中山庸介

2020年01月15日 (水)九州で開運パワーを!?


中山庸介です。
指宿菜の花マラソンに出た話は昨日書きましたが、
実はその道中、鹿児島県の、
とある行きたかった場所に、行ってきました。

na_190115_01.jpg

桜島を眺めつつ、薩摩半島を南下すること約1時間。
南九州市にある「釜蓋神社」です。

na_190115_02.jpg

海に面したところにあるこの神社、
木でできた大きなお釜のフタが備え付けられています。
これを頭の上に乗せたまま、落とさずに拝殿まで歩いて
お参りできれば願いがかなう・・・そうです。

na_190115_03.jpg

私も、乗せてお参りしてみました。
自分の頭の平らなところを探すのが意外と難しい。
すぐに滑り落ちてしまいます。
首を固定、足を浮かせて、慎重に、慎重に…。
バランス感覚のなさを嘆きながら、なんとか2度目のトライで
無事お参りできましたが、
何をお願いしようかすっかり忘れてしまいました。

この釜蓋神社、「ウエルカム九州・沖縄」のコーナーで
存在を知り、行ってみようと思いました。
もしよかったら、こちらの動画も見てみてください!

ウエルカム九州・沖縄
「鹿児島×いろんな意味で回ってます」の巻

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時55分 | 固定リンク


2020年01月14日 (火)指宿 菜の花の季節に


中山庸介です。
この週末、鹿児島県指宿市に行ってきました。
目的は・・・。

n_200114_01.jpg

第39回いぶすき菜の花マラソンに参加するためです!
11月の福岡マラソンでスタートを待つ間、
「1月の指宿はいいですよ~。菜の花マラソン、まだネットなら
申し込めるし」と同じ参加者の人から教えてもらい、
勢いでポチっとWEB申し込みをしてしまった私。
行ってみると・・・。

n_200114_02.jpg

沿道上は満開の菜の花。
遠くには開聞岳。最高の景色です。

n_200114_03.jpg

薩摩半島の一番南。
いまが真冬だということを忘れさせてくれます。
沿道ではひっきりなしの応援をいただきました。
「はっけんTVのニュース見てるよ!」というありがたい言葉も。
私設も含めてエイドステーションが充実していました。
お芋に黒糖、ソラマメ、ブロッコリー、豚汁・・・。
ついつい食べ過ぎてしまいます。

しかし、この菜の花マラソン、アップダウンがとにかくきつい!
スタート直後から高低差100mの坂を上がり、
下っていってはまた上がる。
極めつけは、残り6キロ、36キロ地点の坂。
悶絶しました。

n_200114_04.jpg

足の筋肉はピクピク引きつり、
腰を立てようとしても溶けてしまいそう。
タコ踊り状態で、腕だけを最後の気力で大きく振っていきます。

n_200114_05.jpg

他の参加者も苦しそうです。
何度も止まっては歩き、少し走っては歩き、を繰り返しながら、
ゴールへと向かいます。
そこで思い出したのが、「前のめりに倒れろ!」という、新人時代の講師の言葉。
「もうどうなってもかまわない!ここまで来た以上、とにかく前に進まなければ」
なりふり構わず、とにかく右と左の足を交互に動かし、
心なしかぼんやりしかけたとき、
ようやく見えてきてきました。フィニッシュゲート。

n_200114_06.jpg

完走の瞬間、ちょっと涙腺がゆるみかけました。
いやーしんどかった!
記録は5時間11分あまりと、目標のサブ5には届きませんでした。
下りで飛ばしすぎて、最後の上りに足が耐えられなかったですねー。
でも、明るい菜の花の美しさが、沿道のみなさんの暖かさとともに
心に刻まれた、小さな旅でした。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時45分 | 固定リンク


2020年01月09日 (木)南関揚げでひとり反省会


中山庸介です。
きのうの「食いち」でもご紹介した、南関揚げ。
帰りにスーパーを見渡してみると…。
ありましたありました。
九州では一般的だということですが、恥ずかしながら
ちゃんと買ったことがまだありませんでした。

