吉竹顕彰

2020年08月07日 (金)九州の煙霧、小笠原諸島・西之島の噴煙が原因か


気象予報士の吉竹です。

7月30日に九州北部は梅雨明け、その後、夏空と厳しい暑さが続いています。
夏といえば、青い空と太陽をイメージしますが、このところ福岡の空に異変が。
今週になって、空が白く濁って、太陽もなんとなくベールを被ったように
見える日が続いています。

実際、8月2日午後から見通しが悪くなり、
気象台観測による4日の視程(水平方向の見通し)は、
福岡8キロ
飯塚7キロ
下関5キロ
佐賀6キロ
通常、夏のよく晴れた日の視程は20~30キロありますので、
いつもの半分以下に落ちていることになります。

yo_200806_01.jpg

また、気象台は当日、各地で「煙霧」を観測しました。
煙霧とはちりなどの小さい浮遊物などにより、
空が白っぽく濁ってかすんで見える現象です。
煙霧の原因で多いのが、工場や車などから出される排気ガスやちりなどです。

しかし、今回の煙霧はこれらの原因では説明がつかないため、
松井気象予報士といろいろ調査してみた結果、
どうも小笠原諸島にある「西之島」の噴火と関係があることがわかってきました。
今週4日の「お天気チェック」のコーナーで放送した解説図がこちらです。

yo_200806_02.jpg

西之島は先月から活発な火山活動を続けており、
8月2日の気象衛星ひまわりの
トゥルーカラー再現画像(人の目で見たように再現した画像)では、
西之島からの噴煙がはっきり確認できます。
その噴煙がいったん南に流され、さらに東よりの風に乗ってどんどん奄美付近へ、
その後は南よりの風に流されて九州北部付近に到達していることがはっきりわかります。

数日間の気圧配置と上空の風の吹き方を詳しく調べてみると、
夏の高気圧が本州の南に停滞、この高気圧の周辺を吹く風の向きと一致、
この気圧配置がある程度長期に渡り続いたため、
西之島からの噴煙の一部が九州など西日本に流れ込み、
空が白っぽく濁る現象が続いているものと推定されます。

また、九州ではこれと同時にPM2.5の濃度がやや高い状態が続いています。
PM2.5は春の黄砂シーズンや人間活動により濃度が高くなることがありますが、
このように火山噴火による火山灰などが原因で数値が高くなることもあります。

今後、西之島の火山活動と気圧配置や上空の風の吹き方などの状況を
注視していく必要があるでしょう。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:10時15分 | 固定リンク


2020年07月21日 (火)九州の7月豪雨について


気象予報士の吉竹です。

今年の7月豪雨で九州各地で甚大な被害が発生しました。
大雨災害で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

九州で発生した今回の一連の大雨について、
雨の降り方と大雨の科学的原因を私が知りえる範囲でお伝えします。

7月4日の未明から朝にかけて、熊本県南部に線状降水帯が発生、
人吉市や球磨村など熊本県南部で記録的大雨が降りました。
前日の段階において気象庁の数値予報などでは、これほどの雨が降るとの
予想データはなかったのですが、私たち気象従事者は、
梅雨末期はこの予想値の数倍の雨が降るとの経験則も加味して予想対応します。
しかし、実際にはその予想をも上回り、
人吉市で24時間に400ミリを超える豪雨となりました。

yo_200721_01.jpg

「線状降水帯」とは、積乱雲による線状の降水域が長時間同じ場所に停滞し
激しい雨が降り続き大雨をもたらす現象です。
線状降水帯という言葉は、2014年に広島市で発生した豪雨以降、
よく聞かれるようになりましたが、この線状に並ぶ積乱雲の集団は、
特に目新しいものではなく、それまでも豪雨の原因になることは知られていました。
しかし現在でも、線状降水帯の発生は前日の段階で、
どこに発生するのか予想することはたいへん難しい現象で、
気象レーダで数時間前になってようやくその発生がわかるといった状況です。

yo_200721_02.jpg

熊本県南部の大雨から2日後、6日午後には、
長崎県から福岡県南部に延びる新たな線状降水帯が発生、
福岡県大牟田市や長崎県大村市などで広範囲の浸水被害が発生しました。
日本各地の年間降水量は、およそ1600~1900ミリ、人の身長くらいなのですが、
今回の一連の大雨で九州の多いところではわずか10日余りで1000ミリを超え、
年間雨量の半分以上の雨が一気に降ったことになります。

