2020年4月

元気ばい!生産地 きのこ王国・大木町


s_200430_01.jpg

福岡県大木町は九州一のキノコの産地。エノキに、シメジと食卓には欠かせないキノコを年間6,600トン生産している。
全国的にキノコの低価競争が進む中、大木町は生き残りをかけ新品種の開発を続けてきた。そして、長年頭打ちのエノキ市場に大きな話題を呼んだ新しいエノキが「大木白雪919」。従来の黄身がかったエノキとは違い、純白のエノキはそのシャキシャキとした食べ応えが特徴。
常に新しいキノコを生み出し進化する福岡県大木町だが・・・。
今は、日本中が新型コロナウイルスによって制限された暮らしを強いられている状況。新きのこに沸いていた大木町のその後、そして、きのこのおすすめレシピをご紹介。


■ご紹介したすべてのきのこのお問合せ
▽「道の駅 おおき」
住所:福岡県三潴郡大木町 大字 大字横溝 1331-1
電話:0944-75-2150
営業時間:9:30~18:00

▽デリ&ビュッフェ くるるん 
住所:福岡県三潴郡大木町 大字 大字横溝 1331-1
電話:0944-75-2151  
※現在は、新型コロナウイルスの影響で、臨時休業中

■コロコロエリンギ料理の作り方
s_200430_02.jpg

【材料/4人分】
・えりんぎ・・・200g
・砂糖・・・大さじ2
・みりん・・・20cc
・しょうゆ・・・15cc
・すりごま・・・大さじ2
・油

(1) エリンギをサイコロカットにする。
(2) 片栗粉を全体にまぶす
(3) 油でカリッと揚げる
(4) みりん、しょうゆ、砂糖で作ったタレをからめる
(5) いりごまをまぶす
(6) 完成

 

nakata.png

こんにちは!中田理奈です。
今回は、昨年もご紹介した大木町のきのこでした!

s_200430_03.jpg

新型コロナウイルスの影響が様々なところに出ている中で、
去年ロケでお世話になった大木町の皆様がどうされていたのか大変気になっていました。
今回このような形でお元気そうな姿を拝見できてうれしかったです。

s_200430_04.jpg

s_200430_05.jpg

昨年、きのこもぎ取りコーナーなどを案内してくださったJA福岡大城 きのこ担当の、平田圭一さんには、今回もご出演いただき、現在のご様子をうかがいました。
道の駅は、スーパーなどと同じ分類だそうで、今も営業していますが、レジなどでは透明のシートカーテンなどを使っていたり、マスクを着用したりなど、様々な対策を講じているそうです。
また、きのこは今も変わらずぐんぐん育っているそうです!

s_200430_06.jpg

s_200430_07.jpg

そして前回、「えのき麺」をいただいたデリ&ビュッフェ くるるんの代表である松藤富士子さんにもお話を聞かせていただきました。
松藤さんは、はつらつとしていて、とってもお話上手な方で、レストランなどの現状だけでなく、おすすめの料理のレシピまで教えていただきました。


教えていただいたコロコロエリンギは、小さなお子さんからお年を召された方まで老若男女、愛されているメニューだそうです。
松藤さんが話してくださるレシピを聞いているだけでお腹がすきました(笑)

福岡市内でも、大木町のきのこが売っているそうなので、私も、おうち時間に作ってみたいと思います!

皆様のお近くのスーパーでも大木町のきのこ、探してみてください。
そして、新型コロナウイルスの影響が終息したら、大木町の道の駅とレストラン、ぜひ訪ねてみてください!

 

※大木町での映像の撮影日は、12月2日です。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

夏気分


松崎洋子です。

ma_200430_01.jpg

きょうは暑いですね~!
雲もなく、日差したっぷり。
わたしは半袖に日傘で、
すっかり夏モードです。


きょうのランチもテイクアウト。
この暑さなので
ツルっと美味しい冷たいうどんです!

ma_200430_02.jpg


しっかり食べて、
健康に過ごしましょうね!

 

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

 

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:15時14分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

テイクアウト日和


中山庸介です。
きょうのお昼は、テイクアウトにしました。
お昼時、こんな手提げを持った人、最近よく見かけませんか?

na_200428_01.jpg

緊急事態宣言が出てちょうど3週間。
福岡の街の様子も大きく変わりました。
天神・中洲界隈は人が本当にいなくなりました。
行きかう車も大幅に減った一方、
歩く人、自転車の人は逆に少し増えたような気がします。

通り沿いの飲食店も「休業中」の張り紙が。
でも、今週くらいから「お持ち帰りできます」「テイクアウトOK」の
のぼり旗があちこちに増えてきました。

そのテイクアウト、さすが食の都だと感動したのですが、
非常にバラエティに富んでいる!

