2021年05月14日 (金)I♥FUKUOKA~なぜ私たちはこんなにも福岡を好きになってしまうのだろうか~


b_210514_21.png

▼福岡県民の地元愛は全国3位!!!
「2020年都道府県『愛着度』ランキング」

2020年6月に実施された調査、
「第2回都道府県SDGs調査2020」では(株式会社ブランド総合研究所)
全国の都道府県から約340人ずつの回答を得た結果、
「都道府県『愛着度』ランキング」で福岡県が3位になりました!
(ちなみに・・・1位は北海道、2位は沖縄県だそうです)

とても喜ばしいことです!

でも・・・驚きはありません!

福岡市西区出身の私にとって
「福岡はいいところで、みんなが好きなのは当たり前」ですし、
同じように感じている福岡県民の方も多いのではないでしょうか。


しかし、
なんと県外から転勤してきた同僚たちは・・・・

<同僚>
「福岡がいいところだというのはわかるよ。
だけど、もっと調べたら、
実は嫌いな人も結構いるんじゃないの?」

と言うのです。

<私>
「なんばいいようとですか!!福岡愛を疑うげな!!」

そんなやりとりが、今回の取材のはじまり。
「福岡県民の福岡愛」をバリサーチです!

b_210514_22.png
↑福岡市西区出身の長山剛カメラマン(筆者)

 

▼そもそも「愛着度ランキング3位」は本当か?

<私>
「福岡愛を疑う同僚をぎゃふんと言わせたい。」

そんな思いから、
まず私たちは番組ホームページと
福岡、北九州、久留米の街頭でアンケート調査を実施し、
県内181人の皆様にご協力いただきました!

アンケートの結果はこちら。

b_210514_23.png

福岡県のことが好き99.4%
福岡県のことが嫌い0.6%(1人)

 


▼「福岡愛」はすごかった。疑ってごめんなさい。

なんとアンケート回答者の99.4%が
「福岡が好き」という驚異的な数字をたたき出したのです。

b_210514_24.png
↑アンケート結果に衝撃を受けました・・・。

<同僚>
「疑ってごめんなさい。
まさか、こんな圧倒的な地元愛を見せつけられるとは・・・。」

(唯一「嫌い」だとお答えいただいた方の理由は
「なんとなく」というお答えでした。)

予想どおりの結果に気分をよくした私、
さらに「福岡愛」の調査を続けました。

 

▼なぜ福岡県民は「福岡」が好きなのか!!?

アンケートでは好きな理由も聞きました!

b_210514_25.png
↑ 「福岡県が好きな理由」ランキング

 

▼1位は「食べものがおいしい」

そりゃそうですよね!福岡といえば食ですよね!

b_210514_26.jpg
↑特にサバが好きとお答えいただきました。

県内はもちろん九州中から集まってくる
「新鮮な魚介類や野菜」などの食材、
「ラーメン」や「うどん」「焼き鳥」などの
食文化が好きという意見が多数ありました。

安い値段でおいしいものが食べられる、
最高ですよね!
私も高校生のときは学校帰りに
300円くらいでラーメンをよく食べていました。

総務省の小売物価統計調査(2019)では、
福岡県は食品の物価が全国で2番目に安いそうですよ。

・・・そんなに恵まれた環境だったとは、知りませんでした。

b_210514_27.jpg
↑福岡を愛しているというすてきなカップルにもご協力いただきました。

 

▼2位は都会と田舎のバランスがいい

b_210514_28.jpg
↑子育てがしやすいと教えてくださいました。

「空港もJRの駅も近いし、海や山も近くにある。」
「適度に都会で利便性が高いから」というご意見をいただきました。
便利でありながら自然も楽しめるって・・・これまた最高です。

b_210514_29.jpg
↑妻と出会った場所だから福岡は好きという男性も!

福岡県は、都会と田舎がちょうどいい具合で住みやすい。

わかります!