今回の10日以上続いた7月豪雨はなぜこれほど長く降り続き、かつ激しく降ったのか、
私自身はいくつかの要因が複合的に重なって発生した大雨と考えています。

yo_200721_03.jpg

少し専門的な話になりますが、まず
①「インド洋の海面水温が平年よりかなり高い」
これにより7月になるとインド洋で対流活動が活発になり、積乱雲が次々に発達、
インド洋全体に上昇気流の場が継続します。
上昇した空気は下降気流としてどこかに降りてくるわけですが、
その場所にあたるフィリピン付近で通常より高気圧が発達し停滞。
つまり、夏の高気圧が例年よりも西への張り出しが強まり、
その北側にあたる中国華南から日本に梅雨前線が停滞しやすい場が形成されました。
この場が10日余りにわたり長期間維持されたため、この前線に沿って、
インド洋と南シナ海から日本に水蒸気が運ばれて長雨が続くことになります。
今年は台風の発生がまだ2個と少ないですが、これもフィリピン付近に
下降気流の場が形成されているためで台風が今のところ発生しにくくなっています。
(今後、この場が崩れたら、一気に台風が次々に発生することが予想されます)

yo_200721_04.jpg

②「偏西風の蛇行が通常より大きい」
長期間前線が停滞し長雨が続いていたところに、極端な豪雨が何回も発生しました。
この豪雨の発生には雨雲を次々に発達させる要因が必要となります。
それが、例年7月と比べて蛇行が大きくなった偏西風(ジェット気流)です。
通常、この時期になると偏西風は日本のずっと北、シベリア付近まで北上するのですが、
今年は7月になって、九州のすぐ近くまで南下。それに伴い北極からの寒気の一部が
黄海付近まで南下、インド洋や南シナ海からの高温多湿な空気と激しくぶつかりあい、
九州付近で次々に活発な積乱雲の列、線状降水帯を発生させて豪雨をもたらしたものと
考えられます。中国長江流域で同じ時期に降った大雨災害も同様で、
豪雨の発生にはすぐ近傍での寒気の存在が重要になります。

yo_200721_05.jpg

③「地球温暖化による水蒸気量の増加」
そして3つ目の原因が地球温暖化による影響です。
温暖化することにより海の温度も上昇するわけで、
日本近海ではこの100年で海面水温が1.2度前後も上昇しています。
特に、水深が浅い東シナ海や日本海の海水温の上昇は、世界的にみても顕著なところです。
海水温が上昇すると、海面から蒸発する水蒸気量も増えます。
また、気温が高ければ高いほど空気中に含みうる水蒸気量も増えますので、
温暖化によって必然的に降る雨の量が増えることは物理的に明確なことです。
今回の大雨は海水温上昇によって東シナ海などから大量の水蒸気が九州付近に供給され、
積乱雲の発達に寄与したものと考えられます。

yo_200721_06.jpg

近年の暖候期の大雨は、
2017年の福岡県朝倉市などに甚大な被害を発生させた「九州北部豪雨」、
2018年の西日本の広範囲で大雨被害をもたらした「西日本豪雨」、
2019年8月の「佐賀豪雨」、そして秋に東日本に大雨や暴風による被害を出した
「台風15号、台風19号」。
毎年のように気象災害が立て続けに発生しています。

今回の7月豪雨で再び大きな災害が発生しましたが、日本の気象、世界の気象が
やはり新しいステージに移ってきているとこが実感されます。
私たちはその事実を謙虚に受け止め、
これから自然の振る舞いに対してどのように対応、共存していくのか、
考えなくてはいけない時にきているのではないかと思います。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:10時00分 | 固定リンク


