2021年02月24日 (水)山里で春待つ あられ ~福岡県 築上町~


福岡県の北東部、大分県との県境にある築上町の山間で、冬になると作られる「あられ」。寒い時期の保存食、そして火鉢であぶればすぐ食べられる子どものおやつとして昔から作られてきた郷土食だ。地元でコンニャクを製造する加藤英二さん(81)は、子どもの頃から親しんできたあられをふるさとの名産品にしたいと、20年程前から冬になるとあられを作り、道の駅や物産館などに届け人気となっている。
作り方は練った餅を味付けした後、長さ3cm~4cmの短冊状に切り、畳の上に並べて時々ひっくり返しながら、寒さを利用して一か月かけ乾燥させる。カリッとした味に仕上げるためには十分乾燥させることが必要だ。色も食紅などを使って赤、緑、黄色とカラフル。冬の山里のあちこちの家には色鮮やかなあられのじゅうたんが広がっている。
地域では今、加藤さんだけでなく様々な人たちが、あられを名産品にしようと取り組みを始めた。山里の冬の風物詩「あられ」の魅力を伝える。

s_210224_01.jpg

s_210224_02.jpg

【問い合わせ先】

■築上町のあられについて
築上町では1月から3月までの間、道の駅や物産館などで「煎りあられ」や火で煎る前の「生あられ」が売られています。詳しくは下記までお問合せください。

▽道の駅「メタセの杜」
住所:〒829-0107 福岡県築上郡築上町大字弓の師765
電話:0930-52-3828
営業時間:月曜~土曜 8:00~18:00(不定休)

※上記以外の取り扱い店舗などについては以下にお問合せください。
▽築上町役場・まちづくり振興課
電話:0930-56-0300(役場代表番号)


fukuchi.pngのサムネイル画像

「あられ」と聞くと、みなさんは何を思い浮かべますか?

私は、「ひなあられ」。この時期になると、お店でもよく見かけますよね。
しかし、今回ご紹介した「あられ」はちょっと違います。
小さくて丸くて・・・。かわいらしいひなあられを想像していると、見た目から結構違います! 一つひとつが大きくて「あられ・・・?」と聞きたくなるくらい、私にとっては、これまであまり見たことのない「あられ」でした。

しかし、築上町の山あいの地域では、昔から親しまれていたんです。
道の駅に取材に行くと、これまたびっくり!「生あられ」というものがたくさん売っていました。取材中も次々と売れていて、連日完売になるほどの人気。
地元の方たちにとっては「冬といえばこれ!」といっても過言ではないお菓子だったんです。

みなさん生の状態で買われて、家でできたてを楽しむんですね(^^)
できたて、私も食べましたが、とてもおいしかったです。
ごまが入っていたり、とうがらしが入っていたり。いろいろな味が楽しめて。そしてなんといっても「サクッ」とした歯触り。最高でした(^o^)

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2021年02月17日 (水)おうちで"新鮮"!アジフライ~長崎県松浦市~


アジフライの聖地を宣言している長崎県・松浦市。
全国トップクラスのアジの水揚げ量を誇ります。地元で獲れた新鮮なアジを使った「アジフライ」は絶品。食べたときに衣がサクッ!
身はふっくらふわふわ。さらに、アジ特有の匂いが全くありません。
そのアジフライを求めて観光客が増加。松浦市がアジフライで町おこしを始めてから2年で、観光客は13万人も増加しました。
しかし、そこに新型コロナウイルスが…。
アジフライの人気はどうなったか取材をしてみると、お取り寄せで「冷凍アジフライ」を買い求める人が増えているということがわかりました。
松浦で作られている「冷凍アジフライ」もおいしいと評判。その秘密は鮮度。
製造過程でアジの鮮度を落とさないように徹底的にこだわっていました。
冷凍アジフライの “鮮度”へのこだわりを紹介しました。

s_210217_01.jpg

「アジフライの聖地」長崎県松浦市のアジフライ
松浦市のアジフライは

・材料の味は松浦市の松浦、もしくは近海の漁港で獲れたアジ
・その日水揚げされたお刺身で食べられるレベルの新鮮なアジ

を使っています。
鮮度が高いからこそ、身がふっくらしてにおいがないアジフライに
仕上がるんだそうです。
松浦ではこうしたアジフライを提供する店が27店あり、
「アジフライマップ」に情報がまとめられています。
s_210217_02.jpg
アジフライマップは松浦市役所のHPからダウンロードが可能です。

