中山庸介

2021年02月12日 (金)ラジオ文芸館『火を熾す』


中山庸介です。
以前もお知らせしましたが、
こんどの日曜日の深夜(=月曜日の未明)に「ラジオ文芸館」の
放送があります。

na_210212.jpg

収録、編集したあと、音響効果を入れて完成。あとは放送を待つばかりです。
朗読番組、というと、アナウンサーが読んだものをただ録音したと思われがちですが、
実は、そんなことはありません。
冬の公園を通る風の音、遠くを走るバイクの排気音、鳥の声、たき火の音・・・。
複雑に重ねながら効果音をつけていきます。

音楽のメロディーラインと朗読のリズムも1/30秒単位で調整し、
一番心地よいタイミングを探ります。

今回は、音響デザイナーさんにお願いして、ジャズピアノの「ダニーボーイ」を
さまざまなアレンジで加えてもらいました。
素朴さ、温かさと同時に、洗練された感じが作品の雰囲気には合うかなと思いました。

放送は午前1時台。
眠れずに起きている人、夜通し運転しているドライバーの皆さん・・・
そんなリスナーの姿を想像しながら作りました。

ラジオ文芸館「石田衣良作・火を熾す」
2月15日(月) 午前1時05分~ ラジオ第1・FM

「夜中は寝ているよ」という人も多いと思います。
ネットやスマホアプリの「らじる☆らじる・聴き逃しサービス」でも
1週間配信しますので、「ラジオ深夜便2月14日(日)・午前1時台放送分」から
アクセスしてみてください。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時34分 | 固定リンク


2021年02月08日 (月)「若さとあこがれ」を忘れずに


124年ぶりに節分となった今年の2月2日。
実は、私の誕生日でもありました。
30歳くらいまでは、誕生日のたびに「大人になった」という気持ちが
高まったものですが、
40歳を過ぎてからは、「いったい自分はどこまで大人になるのだろう」という
おそれのほうが強くなってきました。

「自然の流れに身をまかせなさい」と先週のインタビューで長谷川法世さんは
おっしゃっていましたが、
まだまだ、気持ちは若者でいたい、というのが42歳のホンネです。

na_210208.jpg

ふだんお世話になっているスタッフから、
心のこもったメッセージをいただきました。
ありがとうという言葉以外に思い浮かびません。

最近、大型二輪免許を取得しました。
「密を避ける」「必然的に距離をとる」ことから、バイク免許の取得者が増えています。
20年ぶりに自動車学校の門をくぐってみると、
意外や意外、同級生は私よりも年上、50歳、60歳の方がかなりいらっしゃいます。
聞くと、若いころからの夢を今こそ実現するときだと、皆さん人生に前向き。

na_210208_02.jpg

カレンダーの日付が来るたびに、確実に年齢は上がっていくけれど、
心の年齢は、そうとも限りません。
成熟しつつも、しなやかな若さを持ち続けたい。
そんなことを考える今日このごろです。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:17時09分 | 固定リンク


2021年02月05日 (金)博多流 コロナを乗り切るヒント


中山庸介です。
福岡でも、緊急事態宣言が延長。
先の見えない時間をどう過ごしたらよいのか、悶々と過ごしている方も
多いかもしれません。
そこで、博多に生まれて75年。
漫画家の、長谷川法世さんに、コロナを乗り切る心構えをうかがいました。
インタビューを終え、一瞬だけマスクをはずしてのオフショットがこちら。

na_210205_01.jpg
 
代表作「博多っ子純情」は、実は、私にとっても思い出がある作品です。
ちょうど3年前の2月、福岡に異動が決まり、住むところ、街の様子をさぐろうと
プライベートでやってきました。
 
まず櫛田神社にお参り。
そして、目の前の、博多町家ふるさと館の資料室で、「博多っ子純情」と出会いました。
博多っ子たちが幼いころから山笠に親しみ、育てられ、そして人生そのものとなって
いく様子が描かれた作品。
あっという間に読んでしまい、実際、初めて本物の山笠を目にしたときには心震えました。
 
その山笠も、去年は延期に。
さぞ長谷川さんも落胆しているか?と思いきや、意外とそうでもありませんでした。
「柳は緑、花紅。風が吹くときは柳のようにそよそよと流されていることです。
いずれ風はおさまる。そうしたら、また気合いを入れればいいじゃないですか。
長い山笠の歴史のなかで、博多の人たちは、そんなふうに災厄を乗り越えてきたんですから」。
 
コロナ禍を乗り越える、博多流のヒント。
きょうのロクいち!でお送りします。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14時24分 | 固定リンク


2021年02月04日 (木)心に空気、送りませんか?