2020年07月06日 (月)大雨に関する情報と警戒レベルについて


気象予報士の吉竹です。

九州北部は6月11日に梅雨入りして、梅雨が三分の二ほど経過、
いよいよこれから梅雨末期の大雨シーズンを迎えます。

2017年7月5日には朝倉市や東峰村を中心に九州北部豪雨が発生、
甚大な被害が出ました。
2018年には7月6日を中心に西日本豪雨が発生し福岡県でも大雨が降るなど、
7月上旬から中旬にかけては過去、大きな大雨災害がたびたび発生しています。

大雨災害から身を守るためには、
気象台から発表される情報などに十分気を付け、
早め早めの避難をするなど、積極的な防災行動が大切です。

yo_200703_01.jpg

これは気象庁から発表される気象に関する情報と5段階の警戒レベルです。
テレビなどで報じる場合は、それぞれ色分けしてわかりやすくしています。
例えば、
レベル5の「大雨特別警報」は黒
レベル4の「土砂災害警戒情報」は紫
レベル3の「大雨・洪水警報」は赤
といった具合です。

去年までは特別警報は濃い紫で表示していましたが、
土砂災害警戒情報の薄い紫と似た色で分かりにくかったので、
今シーズンからレベル5の大雨特別警報は黒に変更になりました。

yo_200703_02.jpg

そして、このような情報が発表されたら、
私たちはどのように行動したらよいのでしょうか。

まず、レベル3の「大雨・洪水警報」が発表されたら、
自治体からは「避難準備・高齢者等避難開始」を呼びかけます。
災害弱者といわれるお年寄りや体の不自由な方はこの段階で
安全を確保していただく必要があります。

次に、大雨警報が発表されているときに、
土砂災害の危険性がさらに高まった市町村には
レベル4の「土砂災害警戒情報」が発表されます。
崖の近くなど危険な場所に住んでいる方は、
速やかに全員避難が基本行動となります。
さらに、各自治体からは「避難勧告」や「避難指示」が
発表されることがありますが、
テレビでスーパーが流される「土砂災害警戒情報」の段階で
避難の行動をとることが大切です。

そして、レベル5の「大雨特別警報」が発表されたら、
この時点ですでに重大な災害が発生していることがあります。
「命を守る行動」をとる必要があります。
つまり、避難はレベル4の段階で完了しておくべきで、
特別警報のレベル5ではすでに手遅れというケースもあることになります。

毎年、全国で大雨による災害が発生しています。
大雨災害はいつ、どこで発生するかわかりません。
梅雨末期の時季、気象台、自治体から発表される情報には
十分注意してお過ごしください。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:10時05分 | 固定リンク


2020年06月01日 (月)梅雨を迎える植物たち


気象予報士の吉竹です。

梅雨入り前の青葉若葉のすがすがしい季節です。
閉園中だった福岡市植物園が再開されましたので、
久しぶりに園内を散策してきました。

前回行ったのが、桜が咲くころでしたので、2か月ぶりです。
すっかり緑が濃くなり、初夏の花たちが季節の移ろいを
実感させてくれます。

yo_200601_01.jpg
アジサイ(紫陽花)が色づき始めていました。
紫陽花は6月にかけての雨の季節に似合う花。
私は涼しげなブルー系の色が大好きです。
色づいているところはガクに相当する部分。
真花とよばれる本当の花は、このガクの部分のさらに内側に小さく咲きます。
紫陽花は色が次々に変わりますので別名「七変化」とも。

yo_200601_02.jpg
アマチャ(甘茶)です。
アジサイに似ていますね。
アマチャはアジサイの変種で、
このアマチャの葉っぱを乾燥して煎ずると甘いお茶になります。
お釈迦さんの誕生日にあたる4月8日の「花まつり」に、
お釈迦さんの像にこの甘茶をかけて誕生をお祝いします。

yo_200601_03.jpg
ヤマボウシ(山法師)です。
比較的背の高い木、この葉っぱの上のところに白い花が並びます。
街路樹でもよく植えられており、
遠くからでも山法師の白い花が目立ちますね。
真ん中にある丸い部分に花が咲きこれをお坊さんの頭に、
そして4枚の白い部分(花ではなく総苞片といいます)を
お坊さんの頭巾に見立てています。
よく見るとそう見えますね。
秋になると、小さい赤いゴルフボールのような実がつきます。