お弁当はもちろんのこと、
焼き鳥に、焼肉、お好み焼き、ラーメンまで…!
「おうち飲み」でシメまで行けるとは、ますます太ってしまいそうです。
それはさておき、きょうのお昼は・・・。
南インド料理。

na_200428_02.jpg

八角が香るチキンカレーに、
南インドの味噌汁ことサンバル。そして、ココナッツの付け合わせです。
最近、外食を全くしていなかったので、嬉しい専門店の味ですね。

と思っていたら、隣の松﨑キャスターも、テイクアウトしてました。

na_200428_03.jpg

生パスタに、ナスとソーセージのミートソース。
おいしそ~!

おうち時間を楽しく、
そして少しでも、お店の支援につながればと、
この連休、テイクアウトのお世話になる人が多いかもしれません。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時32分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

酒造会社 医療現場を支える


藤澤義貴です。
全国で消毒薬が不足しています。

大刀洗町の酒造会社では、
アルコールを扱う技術を生かして、
医療や介護現場でも活用できる消毒用アルコールの製造を始めました。

fu_200427_01.jpg
(香りはライム 本物の“お酒”です)

アルコール度数は70度。
普段30度前後の焼酎を製造している酒造会社にとっては、
まさに“未知の領域”です。

高濃度のアルコールを大量に扱うと、
発火の危険が高まります。
そのため、地元の消防の指導も受けながら、
製造工程を一から見直しました。

完成した消毒薬は、
医療や介護現現場などに出荷されています。

酒造会社の方は、
「ひと手間ふた手間かけても、
地元のために何ができることを頑張りたい」と話していました。

地元のためにできること…。
私も考えたいと思います。

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:12時41分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

ブリの海鮮丼 無料弁当配布の取り組み


藤澤義貴です。
こちらの看板、思わず目がとまりますよね。

fu_200424_01.jpg

福岡市博多区にある飲食店では、
外出自粛で気持ちがふさがりがちな子どもたちを元気づけようと、
週1回のペースで、弁当の無料配布を始めました。

この日のメニューは、ブリの海鮮丼です。

fu_200424_02.jpg
(脂がのって、おいしそう!)

メインのブリは、今、飲食店が軒並み休業している影響で、
価格が3分の1まで暴落しています。
こうした魚を持ち出し覚悟で仕入れ、無料弁当につなげているそうです。

「食」で笑顔になってほしい。
その心意気が素敵だと思いました。

気持ちをプラスにするために、
私なら何ができるか。
今一度考えてみたいと思います。

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:16時45分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

桜のリレー


キャスターの松崎洋子です。

あっという間に4月も残り1週間。

ma_200423_01.jpg

ソメイヨシノは花びらが散り、
もう葉桜ですね。

ma_200423_02.jpg

そのソメイヨシノから
バトンを受け取ったかのように
八重桜が満開です。

ボリュームがあって、
コロンとした丸みが
可愛らしくて好きです。


さて、
きょうの「えほん、よむよ!」の担当は
中山アナウンサーです。
作品は、荒戸里也子作「おいぬさま」。
くすっと笑える場面も…!
きょうもお楽しみに☆



■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

 

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:15時00分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

おうち時間でクッキング


きのうときょうは「ロクいち!福岡」の
キャスターを担当しています、庭木櫻子です。

寒の戻りで外の風も冷たいですね。
春なのに、お休みの日もほとんどの時間を
家の中で過ごさなければならない日々。
疲れがたまっている方も
多いのではないでしょうか?

私も、少しでも前向きに過ごそうと、
ふだんは作ったことのない
お料理のメニューに挑戦しています。
先週末はビーフストロガノフを作りました。

ni_200422.jpg

作るのに1時間くらいかかってしまいましたが、
おいしく食べたら元気になれた気がします!

そして、自宅にいる方々に楽しんでもらおうと
今週ロクいち!で放送している
「えほん、よむよ!」のコーナー。
きょうの放送予定は、
にしはらみのり作「いもむしれっしゃ」です。
私が朗読させていただきました!
こちらもぜひご覧ください。

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

 

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:16時33分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

めんたいこの挑戦


中山庸介です。
福岡に来て早2年、東京の実家に、妻の親戚に、
お土産に欠かせないのが・・・明太子!
本当に喜ばれます。

そんな明太子の挑戦を描いた絵本を、
きょうのロクいち!では紹介します。
はつもとえつよ作「めんたいこどりーむ」。

私も一足早く試写してみましたが、
とっても面白かったです。
しろめしやまに、めんたいこたろうは、どう挑むのか?
本日の語りは・・・。

岩元良介アナウンサー。熱い男です。

na_200421_01.jpg

シリーズ通しての編集は、やわらか笑顔の
宮原雅子ディレクター!

na_200421_02.jpg

新型コロナで外に出られないみんなのために、
心をこめてお伝えします!

