2018年6月20日

夫婦二人三脚のヤギミルク乳製品


ヤギのミルクを使った乳製品が、大分市に続々と登場している。プリンや本格派のチーズ、地元のレストランではヤギのチーズを使ったチーズケーキも食べられる。味わいは、さっぱりまろやか。ゴーダチーズとアイスクリームは、今年2月に大分市公式ブランド「Oita Birth」にも認定された。
原料のヤギミルクを生み出す牧場は、大分市内にある。木村憲一さん・喬子さん夫妻が営むヤギ牧場には、およそ60頭のヤギが飼育されており、そのうち14頭からミルクをとっている。ヤギの世話や搾乳は憲一さんの仕事、加工品の生産は妻の喬子さんの担当。まさに夫婦二人三脚だ。

s_180620_03.jpeg

s_180620_02.jpeg

憲一さんは元々大の動物好き。高校卒業後、畜産試験場で酪農家になるための勉強をしていたほどだったが、父親の会社を継ぐことになり、その夢をあきらめた。しかし還暦を前に一念発起し、ヤギ牧場を始めた。
新鮮な味わいそのままに搾乳されたミルクは、自宅の工房に届けられ、喬子さんが加工する。牧場を始める前は、チーズ作りやお菓子作りなどしたことがなかったという喬子さんだが、試行錯誤を繰り返し。いまでは慣れた手つきで乳製品を作っていく。
「ヤギミルクは臭いが苦手だという人が多いけれど、本当はとても美味しい」と二人は口をそろる。ヤギのミルクの臭みを抑える工夫を施し、おいしく加工して届けたいと取り組んできた「第二の人生」のたまものを紹介する。

▽木村山羊牧場
住所:大分県大分市大字佐賀関1380-2
電話:097-575-2470

【冒頭に紹介】
■ヤギミルクのアイス・プリン・チーズを取り扱っている販売店
▽葉な果菜(はなかな)
住所:大分県大分市城原358-1
電話:097-511-4088

■チーズケーキを作っているレストラン
▽ハンブルグ 大分本店
住所:大分県大分市牧上町4-20
電話:097-553-5386

▽ソフトクリーム「道の駅 さがのせき」
住所:大分県大分市大平989-6
電話:097-576-0770
※アイスやプリン、日によってロールケーキもあり


miyawaki.jpgのサムネイル画像

今回の主役はやぎ!
中でもご紹介したのは、やぎのミルクからつくる乳製品です。
アイス、プリン、ロールケーキ、ソフトクリーム、チーズ!
たくさんあって、どれもおいしいんです!
私が特に好きだったのはプリン!
甘さ控えめでなめらか、1つじゃ足りません…!

s_180620_01.jpeg

こうした乳製品の元となるヤギのミルクを生産している、笑顔がすてきな木村さんご夫婦。やぎ愛にあふれたお二人でした。
やぎたちの健康管理の徹底、時には子やぎを自宅で育てることも…!
小柄で繊細なやぎを飼育するには、気力・体力が必要なんだそうです。
そうして愛情たっぷりで育てたやぎから絞るミルクは、各地で大人気!
取材に伺った日も、牧場まで買いに来ていた人たちもいました。
初めはやぎのミルクから作る乳製品を販売するつもりはなかったというお二人ですが、今では、もっといいものを!と日々試行錯誤しているそうです。
お二人の「今の方が楽しい!」という笑顔はとても印象的で、元気をもらいました!
今は大分市内の食料品店などで販売しているので、ぜひ、大分に行かれた際には特産の1つとしてヤギの乳製品を味わってみてください。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18時30分 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク

ページの一番上へ▲