中山庸介

2020年07月02日 (木)季節は進む


中山庸介です。
梅雨の中休みのきょう、
鮮やかな黄色に、思わず目を奪われました。

na_200702_01.jpgのサムネイル画像

満開のひまわりが、夏の訪れを呼びかけているようです。
子どものころから、ヒマワリを眺めると
「いよいよ夏休みだ!」と気持ちが高まったものでした。
どこに咲いていたかというと…。

na_200702_02.jpg

NHK福岡のある六本松の路地。
街の皆さんが手塩にかけて世話をした
花壇で咲き誇っていました。

na_200702_03.jpg

ヒマワリ越しのアジサイも風情がありますね。
今年は子どもたちの夏休みも短縮、
そもそもコロナがどうなるのか
みんなが手探りの状況です。
季節の変化を教えてくれる植物は
ほっと一息、心をなごませてくれますね。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時37分 | 固定リンク


2020年06月29日 (月)季節の味わい


中山庸介です。
気づけば6月も明日で終わり。
そして、2020年も折り返し地点です。
早いですね~。

さて、最近スーパーでちらほら見かけるこの果物。

na_200629_01.jpg

沖縄や鹿児島などで栽培されているパッションフルーツですね。
ちょうど6月から8月ぐらいまでが収穫シーズンだとか。
甘い香りが好きで、並んでいると思わず手を伸ばして
しまいます。

沖縄で育てている知人によると、
表面がしわしわになるくらい寝かせると、甘くて食べごろ。
しかし、待ちきれずに真っ二つに。

na_200629_02.jpg

とろりとゼリー状の果肉が種を包んでいます。
スプーンですくって食べると、果肉のトロトロと種のポリポリが
混ざりあった不思議な歯ざわりです。
何より、鼻腔に抜けるトロピカルな香りに、南国気分が高まります。

そして大人の皆さんに、もう一つおすすめの楽しみ方。
ここに泡盛を少し垂らして、かき混ぜて飲む。
泡盛も、パッションフルーツも、よく冷やしておくと
さらにおいしいです。
飲みすぎにはご注意を!!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時12分 | 固定リンク


2020年06月23日 (火)6月23日に思うこと


中山庸介です。
沖縄戦から75年。きょう、6月23日は「慰霊の日」です。
もう、75年かと、さまざまな感慨の中で追悼式の中継を見守っていました。

na_200623_01.jpg

私が沖縄に赴任したのは2003年、沖縄戦から58年の年です。
糸満市摩文仁の平和祈念公園に初めて行き、
犠牲となった方々の名前がどこまでも続く、その多さに
言葉を失いました。

やがて沖縄の女性と結婚し、彼女の祖母、「おばあ」から
たびたび戦争の記憶を語ってもらいました。

昭和20年、当時乳飲み子だった伯母を背負い、
壕から壕を逃げまどった辛さ、苦しさを、繰り返し語っていました。
「なんとかしてわかってほしい」と言わんばかりに、
畑のそばで、仏壇の前で、ことあるごとに話すその姿が、
いまも目に焼き付いています。

na_200623_02.jpg

5年前の夏、当時小学生だった娘が夏休みの自由研究で、
沖縄戦について調べたいと、おばあに戦争体験をきき、
レポートにまとめました。
亡くなった弟の唯一残る写真や、平和の礎に刻まれた名前も、
このときはじめて目にしました。
身近な人間を失う痛みを、娘も、私も、わずかかもしれませんが
共有できたような思いがしました。

90代も半ばを超え、老人ホームと病院を行き来するようになっても、
戦争の話となると急に語気を強めて語りだしたおばあ。
そんな彼女も、今月、100歳で旅立っていきました。

na_200623_03.jpg

沖縄戦から、75年。
彼女が人生の最後の最後まで伝えたかった思いを、
私自身が子どもや孫たちに、どう語り継いでいくのか。
ことあるごとに考えたいと思う、慰霊の日です。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時40分 | 固定リンク


