2021年5月14日

I♥FUKUOKA~なぜ私たちはこんなにも福岡を好きになってしまうのだろうか~


b_210514_21.png

▼福岡県民の地元愛は全国3位!!!
「2020年都道府県『愛着度』ランキング」

2020年6月に実施された調査、
「第2回都道府県SDGs調査2020」では(株式会社ブランド総合研究所)
全国の都道府県から約340人ずつの回答を得た結果、
「都道府県『愛着度』ランキング」で福岡県が3位になりました!
(ちなみに・・・1位は北海道、2位は沖縄県だそうです)

とても喜ばしいことです!

でも・・・驚きはありません!

福岡市西区出身の私にとって
「福岡はいいところで、みんなが好きなのは当たり前」ですし、
同じように感じている福岡県民の方も多いのではないでしょうか。


しかし、
なんと県外から転勤してきた同僚たちは・・・・

<同僚>
「福岡がいいところだというのはわかるよ。
だけど、もっと調べたら、
実は嫌いな人も結構いるんじゃないの?」

と言うのです。

<私>
「なんばいいようとですか!!福岡愛を疑うげな!!」

そんなやりとりが、今回の取材のはじまり。
「福岡県民の福岡愛」をバリサーチです!

b_210514_22.png
↑福岡市西区出身の長山剛カメラマン(筆者)

 

▼そもそも「愛着度ランキング3位」は本当か?

<私>
「福岡愛を疑う同僚をぎゃふんと言わせたい。」

そんな思いから、
まず私たちは番組ホームページと
福岡、北九州、久留米の街頭でアンケート調査を実施し、
県内181人の皆様にご協力いただきました!

アンケートの結果はこちら。

b_210514_23.png

福岡県のことが好き99.4%
福岡県のことが嫌い0.6%(1人)

 


▼「福岡愛」はすごかった。疑ってごめんなさい。

なんとアンケート回答者の99.4%が
「福岡が好き」という驚異的な数字をたたき出したのです。

b_210514_24.png
↑アンケート結果に衝撃を受けました・・・。

<同僚>
「疑ってごめんなさい。
まさか、こんな圧倒的な地元愛を見せつけられるとは・・・。」

(唯一「嫌い」だとお答えいただいた方の理由は
「なんとなく」というお答えでした。)

予想どおりの結果に気分をよくした私、
さらに「福岡愛」の調査を続けました。

 

▼なぜ福岡県民は「福岡」が好きなのか!!?

アンケートでは好きな理由も聞きました!

b_210514_25.png
↑ 「福岡県が好きな理由」ランキング

 

▼1位は「食べものがおいしい」

そりゃそうですよね!福岡といえば食ですよね!

b_210514_26.jpg
↑特にサバが好きとお答えいただきました。

県内はもちろん九州中から集まってくる
「新鮮な魚介類や野菜」などの食材、
「ラーメン」や「うどん」「焼き鳥」などの
食文化が好きという意見が多数ありました。

安い値段でおいしいものが食べられる、
最高ですよね!
私も高校生のときは学校帰りに
300円くらいでラーメンをよく食べていました。

総務省の小売物価統計調査(2019)では、
福岡県は食品の物価が全国で2番目に安いそうですよ。

・・・そんなに恵まれた環境だったとは、知りませんでした。

b_210514_27.jpg
↑福岡を愛しているというすてきなカップルにもご協力いただきました。

 

▼2位は都会と田舎のバランスがいい

b_210514_28.jpg
↑子育てがしやすいと教えてくださいました。

「空港もJRの駅も近いし、海や山も近くにある。」
「適度に都会で利便性が高いから」というご意見をいただきました。
便利でありながら自然も楽しめるって・・・これまた最高です。

b_210514_29.jpg
↑妻と出会った場所だから福岡は好きという男性も!

福岡県は、都会と田舎がちょうどいい具合で住みやすい。

わかります!

①仕事でストレスたまる。
②休日に自然の中で癒やされる。

私にとっても
気軽にこのルーティンをこなせる利便性がとても大事です。

都会と田舎のバランスの良さの回答の多さは、
県内ほぼ全域で共通していました。

これについて、地域活性化の専門家
福岡地域戦略推進協議会(FDC)事務局長の
石丸修平さんにお話を聞きました。

 

▼絶妙な都会の配置の福岡県!!

b_210514_30.png
↑ 福岡地域戦略推進協議会の事務局長 石丸修平さん

石丸さんによると、
「都会と田舎がちょうどいい」というのは
福岡県内の主要な都市の位置関係がポイントになっていると言います。

<石丸さん>
「福岡はもちろん福岡市というのはありますけれども
北九州は当然北九州市を中心にという事になりますし、
筑後であれば久留米、筑豊は飯塚とか、
機能がちゃんと担保されている街というものが、
それぞれの地域にあります。」

b_210514_31.png
↑バランスよく配置されている都市

たしかに。

福岡県の人口分布図を見ると、
人口の多い都市が、バランス良く位置しています。
この都市同士をつなぐ交通網が発達しているのも、
福岡の特徴だそうです。

その特徴が
「都会と田舎がちょうどいい」という
県民の満足につながっていたのですね。

さらに調べていくと
福岡の地元愛についてのデータを分析している人が見つかり、
すぐに連絡をとってみました。

 

