2020年11月11日

オンラインで"誰もが自分らしく"~コロナ禍の九州レインボープライド~


去年まで福岡市の冷泉公園で開かれていた「九州レインボープライド」。
性的マイノリティーの当事者などが多様性を象徴するレインボーの旗を持って、
中心部をおよそ3キロパレードし、理解を求めてきました。
しかし、ことしは新型コロナウイルスの影響で、初めてオンラインで開催。
これまで参加をためらっていた人もオンラインで参加しやすくし、つながるきっかけ作りを目指した主催者の思いを取材しました。(報告 米山 奈々美)

福岡市中央区から、2日間14時間に及ぶ生配信で開催された性的マイノリティーの人たちのためのオンラインイベント。趣旨に賛同したミュージシャンによるライブや
トークショーなどが行われました。

w_201111_01.jpg

実行委員会代表の三浦暢久さんです。自身もゲイであることを公表していて、
これまで「誰もがその人らしく生きられる社会を」と広く理解を訴えてきました。
しかし、ことしは、新型コロナウイルスの感染が拡大。イベントを中止するか     悩みました。
「すごく悩みましたよ、やっぱりリアルに歩いて皆の前で手をふっているよって存在を伝えることで成り立ってると思うので」(三浦暢久さん)。

w_201111_02.jpg

一方で、これまでは実際のイベントに参加することで性的マイノリティーと
知られるのが怖いという声もありました。このため、三浦さんはことしはオンラインでの開催によって、性的マイノリティーの人たちが参加しやすくし、参加者どうしがつながるチャンスにしたいと考えました。
「スマホ1台で参加できるようになるので、家を出るのも怖いって方たちからすればスマホの中にフェスタ会場があって、何かのきっかけ作りにしたいなと思ってたりしますし」(三浦暢久さん)。
オンラインイベントでは事前に登録した人だけが参加できる意見交換の場も設けました。参加したHIROさんです。みずからはゲイであることを公表していて、同性婚への理解を呼びかける活動をしていることなどを紹介し、参加者からの質問に答えながら交流を深めました。

「(オンラインは)顔出しの選択も出来るのですごく注目度が高まると思って、オンライン開催はすごくいいなと思ってます」(HIROさん)。

w_201111_03.jpg

イベント2日目。目玉であるオンラインによるパレードが行われました。コロナ禍で当事者や支援者がつながることが難しくなったことし、実際のパレードと同じように、思いを分かち合おうという企画です。それぞれが公園や部屋など思い思いの場所からテレビ会議でつながりました。

w_201111_04.png


これまでは行進しながら掲げていたプラカードを、画面に向けてそれぞれの思いを訴えます。

w_201111_05.jpg

初めてのオンライン開催。三浦さんは、今まで参加をためらっていた人とも
つながることができたと感じています。
「一歩を踏み出せたような気がします。来年、再来年ももっと何かできるんじゃないかなって思います」(三浦暢久さん)。

■NHK福岡放送局キャンペーン「さよならジェンダーバイアス」特設サイトはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時00分 | カテゴリ:WEBいち! | 固定リンク

ページの一番上へ▲