◯選手の守備は入らないんですか!」
「いっそのこと120秒に増やしません?」

編集マンと悩みました。
幸せな悩みですよね。


そして今回も、
元日本代表・中澤佑二さんが登場。
好調の要因などを
長谷部茂利監督に切り込みました。
 
oka_20210602_01.jpg

写真のように、
しばしば笑いも起こったわけですが…

番組ではお伝えしきれなかった
未公開トークや
印象に残ったあのお言葉、
放送エリア外の皆さまとも共有したく、
特別に許可をいただいたうえで、
対談内容を掲載させていただきます。
(※全文ではございません※)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の収録も和やかな雰囲気でスタート

中澤さん
長谷部監督、ご無沙汰しております。
今シーズンからNHK福岡の
アビスパ担当になりました
中澤佑二です。

長谷部監督
ありがとうございます。
頼もしいです。

中澤さん
長谷部監督のことは
桐蔭学園高校時代からずっと見ていまして、
全国高校選手権の前橋商業との
PK戦にもつれ込んだ試合は
いまでも覚えているんですけど…

長谷部監督は覚えていますか?

長谷部監督
覚えているけど
あまりいい思い出ではないかな~。

中澤さん
でも、あの試合で長谷部監督、
すごいフリーキック決めたじゃないですか?

長谷部監督
風に乗って入ったけど、
試合には負けたからね。

中澤さん
あのフリーキックがすごくかっこよくて。
風を使って、ものすごく曲がって、
綺麗に入った記憶があるんですよ。

長谷部監督
風と会話ができていたからね。

中澤さん
あの頃からファンである長谷部監督と
こうしてお話ができるということで、
緊張しておりますが
よろしくお願いいたします。

長谷部監督
こちらこそ
よろしくお願いいたします。

中澤さん
長谷部監督は選手時代から僕に
お話をしてくださる場面が多くて、
長谷部監督が選手を引退されてからも
僕を見かけると話しかけてくださって、
“すごく優しいイメージ”があります。

長谷部監督
いやいや、一生懸命やっていて
すばらしい選手だったからね。

選手時代に所属していたチーム
(現:東京ヴェルディ)にいたし、
あなたのことを後輩だと思っています。

日本を代表する選手の先輩っていうのは
うれしいことだから、
声かけてつながりを持っておこうかなぁと思って。


…思い出話に花が咲いたところで、本題へ。


中澤さん
アビスパは守備が堅い印象がありますが、
長谷部監督の“守備の哲学”っていうのは
現役の頃から持たれていたんですか?
それとも、指導者を務めながら経験を積んで
いまの守備の形になったのでしょうか?

長谷部監督
自分が現役のときはボールを取れなかった。
守備がきちっとできていなかったと思います。

だから、選手のときに培った考えと
いろんな指導者に出会って、
自分が一番いいものを。

アビスパにこれが一番マッチするのでは?と
その戦術を使っているつもりです。

選手やクラブが違えば
また、いい形に変えて、
守備のコンセプトを変えたり
違った角度からプレーしてもらうってしないと
同じことをずっとやっているのも
多分良くないと思います。

中澤さん
アビスパにはいい選手がたくさんいますが、
試合でメンバー選ぶ際の一番のポイントは?

長谷部監督
一番は試合に勝つ、
勝ち点を積み上げられることからの逆算です。

チームがやりたいことをやれるか?
やろうとしているか?
そういうことも大事ですし、
そこで影響力のある選手、
チームに有益かどうかが大事。

それが公式戦では
ピッチには11人、交代5人。
順位付けじゃないですけど、
逆算から考えています。

中澤さん
僕が監督だったら、選べないですよ。
みんな使ってあげたいくらい
いい選手がいるので、
決断力はすごいと思います。


一方、長谷部監督の“人物像”にも迫りました。


岡野(NHK福岡)
中澤さん、冒頭でも先月の収録でも、
長谷部監督は優しいイメージがあると 
おっしゃっていましたよね?

中澤さん
長谷部監督をテレビで見ていたので
お話しするのがおこがましいみたいな。

なんですけど、
長谷部さんの方から話をしていただいたので、
僕はそのときからずっとハートを
がっちり掴まれています。

岡野
そうおっしゃっていますが、
長谷部監督、いかがですか?

長谷部監督
いや、
何を言っているんだろうねって思いますね(笑)
やっぱりね、
日本サッカー界であなたが与えた影響は大きいと思う。
いま私のことを言われても…

中澤さん
桐蔭の青のユニフォームを着て、
旋風を巻き起こしたじゃないですか、
全国大会で!

長谷部監督
なん十年前の話だからね…

中澤さん
李監督にも僕、
いろいろと教わりましたからね。
長谷部監督も李監督から
“アウトサイドキック”を教わりましたか?