①仕事でストレスたまる。
②休日に自然の中で癒やされる。

私にとっても
気軽にこのルーティンをこなせる利便性がとても大事です。

都会と田舎のバランスの良さの回答の多さは、
県内ほぼ全域で共通していました。

これについて、地域活性化の専門家
福岡地域戦略推進協議会(FDC)事務局長の
石丸修平さんにお話を聞きました。

 

▼絶妙な都会の配置の福岡県!!

b_210514_30.png
↑ 福岡地域戦略推進協議会の事務局長 石丸修平さん

石丸さんによると、
「都会と田舎がちょうどいい」というのは
福岡県内の主要な都市の位置関係がポイントになっていると言います。

<石丸さん>
「福岡はもちろん福岡市というのはありますけれども
北九州は当然北九州市を中心にという事になりますし、
筑後であれば久留米、筑豊は飯塚とか、
機能がちゃんと担保されている街というものが、
それぞれの地域にあります。」

b_210514_31.png
↑バランスよく配置されている都市

たしかに。

福岡県の人口分布図を見ると、
人口の多い都市が、バランス良く位置しています。
この都市同士をつなぐ交通網が発達しているのも、
福岡の特徴だそうです。

その特徴が
「都会と田舎がちょうどいい」という
県民の満足につながっていたのですね。

さらに調べていくと
福岡の地元愛についてのデータを分析している人が見つかり、
すぐに連絡をとってみました。

 

▼えっ!?地元愛と「人情味」が大きく関わっている??


b_210514_32.png
↑住民意識調査を研究する山下永子さん

<山下さん>
「福岡市民の地元愛は『人の親切や人情味』の
満足度に大きく関わっているということがわかってきました。」

そう話すのは、九州産業大学の教授、山下永子さんです。

山下さんが長年研究してきたのは「住民意識調査」。
自治体が市民の声を集めるために定期的に行うアンケート調査です。

なんと福岡市の住民意識調査を分析したところ、
「食べ物がおいしい」ことも、「交通の便がいい」ことも大切だけど、
「人の親切さや人情味」が一番福岡愛に関わっているというのです。

 

b_210514_33.png
このグラフは
山下さんが「福岡市の住民意識調査」の
データを分析したグラフです。

縦軸が「満足度の高さ」、
横軸が「福岡市が好きとの相関関係」を表しています。

これを見ると
「食べ物がおいしい」や「交通の便がいい」が
縦軸で高い数値になっていますが、
横軸で一番高い数値になっているのが「人の親切や人情味」なのです。

b_210514_34.jpg
↑山下さんのお話に驚く取材クルー

<山下さん>
「町というのは、人そのものなのだなと言うところは
強く感じましたし、発見でした。
福岡はインフラが充実しているから、
ちょっとインフラがよくなることが『好き』にすぐつながらない。
それよりも人とのつながりが『好き』につながっている
という結果は納得がいくし、発見でした。」

と話していました。

 

▼ほどよく都会なのに、人が優しい町
だから好き!!!

同僚の「福岡愛」への疑いから始まったバリサーチ。
福岡県出身の
私も想像できなかった結論にたどり着きました。

b_210514_35.png
↑天神のど真ん中で撮影

福岡が「ほどよく都会」だということも
「人が優しい」ことは、なんとなく知っていました。

でも、
『「ほどよく都会」だからこそ「人が優しい」ことを大切に思う。』
ということは知りませんでした。

あらためて、すばらしい町ですね、福岡。
みなさん、そう思いませんか?

私は今回の取材で
より福岡への愛を強くしました!!

 

▼調査は継続>>
今度は「残念なところ、悪いところ」
に関わるご意見をお寄せください!

アンケートへのご回答やご意見など
今回バリサーチにご協力いただいたみなさま、
本当にありがとうございました。

これからも
「福岡の地元愛」についてバリサーチを続けます。

福岡のいいところはもちろんですが、
今度はより福岡をよくするために、
「嫌い!」「ここをよくしてくれたらもっと好きになる」など
ご意見を募集します!どしどしお寄せください!!

追跡!バリサーチ
bnr_baresearch.png
https://www.nhk.or.jp/fukuoka/baresearch/index.html

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:20 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク


2021年05月14日 (金)"鈍土羅の由来"に反響続々!


