2020年6月

雨の日に買ってしまう...


福岡県内では、きのうの夜から雨が降り
まだまだ警戒が必要な地域もあります。
きょうは
風もしっかり吹き抜けていく気がしますね。

なかなか、外をお散歩!というわけにも
いかないなぁという天気の日に、
ついやってしまうことがあります。
スイーツを買ってから、家にこもるのです!

ni_200630_01.jpg

おいしそう〜。
さくらんぼに、ぶどう
今の時期はブルーベリーもおいしいです♪

ちなみに、
これをひとりで食べたわけではありません。
ちゃんと家族と分けました 笑
スイーツを食べたら、心の中は晴れです!

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:15時48分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

7月1日の「食いち!」そして、この夏の過ごし方は・・・


福地礼奈です。

fuk_200629_01.jpg

7月1日放送予定の「食いち!」はある夏の食べ物をご紹介します。


皆さんは夏といえばどんな食べ物が思い浮かびますか??
私は暑い夏だからこそ、ひんやりとした食べ物が食べたくなります。


これから暑い季節が続きます!
今回は、私の「夏の過ごし方」について少しお話します(^^)

まず、夏になると食卓に「そうめん」が出てくることが増えます。
冷たくてスルッと食べられるそうめんを食べると、「あぁ~~~~!!夏だ!!」と一気に夏を感じます。
それだけではなく、中学生の時部活動終わりに母が出してくれてよく食べていたこともあり、部活動や勉強に打ち込んでいたその時のことも思い出したりします。

また、夏は暑いので、長い髪の毛をまとめたくなります。
そのため毎年ヘアアレンジに挑戦していますが・・・なかなかうまくいきません(^^;)
なので、基本的には1つで結んでまとめています。
「食いち!」の取材も・・・

fuk_200629_02.jpg

このように1つにまとめることが多いです!


今年の夏はお家にいる時間も長いので、ヘアアレンジも研究していきたいなと思います。


みなさんはどのように過ごしていますか?
これからの夏、熱中症に気をつけて楽しく乗り越えていきましょう!
「食いち!」は福岡の夏ならではの食べ物です!ご覧になって夏を感じていただけたらと思います(^o^)

投稿者:福地礼奈 | 投稿時間:16時09分 | カテゴリ:福地礼奈 | 固定リンク

季節の味わい


中山庸介です。
気づけば6月も明日で終わり。
そして、2020年も折り返し地点です。
早いですね~。

さて、最近スーパーでちらほら見かけるこの果物。

na_200629_01.jpg

沖縄や鹿児島などで栽培されているパッションフルーツですね。
ちょうど6月から8月ぐらいまでが収穫シーズンだとか。
甘い香りが好きで、並んでいると思わず手を伸ばして
しまいます。

沖縄で育てている知人によると、
表面がしわしわになるくらい寝かせると、甘くて食べごろ。
しかし、待ちきれずに真っ二つに。

na_200629_02.jpg

とろりとゼリー状の果肉が種を包んでいます。
スプーンですくって食べると、果肉のトロトロと種のポリポリが
混ざりあった不思議な歯ざわりです。
何より、鼻腔に抜けるトロピカルな香りに、南国気分が高まります。

そして大人の皆さんに、もう一つおすすめの楽しみ方。
ここに泡盛を少し垂らして、かき混ぜて飲む。
泡盛も、パッションフルーツも、よく冷やしておくと
さらにおいしいです。
飲みすぎにはご注意を!!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時12分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

魚とりの名手


庭木櫻子です。夏の夜、
川にかがり火を焚いた舟が浮かぶ「鵜飼い」。
ことしもその季節ですが、
新型コロナウイルス感染拡大で
まだ一度も漁に出られていません。

ni_200627_02.jpg

3年前には、九州北部豪雨の影響で
川に土砂が流れ込み中止を余儀なくされました。

何度も壁にぶつかりながらも
鵜飼いの伝統を守る、うきは市の鵜匠さん。
きょうの「ロクいち!福岡」で
その様子を中継でお伝えします。

ところが、困ったことが…
私、昔から動物の中でも特に鳥が苦手なのです。
鳥好きの方、ごめんなさい。。。
近寄るのも怖いと感じてしまうのですが、
取材に行って、少しずつ距離を近づけています。

ni_200627_01.jpg

鵜飼いに使う道具についても勉強しました。
みなさん、これをどう使うのかわかりますか?