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

 

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時58分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

家でどう過ごす(2) ~絵本はいかが?~


中山庸介です。
長い「自宅生活」、久々に本棚の本を引っ張りだして、
読み返す、なんていう方もいるかと思います。
私もその一人で、数年前に愛読した文庫本に
再びハマってしまいました。
古いところでは松本清張の推理小説、
最近では、海堂尊さんの「チーム・バチスタの栄光」シリーズなど・・・。
何年か経つとストーリーを程よく忘れているものですね。
久しぶりに旧友の家をたずねるような感覚で、
楽しく読んでいます。

na_200420.png


さて、きょうから「ロクいち!福岡」では、
5夜連続で「えほん、よむよー」コーナーを放送します。
福岡ゆかりの絵本作家の皆さんに許可をいただき、
福岡局のアナ・キャスターが作品を朗読。
絵に合わせて、音楽と効果音をつけた3~5分ほどのショート動画として
お送りします。
初回のきょうは、石川えりこ作・『かんけり』。
語りは、「はっけんTV」でおなじみ、辻本 彩乃キャスターです。

自宅にいる子どもはもちろん、大人にもぜひ絵本の魅力を
再発見してもらえればと思います。

【ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時41分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

晩春の植物と寒の戻り


気象予報士の吉竹です。

新型コロナウィルス対策で、
今週からバス通勤から自転車に変えて移動しています。
一年で最も過ごしやすく、すがすがしい季節の4月、
風を切っての自転車は気持ちのよいものですが、
今年は複雑な思いでペダルをこいでいます。

ソメイヨシノはすっかり葉桜に変わり、
今は八重桜が見ごろを迎えていますね。
通勤途中に見つけた八重桜、花の色が緑です。
これはおそらく「御衣黄(ぎょいこう)」という桜でしょうか。
開花したすぐは緑、少しずつ薄黄色っぽくなり、さらに赤い筋が入ります。

yo_200417_01.jpg

 
この葉はなんでしょうか?

晩春の太陽の日差しを受けて、
まだ生まれたばかりの赤ちゃんのようにみずみずしい新緑がとてもきれいです。
3月初めに春の訪れを告げてくれた白い「白木蓮(はくもくれん)」の若葉です。

yo_200417_02.jpg


2月に私たちを楽しませてくれた梅です。

いつの間にかかわいらしい実をつけていました。
まだ小さいですが、梅雨入りのころには立派な梅の実になっていることと思います。
植物たちは着実に季節の時計を刻んでいます。

yo_200417_03.jpg


4月も半ばを過ぎましたが、3月までの記録的高温から一転、
4月前半は肌寒い日が多くなっていますね。

yo_200417_04.jpg


これは福岡の4月前半の最高気温をグラフにしたものです。
4月初めの桜満開のころは、しばしば気温が下がり「花冷え」となりました。
そして、4月12日~13日、福岡県内は最高気温が10度前後と
1月から2月並みの寒さ、強い寒の戻りになりました。
4月前半の最高気温の平均は、平年より0.8度低く、低温傾向が続きました。


では、このあと4月後半はどうなるのでしょうか?
北極から寒気が低緯度に南下しやすい傾向はこのあとも続く可能性が高く、
九州北部は4月後半も「低温傾向」が続く見込みです。

yo_200417_05.jpg


特に、4月22日(水)~25日(土)ごろにかけては、
この時季としては強い寒気がシベリアから南下します。
太陽の日差しが強くなっていますので、
昼間は極端に寒くなることはありませんが、
朝晩は地面の熱が奪われる放射冷却現象が盛んになり、冷え込みが強まります。
遅霜が降りるおそれがありますので、とりわけ農作物の管理には注意が必要です。
昔から「八十八夜の別れ霜」といいます。

また、衣類もまだ厚手のものが必要ですし、
朝晩は暖房がほしくなる日もあるでしょう。
今後も大きな気温の変化が予想されますので、
風邪などひかれませんよう、健康管理には十分お気をつけください。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:15時44分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

海の景色で癒されてみませんか?


庭木櫻子です。
この春は、新型コロナウイルスの影響で
気分の晴れない日々を過ごしている方も
多いと思います。
美しくきらきら光る海の映像で
少しでも癒されてみませんか?

実は、先日、福岡市内のスタジオで
「釣りびと万歳」という番組の
ナレーションをしました。

釣りのことは、まったくの初心者の私。
福岡アナウンスでいちばん釣り好きな
中山庸介アナに知識を授けてもらって、
玄界灘でのイサキ釣りの様子を伝えます!


ni_200417_01.jpg

19日(日)BSプレミアム 午後5時30分~
釣りびと万歳「ルアービギナーの好敵手
“イサキ”をあげろ~村上佳菜子 玄界灘」
ぜひ、ご覧ください♪

そして、きょうの「ロクいち!福岡」では、
外出自粛が要請される中で広がる
オンラインでのつながりを放送予定です。
婦人科のオンライン診療や、助産師さんによる
妊婦さんへの支援などを取材しました。
こちらも、チェックしてみてください。

■ロクいち!福岡(福岡県地方)
新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:11時28分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

みんな!えほん、よむよ~!