yo_200601_04.jpg
ハナイカダ(花筏)の実です。
気を付けてよーく見ないと、通り過ぎてしまいます。
桜が咲く時季に、葉っぱの真ん中に小さな花が咲きます。
雌雄異株なので植物園では雄と雌、2本の木が並べて植えられています。
5月下旬になると葉っぱの上に、小さい実が付きます。
そして、夏になるとこの緑の実が黒に変わります。
葉っぱを船に、実を船頭さんに見立てて「花筏」。
すてきな呼び名です。

yo_200601_05.jpg
ウツギ(空木)です。
幹が空洞なのでこの名前がついています。
別名、卯の花ともいいます。
卯の花とはおからのことで、
おからのように白い花ということですね。
丁度、この卯の花が咲くころに天気がくずつくことを
「卯の花腐し(くたし)」ということがあります。
湿度が高くなり、卯の花を腐らせるような梅雨のはしりという意味です。

5月下旬は晴れてすがすがしい日が多かったのですが、
福岡県など九州北部の梅雨入りの平年日は6月5日。
いよいよ梅雨前線が北上する気配を見せており、
今年ももうすぐ雨の季節を迎えます。
気温、湿度とも高く、蒸し暑い日が増えてきます。
時節柄、健康管理にはくれぐれも注意してお過ごしください。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:11時22分 | 固定リンク


2020年05月01日 (金)ベランダの花たち


気象予報士の吉竹です。

きょうから5月、立夏を前にして一気に汗ばむ陽気。
「夏隣(なつどなり)」
この時季の初夏の到来を感じさせる季節感をこう表現します。

コロナ禍で私も休日は家籠りの生活ですが、
普段なかなか進まないこと、例えば部屋の整理や後片付け行いながら、
「植物男子ベランダー」やっています。

今、開花している我が家のベランダの花、写真に撮ってみました。

yo_200501_01.jpg

冬からずっーと咲き続けてくれたビオラ。
4月に何回も寒の戻り、低温傾向が続いたこともあり、
まだまだきれいに咲いてくれています。
例年ですと、大型連休中にペチュニアと交代するのですが、
ビオラくん、最後の花火のような華やかな姿を
もうしばらく楽しませてくれそうです。

yo_200501_02.jpg

カリブラコアの花です。
ペチュニアを小さくしたようなかわいい花がたくさん咲きます。
実はこのカリブラコアは去年咲いて、葉を落としてこの冬を越し、
2度目の開花になります。
カリブラコアは一年草で扱われることが多いのですが、
厳しい冬を乗り切って、姿は乱れ気味ですがまた咲いてくれたので、
喜びもひとしおです。

yo_200501_03.jpg

ポーチュラカの花です。
ウェルデルマニーという品種で多肉質、数年前から育てています。
もふもふの白い毛をまとっているところが特徴的。
先日から濃いパープルの花を次々に咲かせています。
午前10時ごから咲き始め、午後3時過ぎにしぼみます。
平日は仕事でこの花が見られないので、
休日しか会えない愛おしい花です。

yo_200501_04.jpg

サボテンの花です。
マミラリアという品種で白い小さなトゲトゲがとてもきれいです。
そして、小さい赤い花を次々に咲かせてくれます。
我が家ではいろいろなサボテンを育てているのですが、
春から夏にかけて艶やかで蝋細工のような花が次々に開花します。
サボテンは毎年、植え替えを行ったほうが育ちがよいので、
連休期間中に一気に土の植え替えをする予定です。

yo_200501_05.jpg

初めてウチョウラン(羽蝶蘭)の花が開花しました。
去年6月、福岡市植物園でウチョウランの展示会があった際に、
東洋ランを育てていらっしゃる会員の方から、
花は終わっていますが育ててみますかと、この鉢をいただいて帰りました。
冬は球根だけになり心配したのですが、
春になって水やりを再開すると、きれいな花が咲いてくれました。
白を基調に薄紫色の模様が入って涼しげで、なんとも気品があります。
やはり日本の四季には日本の山野草、いいですね。

yo_200501_06.jpg

最後は、トマトの苗です。
プチトマトです。
私の家族はまったく園芸に興味がありません。
ただ、トマト食べたいねとこの時季になるとせかされますので、
私がトマトの苗を買ってきてこのように自己流で育てています。
毎年、身割れしたり、カラスに食べられたり、
一喜一憂しながらのトマト栽培です。
すでに黄色の花が咲き始めました。
今年は豊作となるのでしょうか、収穫が楽しみです。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:14時16分 | 固定リンク