鵜匠さんたちの思いを伝えるためがんばります。
ぜひ、放送をご覧ください。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:11時42分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

中田理奈です^ ^


こんにちは!
中田理奈です。


nak_200625_01.jpg


私も今日からブログをはじめさせていただくことになりました!
こちらでは、放送ではあまりお話しする機会がない裏話や、私自身の話など、少しずつお伝えしていければなと思います。


食いちのひとことは今までにも書いていましたが、
今回は、はじめてちゃんとブログを書くので、まずは、自己紹介をm(_ _)m


私は高校時代に一年留学をしていた以外は、大学進学で東京に行くまでずっと大阪で生まれ育った生っ粋の大阪人です。
仕事中は、関西弁を封印しています(笑)

そして、大阪の実家では犬を、福岡では猫を飼っている、大の動物好きです!


nak_200625_02.jpg


愛犬のりんちゃんと愛猫のティアちゃんは、目に入れても痛くないほどかわいがっています。
でも、当たり前なんですよ。だって、2匹ともかわいすぎませんか・・・?(T_T)


私は、まごうことなき2匹のヲタクです。


福岡に来てもう2年目になりますが、もっともっと成長して、福岡の皆様に信頼してもらえる伝え手になりたいです。


私は福岡のヲタクだ!と胸を張って言えるくらい、福岡にどっぷりとつかって皆様に情報をお届けしていきたいと思います!


それでは、これからはブログでもお目にかかります。
よろしくお願いいたします(^^)/

投稿者:中田理奈 | 投稿時間:10時09分 | カテゴリ:中田理奈 | 固定リンク

ビールのお供


松崎洋子です。

今週の気象双方向のコーナーは、
蒸し暑い季節、何を飲んでスカッとしたい?
というアンケートでした。

結果はこちら。

ma_200625_01.jpg

ビールを押した方が1番多かったです。

キンキンに冷えたビール、
たまりませんよね!!!


先日、ビールのお供にぴったりな
枝付き枝豆が売っていました。

ma_200625_02.jpg


迷わず2束を購入。
枝からはさみで切り離して、3分塩ゆで!
あっという間に、
大量のビールのお供ができました。

ちょっと硬めに茹でた新鮮な枝豆。
香り豊かで、口の中で弾みました。


旬のものを味わう、贅沢な時間です。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時06分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

風味豊か!こだわりのそうめん~福岡 うきは市~


フルーツ栽培や白壁の街としても有名な福岡県うきは市。福岡県は小麦の収穫量全国第2位を誇り、うきは市はその一大産地。小麦を使った製麺所も多く、その内の一軒、200年続く老舗の製麺所には、“幻のそうめん”と呼ばれる一品があります。

長尾製麺の7代目・長尾洋介さん(57)は、30代の頃から10年かけてそうめんの製法を研究し、生地を手で延ばす“手延べ”にこだわって作り続けてきました。一般的なそうめんづくりでは、乾燥や生地同士の付着を防ぐために油が塗られていますが、長尾さんは小麦の風味を損なわせないよう、油を使用しません。さらに、通常なら2日で済む工程を、麺を熟成させるために3日かけて製造しています。これらのこだわりによって、小麦本来の風味が生きたそうめんを生産し続けています。

「そうめん作りには“思いやり”が大事」だと話す長尾さん。そんな、思いやりと数々のこだわりの詰まった“幻のそうめん”の秘密と魅力についてお伝えします。

s_200624_01.jpg
長尾さんのそうめん

s_200624_02.jpg

s_200624_03.jpg
そうめんの乾燥

s_200624_04.jpg
長尾さんと中田キャスター

 

■出演者
「長尾製麺」長尾洋介さん

▽長尾製麺
「幻のそうめん」とも呼ばれている「吉井素麺」は併設している売店で購入することができます。また、併設しているお店「井戸」で食べることもできますが、新型コロナウイルスの影響で、現在休業しています。再開時期は未定です。
住所:〒839-1321 福岡県うきは市吉井町927
電話:0943-75-3155

s_200624_05.jpg

s_200624_06.jpg

■番組冒頭でご紹介したJA直売所
▽にじの耳納の里
長尾製麺の商品を販売していますが、ご紹介した「吉井素麺」は取り扱っていません。
住所:〒839-1332 福岡県うきは市吉井町福益130-1
電話:0943-75-8111
※吉井素麺はインターネットなどで購入できます。

s_200624_07.jpg

s_200624_08.jpg

 

nakata.png

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、福岡県うきは市のそうめんでした!
とてもおいしかったです(^^)

s_200624_09.jpg

実は私、昨年の6月に長崎県の島原そうめんを食いちでご紹介していたので、そうめんを作るところを見るのは、初めてではありませんでした。
ですが、同じ“そうめん”でも、材料や作り方は全然違っていて、作る方々それぞれにこだわりがあることを感じました。