というわけで、さっそく購入。
晩酌のつまみにしようと試案します。

n_200109_01.jpg

時間のあるときは、台所に入ってちょこっと酒のつまみを作るのが
好きですねー。
少し小さめに刻んで…。

n_200109_02.jpg

ブルーチーズと、生ハム、胡椒の塩漬けをパラっと乗せました。

n_200109_03.jpg

南関揚げ、深いコクと、かなり歯ごたえがありますねー。
これで芋焼酎のソーダ割りを一杯。

だいたい晩酌しながら自分の放送同録を見返すのですが、
少しほぐれた頭で見ていると、
「いやー今日の語りは固かったなぁ。」
「この映像は面白かったなぁ。」などなど、
おそらく、見ている人の気持ちに近づけると思っています。

そんな「ひとり反省会」のお供に、
また新たなメニューが増えました。
南関揚げのように、味わいのある放送をめざして・・・。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時45分 | 固定リンク


2020年01月07日 (火)企業トップにきく 今年の景気は?


中山庸介です。
福岡市内のホテルで、新春恒例の賀詞交歓会を取材してきました。

n_200107_01.jpg

小学校の体育館はあろうかという広さの大宴会場に、
ずらりとそろった企業経営者のみなさん、およそ1400人。
かなり圧倒されました・・・。

n_200107_02.jpg

オリンピックイヤーの今年、どんな思いで経営のかじをとるのか。
ズバリ、景気はどうなるのか、突撃インタビューしてきました。

それにしても、ふだんニュースで伝えているので顔と名前は
すぐに一致するだろうと思っていましたが、
実際に集まったスーツ姿の1400人の紳士たち。
見分けるのが本当に難しい!!
満員列車さながらの会場のなかで、大汗(冷や汗?)をかきました・・・。
こんやのロクいちで、たっぷりお伝えします!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時33分 | 固定リンク


2020年01月06日 (月)新しい年に


あけましておめでとうございます。中山庸介です。
みなさんはどんな年末年始を過ごされていたでしょうか?
私は、と言えば、東京で実家の家族、そして旧友と
のんびりお酒を飲んだり、なじみの三浦半島で釣りに出かけたり
しながら、新たな年をどう迎えるかぼんやり考えておりました。

さて、「ロクいち!福岡」も、きょうが今年最初の放送です。

n_200106_01.jpg


2020年、私たちキャスター・リポーターのテーマは「挑戦!」。
テレビの前で見てくれるみなさんの心に、いかに届くニュースを
伝えられるか。
毎日毎日、少しずつでも自らの挑戦を忘れずに、切磋琢磨するチームで
ありたいと思います。
年の初めに気合いをこめて・・・!

n_200106_02.jpg

きょうは不在で一緒に写真を撮れませんでしたが、
「ゆく年くる年」で令和最初の年越しを伝えた庭木アナ。
今年はさらにパワーアップします!

n_200106_03.jpg

夕方6時10分からは「ロクいち!福岡」。
新たな年も、どうぞよろしくお願いします!!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15時40分 | 固定リンク


2019年12月26日 (木)今年もありがとうございました!


中山庸介です。
「ロクいち!福岡」今年もたくさんの方々にご覧いただき、
本当にありがとうございました。
街で取材をしていて、ランニングをしていて、声をかけていただく
機会がこの1年で非常に増えました。
そして、突然のお願いにもかかわらず、心よく取材に応じていただいた
みなさん。スタッフ一同、感謝申し上げます。

「ロクいち!福岡」の放送は、年内は27日が最後です。
令和最初、そして時代が大きく変わる節目の年に、
この方のインタビューをお送りします。

na_191226_01.jpg

福岡市出身・俳優のイッセー尾形さんです。
「いだてん」「スカーレット」を始め、数多くのドラマにご出演の
イッセーさん。
自然ながら、劇中の人物に憑依したような演技力で知られ、
一人芝居の第一人者でもあります。

俳優として、「生身の体」で勝負を続けてきたイッセーさんに、
変わりゆく時代の中で、人間にしかできないことは何か。
その可能性について伺いました。
放送は、27日(金)の「ロクいち!福岡」です。
どうぞお楽しみに!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時59分 | 固定リンク