キャスターの松崎洋子です。

いろんな施設が休業・休園。
外出自粛の中で、
自宅で過ごす時間が増えていますね。

そうした中で、
自宅で楽しい時間を過ごしてほしい!と
福岡局のアナウンサー・キャスターで
絵本の読み聞かせをしよう!
ということになりました。

福岡ゆかりの作家たちの作品を、
来週20日~24日のロクいち!で
毎日1冊、放送する予定です。


ma_200416_01.JPG

絵本紹介を紹介する中山アナ。
どうしてもエプロンをしたい!と
この格好。


ma_200416_02.jpg

リーダー・岩元アナからOK出ました!


ma_200416_03.jpg

収録後の辻本キャスターをパチリ!


庭木アナと私も無事、収録を終えました。


思わず笑顔になるような
子どもから大人まで楽しめる絵本たち。
20日(月)~24日(金)
ロクいち!福岡を
見て、聞いて、楽しんでいただけると
うれしいです!


■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:16時22分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

家でどう過ごす(1)


中山庸介です。
外出自粛期間が続いていますが、
みなさんは自宅でどんな時間を過ごしているでしょうか。
我が家は2月28日に子供たちが最後に小学校に行ったきり、
長い長い春休みが続いています。

最初のうちは、一緒に部屋の中で相撲をしたり、
野球盤で遊んだりしていましたが、そのうちに飽きてしまいます。
ゲームして、ネット見て、本を読んで、・・・。
親にとっては、時間の使い方に悩むきょうこの頃です。

さて、先日の日曜日、子どもたちが遊んでいる間に取り組んだのは・・・。

n_200415_01.jpg

包丁研ぎ!
我が家では魚さばきは私の担当ですが、
手入れを怠けているうち、切れなくなってきました。
出刃包丁、刺身包丁、そして文化包丁。
感覚のすべてを指先に集中させ、
シャコ、シャコ、シャコ、と一定のペースで研いでいきます。
この一定のリズム、がいいですね。
気持ちが無になっていきます。

刺身を引いたら驚くほど切れ、おいしい晩御飯になりました。
これでコメントもシャープになればよいのですが!!


■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時06分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

緊急事態宣言から1週間


緊急事態宣言から1週間。
街の様子は、日々変わっています。
在宅勤務に、自転車通勤。
私自身も、最近まで想定していなかったことが、
目まぐるしくおきていきます。

取材を進めると、
息苦しさ、やり場のない悩みを抱えた人たちに
数多く出会ってきました。

f_200414_01.jpg

こちらは、
福岡市内の飲食店の看板に書かれていた言葉です。
営業時間の短縮が求められる中、
店内の混雑を可能な限り減らすためにテイクアウトを進めていました。

また、
取材をしたほかの飲食店では、
「食のライフラインを守ることが使命」として、
悩んだ末で、営業の継続を決めました。

継続にあたっては、
店で、マスクを従業員全員のマスクや消毒薬を手配。
その上で、すでにスタッフ同士で手持ちのマスクを融通してきた分も、
会社が費用を負担するなど、
顧客や従業員の「安全」と「生活」を守るには何ができるのか、
絶えず考えているそうです。

緊急事態宣言から一週間。
つい、きのうの決断さえ“正しかった”のか、
日々、揺らぎながら、答えを模索する日が続きます

誰もが悩みながら生活しています。
私もそうです。
でも、「終息しない感染症はない」
それを信じて、
明日に向けて歩みたいと改めて思っています。


ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:13時26分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

小さな幸せを・・・


緊急事態宣言が出されて、
これからどうなるのかな…と
不安になる時もありますが、
最近、1日1つ、
小さな幸せを書き留めるようにしています。


ma_200413_01.jpg

「あまおう」を心行くまで食べられて最高!
(1パックが、なんと299円!)

ma_200413_02.jpg

「そら豆」を、お得に買えて最高!
(たくさん入って298円)

ma_200413_03.jpg

土曜日には、
実家からタケノコが届きました。
(面倒なあく抜きはしてある、最高!)


ma_200413_04.jpg

さっそく、
大好きなタケノコご飯に。
他にも若竹煮、みそ汁を作りましたよ。
旬の食べ物って、本当に美味しくて幸せ。


これまでは外で済ますことも多かったですが
いまは、自宅で料理の腕を上げる時間だ!と
自宅で過ごす時間も楽しんでいます。

私は「食」の幸せが多めですが…笑
みなさんの小さな幸せは何でしょう?

