2020年2月27日

"夜"のイチゴ収穫


今が旬の福岡県産のいちご“あまおう”の取材に出かけました。

ハウスに入ると、
赤く色づいた「あまおう」がたくさん!
まるで宝石のようです。

f_200227_01.jpg

夜に訪れたのですが、
このハウス、何とライトアップしているんです!
淡い電熱球の光に照らされたハウスは、落ち着いた幻想的な光景です。

f_200227_02.jpg

葉の成長を促すためですが、
農家によると、“いちご”も大人の雰囲気を楽しんで成長してくれるのでは・・・といいます。

一足早く大粒の実がなることで、
全国から引き合いがある“あまおう”。

農家が愛情をかけて育てているのを知って、
改めて感謝して食べたいと思いました。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:16時54分 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク

桜の開花、今春はいつ?


気象予報士の吉竹です。

通勤の途中、バスの窓から、毎年、早咲きの桜が確認できます。
今年もピンク色の桜の花が咲き揃ってきましたので、
その公園の桜を見に行ってきました。

y_200227_01.jpg

すでに満開です。
この公園の桜は「オオカンザクラ(大寒桜)」という品種。
カワヅザクラ(河津桜)に開花時期の早さは譲りますが、
比較的早い早咲きの桜です。
ソメイヨシノよりピンクが強く、花は丸っこくかわいらしいです。

y_200227_02.jpg

毎年、定点観察しているのですが、この公園のオオカンザクラは、
例年3月初めに開花、3月10日前後に満開になりますので、
今年は例年より半月も早い見ごろです。
やはり、この冬の記録的暖冬が影響している可能性が大きいと考えられます。

2月20日に日本気象協会から発表された桜の開花予想では、
福岡のソメイヨシノの開花は3月16日です。
平年より1週間早い開花予想です。
ソメイヨシノの開花としては、福岡が全国トップの開花になる可能性があります。

y_200227_03.jpg

そして、今春の桜前線は九州を北から南へ南下し、
鹿児島が九州で最も遅い3月28日の開花予想です。
従来、ソメイヨシノは鹿児島、宮崎から咲き始め、
九州を北上、最後に福岡で開花していましたが、
近年はまったく逆の「南下型」の開花がたいへん多くなっています。

ソメイヨシノは前年の夏に花芽が形成され、その後休眠します。
そして初冬の寒さでぱっちり眼を覚まし開花の準備に入ります。
これを「休眠打破」と呼びます。
さらに初春の暖かさで蕾が膨らみ、3月に一気に花が咲きます。

y_200227_04.jpg

実は、近年、地球温暖化などにより顕著な暖冬の年は、
鹿児島など九州南部でこの休眠打破が不十分となり桜の開花が遅れ、
桜前線が九州を南下する年が急増しています。
つまり、鹿児島などでは暖かすぎて桜が「ボーッとした状態」で
いつ開花していいのか戸惑ってしまい、とりわけ開花が遅れるのです。
桜の開花には寒さが必要です。

一方、福岡管区気象台に植えられている
ソメイヨシノの標本木の開花日(1952年以降)をグラフにしてみると、
過去50年でおよそ9日早くなっています。

y_200227_05.jpg

福岡の桜の開花が早くなっているのは、
地球温暖化や福岡市の都市化による気温上昇が原因と考えられます。
このように温暖化をベースにした気温上昇が、
各地の桜にさまざまな影響を与えているといえます。

ちなみに、福岡の桜の過去最も早い開花日は2013年と2009年の3月13日。
今のところ今年の開花予想日は3月16日ですが、
今後の暖かさ次第では、この記録に迫る可能性が考えられます。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:16時44分 | カテゴリ:吉竹顕彰 | 固定リンク

ページの一番上へ▲