2020年04月17日 (金)晩春の植物と寒の戻り


気象予報士の吉竹です。

新型コロナウィルス対策で、
今週からバス通勤から自転車に変えて移動しています。
一年で最も過ごしやすく、すがすがしい季節の4月、
風を切っての自転車は気持ちのよいものですが、
今年は複雑な思いでペダルをこいでいます。

ソメイヨシノはすっかり葉桜に変わり、
今は八重桜が見ごろを迎えていますね。
通勤途中に見つけた八重桜、花の色が緑です。
これはおそらく「御衣黄(ぎょいこう)」という桜でしょうか。
開花したすぐは緑、少しずつ薄黄色っぽくなり、さらに赤い筋が入ります。

yo_200417_01.jpg

 
この葉はなんでしょうか?

晩春の太陽の日差しを受けて、
まだ生まれたばかりの赤ちゃんのようにみずみずしい新緑がとてもきれいです。
3月初めに春の訪れを告げてくれた白い「白木蓮(はくもくれん)」の若葉です。

yo_200417_02.jpg


2月に私たちを楽しませてくれた梅です。

いつの間にかかわいらしい実をつけていました。
まだ小さいですが、梅雨入りのころには立派な梅の実になっていることと思います。
植物たちは着実に季節の時計を刻んでいます。

yo_200417_03.jpg


4月も半ばを過ぎましたが、3月までの記録的高温から一転、
4月前半は肌寒い日が多くなっていますね。

yo_200417_04.jpg


これは福岡の4月前半の最高気温をグラフにしたものです。
4月初めの桜満開のころは、しばしば気温が下がり「花冷え」となりました。
そして、4月12日~13日、福岡県内は最高気温が10度前後と
1月から2月並みの寒さ、強い寒の戻りになりました。
4月前半の最高気温の平均は、平年より0.8度低く、低温傾向が続きました。


では、このあと4月後半はどうなるのでしょうか?
北極から寒気が低緯度に南下しやすい傾向はこのあとも続く可能性が高く、
九州北部は4月後半も「低温傾向」が続く見込みです。

yo_200417_05.jpg


特に、4月22日(水)~25日(土)ごろにかけては、
この時季としては強い寒気がシベリアから南下します。
太陽の日差しが強くなっていますので、
昼間は極端に寒くなることはありませんが、
朝晩は地面の熱が奪われる放射冷却現象が盛んになり、冷え込みが強まります。
遅霜が降りるおそれがありますので、とりわけ農作物の管理には注意が必要です。
昔から「八十八夜の別れ霜」といいます。

また、衣類もまだ厚手のものが必要ですし、
朝晩は暖房がほしくなる日もあるでしょう。
今後も大きな気温の変化が予想されますので、
風邪などひかれませんよう、健康管理には十分お気をつけください。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:15時44分 | 固定リンク


2020年03月11日 (水)福岡のソメイヨシノに異変が?


気象予報士の吉竹です。

さまざまのこと思い出す桜かな 芭蕉

春を代表する花といえば、やはり桜ですね。
気になる桜のつぼみがどうなのか、
先日9日に福岡管区気象台のソメイヨシノの標本木を見にいってきました。

福岡管区気象台のお天気相談所の許可をいただいて、写真を撮ってきました。
まず、こちらが標本木の全景です。
高さ10メートルを超えそうな立派な桜です。
この標本木の桜が5~6輪以上開けば、「開花」が発表されます。

y_200311_01.jpg

標本木の根元には立札があります。
裏を見て見ると「1979年2月」の文字。
つまり1979(昭和54)年の2月に
気象台のこの地に移植したことが記されています。
もう40年以上たっています。立派な大人の桜です。
(※実は、この標本木の近くにもう一本、ソメイヨシノが植えられています。
もし、標本木が病気や台風などで折れた場合にはこの予備の木が選手交代、
新しい標本木に昇進します)