中山庸介です。

副調整室から合図を出すのは、佐久間アナウンサー。

n_210204_01.jpg

真剣な表情で機器を調整する、
音響効果の沼口さん(左)と、技術の清川(右)さん。

n_210204_02.jpg

スタジオの中では・・・。
朗読をする私。

n_210204_03.jpg

2月15日(月)の午前1時台、(日曜深夜)に放送する
「ラジオ文芸館」の収録の最中です。

「耳で聴く短編小説」がキャッチフレーズのこの番組。
40分間、アナウンサーの語りと音楽、効果音で構成します。
今回私が選んだのは、作家・石田衣良さんの短編小説「火を熾す」。

不登校の小学生や、心を病んで会社を休む青年。
定年退職後、再雇用された子会社になじめなかった初老の男性。

「生きづらさ」を抱えた人たちが、じっとたき火の炎を見つめているうちに、
心が再生されていくという物語です。

―たき火と心は似ているかもしれない。
どちらも空気を送りこむことで赤々と燃え始める・・・。
息がつまりそうな時代を生きる私たちに、ヒントを与えてくれそうです。

ラジオ文芸館 「火を熾す」(ラジオ深夜便・午前1時台)
2月15日(月)午前1時05分~(日曜深夜) ラジオ第1・FM でお送りします。

放送終了後、らじるらじる「ラジオ深夜便2月14日(日)放送分」の聴き逃しサービスでも
一週間ほどお聴きいただくことができます。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時42分 | 固定リンク


2021年01月04日 (月)2021年 気持ちを新たに


中山庸介です。
福岡市では大みそかに雪が降り、極寒の年末年始となりました。
「ロクいち!福岡」もきょうが仕事始めです。
松﨑キャスターが、街の皆さんは年末年始をどう過ごされたのか取材しています。
夕方6時10分から、どうぞご覧ください。

私はといえば、掃除にゴミ出し、包丁研ぎ、車のオイル交換や年賀状作成など
基本的に自宅で過ごしていました。
合間には、子どもたちの兄弟げんかを仲裁し、私も子どもたちとケンカ・・・。
ずっと部屋のなかで、どうも親子でストレスをためてしまったようです。

ということで、よく晴れた昨日。人込みを避けてサイクリングに。
海岸沿いをぶらぶらと流していきました。

na_210104_01.jpg
 
生の松原を過ぎて、西区の長垂海浜公園のあたりです。
青空に、ぽっかりと浮かぶ雲。
寒さをものともせずに、ウインドサーフィンを楽しむ人も。

na_210104_02.jpg
 
先が見えない時間はもう少し続きそうですが、
自然の風に心を癒してもらいながら、
今年ももうひと踏ん張りしたいと気持ちを新たにしました。

na_210104_03.jpg

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時25分 | 固定リンク


2020年11月17日 (火)ありがとう!琴奨菊


中山庸介です。
きのうは、水郷・柳川に取材に行ってきました。

 na_021117_01.jpg

元大関・琴奨菊の引退を受けて、地元のみなさんの
反応をさぐるためです。
街のあちこちには、「琴奨菊」ののぼりが。

na_021117_02.jpg

琴奨菊が勝てば街の中では花火が打ち上げられ、
「こんばんは」ではなく、「勝ったね」があいさつがわりだったとか。
「引退は残念だったけれど、最近、ケガで苦しむ様子は見ていられなかった」
「とにかくお疲れさまと言ってあげたい」と、みなさん、ねぎらっていました。
なにより心に刻まれたのは、
「引退はしたけれど、琴奨菊の名前は永遠に柳川に残ります」という言葉でした。

na_021117_03.jpg

これからはこたつ舟の季節。
名力士に思いをはせながら、今度はプライベートでゆっくり回ろうと
ひそかに誓いました。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時37分 | 固定リンク


2020年11月13日 (金)記者会見にて


中山庸介です。
きのう、NHK福岡開局90年『福岡好いとっと スペシャルマンス』の
記者発表会がありました。
そう、来月は福岡放送局が開局してからちょうど90年。
記念の番組やイベントが行われます。
私も出演者の一員として会見に臨みました。

na_201113_01.jpg

会見といえば、普段は取材する立場のほうが多いので、
ずらっと並ぶ記者の皆さんに向かうのが全く慣れません。
カメラの方向に向かって「視線を右に・・・左に・・・」
どんな笑顔をすればよいの?
静止画、顔がひきつるよ~・・・。
いや~な汗が出てきましたが、そこは後輩の魚住アナが
軽妙なトークで場を和ませてくれました。

na_201113_02.jpg

私が担当するのは、12月12日(土)午後1時50分から放送の
「みんなが出るテレビ生放送SP」です。
県内全市町村がリモートで対決!
福岡県民が“好いとっと”なあらゆる分野のランキングを発表するなど
福岡愛にあふれた2時間35分の生放送番組です。

さらに、かつての夕方ニュース番組「おっしょい!福岡」のキャスターも
つとめていた山下信アナウンサーも登場する予定です。
大先輩を前に今から緊張します・・・。

na_201113_03.jpg

「みんなが出るテレビ生放送SP」に続いて、
1 2日(土)の夜7時30分からは、開局90年記念ソング「好いとっと」を
歌っているMISIAさんによる、
生放送のスペシャルライブをお送りします!
生で聞く「好いとっと」、今からワクワクします。
というわけで、90年分の感謝をこめて・・・。
来月のスペシャルマンス、どうぞお楽しみに!