長谷部監督
高校3年間、毎日みっちり。

中澤さん
僕もプロになって初めて
アウトサイドキックというものを教わりまして、
厳しく教えられた記憶がありますね。

長谷部監督
いい選手になるには
そういう指導者の出会いも大事だと思う。
良かったね。

中澤さん
ちなみに長谷部監督は
選手に怒ったりしませんか?

長谷部監督
怒ることはほとんどない、
叱ることはたくさんあるけど。

中澤さん
ちなみに叱り方はありますか?

長谷部監督
叱り方はないけれど、
感情的に叱ることももちろん大事だし、
説明がある叱り方も大事だし、場合に応じて。

自分の中ではなるべく平等に、
こっちには叱るのに
こっちには叱らないというのがないように
心がけています。


僭越ながら、わたくしからも質問を。


岡野
サポーターの方からは、
“長谷部監督が理想の上司”という
声も上がっていますが、
こういう上司でいたいという
イメージはありますか?

長谷部監督
いま自分が立たされている立場でいうと、
いいグループ、いい会社のリーダーでありたい。
つまりは勝ち続けている、成績が出ている、
そういうチームのリーダーでありたい。

グループがいい潤滑、いい雰囲気で仕事ができる
そういうリーダー・上司でありたいなと思っています。


岡野
開幕前に監督は、
“今季の目標は10位以上”とおっしゃっていましたが、
もっと上げてもいいのではないでしょうか?

長谷部監督
10位以上だから
極端にいうと、1位までありますので。
10位とは言っていないんですよ。

純粋にうれしいですけど、
充実していますけど、
いまの順位を見て設定をもっと上げたりとか
そんなふうには全然。

こういう性格ですね、
さっきの人物像でいうと、
“うかれない”タイプです。

だから、そのまま10位以上でいきます。


私はうかれていたのかもしれない。
背筋がピンと伸びました。


岡野
ちなみに中澤さんは
先日のサンデースポーツ(全国放送)で、
“アビスパは5位以上いけるのではないか”
断言されていましたよね!

中澤さん
あ、もう、
よくご覧になっていますね~。
  
長谷部監督
どうしてそう思ったのですか?

中澤さん
僕が現役を引退する2、3年前まで
マリノスは守備のチームだったんですよ、
いまと真逆で。

だから、
守備の人間としては
守備を得意としているチームが
J1の上位に来ていることが
すごくうれしいんですよ。

どうしてもメディアが取り上げるのって
オフェンシブなチームだと思うんですけど、
実際には点を取られないことが
サッカーですごく大事なことだと思いますし、
そういったチームがJ1で上位争いをしてくれるのは
個人的にすごくテンションが上がるので
サンデースポーツさんで言っちゃった…

長谷部監督
ありがとうございます、宣伝してもらって。
“5番以上になるのは何パーセントですか?”

中澤さん
いまのサッカーを続けていくと、
僕は7割の確率で5位キープできると思います。

僕、アビスパさんの試合を見ていてですね…

長谷部監督
すごい確率ですね。

中澤さん
いやっ、
毎試合見るたびにいろんな新しい発見が、
いい選手がどんどん出てくるなって、
引き出しが凄く多いと思うんです。

長谷部監督のもとチームが
一致団結していると思うので、
大崩れしないアビスパだと思うので
いけると思います。

なので、
横浜から毎試合応援しております。

岡野
インタビューは以上となります。
長谷部監督、中澤さん、
ありがとうございました。

長谷部監督中澤さん
ありがとうございました。

中澤さん
長谷部監督、
いつか僕とボールを蹴ってほしいです。

コーチングスタッフと一緒に
ミニゲームにまぜていただきたいです。

長谷部監督
それは…
“アビスパの選手に一言いう”っていう
約束だったらいいけどね。

中澤さん
なんでも言います。
カウエ選手と一緒にしゃべります。

長谷部監督
どっちか分かんなくなっちゃうじゃん(笑)

中澤さん
はっはっはっはっは!
 
oka_20210602_02.jpg

…ということで、
中澤さんに
長谷部監督の“素顔”
引き出していただきました。

収録を見返しながら
いま文字を起こしたわけですが、
試合ではなかなか見られない
監督の素敵な笑顔に魅了されて、
何度、手が止まったことでしょう。

長谷部監督、中澤さん
貴重なお時間をいただき
ありがとうございました。


次回のマンスリーアビスパは
6月28日(月)を予定しております。


≪追伸≫
6連勝というクラブ記録とともに、
記憶にも残った2021年5月。

私はその記念として
ここにも残したのは、
ここだけの話です・・・
 
oka_20210602_03.jpg

免許更新からのカツカレーも
おいしかった~~~!

oka_20210602_04.jpg

投稿者:岡野唯 | 投稿時間:16時40分 | カテゴリ:キャスター日記 | 固定リンク

ページの一番上へ▲