y_200311_02.jpg

y_200311_03.jpg

今年は暖冬の影響で桜の開花は早いという予想、
もうつぼみは随分大きくなっているだろうな、
と思い肝心のつぼみに近づいてみると、

y_200311_04.jpg

「ウワッー、これは・・・」
「まだつぼみ堅くて小さい!茶色で緑が見えてない」
「開花予想日まであと1週間、絶対無理!」
「このままでは平年の開花日3月23日より遅くなるのでは?」
とつぶやいてしまいました。

予想が外れ、心の片隅にあった恐れていたことが起こっているようです。
前回のブログ(2月27日)で少し説明しました「休眠打破」です。
この春、福岡のソメイヨシノについては
記録的暖冬の影響でこの休眠打破が「不十分」である可能性が。

ソメイヨシノは冬の寒さが足りないと目覚めが悪くなり、
開花が通常より遅れる傾向が強くなります。
近年、鹿児島の桜が、暖かい冬が多いため開花が異常に遅い年が増えています。
この現象がとうとう福岡でも。

y_200311_05.jpg

福岡のこの冬(12月~2月)の平均気温は9.8度、平年より2.2度も高い。
1890(明治23)年の観測開始以来、第1位の記録的高温となりました。
ベスト5を並べてみると
第1位 9.8度 2019年12月~2020年2月の冬
第2位 9.2度 2018年12月~2019年2月の冬
第3位 9.0度 2006年12月~2007年2月の冬
第4位 8.8度 1988年12月~1989年2月の冬
第5位 8.7度 2016年12月~2017年2月の冬
※平年は7.6度

2位以下に大きく差をつけ、ダントツの高温です。
「9.8度」という気温は、鹿児島の平年の冬の気温「9.6度」を上回っており、
「福岡が鹿児島に引っ越したような冬であった」
と言うことができます。
これまでに経験したことがない未知の領域に足を踏み入れたような状態です。

さあ、福岡の桜は、開花がいつになるのか?
こまめにつぼみの状態を確認する必要があります。

ちなみに、きょう(3月11日)現在、
東京のソメイヨシノの標本木は1輪開花とのことです。
ほころびそうなつぼみもたくさんあり、
東京は過去最も早い3月16日を抜き記録的に早い開花になる可能性も。
「この春、全国の桜前線に異変あり」の様相を呈してきました。

y_200311_06.jpg
撮影:日本気象協会

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:16時44分 | 固定リンク


2020年02月27日 (木)桜の開花、今春はいつ?


気象予報士の吉竹です。

通勤の途中、バスの窓から、毎年、早咲きの桜が確認できます。
今年もピンク色の桜の花が咲き揃ってきましたので、
その公園の桜を見に行ってきました。

y_200227_01.jpg

すでに満開です。
この公園の桜は「オオカンザクラ(大寒桜)」という品種。
カワヅザクラ(河津桜)に開花時期の早さは譲りますが、
比較的早い早咲きの桜です。
ソメイヨシノよりピンクが強く、花は丸っこくかわいらしいです。

y_200227_02.jpg

毎年、定点観察しているのですが、この公園のオオカンザクラは、
例年3月初めに開花、3月10日前後に満開になりますので、
今年は例年より半月も早い見ごろです。
やはり、この冬の記録的暖冬が影響している可能性が大きいと考えられます。

2月20日に日本気象協会から発表された桜の開花予想では、
福岡のソメイヨシノの開花は3月16日です。
平年より1週間早い開花予想です。
ソメイヨシノの開花としては、福岡が全国トップの開花になる可能性があります。

y_200227_03.jpg

そして、今春の桜前線は九州を北から南へ南下し、
鹿児島が九州で最も遅い3月28日の開花予想です。
従来、ソメイヨシノは鹿児島、宮崎から咲き始め、
九州を北上、最後に福岡で開花していましたが、
近年はまったく逆の「南下型」の開花がたいへん多くなっています。