※現在はコロナウイルス感染拡大の影響で営業を短縮している店があります。
※外出自粛を呼びかけられていますので、新型コロナウイルスが落ち着くまで、
お出かけは控えてください。

撮影でお邪魔した和食料理店(撮影は2019年7月に行いました)
▽食味酒処 あじ彩
〒859-4501松浦市志佐町浦免1311-1
電話 0956-72-2955

 

大人気!松浦の冷凍アジフライ
新型コロナの影響でアジフライを食べに出向くことはできない中、人気が高まっているのが冷凍のアジフライです。
松浦市で作られているアジフライは冷凍なのに身がふっくら。
その秘密を水産加工会社の久保川洋平さんに聞きました。
s_210217_03.jpg
久保川洋平さん。松浦市生まれ。おじいさんが漁師さんだった影響で、
小さいころからアジフライはよく食べていたそうです。
子どもの頃から食べてきたおいしいアジフライを
冷凍アジフライで表現できないかと2年近く研究を続け、完成させました。

s_210217_04.jpg
アジフライにするアジは一日9万尾。それだけの量のアジの品質管理は大変ですが、おいしさを守るため久保川さんはその日獲れたアジを使うことにこだわっています。

s_210217_05.jpg

s_210217_06.jpg
アジが傷まないよう、加工までの間冷やしていきます。
使うのはマイナス2度のシャーベット状の海水。アジを冷やすために開発しまし。シャーベット状なので、魚を包み込み効率的に冷やしてくれるそう。
魚の表面も傷つけません。

s_210217_07.jpg
パン粉をまぶしたアジフライはマイナス45度の冷凍庫で急速冷凍。
おいしさを閉じ込めます。

 

s_210217_08.jpg

■冷凍アジフライに関してのお問い合わせは
▽株式会社三陽 松浦営業所
電話:0956-37―6400

■お取り寄せ・インターネット販売
▽松浦魚市場 鮮魚・加工品販売所 旬市場(ときいちば)
電話:0956-72-2495 松浦魚市場協会

VTRの中に出てきたアジフライグッズ
※インターネット販売などはしていません

s_210217_10.jpg
販売している店
▽松浦魚市場 鮮魚・加工品販売所 旬市場(ときいちば)
電話:0956-72-2495 松浦魚市場協会

▽松尾農園(Matsuo Nouen+Coffee)
電話:0956-72-0267


nakata.png
こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、長崎県松浦市の「アジフライ」でした!
おととしの7月に、食いち!では松浦のアジフライをご紹介していましたが、
今回の放送にあたって、久々におよそ1年半前の映像を見返しました。

当時、新卒で入社し、3か月目の頃の映像、、、恥ずかしくて目を背けたくなりました…(笑)。
ですが、アジフライはほんっとうに美味しそうに映っていて(実際にとても美味しいです)、
アジフライの、あの食欲をそそる画力に助けられたなあと思うばかりです(笑)。

s_210217_11.jpg

あのカリッふわっ、と揚がった綺麗なアジフライは、きっと松浦で、料理人の方々が作ったものじゃないと美味しくないのだろうなあと思っていました。
ですがなんと!!!コロナ禍の今、松浦の冷凍アジフライが人気だと言うではありませんか!
そして、そのアジフライ、いただきました。
はじめはやはり、冷凍だし・・・と、勝手な先入観がありました。しかし、私は冷凍アジフライを侮っていたようです。

まず、私は普段自宅で揚げ物はほどんど作りません。そのため、揚げ物の料理の仕方はほとんどわかりませんでした。
ですが、そんな私でも、本当にきれいに揚がったんです、、、カメラマンさんも綺麗だと喜んでくれました(笑)。
そして、食べた瞬間のサクッという音!!!こちらは音声さんが喜んでくれました(笑)。