今回ご紹介したうきは市の「幻のそうめん」とも呼ばれるそうめん。
小麦の香りがすごく残っていて、おつゆに付けずに食べてもしっかり味がするぐらいなんです。
そして、もちもちとした歯ごたえがあって、のどごしも抜群。
これからの暑い日にも、つるっと食べられるなあと思いました。

s_200624_10.jpg

こちらのそうめんを作っていらっしゃる長尾さん。
本当にお話し上手な方で、いろんな冗談を交えながら、おもしろくそうめんのことを教えてくださいました。

s_200624_11.jpg

そして、30年間も書き続けている研究ノートを見せていただいた時、年季が入った分厚いノートに、これまでの長尾さんの努力とそうめんへの熱意と愛情をひしひしと感じました。

s_200624_12.jpg
また、長尾さんは「そうめんを食べることは水を食べることだ」とおっしゃっていたのですが、おいしい小麦と地下水がある、うきは市だからできるのだなあと思いました。

うきは市の北部、製麺所のある吉井町には初めて訪れたのですが、とても自然豊かでどこかホッとする町でした。皆様も、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

6月23日に思うこと


中山庸介です。
沖縄戦から75年。きょう、6月23日は「慰霊の日」です。
もう、75年かと、さまざまな感慨の中で追悼式の中継を見守っていました。

na_200623_01.jpg

私が沖縄に赴任したのは2003年、沖縄戦から58年の年です。
糸満市摩文仁の平和祈念公園に初めて行き、
犠牲となった方々の名前がどこまでも続く、その多さに
言葉を失いました。

やがて沖縄の女性と結婚し、彼女の祖母、「おばあ」から
たびたび戦争の記憶を語ってもらいました。

昭和20年、当時乳飲み子だった伯母を背負い、
壕から壕を逃げまどった辛さ、苦しさを、繰り返し語っていました。
「なんとかしてわかってほしい」と言わんばかりに、
畑のそばで、仏壇の前で、ことあるごとに話すその姿が、
いまも目に焼き付いています。

na_200623_02.jpg

5年前の夏、当時小学生だった娘が夏休みの自由研究で、
沖縄戦について調べたいと、おばあに戦争体験をきき、
レポートにまとめました。
亡くなった弟の唯一残る写真や、平和の礎に刻まれた名前も、
このときはじめて目にしました。
身近な人間を失う痛みを、娘も、私も、わずかかもしれませんが
共有できたような思いがしました。

90代も半ばを超え、老人ホームと病院を行き来するようになっても、
戦争の話となると急に語気を強めて語りだしたおばあ。
そんな彼女も、今月、100歳で旅立っていきました。

na_200623_03.jpg

沖縄戦から、75年。
彼女が人生の最後の最後まで伝えたかった思いを、
私自身が子どもや孫たちに、どう語り継いでいくのか。
ことあるごとに考えたいと思う、慰霊の日です。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時40分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

おうち時間


福地礼奈です。


まずは見てください。この写真!!

fuk_200622_01.jpg

福地礼奈の合成写真です。(笑)
6月5日の「はっけんTV」でご紹介した「リモート撮影会」で出来た作品です。
リモートで撮影のディレクションをしてもらい、こんなことも出来るんです(^o^)!!


まだまだお家にいる時間が長い今、みなさんはどのように過ごしていますか??

私はお家で踊ったり筋トレしたり・・・体を動かしていますが、それだけではなく、たくさん食べています!!!

自炊をする回数が増えました!
「食いち!」のコーナーを担当している私は、九州・沖縄の食材と出会っては、その食材を使ったオススメ料理も教えていただく機会がよくあります。

「へぇ~!こういう風に使うといいんだ!」とか「面倒だと思っていたけれど意外と簡単かも!」と思うことがたくさんありました。
そこで教えていただいたことを生かして、料理を作っては食べて、食べては体を動かして・・・。こういった感じでお家で楽しく過ごしています。


こんど作った料理の写真をうまく撮ることができましたら、このブログにも載せていきますね(笑)

「食いち!」ではお家で簡単に作ることができるレシピをお伝えしたりもしています!
ぜひ、チェックしてみてください( ^o^)ノ!

fuk_200622_02.jpg

投稿者:福地礼奈 | 投稿時間:11時13分 | カテゴリ:福地礼奈 | 固定リンク

プロ野球、いよいよ開幕!


松崎洋子です。

ようやく、本当にようやく!
プロ野球が開幕します!

きょうのはっけんTVに
ハリーホークが来てくれたので
私も会いに行ってきました。
ma_200619_01.jpg


ソフトバンクの開幕戦を、
中継でお伝えしますよ~!