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:14時31分 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク

「不安」や「差別」も感染する


中山庸介です。
緊急事態宣言が出て3日目。
日に日に感染する方が増えるなかで、不安を募らせている人も
少なくないと思います。
ただ、気をつけないといけないのが、この「不安」が、
さらに感染を拡大するきっかけになるかもしれない・・・。

そんなことを分かりやすく教えてくれるリーフレットを見つけました。
日本赤十字社が先月作った「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」です。

n_200410_01.jpg

それによりますと、
新型コロナウイルスには、肺炎などの「病気」だけでなく、
「不安」や「差別」という、”3つの感染症”を引き起こすといいます。

n_200410_02.jpg

第1の感染症は、「病気」そのもの。
感染すると、風邪や肺炎を引き起こすことがある。

第2の感染症は、「不安とおそれ」です。
私たちは強い不安や恐れを感じ、振り回されてしまう。
そして、私たちの「気づく力・聴く力・自分を支える力」を弱めて、
いろんな人に伝染させてしまう。

第3の感染症は、「嫌悪・偏見・差別」です。
見えないウイルスへの不安から、特定の対象を「危険」とみなすことで、
つかの間の安心感が得られます。
しかし、差別が社会全体に広がると、人々は病気をおそれてかえって検査を受けなくなり、
さらに病気が拡散するという事態を招きます。

n_200410_03.jpg

そうした「負のスパイラル」を防ぐには、どうしたらよいのか?
リーフレットには、こんなふうにあります。

第1の感染症「病気」を防ぐためには、
▼一人ひとりの衛生行動の徹底
第2の感染症「不安」を防ぐためには、
▼自分を支える力を高める
 ・ウイルスに関する情報にさらされる時間を減らし、距離を置く
 ・いつもの生活習慣やペースを保つ。
 ・いまの状況だからこそできることに取り組んでみる。

第3の感染症「差別」を防ぐために
 ・この事態に対応しているすべての人たちをねぎらい、敬意を払う
  →治療を受けている人、医療従事者、どちらも頑張っている

社会みんなで、この事態を乗り切っていきたいですね!
詳しく読みたいという方、日本赤十字社のHPからダウンロードできます。
「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう~負のスパイラルを断ち切るために~」
ぜひご覧ください。

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時56分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

自転車通勤が増えています


きょう取材したのは、
福岡市内にあるスポーツバイク専門店。

f_200409_01.JPG
長い通勤距離でも負担が軽いスポーツバイク

新型コロナウイルスの感染防止のため、
通勤ラッシュで混雑した電車やバスを避けようと、
自転車を新たに買い求める人が増えています。

なかには、自宅にあった自転車を
再び使えるようにしてほしいという依頼も増えているそうです。

普段バスで通勤している私も、
けさは自転車で出勤しました。

すると、
普段意識していなかった光景が次々と目に留まります。

大通りを走るバスでの通勤と違い、
住宅の前に置かれた植木鉢や、
公園の草花を見ながら、
自分のペースで“春”を感じることができました。

移動には普段よりも時間がかかりますが、
天気が良い日は自転車を活用するのもいいですね。

ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:15時14分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

とろっと食べごろ春のパパイア ~宮崎 清武町~


今回の食いち!は宮崎市清武町で栽培されているパパイアをご紹介しました。

「マンゴーに続く町の特産品をつくろう」と旧清武町でパパイア栽培へのチャレンジがスタートしたのは2004年のことです。1年におよそ1m成長し最大10mにもなるパパイアの木。これを何とかハウスの中で、栽培に必要な気温20度以上を保って育てたい。
試行錯誤の中で確立されたのが「誘引(ゆういん)栽培」の技術です。苗を最初から寝かせて植えつけ、成長に伴い向きを修正してらせん状に仕立てていくというもの。
木の高さをおさえることでハウス内での栽培が可能となり、1年中おいしいパパイアがつくられるようになりました。
品種は爽やかな甘みと香りが魅力の「サンライズソロ」です。

今回お訪ねしたのはJA宮崎中央パパイア研究会の会長・田代敏徳さんと妻の理恵さん。週末は地域の神社の宮司さんをつとめる敏徳さんと理恵さんが二人三脚で栽培を続けてきました。野菜ソムリエの資格をもつ理恵さんは日ごろから様々なパパイア料理を提案しています。
パパイアは1年中収穫されますが、出荷のピークは春と秋。秋に花が咲いて冬に時間をかけて大きくなり、春に収穫されるパパイアは大玉で味も良く、特におすすめだと田代さんご夫妻。「室温で追熟させて青みがとれ、鮮やかなオレンジ色になってやや柔らかみを帯びたら食べごろです!」とのことです。
おいしいパパイアを収穫するために実が地面に触れないよう支えを置き、摘果し、1本1本の木を丁寧に手入れする田代さんご夫妻。その原動力は試験的に栽培し初めてパパイアを食べた時の「おいしい!」という感動です。その感動をぜひ味わってください。

s_200408_01.jpg
パパイア

s_200408_02.jpg
まるでとぐろを巻いた龍!パパイアの木

s_200408_03.jpg
生産者の田代敏徳さん・理恵さんご夫妻

s_200408_04.jpg

s_200408_05.jpg

■宮崎 清武町のパパイアについてのお問合せ
▽JA宮崎中央 南宮崎営農センター
電話:0985-85-7888


nakata.pngのサムネイル画像

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは宮崎市清武町の「パパイア」をご紹介しました!