2019年12月25日 (水)自然からのプレゼント


中山庸介です。
最近、釣り好きの輪が職場でも広がり、
仲間と一緒に伊万里湾に行くことに。


n_191225_01.jpg

朝7時、出港。
頬を撫でる冷たい風と、潮の香りを吸い込みます。


n_191225_02.jpg

この日のメンバーは7人。
カメラマンや編集マン、ニュースデスクと職種はまちまちですが、
ねらいはただ一つ「大アジを釣る!」


n_191225_03.jpg

日頃からプランクトンをたっぷり食べている伊万里湾のマアジは、
この時期、脂が乗ってさらにおいしくなります。
しかし、海水温の低下とともに、魚の食いは悪くなる季節でもあります。
「きょうは厳しいかもしれんですね」と船長に聞かされていましたが、
釣れなくてもいい、ただ自然の中に身を浸したい。
そんな無の心がよかったのでしょうか。
仕掛けを入れて数分後…。
コンコン、と竿先が振動します。


n_191225_04.jpg

約30センチのマアジでした!
船上が一気に活気づきます。
アジは群れで泳いでいるので、一人にアタリが出ると
他の人にも次々とあたり始めるのです。


n_191225_05.jpg

結局、私も含めて平均20~30匹、良型サイズの釣果となり、
大満足の結果となりました。

釣れた・・・というよりは、釣らせてもらったという思いです。
自然の恵みに感謝する年の瀬となりました。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時40分 | 固定リンク


2019年12月16日 (月)切磋琢磨


「ロクいち!」のように月曜日から金曜日までの帯の番組を
担当していると、なかなか他局のアナウンサーと話をする機会がないのですが、
おととい、九州沖縄の夕方のニュース番組を担う若手アナウンサー
9人が福岡放送局に集結し、研究会を行いました。


n_191216_01.jpg

それぞれの地域でどんな番組を出し、どんな工夫をしているのか
お互いに情報共有しようというものです。

n_191216_02.jpg

写真の右側、
講師は、東京アナウンス室の松田利仁亜アナウンサー。

きょうの午後のニュースも担当していましたが、
かつては「あさイチ」「ニュースウオッチ9」でリポーターを
つとめていました。

夕方6時10分までと限られた時間の中で、
どうやってスピーディーに放送を進めるか。
そして、スタジオをどう盛り上げていくのか。
熱のこもった議論が続きました。

n_191216_03.jpg

「伝えるねらいを明確に」
「自然にコミュニケーションすることを大事に」
時代は変われど、人に何かをお伝えするうえで
ベーシックとなることは変わりません。
九州沖縄、各局のアナウンサー、
これからも切磋琢磨を続けます!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時43分 | 固定リンク


2019年12月10日 (火)再起動


中山庸介です。
夜の大濠公園。
このところの冷え込みのせいでしょうか、
走る人も少なくなってきました。

s_191210_01.jpg

「シーズン一番の冷え込み」とお伝えした夜のことでした。
実際、どれくらい寒いか走ってみました。

n_191210_02.jpg

長袖の上には福岡マラソンTシャツを着て、再起動を祝します。
外に一歩出ると、寒風にさらされて「やっぱり帰ろうかな~」。
でも、とぼとぼ走っているうちに、体が温まってきました。
手の先がしびれるような寒さですが、2周、3周と走るうちに
汗も出てきてポカポカと。
スピードを上げても、どんどん冷たい空気が体を冷却してくれるので、
夏のときのように体全体がしんどくなる感じもありません。

福岡マラソンからきょうでちょうど1か月。
はがれかけた親指の爪以外はほぼ回復したので、
次は来月の「指宿菜の花マラソン」でサブ5をめざします!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:13時08分 | 固定リンク


2019年12月05日 (木)中村哲さんが残したもの


突然の悲報に、私たちキャスターも大きな衝撃を受けました。
アフガニスタンやパキスタンで長年現地の支援活動にあたってきた
医師の中村哲さんが、何者かに銃撃され、きのう、亡くなりました。

誰よりもアフガニスタンの人々に寄り添い、
かれはてた大地を水で潤し、農業の復興に尽力してきた中村さんが、
なぜ、という思いでいっぱいです。

「弱いものをかばわんと、世の中は成り立たん」。
北九州で過ごした幼いころ、祖母から繰り返し聞かされた言葉が、
原点だとも、かつて語っていました。

NHK福岡では、こんや、緊急番組を放送します。
中村さんが生涯を捧げて残したことについて、ゆかりの方々とともに
振り返ります。

「医師・中村哲さんが残したもの」
総合テレビで、今夜7時半からです。(九州・沖縄エリア向け放送)

n_191205_001.jpg

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16時40分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