4月30日(金)の放送後、たくさんのリアクションが寄せられました。いくつかご紹介させて頂きます。

b_210514_12.jpg

▼ジャック サカイさん
八女市のどんどらの由来ですが、イタリア語のDondorareから来たものだと思われます。この動詞は変化しまして、3人称単数現在、もしくは命令形になりますと、Dondoraとなります。なおこの語の意味は、子供をあやすということです。
マルコポーロがベネツィアよりシルクロードを通ってこの言葉がアジアにやってきたのではないでしょうか?かなりのロマンがありますが、いかがでしょう。

▼お便りから
『追跡!バリサーチ』をうれしく見ています。鈍土羅の地名について私見を呈します。
何らかのヒントになればうれしく思います。語源は、段(だん)・緩(だら)。原義は、段状の緩傾斜地。語音に近い漢字を当てたため、漢字の訓読みに準じて転化した呼称と思われる。緩傾斜地はタラ(ダラダラ・タラタラ・ダラケルほか)と呼ぶが、当てに漢字“音”に準じてテラと転じた地名が多い。福岡市東区箱崎小寺(こでら・砂堆地)など。


ご意見、ありがとうございました!

また、担当ディレクターが再び現地を訪れると、
地域の人たちが連携し、鈍土羅の語源をもう一度探ろうという動きが始まっていました。

b_210514_13.jpg
鈍土羅熊野神社 宮総代 澤田成行さん

放送を見た地元の高齢の方が、「昔、土を固めて鋳型を作る職人や作業場がいくつもあった」、というお話をしに訪ねて来てくれたそうです。そういった地域の歴史や語り継がれているエピソードをとりまとめて、書き残していきたいということでした。
まだまだ“鈍土羅”のナゾ究明は、盛り上がりをみせていますね!
b_210514_14.jpg
引き続き、鈍土羅の情報ならびに調べてほしい地名がありましたら、ぜひ番組にお寄せ下さい。

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:13:03 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク


2021年05月13日 (木)守護神 村上選手に迫る!


スポロクの岡野です。

先週末、
サッカーJ1のアビスパが
クラブ史上初となる
J1リーグ4連勝を達成。

昨季の大型連勝記録といい、
長谷部アビスパが
新たな歴史を刻んでいます。

そして、現在の順位は、
志知選手の移籍後初ゴールで
志知(7)位から、“6位”

ロクイ!
ロクい!
ロクい…ち!

そう、
あす(14日)のロクいち!では、
マンスリーアビスパを待たずして、
アビスパ特集を放送します。

注目するのは、こちら…

 
oka_210513_01.jpg

勇猛果敢なセーブで
何度もピンチを救っている
GK村上昌謙選手です。

この4連勝中、わずか1失点。
セーブ数のランキングは、
なんとJ1で2位(タイ)なのです。

それでも、
「キーパーの僕が目立つより、
アビスパが目立ってほしいです」と
いつも謙虚なお方です。

実は、今季の開幕前にインタビューした際、
移籍したGKセランテス選手についても
語っていました。

「昨季はジョン(セランテス)が活躍していたし、
一緒に学ぶことが多かったんです。
チームを離れてしまいましたが、
ジョンの思いを背負っていかないと」。

昨季のメンバーの思いも背負って戦う村上選手。
今季は“正”守護神としてチームを支えていますが、
昨季の大型連勝中に
”新”守護神として紹介させてもらっていました。

oka_210513_02.jpg

oka_210513_03.jpg

インタビュー中に突風で
後ろのパネルが倒れてきても…

oka_210513_04.jpg

oka_210513_05.jpg

ちなみに、
このパネルをはじめ、
字幕などのテロップを制作したのは、
NHK福岡の岩◯スタッフ。
実はその後、サポーターになったと聞きました。
もちろんイチオシは、村上選手!

oka_210513_06.jpg

タオマフも掲げてノリノリ♪
(お兄さん一杯飲みましたね?)

あすの放送では、
村上選手の活躍の裏側に迫るとともに、
ピッチの外での素顔も?!お届けします。

そして、
その翌日(15日)は仙台とのアウェー戦です。
この4連勝はすべて先制していることもあり、
勝負のポイントは“先制点”
長谷部監督は話していました。

先手必勝!
クラブ記録更新の”5連勝“
期待が高まります。

投稿者:岡野唯 | 投稿時間:15:54 | カテゴリ:キャスター日記 | 固定リンク


2021年05月12日 (水)私のおうち時間


福地礼奈です。
先日の「ロクいち!福岡」で紹介した私、福地のおうち時間!