s_200408_06.jpg

実は私、今回初めてパパイアを食べました。はじめは少し、食べられるかな…とドキドキしていたのですが、実際に食べてみると、花のような良い香りが口の中に広がり、爽やかな、ほどよい甘さがとてもおいしかったです。

s_200408_07.jpg

s_200408_08.jpg

そして、今回パパイアについて沢山教えてくださったのは田代さんご夫妻です。
どっしりと構えて常に堂々としていた田代敏徳さん。
実は、田代さんはパパイア農家としての顔だけでなく、宮司さんとしての顔も持っていらっしゃいます。
初めてお会いしたのは、宮司さんとして仕事をしていらっしゃる時だったので、はじめは、この方がパパイアを?!と少しだけ混乱してしまいました(笑)

そして、田代さんの奥さん、理恵さんは、本当に笑顔の素敵な優しくて明るい方でした。
たくさんのパパイア料理をご用意してくださっていて、どれも見た目もきれいで、“インスタ映え”するものばかり。思わず何枚も写真を撮ってしまいました。
しかも、すべてとってもおいしかったです。
サラダや、生ハムで巻いたもの、カレー等々、おいしすぎて幸せを感じました…。

お二人に畑へ案内してもらうと、大きな木がぐるぐる巻きに低い位置で保たれていて、
こんなことができるんだと驚きました。
私も収穫体験をさせてもらったのですが、なかなか難しかったです…。
まず、木がぐるぐる巻きになっている中を実が育っているところまで入っていき、さらに周りの葉っぱや、まだ成長途中の実を傷つけないように収穫するのです。
一つ収穫すると、汗が噴き出してきました(笑)

s_200408_09.jpg

実は撮影中、暑いし日焼けしちゃだめだから、と理恵さんが私に帽子を被せてくれました。私も最初は大丈夫ですよ~と言っていたのですが今の時期でもハウス内で動いていると、すごく暑かったです(笑)
夏場の作業を想像して田代さんご夫妻をさらに尊敬しました。
今回、私は初めてパパイアを食べましたが百貨店などで見たことはあったんです。でもなかなか買う勇気が出ず…。きっとそういう方も多いのではないでしょうか。外国のものと比べてみても本当においしいからみんなに食べてほしい!とお二人もおっしゃっていました。実際に私もパパイアを大好きになりました。
ぜひ皆様も、一度召し上がってみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ほっとできるものを見つけて


福岡県が緊急事態宣言の対象になり
これまでより
さらに緊張感が高まっているのを感じます。

ニュースを伝えている私たちも
心配になってしまう情報が多いので、
見ている方の中には
不安や恐れでいっぱいになっている方も
いるのではないかと思います。

局の前にある桜の木です。
通勤のときに撮りました。

ni_200407_01.jpg

お花見はできませんが、
写真を見て少しでも癒されてください。
太陽の光に当たって
花びらがまるで透き通っているように見えて
ふんわりとてもきれいでした。

そして先日、
取材中にこんなものに出会いました。
久留米絣のマスクです。

ni_200407_02.jpg

久留米絣の着物のスタイリストをされている
久留米市の橋爪清美さんが、
縫子さんとともに作っていらっしゃいます。
つけてみると、立体的で顔にフィットする形で
通気性もいいので心地よかったです。

今できる暮らしの中で
心あたたまるものを見つけていきたいですね。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:16時49分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

家でお花見


中山庸介です。
福岡もソメイヨシノが満開、花びらが少しずつ吹雪のように舞う季節です。
今年はコロナの影響で自粛となったお花見ですが、
先日、買い物をしているとき、枝付きのサクラを見つけ、
さっそく家に飾りました。

na_200406_01.jpg

花瓶に入れるとバランスが不安定で倒れてしまいそうになるので、
そこは一計。
天井から、細い釣り糸で枝を結わえ付けて固定です。
うーん。気分はすっかり春ですね。
花を眺めながら、冷酒を一杯。最高です!

na_200406_02.jpg

それにしても、サクラの中でどんな種類だろうか…?
植物に詳しい吉竹さんに見ていただいたところ、
「おそらく八重桜の仲間ではないか」とのこと。
花びらが幾重にも重なって咲いています。
ソメイヨシノよりも時期が遅く、これから見ごろだとか。
しばらくは、心を晴れやかにしてくれそうです。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時56分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

在宅勤務 初体験


このひと月で、新型コロナウイルスによって
世界中の人たちの「働き方」が大きく変わっています。
その一つが、在宅勤務です。

私も、15年の仕事人生で、
初めて在宅勤務をしています。

fu_200403_01.jpg
パソコンや電話を使って取材中

といっても、自宅からニュースを伝えるわけではありません。
そのための準備、取材、構成作業など、在宅でできることから
やってみようというわけです。

臨時休業の影響が
どんな仕事や生活に及んでいるのか。
学校の動きは、幼稚園の動きは・・・・。
まず、電話をかけて、
いま社会で何が起きているのかを調べます。
専門家とテレビ電話を使って取材もしました。