ソメイヨシノは前年の夏に花芽が形成され、その後休眠します。
そして初冬の寒さでぱっちり眼を覚まし開花の準備に入ります。
これを「休眠打破」と呼びます。
さらに初春の暖かさで蕾が膨らみ、3月に一気に花が咲きます。

y_200227_04.jpg

実は、近年、地球温暖化などにより顕著な暖冬の年は、
鹿児島など九州南部でこの休眠打破が不十分となり桜の開花が遅れ、
桜前線が九州を南下する年が急増しています。
つまり、鹿児島などでは暖かすぎて桜が「ボーッとした状態」で
いつ開花していいのか戸惑ってしまい、とりわけ開花が遅れるのです。
桜の開花には寒さが必要です。

一方、福岡管区気象台に植えられている
ソメイヨシノの標本木の開花日(1952年以降)をグラフにしてみると、
過去50年でおよそ9日早くなっています。

y_200227_05.jpg

福岡の桜の開花が早くなっているのは、
地球温暖化や福岡市の都市化による気温上昇が原因と考えられます。
このように温暖化をベースにした気温上昇が、
各地の桜にさまざまな影響を与えているといえます。

ちなみに、福岡の桜の過去最も早い開花日は2013年と2009年の3月13日。
今のところ今年の開花予想日は3月16日ですが、
今後の暖かさ次第では、この記録に迫る可能性が考えられます。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:16時44分 | 固定リンク


2020年01月31日 (金)記録的大雨と記録的暖冬


気象予報士の吉竹です。

ロクいち!の気象コーナーに向けて、毎日、天気図とにらめっこしています。
さまざまな気象資料を解析して、きょうお伝えするポイントを頭の中でまとめ放送に臨みますが、
時には私が経験したことがない予想以上のことが起こります。

y_200131_01.jpg

1月27日(月)の出来事です。
発達中の低気圧の通過で九州北部は雨になりました。
放送中、大分県南部に発達した雨雲が発生、気になっていました。

y_200131_02.jpg

放送終了後、みんなできょうの番組反省会をしていましたが、
大分県佐伯市に相次いで「記録的短時間大雨情報」が発表され、
報道フロアは一気に緊張、慌しくなり、特別番組の対応に追われました。
私は雨雲の状況、雨の降り方、水蒸気の流れ込みなど、いろいろなデータを確認。
「線状降水帯」の発生です。
午後7時27分までの1時間に佐伯市で117.5㎜の猛烈な雨を観測。
1月としては日本歴代1位の記録更新。
雨雲は午後8時ごろからようやく東へ動き始め、
佐伯市の雨の峠は越えましたが、被害が発生しました。

y_200131_03.jpg

経験のない豪雨、ここでポイントになるのは、
(1)なぜ1月のこの時季に?
(2)南西諸島ならわかるが、なぜこれほどの猛烈な雨が九州で降る?

データを解析すると、低気圧が大量の暖かい湿った空気を持ち込み、
南東の風が大分県南部の山に吹きつけ、佐伯市付近に線状降水帯が形成されました。
そして、季節はずれの暖かい大量の水蒸気が九州付近まで持ち込まれたのには、
どうもこの冬の記録的暖冬とも関係があるようです。

y_200131_04.jpg

この冬は偏西風の位置が例年よりかなり北に位置した状態が続いています。
このため、シベリアの寒気が南下できず、九州を含め全国的に記録的暖冬になっています。
大分県佐伯市大雨当日の1月27日、お隣の熊本県八代市で最高気温が23.7度、
平年より13.5度も高い5月上旬並みの記録的高温になりました。
つまり初夏並みの暖かい空気が九州に流れ込んでいたわけです。

y_200131_05.jpg

この冬の記録的暖冬についてはさまざまな要因が考えられますが、
太平洋の日付変更線付近の海面水温が高いことや
通常とは異なるインド洋の海面水温の状態が日本の南の高気圧を強め、
ひいては偏西風を北上させていることが大きな原因のひとつ。
これに加え、地球温暖化による気温の上昇も暖冬に拍車をかけているものと考えられます。