実況は、早瀬雄一アナ。
リポートは、西川順一アナ。

おなじみ!?の
「福岡局の博多じゅんいち・ゆういち」
コンビです。

ma_200619_02.jpg

名コンビで放送ですね!と声をかけると
ゆういちは、コンビを解散したいと一言。
(理由は不明)
じゅんいちは、不満の様子。


こんなことを言ってはいますが、
「ソーシャルディスタンスは保ちつつ、
連携は密にとりながら、放送に臨みます!」
と、ゆういちは意気込んでいます!

スーツ姿の2人が
放送に向けて資料の準備をしているのを見ると
福岡アナウンスにも日常が戻ってきたな
と感じる瞬間でもありました。


ソフトバンク対ロッテの開幕戦は
きょう午後5時30分~
BS1で全国放送です。

全国のソフトバンクファンのみなさん!
もちろん、ロッテファンのみなさんも!
いや、野球ファンのみなさん全員!

2020年のプロ野球が開幕するこの日を、
思いっきり楽しみましょう!


■ソフトバンクの放送予定はコチラ

■プロ野球の放送予定はコチラ

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:13時50分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

大雨の季節に


中山庸介です。
きょうの福岡市は朝から雨が降ったりやんだりの天気です。

na_200618_01.jpg

福岡県内では、これからあすにかけて非常に激しい雨が降る
おそれがあります。
土砂災害などには、引き続き十分、警戒してください。

きのうの「気象双方向」では、
出水期となって、いざというとき、どのような「避難」を
行うのかアンケートを行いました。

na_200618_02.jpg

投票総数10832票のうち、
▼避難所に逃げると答えた人が10%
▼親戚・知人の上が10%
▼在宅避難が64%
▼決めていない人が16%でした。

私たちが想像していた以上に「在宅避難」という方が
多い結果でした。
今年はとりわけ避難所でのコロナウイルス感染を心配された結果、
「在宅」を選んだ方がいるかもしれません。

ただ、注意したいのは、土砂崩れや濁流は、一瞬にして
私たちの命を奪う、危険なものだということ。
これまでの「ロクいち」でもお伝えしていますが、
もう一度お住まいの地域のハザードマップなとを見直して、
どんなリスクがあるのか、ぜひ確認してください。
危険が迫る場合や、不安を感じる場合にはためらわずに
避難をすることが大切です。
そのうえで、持ち出し袋の中に、マスクやエタノール、
手袋やポリ袋など接触感染を防ぐグッズを準備して、
早めの対策をしていこうと、私自身も思っています。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時33分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

でっかく育つ! ピーナツもやし~福岡・能古島~


博多湾に浮かぶ福岡市民の憩いの場、能古島。この島発祥とされるのが、全国でも珍しい“ピーナツもやし”だ。その魅力は、まずインパクト大の見た目。普通のもやしに比べて胚軸の太さは2倍近く、シャキッとした食べ応えと、ピーナツの甘みと香ばしさが口に広がる。塩ゆでに天ぷらにぴったり、さらにビタミンなどの栄養も豊富と、全国にファンがいる。

現在栽培するのは、3年前に脱サラし能古島に移住した小川賢吉さん(38)・舞さん(35)ご夫妻。観光農園を開くことが夢だったふたりは、ある農家が作っていたピーナツもやしと出会い、技術を引き継いだ。温度管理など、栽培が難しく生産農家がほとんどいない中、試行錯誤を重ね全国の飲食店に出荷している。

素材の味を存分に味わえる“巨大”ピーナツもやしの魅力、そしておうちでできる簡単レシピを、島の豊かな自然の中で暮らすの家族の思いとともに伝える。

s_200617_01.jpg

s_200617_02.jpg

■出演者
「能古島おがわ農園」小川賢吉さんご一家

▽能古島おがわ農園
能古島の新たな観光スポットとして、ブルーベリー狩りのできる観光農園を準備しています。今年は新型コロナウイルスの影響もあり、お問い合わせを頂いたお客様のみご案内を予定しています。
住所:福岡県福岡市西区能古678
電話:070-2645-8820

■ピーナツもやし販売について
「のこのしまおがわ農園」公式ホームページよりお願いします。
(電話・メールでの注文となります。)

■ピーナツもやしの天ぷら提供のお店 わらじや(17:00~24:00)
住所:福岡県福岡市早良区祖原14-6
電話:092-851-9791
※ピーナツもやしの天ぷら以外のメニューも販売しています。

■ピーナツもやしの炊き込みご飯の作り方
s_200617_03.jpg

【材料/4~5人分】
・お米…3合
・ピーナツもやし…100g
・ひじき(生)…30g(乾燥タイプは5g)
・にんじん…半分
・薄揚げ…2枚
・酒…大さじ1
・みりん…大さじ2
・醤油…大さじ2
・鶏ガラスープの素…小さじ1
・塩…少々