それは・・・じゃん!

fuk_20210512_01.jpg

2合のごはんで巨大おにぎりを作ってたべること!

昔話に出てくるような大きなおにぎりを、おなかいっぱい食べることが
米好きの私のひそかな夢でした(^^)!

fuk_20210512_02.jpg

fuk_20210512_03.jpg

できましたよ~!顔が隠れるくらい大きなおにぎりの完成!

もくもくと食べ続けました。

fuk_20210512_04.jpg

味変(あじへん)もしました。
めんたいこ、岩のり、ツナマヨ(^o^)

fuk_20210512_05.jpg

最初2合のごはんを見たときは
「大丈夫かなぁ?食べられるかなぁ?」と不安でしたが、
そんな心配まったくいりませんでした!

fuk_20210512_06.jpg

あっという間に最後の1口!
ごちそうさまでした!

幸せでした~(^o^)!
夢が1つかなった、楽しいおうち時間でした!

私が食べている動画、後日NHK福岡の公式SNSで投稿されます。
そちらもぜひチェックしてみてください!


もちろん、食べてばかりではありませんよ!
食べ終わって時間をおいたあとは・・・

fuk_20210512_07.jpg

しっかりと運動しました!(笑)


この動画を1人で撮影して気づいたこと。
それは・・・私って意外と大食い!?(^_^;

また大きな食べ物に挑戦してみたいなと思いました!
みなさんは、どんなおうち時間を過ごしましたか??

投稿者:福地礼奈 | 投稿時間:14:04 | カテゴリ:キャスター日記 | 固定リンク


2021年05月07日 (金)福岡にこんな素敵なところが!


福地礼奈です。
みなさん、大型連休はおうちでゆっくり過ごせましたか?
私はたくさん寝て、たくさん食べて、たまに筋トレして、映画見て。
おうちでとても充実した時間を過ごしました。


さてみなさん
福岡市博多区の吉塚、行ったことありますか?

日本語学校があることから
アジアの方がたくさん住んでいます。
そこには、昔ながらの光景と一緒に、
「え?ここ日本?」と聞きたくなるような、
まるで海外旅行に行ったような感覚になれる場所がありました!

そんな吉塚を、旅してきました!
その名も「西日本の旅」

来週の「ロクいち!福岡」のほか、
「ウィークエンド関西」(NHK総合・関西地方)でもお伝えします。
放送は、5月8日(土)午前7時30分からです。

なかなか外出ができない今、すこしでも行った気になれるような。
福岡にこんなところあったんだ!と思って見ていただけたらと思います。

是非ご覧ください!

fuk_210515.jpg

投稿者:福地礼奈 | 投稿時間:12:54 | カテゴリ:キャスター日記 | 固定リンク


2021年05月06日 (木)アビスパの勢いが止まらない!


スポロクの岡野です。

前回投稿した「マンスリーアビスパ完全版」。
うれしいご感想や
貴重なご意見ありがとうございました。

私の伝えたかったことが
みなさんに届いていたのかな?と思うと
キャスター冥利に尽きます。

さて、アビスパは今月1日、
浦和レッズに勝って、
21年ぶりにJ1で3連勝
暫定7位に浮上しました!

広島、FC東京、浦和と、
難敵相手に3連勝…
選手たちも自信を深めていることかと思います。

そして、
長谷部監督の試合後のインタビュー、
スタイルは違うけど、
川崎フロンターレさんみたいに
いつも勝てるチームを目指したい」という話に、
魂を揺さぶられました。

大型連休明け(6日)のロクいち!では
試合の模様をお届けしますが、
このブログでは
快進撃を支える方を紹介します。

ベススタの芝生の管理を担当している
平田和子さんです。

oka_210506_01.jpg

(※撮影:2019年夏)

ハーフタイム中などに
スピーディーに芝の手入れをしている姿を
ご覧になったサポーターもいるかと思います。

2年前の取材の際に、
ピッチの上で芝の説明をしてもらいましたが、
フィールドを常に最高のコンディションにしておくために
日々の手入れを欠かせない、
"芝は生き物"なんだということを教えてもらいました。