そして、私はというと、サクッサクの衣とふわっふわの身、この2つの食感に一瞬で魅了されていました…。
しかも、臭みはなく、アジのアジ(笑)がしっかりと感じられて、アジ本来のうまみが衣の中にきっちり閉じ込められていました。
美味しかったです・・・。

s_210217_12.jpg

そして、その冷凍アジフライをおよそ2年もかけて研究開発したという久保川さんにお話を聞きました。

久保川さん、本当に面白い方で、機材の準備の間、ずっと笑わせていただきました(笑)。
ですが、ことアジフライに関しては、とっても熱く語ってくださる方でした。
今、松浦では月に一度、こちらのアジフライを給食で出しているそうなのですが、とても誇らしげに教えてくださりました。
私が「じゃあ今その給食を食べてる子供たちが大人になる頃には、そのアジフライがふるさとの味になりますね」と言ったところ、
久保川さんは、「そんなこと言われたら泣きそうになる!」ととても嬉しそうにされていました。

インタビューさせていただいている間、終始、アジフライへの愛を感じました。
そして、今のアジフライを作るまでにいろんな苦労や困難を乗り越えていらっしゃったのだろうなと思いました。

s_210217_13.jpg

今は、アジフライを食べに松浦へ足を運ぶことは難しいかもしれません。
しかし、冷凍アジフライなら、おうちで楽しめますよね!

ちなみに、ポン酢に、大根おろしと少しのわさびを混ぜて、アジフライをつけていただくのが久保川さんのおすすめの食べ方だそうです。
皆様も一度、そのアジフライ、アジわってみてはいかがでしょうか?

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2021年02月15日 (月)バレンタイン


こんにちは!中田理奈です。

昨日は、バレンタインデーでしたね!!!
今年はコロナ禍ということもあり、女子校時代、大量に量産していた手作りお菓子は作るのを諦めました。(笑)

ですが、やはり日頃お世話になっている方々に渡したい、と市販のものを先週買いました。

今年のバレンタインデーは日曜日だったので、翌日の月曜日である今日持って来ようと少し大きめの袋にいくつかのチョコレートの箱を詰め、準備を終えた満足感に浸りながらお風呂に入りました。


そして、事件は起こりました・・・。


ルンルンでお風呂から上がってきた私の目に入ってきたのは、散らばっているチョコレートの箱たち。
そして、その箱には、大量の歯形が・・・。
ご丁寧に、一つだけでなくほとんどの箱に歯形がついていました・・・。

nkt_210215_01.jpg

もちろん、そんなことをする犯人は、うちで毎日ぬくぬくと育っている獣1匹しか考えられないわけでして。
とりあえず反省しなさい!と猫をケージに入れました。

私は、こんなんじゃ人には渡せないよ・・・と悲しみに暮れながら、掃除しました。
幸い、うちの猫はチョコを食べていなかったので体の心配はせずに済みましたが、そうなると、なんでこんなことに・・・という気持ちが募ります。

悔しくて、とにかく猫をにらんでおこう、とケージを見ると、アホな顔で爆睡していました・・・。

そんな姿すらかわいいと思ってしまう私自身にも悔しくなりました。

思い起こせば、実家で飼っていた愛犬には昔、大学の受験票を食べられ、大学側に再発行を依頼しなければならないこともありました。
理由を聞かれ、犬に食べられまして・・・と伝えたとき、え?!と驚かれたのは、今となってはいい思い出です。


ペットを飼っている皆様、きっとこんな経験ありますよね。
くれぐれも、犬や猫の体には良くないとされるチョコレートには、お気を付けください。
良い匂いがしますからね・・・。

nkt_210215_02.jpg

nkt_210215_03.jpg

投稿者:中田理奈 | 投稿時間:14:48 | カテゴリ:中田理奈 | 固定リンク


2021年02月15日 (月)新生活を迎えるみなさんへ


庭木櫻子です。
先日、NHK福岡放送局のロビーで
チコちゃん・どーもくんと一緒に
こんな撮影をしました。

ni_210215_01.jpg

至近距離から撮るカメラにびっくり!
小型カメラを使って、
まるで動画投稿サイトの中の
ムービーのような仕上がりをめざしました。

今回撮影したのは、
この春からの新生活に向けた
放送受信契約の手続きのご案内です。
新規契約や住所変更は、
NHKホームページの「受信料の窓口」から
お手続きいただけます。
■「受信料の窓口」はこちら

ni_210215_02.jpg

今週金曜日から随時、放送予定です。
私たちの番組と一緒に
すてきな春を迎えてもらえたらうれしいです。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク


2021年02月12日 (金)ラジオ文芸館『火を熾す』


中山庸介です。
以前もお知らせしましたが、
こんどの日曜日の深夜(=月曜日の未明)に「ラジオ文芸館」の
放送があります。

na_210212.jpg

収録、編集したあと、音響効果を入れて完成。あとは放送を待つばかりです。
朗読番組、というと、アナウンサーが読んだものをただ録音したと思われがちですが、
実は、そんなことはありません。
冬の公園を通る風の音、遠くを走るバイクの排気音、鳥の声、たき火の音・・・。
複雑に重ねながら効果音をつけていきます。

音楽のメロディーラインと朗読のリズムも1/30秒単位で調整し、
一番心地よいタイミングを探ります。

今回は、音響デザイナーさんにお願いして、ジャズピアノの「ダニーボーイ」を
さまざまなアレンジで加えてもらいました。
素朴さ、温かさと同時に、洗練された感じが作品の雰囲気には合うかなと思いました。

放送は午前1時台。
眠れずに起きている人、夜通し運転しているドライバーの皆さん・・・
そんなリスナーの姿を想像しながら作りました。

ラジオ文芸館「石田衣良作・火を熾す」
2月15日(月) 午前1時05分~ ラジオ第1・FM

「夜中は寝ているよ」という人も多いと思います。
ネットやスマホアプリの「らじる☆らじる・聴き逃しサービス」でも
1週間配信しますので、「ラジオ深夜便2月14日(日)・午前1時台放送分」から
アクセスしてみてください。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15:34 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク


2021年02月10日 (水)1株1株丁寧に収穫!ブロッコリー ~福岡 粕屋町~


サラダや和え物として食卓を彩る「ブロッコリー」、栄養満点の緑黄色野菜として、年中人気だが、実は本来の旬は“冬”。福岡市の隣、粕屋町では、半世紀以上前から作り始め、サイズが大きく品質もいいと市場でも高い評価を得ている。ブロッコリーの食用となるのは、緑の小さなつぶつぶの部分と茎。このつぶつぶ、実は1つひとつが花のつぼみで、「花蕾(からい)」と呼ばれる。
ブロッコリーのおいしさはまさに花蕾が決め手!花蕾をいかに新鮮なうちに収穫するかが重要だ。気温が10度を超えると、花蕾が一気に広がり始めてしまい、新鮮さが失われるためだ。栽培歴約10年の安河内誠(やすごうち・まこと)さん(44歳)は、気温の低い午前10時頃までに、よく切れる包丁1本で、規定の大きさに育っているか、つぼみが開いてないか、丁寧に見極めながら、素早く収穫していく。僅か2時間で300個余りを収穫。収穫後は、農家同士で互いに品質チェックをし、質のよいものだけを出荷する徹底管理ぶり!安河内さんの母、雅代さん自慢の料理とともに、粕屋町のブロッコリーの魅力を紹介する。

s_210210_01.jpg
粕屋町で育てられたブロッコリー

 

安河内さん一家は代々ブロッコリーを育てている。誠さんは、今年で10年に。

s_210210_02.jpg

s_210210_03.jpg

 

包丁1本で、1株ずつサイズや状態を見極めながら収穫。自宅でも再チェック!

s_210210_04.jpg

s_210210_05.jpg

 

母・雅代さんからは、ブロッコリーがメインになる、超簡単ブロッコリーグラタンを教えていただきました。

s_210210_06.jpg

s_210210_07.jpg

■ブロッコリーグラタン
(材料) いずれも分量はお好みで
ブロッコリー チーズ マヨネーズ ベーコン バター 塩 コショウ
(作り方)
・耐熱皿にバターを塗り、ブロッコリーを敷き詰め、塩コショウをかける
・マヨネーズとチーズをのせる
・カリカリに焼いたベーコンものせる
・トースターで加熱(7~8分程度)