作り方
(1) お米を入れた釜に調味料と分量通りのお水を入れて軽く混ぜます。
(2) その上からひじきと千切りにしたにんじん、小さめに切った薄揚げ、ピーナツもやしを入れます。
(3) 炊飯スタート。
※具はお好みのものでもOK!
※炊飯時間は炊飯器の機能に合わせて調整してください。

ピーナツもやしは素材の味がしっかりとあるので、電子レンジで2分ほど温めて塩で味付けしたものや、天ぷら粉を使って天ぷらで食べるのもおすすめです。
s_200617_04.jpg

 

fukuchi.png

こんにちは!今回は「ピーナツもやし」をご紹介しました。

みなさんは知っていますか?私は取材するまで知りませんでした。
取材をして、実際に見たとき「これは・・・もやし?」と聞きたくなるくらいの大きさに衝撃を受けました!!!

驚くのは見た目だけではないんです!
味も、1本食べるだけでピーナツの香りがフワッときて甘く、香ばしかったです!

s_200617_05.jpg

今回、小川賢吉さんご一家に取材させていただいたのですが、
小川さんご夫婦は元々サラリーマン。農業に憧れを抱いて3年前に能古島に移住していました。
ピーナツもやしは栽培が難しい上、全国でも生産している農家はほとんどおらず、失敗を何回も重ねてやっと今の形があるそうです。

s_200617_06.jpg

ピーナツの甘みも感じられるので、小川さんのお子さんからも大人気。
パクパク食べていました!!
クセのない味で大人から子供まで愛されるピーナツもやし。
まだまだ知らない方もたくさんいらっしゃると思うので、とにかくおいしいので、まず知ってもらって食べてもらいたいとおっしゃっていました。

見て、食べて楽しめるピーナツもやし、是非みなさんも食べてみてください!!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

能古島で海開き


藤澤義貴です。

フェリーに乗って、福岡市の能古島に来ました。
きょうは、海開きです。

fu_200617_12.jpg

年間およそ1万5千人が訪れる能古島の海水浴場。
例年、海開きには地元の保育園児が駆けつけます。
ただ、今年は新型コロナの感染拡大防止のため、
海の家の関係者など、
およそ10人だけで行われました。

今年はスペシャルゲストが登場。
疫病を退けるとされる妖怪「アマビエ」です。
一緒に、海の安全と新型コロナの終息を願いました。

fu_200617_11.jpg

今日の天気は、晴れ。
海水温も26度と、冷たさを感じない気持ち良さ。
まさに、絶好の海開き日和です。

fu_200617_003.jpg

すっきりした気持ちで、
きょうも元気に乗り越えられそうです。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:14時40分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

6月17日の食いち!


福地礼奈です。
6月17日(水)の食いち!では、能古島のある食材をご紹介します!
ということで、能古島へ!!!

fu_200617_01.jpg

季節の花が楽しめる能古島はフェリーを降りてすぐ、たくさんのマリーゴールドが出迎えてくれました。

fu_200617_02.jpg

太陽に負けないくらいの輝きで、私も元気が出ました!!
マリーゴールドだけでなく、この季節といえば・・・

fu_200617_03.jpg

そう!あじさい!
毎年あじさいを見ると、梅雨や夏の始まりを感じさせてくれます!!
みなさんは、そういった季節の花を見てなにか感じることはありますか??
今回の「食いち!」はそんな季節の花とともに能古島発祥と言われている珍しい食材をご紹介します!
みなさんも能古島に行った感覚になって楽しんでみてください(^o^)

投稿者:福地礼奈 | 投稿時間:10時30分 | カテゴリ:福地礼奈 | 固定リンク

スイートコーンの季節


庭木櫻子です。
久しぶりに実家に帰ったら、
いただきものの
スイートコーンがありました!
熊本県の菊陽町でとれたものです。

ni_200616_01.jpg

ゆがいて食べてみると、
あま〜くてシャッキシャキ。
お日さまのような黄色からも
元気をもらいました。
1本まるごとたいらげました♪

そして、今週の「ロクいち!福岡」は
「えほん、よむよ!」のコーナーの
第2弾をお送りしています。
番組終了後に、NHK福岡のHPでも
ご覧いただけますので、お楽しみに。

■えほん、よむよ! 朗読動画はこちら

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:12時25分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

おいしくな~れ!


松崎洋子です。

きょうは梅雨の晴れ間。
蒸し暑さもあって、
ちょっと外を歩くだけでも
疲れてしまいます。
ma_200615_01.jpg

「梅・雨」と書いて「つゆ」。
なぜ梅という漢字が使われているのか?
さまざまな説がありますが、
「梅の実が熟すころに降る雨だから」
という説もあるそうです。


私は小さいころから梅が大好きで、
祖父母の家に遊びに行くと、
「これ買っておいたよ~!」と出てくるのは
スナック菓子ではなく梅干し!という
なんとも渋い女の子でした…笑


そんな梅好きなわたくし、
週末に「梅仕事」に初挑戦!

ma_200615_02.jpg
梅の実をあく抜きして、
1つ1つ丁寧に水分をふき取ります。

ma_200615_03.jpg
氷砂糖と交互に重ねて。

ma_200615_04.jpg
最後にお酒を入れて、完成!