浦和戦の勝利後
話を聞きました。


「本当にうれしい限りです。
特にホームでの勝利は
言葉にできない喜びがあります。

以前、アビスパの方から
『共に戦いましょう』と言われ、
胸が熱くなりました。
そして気合が入りました。

私の目標は"アビスパが勝てる芝生"を
提供できるよう管理することです。

これからも、
アビスパの縁の下の力持ちになれるよう
精進して頑張ります。

選手の皆さんにはもちろん、
観客の皆さんにも
試合と芝生を見て楽しんでもらえるよう
頑張ります!」

次は、今度の日曜日、
5月9日は4連勝をかけて、
柏レイソルとのホーム戦です。

スタジアムの収容人数の上限が5000人に変更されましたが、 
現地で観戦される方は是非、
平田さんたちが愛を込めて育てている
”選手が勝てる芝生“にも注目してみてください!

投稿者:岡野唯 | 投稿時間:16:25 | カテゴリ:キャスター日記 | 固定リンク


2021年04月30日 (金)疑問を調査!八女の地名・"鈍土羅"(どんどら)の由来は?


今週は、視聴者の方から寄せられた地名に関する疑問を調査しました。

b_210430_01.jpg

一見、何の変哲もないこの土地にどんな秘密があるのか?
追跡!バリサーチしました。

b_210430_02.jpg

『鈍土羅』という地名は、八女市の中心のすぐ近く、市街地にあります。
『鈍土羅』の交差点以外にも、コンビニは『鈍土羅店』。
バス停もひらがなで、『どんどら』。

b_210430_03.jpg

地元の人に教えてもらったのが、神社にある「どんどらの大楠」という名で親しまれてきた樹齢1000年を超えるクスの木です。
宮総代の澤田成行さんは、「子どもの頃は登ったりしていて、なじみも深いし、鈍土羅と言ったらみんなクスの木が頭に浮かぶんじゃないでしょうかね。(地名の由来は)僕も分からないですね、本当…」。

b_210430_04.jpg

こうなれば、市役所に聞くべし。そこで、意外な事実が…。
八女市教育委員会・文化振興課の中島さんによれば、
「(正式な)地名で使われていいたわけではなく、八女市史とかにも小字として鈍土羅という地名が使われていたという記録も見当たらない」そうなんです。
確かに、八女市の市史を調べても、鈍土羅の地名は一度も出てきません。
つまり、どんどらは、地元だけの通称だった…?

b_210430_05.jpg

そこで訪ねたのが、どんどら一帯の生き字引と言われる牛島さんです。おっしゃるには・・。
「あくまでもロマンでしょうね。シルクロードの中にやっぱり羅 (ラ)とつくのがけっこうあるんですよね。もしかするとインドの方から来た人たちが住んだのかもしれんし」。
確かに、ロマンはあります。

b_210430_06.jpg

しかし、まだまだ調べたいと、八女市から紹介を受けたのが、歴史研究家であり、画家の杉山洋さん(96)。
なんと20歳の頃からどんどらの名前を不思議に思い、研究してきました。
「(どんどらは)奇妙な発音で、僕は満州育ちで、これは日本語でないというのが気になりましたね」。
杉山さんが着目したのは、古墳時代、大陸とつながりをもっていたとされる八女地域の豪族です。

b_210430_07.jpg

それが、『筑紫君(つくしのきみ)』と言われる一族の盟主・磐井(いわい)。
新羅(しらぎ)や伽耶(かや)といった朝鮮半島の国と盛んに交流していたと考えられています。
八女地域にたくさんある古墳からは、朝鮮半島で作られたとみられる出土品も。
杉山さんは、どんどらの名前も、当時の交流から生まれたものではないかと推測しています。
御年96歳の杉山さん、「八女として非常に大事なところですから命がある間、調べます」。

杉山さんによれば、由来には諸説あるそうで、
古来は有力者を埋葬する際に、土を踏み固めていたといわれ、
その際の「ドンドン」という音からきたのではないか、
またほかにも中国からの船乗りが叩いていた、ドラの音ではないかなど、
八女では今でもこのナゾについて盛り上がりをみせているそうです。

情報がありましたら、ぜひ番組にお寄せ下さい!