福岡の1月の平均気温を1890年(明治23年)の観測開始以降、グラフにしてみました。
右肩上がりに気温が上昇しています(100年あたり1月の気温は1.9度上昇)。

y_200131_06.jpg

そして福岡における今年2020年1月の月平均気温(1月30日まで)は9.6度。
これは平年より3.0度も高く、観測開始以来130年間で2位を大きく引き離し、
経験したことがない記録的高温です。
9.6度とは3月上旬から中旬の気温に相当するまさに季節はずれの高温。
地理的には福岡市が鹿児島市や枕崎市のさらに南、種子島の近くまで移動したような状態です。

すでに記録的暖冬の影響で、
農作物の生育や冬物商品の消費など社会的にも大きな影響が出ていますが、
いろいろな資料を検討してみても、2月も暖冬が続く可能性が高いと考えられます。
今後も気候の動向に注目していく必要があります。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:17時07分 | 固定リンク


2020年01月17日 (金)「雪中四友」 初雪はいつ?


気象予報士の吉竹です。

先日、成人式の日に福岡市植物園に行ってきました。
天気はくもり、福岡市の最高気温は10.7度、平年並みの気温で寒の内らしい寒さでした。
花の数が一年で最も少なくなる時季ですが、
いろいろな植物に挨拶しながらおよそ3時間、
すっかり寒さを忘れ、広い園内を散策するのはとても楽しく贅沢なひとときです。

「雪中四友(せっちゅうしゆう)」という言葉があります。
雪の中に咲く、冬を代表する四つ花のことをこう呼びます。

雪中四友、咲き始める順にまずはサザンカ(山茶花)

y_190117_01.jpg

初冬のころから次々に咲き続けているサザンカ、
冬枯れのモノトーンの季節に彩を添えてくれます。
この赤いサザンカの名前は「勘次郎」、日本的ないい名前ですね。
そろそろサザンカは雨に濡れて散り始め地面を赤く染めますが、
そんな雨が「山茶花散らし」。

次にスイセン(水仙)

y_190117_02.jpg

この冬の暖かさでスイセンは12月から早々と開花、
今、最盛期を迎えています。
植物園には斜面いっぱいに日本水仙が植えられてあり、
上品な香りにいっぱい包まれて幸せな気持ちになります。
スイセンの別名はまさに「雪中花」。

そしてロウバイ(蠟梅)

y_190117_03.jpg

y_190117_04.jpg

ロウバイは例年より早い年末から咲き始めました。まもなく満開を迎えます。
蠟細工のような光沢があり、梅に似ているのでこの名前。
黄色の花の中心は、少し赤みがかっています。
一方、下の写真はソシンロウバイ(素心蠟梅)です。
薄い黄色一色で、素心とは混じり気がないという意味です。

雪中四友の中で最後に開花を始めるのがウメ(梅)

y_190117_05.jpg

y_190117_06.jpg

園内のウメの中で毎年最初に咲くのは「雪月花(せつげっか)」という白梅。
紅梅の「緋の司」も咲き始めていました。
近くでみると長い長い雄しべが、パッチリおめめのつけまつ毛のよう。
凛とした寒さの中に馥郁たる香りを漂わせ、早春の訪れが感じられます。

そんな雪にちなんだ花が咲き揃う季節ですが、
肝心の雪がまだなんですね。
福岡の初雪の平年日は12月15日、
もう一ヶ月過ぎていますが、初雪が観測されていません。

y_190117_07.jpg

1月17日現在、初雪が観測されていない地点は、
九州の県庁所在地7地点、さらに四国全県、下関、広島、京都、名古屋、岐阜など
西日本から東海にかけての広い範囲です。
これらの地点は福岡市と同じように平年より1ヶ月前後も初雪が遅れています。

福岡の初雪の遅い記録は、今から111年前、
1909年(明治42年)2月6日です。

y_190117_08.jpg

いろいろな気象の予測データを見て見ると、九州北部はこのあと1月下旬にかけても
平地で雪が降るような強い寒気の南下はなく、暖冬傾向が続く見込みです。
従ってこの冬は、これまでの初雪の遅い記録にかなり迫るか、
場合によってはこれまでの記録を更新する可能性もあり注目です。

投稿者:吉竹顕彰 | 投稿時間:16時31分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