2020年06月18日 (木)大雨の季節に


中山庸介です。
きょうの福岡市は朝から雨が降ったりやんだりの天気です。

na_200618_01.jpg

福岡県内では、これからあすにかけて非常に激しい雨が降る
おそれがあります。
土砂災害などには、引き続き十分、警戒してください。

きのうの「気象双方向」では、
出水期となって、いざというとき、どのような「避難」を
行うのかアンケートを行いました。

na_200618_02.jpg

投票総数10832票のうち、
▼避難所に逃げると答えた人が10%
▼親戚・知人の上が10%
▼在宅避難が64%
▼決めていない人が16%でした。

私たちが想像していた以上に「在宅避難」という方が
多い結果でした。
今年はとりわけ避難所でのコロナウイルス感染を心配された結果、
「在宅」を選んだ方がいるかもしれません。

ただ、注意したいのは、土砂崩れや濁流は、一瞬にして
私たちの命を奪う、危険なものだということ。
これまでの「ロクいち」でもお伝えしていますが、
もう一度お住まいの地域のハザードマップなとを見直して、
どんなリスクがあるのか、ぜひ確認してください。
危険が迫る場合や、不安を感じる場合にはためらわずに
避難をすることが大切です。
そのうえで、持ち出し袋の中に、マスクやエタノール、
手袋やポリ袋など接触感染を防ぐグッズを準備して、
早めの対策をしていこうと、私自身も思っています。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時33分 | 固定リンク


2020年06月12日 (金)えほん、よむよー!第2弾


中山庸介です。
九州北部も梅雨入り。
今年はコロナもあいまって、おうち時間を過ごす方も多いと思います。
さて、4月に放送して視聴者のみなさまから反響の大きかったコーナー、
「えほん、よむよー」の第2弾を放送することにしました。

na_200612_01.jpg

来週(6月15日~19日)の「ロクいち!福岡」での放送に向けて、
庭木アナも…

na_200612_02.jpg

辻本キャスターも…

na_200612_03.jpg

すでに収録を終えました。

私は、何かを数えているところ。
数えなくては読めない作品なんです!!

na_200612_04.jpg

総合プロデューサーは
我らが岩元良介アナ。
この日も絶妙なOKを出してくれました!

na_200612_05.jpg

福岡県ゆかりの作家の方々の作品を、
絵本の朗読と音楽でお送りする「えほん、よむよー」。
「ロクいち!福岡」での放送をどうぞお楽しみに!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時36分 | 固定リンク


2020年06月02日 (火)クールビズ


中山庸介です。
6月に入りました。
梅雨入りを前に、福岡の空は早くも夏のようです。

na_200602_01.jpg

きょうは雲もほとんどなく、
風もさらっとしていますね。
そして、きのう・6月1日から、
福岡局では恒例のクールビズ出演が始まりました。


na_200602_02.jpg

ネクタイをつけないでテレビに出る、というのは
去年のシーズン以来ですから、ほぼ8か月ぶり。
なんだか後ろめたいような気持ちになるのは
職業病(?)でしょうか。

でも、首回りに空気が入るのでだいぶ涼しさが違います。
今年はマスクの夏。
そして、暑さに体が慣れていない人も多いと思います。
熱中症には本当に気をつけて乗り切っていきたいですね。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時54分 | 固定リンク


2020年05月26日 (火)ロクいち大相撲の季節!


中山庸介です。
コロナの影響がなければ、大相撲夏場所が行われているはずの今週。
力士たちの熱いぶつかり合いが見られないのは、なんとも残念です。
・・・と思って福岡局のアナウンス席を見渡してみると。

誰かの机の上に軍配が。

na_200526_01.jpg

この人のものでした。

na_200526_02.jpg

「戸部ちゃんが行く!ロクいち大相撲」でおなじみの
戸部眞輔アナウンサー。
本来でしたら、夏場所もテレビやラジオの実況、
さらには6時台には郷土力士の取り組みを
テレビ電話で伝えるはずでした・・・。

中止となってしまった夏場所。
寂しさ、物足りなさを感じているのはテレビの前のあなたも同じなはず。


na_200526_03.jpg

そこで、立ち上がりました!
今週と来週は「ロクいち大相撲」の番外編を毎日やります!
(特段の事情がない限り)

サブタイトルは「熱戦の記憶」。
郷土ゆかりの力士たちの"歴史に残る一番"を、映像と、
戸部ちゃんの生解説で振り返ろうというコーナーです。

VTRは昨日編集が終わりましたが、いや、これが面白いのなんのって!
思わず手に汗握る一番ばかりです。

さらに!
力士たちが今、何しているのか。
プライベート動画や写真が、力士ご本人から届きました!
どうぞお楽しみに!