その上で、
ロケを担当する人に状況を伝えたり、
必要に応じて“出勤”に切り替えたりして、
取材を進めていきます。

一方で、在宅ならではの悩みも分かりました。
私の家には、3歳以下の小さな子どもが3人います。
泣いたり、飛び跳ねたり、時にはわがままを言ったり。

いざ電話取材。
「すみません、NHKですがちょっとお時間よろしいですか?」
「パーパー(泣)!!」
「シーっ!!」
なかなか、
職場と全く同じ、というわけにはいきませんね。

でも、そういう気持ちで働いている人が、
いま、日本、世界中にたくさんいることも痛感しました。

今週、ロクいちの中で、
九州大学病院グローバル感染症センター長の下野先生は
「新型コロナウイルス感染症は、社会のみんなで治していく病気」
と語っていました。

社会の中の一人として、何ができるのか、
私も立ち止まって、考えていきたいと思います。

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:15時06分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

放送のお仕事について


就職活動も本格化してくる時期ですが、
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で
説明会などが相次いで中止になるなど
困っている就活生も多いと聞きます。

私たちアナウンサーは、
放送を見て応援してくださる視聴者の方から
お手紙をいただくことがあります。
残念ながらひとつひとつに
お応えすることはできないのですが、
先日、兵庫県に住む中学2年生の女の子から
放送の仕事についての質問をもらいました。

あくまで私の個人的な経験談なのですが、
春休み中のみなさんが、働くことについて
考えるきっかけになれればと思い
このブログに質問への答えを書いてみます。

――――――――――――――――――――

Q 庭木さんは、どうしてアナウンサーになりたいと思いましたか?

私はラジオが好きで、大学3年生のときに地元のコミュニティラジオ局で学生スタッフをしていました。生放送の途中で、火災が起きたという情報が入ってきたことがありました。そのとき、「〇〇で火災が起きました。救急車両が通る可能性があります。近くを車で走っている人は気をつけてください」と呼びかけているプロのアナウンサーの姿を見て、「放送は、人を楽しませたり感動させたりするだけでなく、困っているときの助けになることもできるんだ!」と思い、放送局で働いてみたいと思いました。


Q いつもどんな気持ちで仕事をしていますか?

NHKでは、アナウンサーも取材をしたり番組の内容を考えたりすることがたくさんあります。私が入局してはじめて担当した中継は、「地域で昔行われていた絹糸づくりを復活させる」活動についてでした。さっそく取材しに行きます。NHKから、車で1時間。繭玉や糸車などを見せてもらいながら話を聞いて、放送でどう紹介するかをまとめました。はじめてだった私は、「機械で紡いだ糸は、太さ21デニール」というコメントを書いていましたが、先輩のアナウンサーがひとこと。「人の髪の毛よりも細いんです」の方がわかりやすくない…!?専門用語や単位を用いて表現するより、身近な例えの方がピン!とくることもありますよね。こうした考え方は今も同じです。どう話して、どう表現すると見ている人に伝わるのか。テレビの前の人の姿や表情を想像して、話すことばひとつひとつも心を込めて選んでいます。


Q お気に入りのプリキュアは?

去年9月に担当した「全プリキュア大投票」を見て、私がプリキュアというアニメシリーズが好きだと知ってこの質問をしてくれたのだと思います。私は、「ハートキャッチプリキュア!」のキュアブロッサムと、「プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち」のキュアエコーが好きです。就職活動をしていたときや、アナウンサーとして働いている今でも彼女たちから勇気をもらっています。

ni_200402_01.jpg

――――――――――――――――――――

みなさんにとって
自分らしい働き方が見つかるとうれしいです。


■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:11時59分 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク

地中の黄金!春の絶品たけのこ 福岡県・北九州市


日本有数の竹林面積を誇る、北九州市合馬地区でいま旬を迎えるのが「たけのこ」。冬から収穫が始まり、4月に最盛期を迎える合馬のたけのこは、京都など関西の市場で最高値で売れるほどの“極上品”と言われてきた。
空気に触れるとえぐみが出るため、まだ地表に出ないうちに収穫。この地域特有の粘土質の「赤土」も地中に空気を通さないため、酸化しにくい。収穫してすぐのたけのこを使った「焼きたけのこ」や「刺身」は、みずみずしく歯ごたえがあり、ほのかに甘い。
たけのこ農家3代目の三村訓章さん(58)は、多い時で一日1000本を一人で収穫。近年の需要に合わせ、たけのこの収穫・生産だけでなく、アク抜きや味付けをした加工品開発も自ら行う。高級ブランドの味を後世に残すために工夫する生産者家族の姿とともに、旬のたけのこの魅力を伝える。

s_200401_01.jpg

s_200401_02.jpg

【問い合わせ先】
■たけのこ料理が食べられるお店
▽合馬茶屋
住所:福岡県北九州市小倉南区大字合馬1187番地
電話:070-2384-6639
FAX:093-981-9799
営業時間:10:30~完売にて終了
※5月6日(土)までの営業になります。
※お店で開発した「たけのこ入りラー油」も料亭で販売中。