飲めるようになるには最低3か月、
1年待てば、より美味しい梅酒になるそう。
そんなに待てるかな…。

おいしくな~れ!と
話しかける毎日が始まります。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時33分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

えほん、よむよー!第2弾


中山庸介です。
九州北部も梅雨入り。
今年はコロナもあいまって、おうち時間を過ごす方も多いと思います。
さて、4月に放送して視聴者のみなさまから反響の大きかったコーナー、
「えほん、よむよー」の第2弾を放送することにしました。

na_200612_01.jpg

来週(6月15日~19日)の「ロクいち!福岡」での放送に向けて、
庭木アナも…

na_200612_02.jpg

辻本キャスターも…

na_200612_03.jpg

すでに収録を終えました。

私は、何かを数えているところ。
数えなくては読めない作品なんです!!

na_200612_04.jpg

総合プロデューサーは
我らが岩元良介アナ。
この日も絶妙なOKを出してくれました!

na_200612_05.jpg

福岡県ゆかりの作家の方々の作品を、
絵本の朗読と音楽でお送りする「えほん、よむよー」。
「ロクいち!福岡」での放送をどうぞお楽しみに!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時36分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

with コロナでオープン


きょうは、福岡市の警固にできた商業施設に
後藤ディレクターと取材に行ってきました。

ni_200611_01.jpg

大型連休の直前、
4月28日に開業する予定でしたが
新型コロナウイルスの影響で、延期に。
待ちに待ったオープンです。

緑がたくさんあって吹き抜けになっている
開放感のある内装。

店はどうなっているの?感染防止の対策は?
きょうの「ロクいち!福岡」チェックです。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:15時16分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

大自然が育む恵み 屋久島茶~鹿児島 屋久島~


4月始めに撮影した鹿児島県屋久島のお茶について、最新の情報とともにお届け。

5月の茶摘みの季節よりひと月早い、4月にシーズンを迎えたのが、鹿児島県の「屋久島茶」です。日本でもっとも早い大走り新茶のひとつとして重宝される屋久島茶。最大の特徴は、苦みのないまろやかな甘みと若草のみずみずしく爽やかな風味。その美味しさのヒミツは、「濃い霧」「滝!?」「生えたままにする雑草」など、世界遺産・屋久島特有の自然環境にありました。

戦後、静岡からの移住者がもたらしたとも言われる屋久島茶。現在創業35年、島での有機茶栽培の農家2代目の渡邉桂太さんご夫婦の初摘みを取材しました。
今やヨーロッパなど、海外からも注目される春の「屋久島茶」を通して、自然と共存しながら食材を育む奥深さをお伝えします。

※撮影は4/4・5に行っています。

s_200610_01.jpg

s_200610_02.jpg

■出演者
「屋久島八万寿茶園」渡邉桂太さんご一家

▽屋久島八万寿茶園
35年前に屋久島で創業。製法は、自然を生かしつつ手間暇をかけた有機無農薬。
住所:〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田532-24
電話:0997-43-5330

■インターネットでの販売について
「屋久島八万寿茶園」公式ホームページよりお願いします。
(FAXもしくは電話・メールでの注文となります。)

■屋久杉とブレンドしたお茶を販売する店
▽「やわら香」
屋久杉チップと屋久島茶がブレンドされ、ほんのりと杉の香りが感じられるお茶です。
住所:〒891-4206鹿児島県熊毛郡屋久島町楠川1471-5
電話:0997-42-0109
s_200610_03.jpg

■屋久島茶スイーツが食べられるお店
▽「パノラマ」
写真は、八万寿茶園の屋久島茶を使った「ほうじ茶シャーベット」と「紅茶のクレームブリュレ」
住所:〒891-4205 鹿児島県 熊毛郡屋久島町宮之浦60-1
電話:0997-42-0400
s_200610_04.jpg

 

fukuchi.png

お久しぶりです!福地礼奈です。
約2か月ぶりの「食いち!」でした。
今日は、新茶の収穫まっただ中だった4月はじめに撮影した鹿児島県、屋久島の「屋久島茶」をご紹介しました。

個人的に、屋久島に行くのが初めてで、緑があふれている自然豊かな空気に心が落ち着きました( ^o^)

s_200610_05.jpg

今回取材させていただいた渡邉さんご夫婦とお会いし、さっそく屋久島茶を飲んでみると、スッキリしていておいしかったです!
口の中いっぱいにお茶の香りが広がりますが、苦みや渋みが少なくて、小さなお子さんもゴクゴク飲めるようなおいしさでした!