■「博多ブロッコリー」の購入は
粕屋町で生産されたブロッコリーは、福岡県内のほかの産地のものと一緒に
「博多ブロッコリー」という名称で販売。福岡県内のスーパーや、関東方面に
出荷されています。

■粕屋町で生産するブロッコリーについて
▽JA粕屋中部プラザ 営農販売係
電話(092)938-4847

 


fukuchi.png

こんにちは!福地礼奈です(^o^)

今回、ご紹介したのはブロッコリー。
ブロッコリーって、いろいろな食べ方があると思いますが、みなさんはどうやって食べるのが一番好きですか?
マヨネーズを付けたり、シチューに入れたり・・・。
私は、ブロッコリーそのものの味が好きなので、そのまま食べたり、さっぱりとしたドレッシングを少しだけかけて食べたりするのが好きです!

とは言っても、ブロッコリーはサラダの一部として。「副菜」に使うという感覚でしたが、今回の取材で「ブロッコリーはメインにもなる!」ということが分かりました!


最初に向かったのはブロッコリー畑。
住宅街というイメージのある粕屋町にポツンと畑がありました!
驚いたのは葉の大きさです。「ブロッコリーはどこ?」と聞きたくなるくらい大きな葉に包まれていました(^o^)!

取材した農家の安河内誠さん、父の勉さんは、「粕屋町のブロッコリーは畑の数が少ないからこそ、質の良いものを!」ということで、1株1株入念にチェックしていました。

立派に育ったブロッコリーで母の雅代さんが「ブロッコリーグラタン」を作ってくれました。
とても簡単にできるのですが、とってもおいしかったです!
グラタンの中はマカロニや鶏肉など入っておらず、ブロッコリーだけ!!!
歯ごたえもあり、トッピングのマヨネーズやチーズともぴったり合っていて、ブロッコリーはメインにもなるんだ!と思いました(^^)/

いろいろな食べ方ができ、栄養たっぷりのブロッコリー、みなさんもぜひ食べてみてくださいね!


取材した安河内誠さん
s_210210_08.jpg

父・勉さん
s_210210_09.jpg

母・雅代さん
s_210210_10.jpg

初めてのブロッコリー畑(^^)/
s_210210_11.jpg

葉がおおきくて全く見えないブロッコリー!
s_210210_12.jpg

花蕾の蕾(つぼみ)が開いてしまうと、黄色の花が!かわいいけど、出荷できない。
s_210210_13.jpg

ブロッコリーグラタン!かす漬けやきんぴらも作っていただき、ほんとうにおいしかったです!
s_210210_14.jpg

 

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2021年02月09日 (火)いちご農園のいま


うきは市にある
いちご狩り農園に行ってきました。

ma_210209_01.jpg

いちご狩りシーズンの真っただ中!ですが、
新型コロナの影響でお客さんが減っています。

コロナ対策はもちろん、
この苦難を
さまざまな工夫で乗り越えようとする
いちご狩り農園の今を、
きょうのロクいち!でお伝えする予定です。


取材のなかで、
甘くて美味しいイチゴの見分け方も
教えていただきました。

ma_210209_02.jpg

いちごの上の部分に注目してください。
少しヒビが入っていますよね。
これが完熟している印だそう。

ヒビが入っている分、痛みやすく
出荷には向かないそうで、
摘み取ってすぐに食べられる
いちご狩りだからこそ味わえるものだと
いうことでした。

イチゴ狩りに訪れる際は、
探してみてください!

ma_210209_03.jpg
一緒に取材した後藤ディレクターと。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:16:32 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク


2021年02月08日 (月)「若さとあこがれ」を忘れずに


124年ぶりに節分となった今年の2月2日。
実は、私の誕生日でもありました。
30歳くらいまでは、誕生日のたびに「大人になった」という気持ちが
高まったものですが、
40歳を過ぎてからは、「いったい自分はどこまで大人になるのだろう」という
おそれのほうが強くなってきました。

