2020年2月25日

十坊山 春の日帰り登山へ


中山庸介です。
珍しく、きょうは海ではなくて山がテーマです。

この休み、人混みを離れ、トレーニングにもなり、
いつも行っている海以外の場所はないだろうか・・・。

ということで、福岡県と、佐賀県との県境にある
十坊山(とんぼやま)に登ってきました。
糸島市の入浴施設のそばに登山口があり、
お風呂に行くたびに気にはなっていたのです。
天気もよかったので、いざ、実行へ。

na_200225_01.jpg

緩やかな坂道を登り始めます。
みかんの木から爽やかな香り・・・。

na_200225_02.jpg

登山道脇に、1メートルほどの小さな檻が。
イノシシの罠?でしょうか。
たしかに、周囲には山を切り開いた果樹畑が点在しています。
イノシシいるの?こわいよー。
1人で「シュー!」とか「おりゃっ!」とか、気合を入れるふりをして
動物除けに奇声を発します。効果は定かではありませんが・・・。

na_200225_03.jpg

道は次第に細くなり、落ち葉の坂道を踏みしめていきます。
盛りを過ぎた梅の木も、味わいがありますねー。

na_200225_04.jpg

登り始めて50分ほど。
けっこう、汗をかきはじめました。
そこに現れる急傾斜。
誰がつけたのか、「地獄坂」のプレートが。
わかりやすすぎるネーミング!
両足に力をこめて、登っていきます。
うっそうと茂った木々の中、いつになったら頂上にたどり着くのか・・・。
と思っていたそのとき!

na_200225_05.png

急に視界が開け、芝生の中に大きな岩が見えました。
来た!ついにここか!

na_200225_07.jpg

スカッと、上にはただ広がる空だけ。
そして、見渡す限りの海と山の木々。
最高のご褒美です。
風が吹くと、寒い!
体がびしょびしょに汗ばんでいたことを忘れるほどの
絶景でした。

往復2時間あまりのプチ登山でしたが、いい有酸素運動に
なりました。
平地をジョギングするのとはまた違う高揚感!
下山した後は、温かい湯につかり、心も体もほぐれた次第です。
山はいいですね!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時11分 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク

ページの一番上へ▲