茶畑は、たくさんの雑草が生えていました。でもそこがポイントで、雑草として生えているクローバーの成分を天然の肥料として利用するため、あえて残していたんです!
屋久島ならではの気象条件や自然環境を最大限に生かして作られたお茶でした!

煎茶だけでなく、いろいろな方法で屋久島茶を楽しむことができます。
さらに広めようと、桂太さんはスイーツとコラボレーションをして商品を生み出していました。
私は屋久島茶入りのクレームブリュレを食べましたが、甘さの中にお茶の香りがフワッときて良いアクセントになっていました。おいしかったです(^^)

今回取材した渡邉さんご一家は、今もみなさんお元気で、2番茶の収穫に大忙しだそうです。
インターネットや電話で注文することが可能ですので、ぜひみなさんもお家で一息つくときなどに、楽しんでみてください!

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

暑いときにはコレ!


松崎洋子です。

きょうは天神で取材でした。

きょうも真夏のような日差しで、
とっても暑かったです。

お昼は冷たいものがいいね!
ということで、こちら。

ma_200609_01.jpg

ざる蕎麦です。
今日のような特に暑い日には
冷たい麺が食べたくなります。


週末は、自宅で素麺を茹でました。
全く映えませんが…笑

ma_200609_02.jpg

素麺で隠れていますが、
友人の結婚式の引き出物で頂いた
ガラスの器に盛りつけました。

濃いブルーが涼しげで、
毎年、暑い時期に大活躍する
お気に入りの一皿です。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:15時27分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

福地礼奈です!


福地礼奈です。

fu_200608_01.jpg


今日からこのブログで日常のことや、趣味の話など
幅広く書いていきます(^^)/


まずは1回目なので、簡単な自己紹介から・・・!!
佐賀県で生まれ育ち、福岡に来て2年目です!
普段は主に九州・沖縄の食の今を伝える「食いち!」というコーナーを担当しています。


fu_200608_02.jpg


このように、九州・沖縄の食の魅力に触れてはたくさん食べてしまうので・・・運動!筋トレ!頑張ります・・・(^_^;


ランニングをしたり、筋トレしている様子もここでお伝えしたいなと思っています!


最近は歌って踊ることにハマっていてほとんど毎日お家で踊っています(笑)
1日1日違うセットリストを考えて・・・基本12曲!ノンストップで踊ります。


お家で踊り続け、終わった後はけっこう汗をかいています。
その後のシャワーといったら・・・最高なんです!!!(^O^)
これが私の最近の「♯おうちじかん」です!


そのほかにも出ている番組の情報や福岡の魅力について、このブログで少しずつご紹介しようと思っています!


これを見てくださるみなさんがホッと一息付けるような
ゆるく、楽しいブログにしていきたいです。


これからよろしくお願いします( ^o^)ノ


fu_200608_03.jpg

5/21放送「おはよう九州沖縄」では、福岡出身の振付師air:manさんの指導で、おうちでできる体操を実演しました!

投稿者:福地礼奈 | 投稿時間:11時38分 | カテゴリ:福地礼奈 | 固定リンク

ソメイヨシノの"サクランボ"


藤澤義貴です。

近所で珍しいものを見つけました。
それがコチラ!

fu200605_01.jpg

拡大すると・・・
ちょっとピントが合っていませんが、
赤い実がついているのが分かります。

fu_200605_02.jpg

実は、ソメイヨシノについた“さくらんぼ”です。
福岡市植物園によりますと、
ソメイヨシノ単独では実を付けることはできないので、
ヤマザクラなど、別のサクラの花粉を鳥や昆虫が運んできて
受粉したのではないかということです。

ちなみに、この“さくらんぼ”の種を土に植えても
“ソメイヨシノ”にはなりません。
あくまで、別のサクラとの雑種になるということです。

下を向きがちな日が続いていますが、
空を見上げると、いろいろな発見がありますね!

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:14時16分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

ぬか漬け はじめました。


松崎洋子です。

おうち時間で始めたこと、
何かありますか?