▼えっ!?地元愛と「人情味」が大きく関わっている??


b_210514_32.png
↑住民意識調査を研究する山下永子さん

<山下さん>
「福岡市民の地元愛は『人の親切や人情味』の
満足度に大きく関わっているということがわかってきました。」

そう話すのは、九州産業大学の教授、山下永子さんです。

山下さんが長年研究してきたのは「住民意識調査」。
自治体が市民の声を集めるために定期的に行うアンケート調査です。

なんと福岡市の住民意識調査を分析したところ、
「食べ物がおいしい」ことも、「交通の便がいい」ことも大切だけど、
「人の親切さや人情味」が一番福岡愛に関わっているというのです。

 

b_210514_33.png
このグラフは
山下さんが「福岡市の住民意識調査」の
データを分析したグラフです。

縦軸が「満足度の高さ」、
横軸が「福岡市が好きとの相関関係」を表しています。

これを見ると
「食べ物がおいしい」や「交通の便がいい」が
縦軸で高い数値になっていますが、
横軸で一番高い数値になっているのが「人の親切や人情味」なのです。

b_210514_34.jpg
↑山下さんのお話に驚く取材クルー

<山下さん>
「町というのは、人そのものなのだなと言うところは
強く感じましたし、発見でした。
福岡はインフラが充実しているから、
ちょっとインフラがよくなることが『好き』にすぐつながらない。
それよりも人とのつながりが『好き』につながっている
という結果は納得がいくし、発見でした。」

と話していました。

 

▼ほどよく都会なのに、人が優しい町
だから好き!!!

同僚の「福岡愛」への疑いから始まったバリサーチ。
福岡県出身の
私も想像できなかった結論にたどり着きました。

b_210514_35.png
↑天神のど真ん中で撮影

福岡が「ほどよく都会」だということも
「人が優しい」ことは、なんとなく知っていました。

でも、
『「ほどよく都会」だからこそ「人が優しい」ことを大切に思う。』
ということは知りませんでした。

あらためて、すばらしい町ですね、福岡。
みなさん、そう思いませんか?

私は今回の取材で
より福岡への愛を強くしました!!

 

▼調査は継続>>
今度は「残念なところ、悪いところ」
に関わるご意見をお寄せください!

アンケートへのご回答やご意見など
今回バリサーチにご協力いただいたみなさま、
本当にありがとうございました。

これからも
「福岡の地元愛」についてバリサーチを続けます。

福岡のいいところはもちろんですが、
今度はより福岡をよくするために、
「嫌い!」「ここをよくしてくれたらもっと好きになる」など
ご意見を募集します!どしどしお寄せください!!

追跡!バリサーチ
bnr_baresearch.png
https://www.nhk.or.jp/fukuoka/baresearch/index.html

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時20分 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク

"鈍土羅の由来"に反響続々!


4月30日(金)の放送後、たくさんのリアクションが寄せられました。いくつかご紹介させて頂きます。

b_210514_12.jpg

▼ジャック サカイさん
八女市のどんどらの由来ですが、イタリア語のDondorareから来たものだと思われます。この動詞は変化しまして、3人称単数現在、もしくは命令形になりますと、Dondoraとなります。なおこの語の意味は、子供をあやすということです。
マルコポーロがベネツィアよりシルクロードを通ってこの言葉がアジアにやってきたのではないでしょうか?かなりのロマンがありますが、いかがでしょう。

▼お便りから
『追跡!バリサーチ』をうれしく見ています。鈍土羅の地名について私見を呈します。
何らかのヒントになればうれしく思います。語源は、段(だん)・緩(だら)。原義は、段状の緩傾斜地。語音に近い漢字を当てたため、漢字の訓読みに準じて転化した呼称と思われる。緩傾斜地はタラ(ダラダラ・タラタラ・ダラケルほか)と呼ぶが、当てに漢字“音”に準じてテラと転じた地名が多い。福岡市東区箱崎小寺(こでら・砂堆地)など。


ご意見、ありがとうございました!

また、担当ディレクターが再び現地を訪れると、
地域の人たちが連携し、鈍土羅の語源をもう一度探ろうという動きが始まっていました。

b_210514_13.jpg
鈍土羅熊野神社 宮総代 澤田成行さん

放送を見た地元の高齢の方が、「昔、土を固めて鋳型を作る職人や作業場がいくつもあった」、というお話をしに訪ねて来てくれたそうです。そういった地域の歴史や語り継がれているエピソードをとりまとめて、書き残していきたいということでした。
まだまだ“鈍土羅”のナゾ究明は、盛り上がりをみせていますね!
b_210514_14.jpg
引き続き、鈍土羅の情報ならびに調べてほしい地名がありましたら、ぜひ番組にお寄せ下さい。

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:13時03分 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク

ページの一番上へ▲