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク


2021年04月28日 (水)殿様が食べた城下かれい~大分 日出町~


今回の食いち!は、大分県日出町の城下かれいをご紹介しました。
日出城址から見渡せる別府湾で取れるため、“城下”の名がついたマコガレイです。身は厚く柔らかで香味豊かなその味は古くから知られ、将軍家に献上されるなど「殿様魚」とも呼ばれていました。
「おいしさの秘密は海の中!」と聞き、漁師・北野和貴さん(48)と別府湾へ。案内された場所で教えてもらった答えは「海中に湧き出る真水」でした。日出町の山に降った雨が地下水となり、海に湧き出しているのです。ミネラルたっぷりの真水によって海藻やプランクトンが豊富で栄養たっぷりな環境に。そんな恵まれた環境で育つことで城下かれいは他にはないおいしい魚になるというわけです。
 しかし、漁獲量は40年前に比べ約10分の1にまで減っています。町の大切な資源を守るために稚魚を育成して放流する取り組みも行われています。
 毎年5月に行われる「城下かれい祭り」は、コロナ禍で2年連続の中止に。少しでも城下かれいの味を知ってもらおうと、市内6店舗が完全予約制の期間限定メニューを出すことになったのですが、新型コロナウイルス感染者が急増しているため大分県在住者のみのイベントとなりました。日出町の人々が「町の宝」と口を揃える「城下かれい」。8月頃までが特においしい時期です。コロナが収まったらぜひ食べにきて欲しいと町の皆さんも願っています。

 

s_210428_01.jpg
■城下かれい

s_210428_02.jpg
■日出町の漁師・北野和貴さん

s_210428_03.jpg
■城下かれいの限定メニュー

s_210428_04.jpg
■城下かれいの刺身

■大分 日出町の「城下かれい」に関するお問合せ
▽城下かれい賞味会2WEEKS ひじ町ツーリズム協会 
電話:0979-84-7077
▽的山荘 
電話:0977-72-2321(番組で紹介した料亭)

 

nakata.png

こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、大分県日出町の「城下かれい」でした!
漁師歴30年の北野和貴さんの漁に同行させていただきました!
優しくて、とても話しやすい方でした。

城下かれい、ドサドサとたくさん取れるわけではないんですね・・・高級魚・・・。
取れたカレイを触らせていただいたのですが、想像していた魚の感触とは違い、とってもふわふわで分厚かったです。魚はうろこで硬いというイメージが勝手にありました。

また、今回は稚魚から育てて放流しているという町の育成施設にもお邪魔させていただきました。

光栄なことに、放流をお手伝いさせてもらったのですが・・・
いつもお世話をしているお姉さんとは違い、私はその日初めて会ったカレイたちなのに、放す時はとってもさびしくて、頑張ってほしい!と、なぜか子どもの巣立ちを見送る親のような気分でした・・・(笑)

そして、今回は着物も着させていただきました!
着物をきれいに着せていただき、城跡周りを散策するのは、とても趣があり、楽しかったです。

s_210428_05.jpg

s_210428_06.jpg

そして、着物のまま、城下かれいを食べることができる料亭にお邪魔させていただいたのですが・・・
とっても立派で上品な店構えに、少し、いや、かなり緊張しました(笑)
ですが、お店に入ると、すてきな内装、そして何よりも中から見える景色に目を奪われました。
きれいな庭の向こうには、山と別府湾が見渡せ、とても美しく、入ってくる風はとても心地よかったです。
おかみさんは、風が気持ちいいでしょう、とにこにこお話してくださりました。
すごく上品で、けれど決して気取らず、とっても素敵な方でした。