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:11時33分 | 固定リンク


2020年05月20日 (水)さわやかな?風


中山庸介です。
きのう、きょうと福岡は、カラっとよく晴れた天気が続いています。

na_200520_01.jpg

マスクを着けていても、ひんやりと風がさわやかですね~。

na_200520_02.jpg

・・・さわやか?
つぶやきそうになって、思い出しました。

新人のころだったでしょうか。
「きょうは天気も晴れて、さわやかな一日となりそうです」と
コメントしたら、先輩から「さわやかは秋の季語!!」。

そうなんです。
一般的には季節に関係なく使われていますが、もともと秋の季語。
抵抗感のある人が、いるかもしれません。
では、この時期の天気をどう表現するか?
「すがすがしい天気」「気持ちのいい天気」など言えると教わりました。

あれから17年。
言葉のチョイスの奥深さにもがきながらの日々は、続いています。

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時28分 | 固定リンク


2020年05月18日 (月)初夏の味


中山庸介です。
あなたにとって初夏の味は何でしょう。
ソラマメ、ブルーベリー?
産直市場にもいろいろな畑の幸、海の幸が並ぶこの季節ですが、
私はやっぱり「アジ」ですね。

na_200518_01.png

先日も新鮮な小アジをスーパーで見つけて、思わず
手を伸ばしてしまいまた。
さっと捌いて生姜醤油もよし、味噌とあえて、なめろうも美味ですが、
小さいものはどうするか?
そこで最近ハマっているのが、南蛮漬けです。
先輩から教わった秘伝のレシピが簡単かつ抜群においしかったので、
特別にご紹介・・・。

(1) 頭と内臓を落として水洗いしたアジに、軽く小麦粉をまぶす。
 尾のほうのギザギザ=ぜいごと、腹骨は落としておくと後で口にあたりません。

(2) 漬け汁は、醤油と酢を1:1で混ぜ、玉ねぎを薄切りにして入れる。
 七味と一味唐辛子でピリ辛に。
 私はたっぷりと入れます。
 砂糖は入れないのがポイントで、甘さは玉ねぎで十分に出るそうです。

na_200518_02_02.jpg

(3) しっかり揚げて、熱いまま漬け汁にジュっと入れる。
 数時間~一晩漬けたら食べごろ。
 
na_200518_03.jpg

南蛮漬けというと甘酸っぱいイメージですが、
このピリ辛レシピは甘さ控えめ、
ビールや焼酎のつまみに最高に合います。

na_200518_04.jpg

初夏の味。
季節の移り変わりを舌でも楽しむことができました。

■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時05分 | 固定リンク


2020年05月14日 (木)アクセルとブレーキと


緊急事態宣言の「解除」を前に、
朝、六本松の交差点で撮影した一枚です。

na_200514_01.jpg

コロナ以前の平日と比べれば大幅に少ないものの、
連休明け、少しずつ人や車が
増えつつあるのを肌で感じます。

冬から春、そして初夏にかけて、
季節の移ろいをほとんど感じることもないままに
ずっと長い長いトンネルの中を歩いていたような気がします。
かすかに出口の光が見えてきた喜びを感じているのは、
私だけではないと思います。

とはいえ、このひと月あまり、学びたい、動きたい、食べたい、飲みたい(?)
みんなが溜めに溜めてきた思いが一気に爆発して、
それが感染の再燃につながらないか、とても気がかりでもあります。
アクセルとブレーキと、こまかく踏み分ける技が
さらに1人1人にも求められると感じる今日このごろです。
あんまり面白いことが書けずに、すみません。


■ロクいち!福岡 新年度リニューアル動画はこちら

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時25分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