「自然の流れに身をまかせなさい」と先週のインタビューで長谷川法世さんは
おっしゃっていましたが、
まだまだ、気持ちは若者でいたい、というのが42歳のホンネです。

na_210208.jpg

ふだんお世話になっているスタッフから、
心のこもったメッセージをいただきました。
ありがとうという言葉以外に思い浮かびません。

最近、大型二輪免許を取得しました。
「密を避ける」「必然的に距離をとる」ことから、バイク免許の取得者が増えています。
20年ぶりに自動車学校の門をくぐってみると、
意外や意外、同級生は私よりも年上、50歳、60歳の方がかなりいらっしゃいます。
聞くと、若いころからの夢を今こそ実現するときだと、皆さん人生に前向き。

na_210208_02.jpg

カレンダーの日付が来るたびに、確実に年齢は上がっていくけれど、
心の年齢は、そうとも限りません。
成熟しつつも、しなやかな若さを持ち続けたい。
そんなことを考える今日このごろです。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:17:09 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク


2021年02月05日 (金)博多流 コロナを乗り切るヒント


中山庸介です。
福岡でも、緊急事態宣言が延長。
先の見えない時間をどう過ごしたらよいのか、悶々と過ごしている方も
多いかもしれません。
そこで、博多に生まれて75年。
漫画家の、長谷川法世さんに、コロナを乗り切る心構えをうかがいました。
インタビューを終え、一瞬だけマスクをはずしてのオフショットがこちら。

na_210205_01.jpg
 
代表作「博多っ子純情」は、実は、私にとっても思い出がある作品です。
ちょうど3年前の2月、福岡に異動が決まり、住むところ、街の様子をさぐろうと
プライベートでやってきました。
 
まず櫛田神社にお参り。
そして、目の前の、博多町家ふるさと館の資料室で、「博多っ子純情」と出会いました。
博多っ子たちが幼いころから山笠に親しみ、育てられ、そして人生そのものとなって
いく様子が描かれた作品。
あっという間に読んでしまい、実際、初めて本物の山笠を目にしたときには心震えました。
 
その山笠も、去年は延期に。
さぞ長谷川さんも落胆しているか?と思いきや、意外とそうでもありませんでした。
「柳は緑、花紅。風が吹くときは柳のようにそよそよと流されていることです。
いずれ風はおさまる。そうしたら、また気合いを入れればいいじゃないですか。
長い山笠の歴史のなかで、博多の人たちは、そんなふうに災厄を乗り越えてきたんですから」。
 
コロナ禍を乗り越える、博多流のヒント。
きょうのロクいち!でお送りします。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:14:24 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク


2021年02月04日 (木)心に空気、送りませんか?


中山庸介です。

副調整室から合図を出すのは、佐久間アナウンサー。

n_210204_01.jpg

真剣な表情で機器を調整する、
音響効果の沼口さん(左)と、技術の清川(右)さん。

n_210204_02.jpg

スタジオの中では・・・。
朗読をする私。

n_210204_03.jpg

2月15日(月)の午前1時台、(日曜深夜)に放送する
「ラジオ文芸館」の収録の最中です。

「耳で聴く短編小説」がキャッチフレーズのこの番組。
40分間、アナウンサーの語りと音楽、効果音で構成します。
今回私が選んだのは、作家・石田衣良さんの短編小説「火を熾す」。

不登校の小学生や、心を病んで会社を休む青年。
定年退職後、再雇用された子会社になじめなかった初老の男性。

「生きづらさ」を抱えた人たちが、じっとたき火の炎を見つめているうちに、
心が再生されていくという物語です。

―たき火と心は似ているかもしれない。
どちらも空気を送りこむことで赤々と燃え始める・・・。
息がつまりそうな時代を生きる私たちに、ヒントを与えてくれそうです。

ラジオ文芸館 「火を熾す」(ラジオ深夜便・午前1時台)
2月15日(月)午前1時05分~(日曜深夜) ラジオ第1・FM でお送りします。

放送終了後、らじるらじる「ラジオ深夜便2月14日(日)放送分」の聴き逃しサービスでも
一週間ほどお聴きいただくことができます。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15:42 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク


ページの一番上へ▲