わたしは、こちら。
ぬか漬けづくりを始めました!

ma_200604_01.jpg

一からぬか床を作るのは難しそうだったので、
すでに発酵している市販のぬか床を。
好きな野菜をすぐに漬けられるので、
とってもお手軽です。


ma_200604_02.jpg

初めて漬けたのは定番のキュウリ。
半日で、おいしく漬かりました。

ma_200604_03.jpg

ぬか漬けがあると、ご飯がすすみます。

次は、何を漬けようか。
考える時間も楽しいです。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:12時22分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

天からの贈り物


藤澤義貴です。

最近、庭やベランダに贈り物が届きます。
それがこちら。

fu_200603_01.jpg

10円玉よりも小さいサイズです。
ちょっとあたりを見渡すだけで、次から次に見つかりました。

fu_200603_02.jpg

正体は一体何なのか…。
福岡市植物園に尋ねたところ、
“ビワ”の種ではないかということでした。
今がシーズンだということです。

…とはいっても、
近所にビワの木を見たことがありません。
一体だれが運んでくるのか。
そして、なぜ落としていくのかは謎のまま。
私は、毎日やってくる鳥たちが怪しいとにらんでいます。

ともあれ、本当にビワの種なのか。
発芽させてみることにしました。

fu_200603_03.jpg

答え合わせは・・・当分できそうにありません!

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:12時29分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

クールビズ


中山庸介です。
6月に入りました。
梅雨入りを前に、福岡の空は早くも夏のようです。

na_200602_01.jpg

きょうは雲もほとんどなく、
風もさらっとしていますね。
そして、きのう・6月1日から、
福岡局では恒例のクールビズ出演が始まりました。


na_200602_02.jpg

ネクタイをつけないでテレビに出る、というのは
去年のシーズン以来ですから、ほぼ8か月ぶり。
なんだか後ろめたいような気持ちになるのは
職業病(?)でしょうか。

でも、首回りに空気が入るのでだいぶ涼しさが違います。
今年はマスクの夏。
そして、暑さに体が慣れていない人も多いと思います。
熱中症には本当に気をつけて乗り切っていきたいですね。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時54分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

梅雨を迎える植物たち


気象予報士の吉竹です。

梅雨入り前の青葉若葉のすがすがしい季節です。
閉園中だった福岡市植物園が再開されましたので、
久しぶりに園内を散策してきました。

前回行ったのが、桜が咲くころでしたので、2か月ぶりです。
すっかり緑が濃くなり、初夏の花たちが季節の移ろいを
実感させてくれます。

yo_200601_01.jpg
アジサイ(紫陽花)が色づき始めていました。
紫陽花は6月にかけての雨の季節に似合う花。
私は涼しげなブルー系の色が大好きです。
色づいているところはガクに相当する部分。
真花とよばれる本当の花は、このガクの部分のさらに内側に小さく咲きます。
紫陽花は色が次々に変わりますので別名「七変化」とも。

yo_200601_02.jpg
アマチャ(甘茶)です。
アジサイに似ていますね。
アマチャはアジサイの変種で、
このアマチャの葉っぱを乾燥して煎ずると甘いお茶になります。
お釈迦さんの誕生日にあたる4月8日の「花まつり」に、
お釈迦さんの像にこの甘茶をかけて誕生をお祝いします。

yo_200601_03.jpg
ヤマボウシ(山法師)です。
比較的背の高い木、この葉っぱの上のところに白い花が並びます。
街路樹でもよく植えられており、
遠くからでも山法師の白い花が目立ちますね。
真ん中にある丸い部分に花が咲きこれをお坊さんの頭に、
そして4枚の白い部分(花ではなく総苞片といいます)を
お坊さんの頭巾に見立てています。
よく見るとそう見えますね。
秋になると、小さい赤いゴルフボールのような実がつきます。

yo_200601_04.jpg
ハナイカダ(花筏)の実です。
気を付けてよーく見ないと、通り過ぎてしまいます。
桜が咲く時季に、葉っぱの真ん中に小さな花が咲きます。
雌雄異株なので植物園では雄と雌、2本の木が並べて植えられています。
5月下旬になると葉っぱの上に、小さい実が付きます。
そして、夏になるとこの緑の実が黒に変わります。
葉っぱを船に、実を船頭さんに見立てて「花筏」。
すてきな呼び名です。

yo_200601_05.jpg
ウツギ(空木)です。
幹が空洞なのでこの名前がついています。
別名、卯の花ともいいます。
卯の花とはおからのことで、
おからのように白い花ということですね。
丁度、この卯の花が咲くころに天気がくずつくことを
「卯の花腐し(くたし)」ということがあります。
湿度が高くなり、卯の花を腐らせるような梅雨のはしりという意味です。

5月下旬は晴れてすがすがしい日が多かったのですが、
福岡県など九州北部の梅雨入りの平年日は6月5日。
いよいよ梅雨前線が北上する気配を見せており、
今年ももうすぐ雨の季節を迎えます。
気温、湿度とも高く、蒸し暑い日が増えてきます。
時節柄、健康管理にはくれぐれも注意してお過ごしください。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:11時22分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

ページの一番上へ▲