NHK福岡開局90年特設サイトはこちら

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時56分 | 固定リンク


2020年11月10日 (火)唐津へ自転車の旅


中山庸介です。
福岡は、本当に天気のよい日が続いています。
そこで最近ハマっているのが「二輪」の乗り物。
先日は糸島に原付ツーリングしたのに続いて、
今度は自転車で、佐賀県唐津市まで遠征しました。

 na_201110_01.jpg

目的地まで50キロ弱。
ロードバイクだったら2時間あまりあれば着くという計算ですが、
さてどうなることやら・・・。

na_201110_02.jpg
 
昔ながらの街道をのんびり流していきます。
ここは西区今宿のあたり。
去年の福岡マラソンからちょうど一年、
このあたりを走ったなあと思い出します。
na_201110_03.jpg

25キロを過ぎたころから、
少しずつ存在を主張しはじめる我が太ももの筋肉。
ということでこの表情。
でも、エメラルドブルーの海を眺めながらのサイクリングに
心癒されます。

na_201110_04.jpg

さあ、ここからは佐賀県。
もう少し!と県境の標識にも励まされます。

 na_201110_05.jpg

そしてやってきたのが日本三大松原の一つとされる唐津市の虹の松原。
長さ4.5キロ。100万本のクロマツが自生しているそうです。
行けども行けども松林。
ひんやりした土のにおいをかぎながらゴールをめざします。
出発してから2時間15分ほど経ったときでした。
「見えた!」

na_201110_06.jpg

唐津城でした。
白く優雅な天守閣。
ようやくたどり着いてホッとしました。

na_201110_07.jpg

距離計を見ると、47.88キロ。
久しぶりに長い道のりを走りましたが、海沿いの道は
アップダウンがきつくなく、初心者でも完走できました。
唐津のご当地バーガーに舌鼓を打ち、しばし休憩・・・。

でも、ちょっと待てよ。
よく考えてみればまだ全行程の半分。
帰りのしんどさなど、まだ知るよしもなかったのでした・・・。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時51分 | 固定リンク


2020年10月26日 (月)糸島ツーリング


中山庸介です。

気持ちの良い秋晴れがつづく福岡。
子どもは部活で、妻も買い物・・・。
今年の冬は寒いらしいからな。
いまのうちに、太陽の光を全身で感じておきたいな・・・。
と思いついたのが、バイクで巡ること。
本当だったら大型バイクでツーリング、といきたいところですが、
残念ながらライセンスがありません。
ということで、普通自動車免許でも運転できる原付をレンタル。
ブーンと福岡のおとなり、糸島市周辺を一周してきました。

na_201026_01.png

道端に止めて一休み。
青い空に、白波の立つ海。最高です。
吸い込む風の冷たさ、濡れた落ち葉の匂いをダイレクトに感じます。
クルマで回るのとは全く違う感覚に驚きました。

na_201026_02-2.jpg

道沿いには、淡いピンクのコスモスが咲き誇っていました。
そして、今月下旬からあちこちでオープンしているのが・・・。

na_201026_03-2.jpg

かき小屋です。
今年も冬がやってくる!
焼きたてのカキと、ほんのり潮の香がするカキご飯に大満足です。
お腹を満たして帰路につこうとしたところ・・・。
道路沿いの畑から何やら気配が。

na_201026_04-2.jpg

立派なひげのヤギ君が!
人に慣れているらしく、柵を越えそうな勢いで出迎えてくれました。
思わぬ出会いも、心に残るツーリングとなりました。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:17時18分 | 固定リンク


2020年10月16日 (金)あせらなくても


中山庸介です。
大濠公園の前を通りかかって、ふと、足が止まりました。
あざやかな黄色です。

na_201016_01.jpg

毎年、秋になると見事な黄色を見せてくれるイチョウの木。
今年も、その季節がやってきたのですね。

na_201016_02.jpg

今年は新型コロナのことばかり考えていたせいでしょうか、
いつもの年よりも、時間の流れが加速しているような気がします。
気づいてみれば、もう10月も半ば。

na_201016_03.jpg

確実に、みんな前に進んでいるのだから、
あせらなくてもいいのだよ。
そんなことを自然は語りかけてくるようです。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時21分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