2019年2月21日

58歳!プロレスデビューへの挑戦


今、若い女性を中心に再びプロレスに注目が集まっています。選手それぞれに物語があったり、夢や感動を与えてくれるプロレス。そのプロレスに58歳という年齢で挑戦しようと立ち上がった男性が北九州市にいます。長松浩二さん、58歳。長松さんは、国立島根大学理学部4年の時、アントニオ猪木が立ち上げた新日本プロレスの入団テストに見事合格し、一躍脚光を浴びます。憧れの道に進みますがデビューすることなくプロレス界から姿を消しました。そんな長松に、大阪で開かれる大会でデビュー戦をやってみないかとプロレス関係者から声がかかります。長松さんは、プロレスのリングに上がる以上は衰えた体は見せられないと、ここ3か月間、スポーツジム、道場に通って肉体と精神を鍛え直してきました。なぜ、今、プロレスに挑戦するのか、その男性を取材しました。

f_190221_01.jpg

f_190221_02.jpg

■プロレスデビュー戦に挑んだ長松浩二さん(58)
有限会社 長松商事 代表取締役
住所:北九州市北区下到津4丁目11-26
電話:093-562-8101

f_190221_03.jpg

■パラエストラ北九州(ブラジリアン柔術道場)
 ※長松さんが通っているのは「小倉北道場」
住所:北九州市小倉北区片野新町2丁目2-24
電話:093-611-1765

f_190221_04.jpg

■がむしゃらプロレス
 ※長松さんとスパーリングする鉄生選手
住所:北九州市小倉北区昭和町12-18
電話:093-932-7763(プロレス居酒屋がむしゃら)※月曜定休日

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:フォーカス福岡 | 固定リンク

ページの一番上へ▲