■たけのこの収穫体験ができるところ 
▽合馬たけのこ体験園
住所:福岡県北九州市小倉南区辻三452
電話:093-452-0240
営業時間:9:00~
※名簿登録者とその家族・関係者限定です。但し、学習目的は特別となります。
(3月14日~4月19日の土・日・祝日)

■たけのこ料理の作り方

●たけのこと春キャベツのペペロンチーノ
s_200401_03.jpg
 
【材料/4人分】
ゆでたけのこ・・・400g
キャベツ・・・300g
しめじ・・・1/2パック
パスタ・・・4束
にんにく・・・1片
たかのつめ・・・1本
オリーブオイル・・・大さじ4
<調味料>
こぶ茶・・・小さじ2
うまくちしょう油・・・小さじ1
塩・胡椒・・・少々

(1)たけのこは短冊に切る。キャベツもたけのこの大きさに合わせて小さめにざく切り。しめじは根をとっておく。にんにくは芽を取り除きスライスする。
(2)フライパンにオリーブオイル、たかのつめ、にんにくを入れてから火にかけいためる。
(3)たけのこ、キャベツを入れてざっくり混ぜる。
(4)ゆでたパスタを入れ、調味料で味を調える。

●たけのこご飯
 s_200401_04.jpg
【材料/4人分】
ゆでたけのこ・・・250g
米・・・3カップ
油揚げ・・・1/2枚
木の芽・・・少々
<調味料>
だし汁・・・3カップ
うすくち醤油・・・小さじ4杯
酒・・・小さじ4杯
塩・・・少々

【つくり方】
(1)たけのこは1口大に切り、油揚げは細かく刻んでざるに入れ、熱湯をまわしかけ、脂抜きしておく。
(2)炊飯器に米と(1)、調味料を全て入れ、炊く。
(3)(2)を器に盛り付け、木の芽を散らす。

●たけのこの煮物
 s_200401_05.jpg
【材料/4人分】
ゆでたけのこ・・・300g
煮干し・・・10g
砂糖・・・大さじ1
うす口しょうゆ・・・大さじ1
こい口しょうゆ・・大さじ1

【つくり方】
(1)たけのこを食べやすい大きさに切る。
(2)いりこだしでたけのこを10分ほど煮る。
(3)砂糖、うす口しょうゆを入れる。
(4)最後に、こい口しょうゆをまわし入れ、味をととのえる。

★さらに味に変化を!たけのこの煮物の鰹節まぶし★
 s_200401_06.jpg
【材料】
かつお節・・・1パック
たけのこの煮物・・・4人分

【つくり方】
(1)かつお節をフライパンで2~3分いる(中火)。
(2)たけのこの煮物をからめて完成。

その他、レシピに関するお問い合わせ
▽「合馬たけのこ体験園」
電話:093-452-0240
s_200401_07.jpg



fukuchi.pngのサムネイル画像

4月からもよろしくお願いいたします!
さて今日は見て、食べて春を感じられる「たけのこ」をご紹介しました。

s_200401_08.jpg
 
向かった先は福岡県北九州市の合馬地区。
訪れたときは天気が晴れており、もうすっかり春!といった感じでぽかぽかとしていました。
この合馬地区はもともと豊富な竹を生かして竹細工を作っていたこともあり、たくさんの竹がありました!とてもきれいで神秘的!

今回取材させていただいたのはたけのこ農家の三村訓章さん、妻の理恵子さんです。
さっそくたけのこ収穫を体験させてもらうために訓章さんと山に行きました!
山登りが大変で・・・福岡に来て1年になりますが、私がどれだけ運動不足なのかがわかり、とても反省しました・・・(笑)


到着し、たけのこ収穫へ!!!これもまた大変なんです!
たけのこを見つけ出すのも難しく、そして掘るのもかなりの力が必要でした!
かなりの力と時間を使ってやっと採れました!とても嬉しくて感動しました(^^)

 s_200401_09.jpg

1つ1つ手作業で収穫するたけのこ。妻の理恵子さんがたけのこ料理を作ってくれました。
たけのこのペペロンチーノ、煮物、たけのこご飯など作っていただき、理恵子さんはたけのこは和食、洋食、中華などいろいろな料理に合うとおっしゃっていました。

s_200401_10.jpg
 
たけのこのサクッとした歯触りに噛めば噛むほど甘みや香りが出てきて幸せな気持ちになりました!

今回は合馬のたけのこを食べて春を感じました。
これから春本番!4月からもたくさんの食の今を伝えていきます!

s_200401_011.jpg

今回取材させていただいたたけのこ農家の三村訓章さん、妻の理恵子さん

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ページの一番上へ▲