そして、肝心の城下かれいのお味はというと・・・
まず、薄造りのお刺身!とってもおいしかったです!!
淡泊ですがほのかに感じる甘みがあり、舌触りはとてもなめらかで、かみ応えもありました。
また、から揚げは、外はカリッとしていて中はふわっふわでした。
そして、煮つけ。もうまず見た目からして城下かれいの肉厚感が分かったのですが、その身は最高でした・・・。今まで食べたカレイの煮つけの中で、間違いなく1番ふわふわでおいしかったです。

s_210428_07.jpg

s_210428_08.jpg

s_210428_09.jpg

s_210428_10.jpg
そんな、今が一番おいしい時期だという城下かれい、新型コロナウイルスの影響ですぐには食べに行けませんが、旬は7月から8月ごろまでとのことなので、新型コロナウイルスが収まってきたら、皆様もぜひ一度日出町を訪れて、召し上がってみてください。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2021年04月27日 (火)マンスリーアビスパ 完全版


NHK福岡のキャスター3年目にして
初ブログになります、スポロクの岡野です。

4月26日に放送された
『マンスリーアビスパ』いかがだったでしょうか?


oka_210427_01.jpgのサムネイル画像

元日本代表の中澤佑二さんに
今月のアビスパについて
解説していただきましたが、
すべてをお伝えすることが
できませんでした

濃い話をしていただきましたので、
この場を借りて非公開トーク部分と
放送された心強いコメントを
改めて掲載させていただきます

 --------------------------

《インタビュー:中澤佑二さん/インタビュアー:岡野唯》

-アビスパ、ここまで白熱した試合を展開しています。現時点での印象はいかがですか?
「開幕戦から試合は見させていただいておりますが、負けた試合の中でも自分たちで試合をコントロールできている試合もあります。僕の想像以上にアビスパは力がある。成長も含めていい方向に向かっていると思います」

-試合を見られる上で、注目している選手を教えてほしいのですが。
「僕、アビスパの試合でいつも見ているのが、前選手が大好きで。ボールさばきとかビルドアップのところ、前選手がうまいなと思いながら。きょうはここにポジションを取っている。こういうふうにパスを散らしている。前選手があってのアビスパだなと」

-それでは最近、気になる選手はいます?
「カウエ選手!大好き!いま!僕みたいな現役のときの。はっはっは。髪型、見た目ですけどね」

-中澤さんはディフェンダーの選手でしたから、ディフェンダーの選手のお名前をあげられるかと。
「センターバックの宮選手もいいですし、奈良選手もいいですね。ただ、僕のプレースタイルがハードワーク系だったもので、いろんなことをそつなくこなせる選手に憧れがあります。ただ、見た目はカウエ選手が好き。ゲームで自分を作ったとき、だいたいカウエ選手にそっくりです!」

ーカウエ選手のこと本当にお好きなんですね!
とはいえ、元ディフェンスの選手だった中澤さん、ここまでの失点数はどう捉えていますでしょうか?
「J2から昇格した次の年では、非常にいい成績。調子のいいチームと当たったときに、やっぱりJ1ってすごいねっていう試合展開になったり、3-0や4-0で点を取られるゲームがあってもおかしくない。そこを最少失点や0に抑えるシーンもあるし、ゴールキーパーの村上選手を中心にナイスセーブが多かった。失点数に関しては誉められるべき。長谷部さんのやりたいサッカーを選手たちが体現できているのだと思いますね」

ーということは、課題は…
「あとは得点ですね。得点がもう少しのびてくると、勝ち点もそれと平行してのびてきます。
質のいいクロスボールが蹴られるサイドバックがいますので、フォワードとしては心強いです」

ーそれではJ1上位に食い込むために、必要なポイントを教えてください。
「セットプレーの守備のところで、クリアボールからカウンターを仕掛ける。守から攻のところでコワサを、セットプレーの中で出していけたらいいのではないでしょうか?
相手のセットプレーもチャンスになりますので、守備から攻撃への切り替えの質を上げていけばいいと思います。あとは、僕が常に思っているのが、こいつが出てくると相手が嫌だなって思う、ラッキーボーイがいるといい。吉岡選手あたりが頑張ってくれると…。
いまの戦いを続けていくことで、6.7割は残れる可能性がある。10位以内いけるかと」

ー5月はアビスパより順位が下のチームとの対戦が多いです。
「上位チームと戦うときには、最低でも勝ち点1、下のチームに関しては必ず勝ち点3を取らないといけない。どのようなゲームの流れを組んでいくか、それに合わせて選手をチョイスするということで、長谷部さんはやってくれると思うので、僕は全力でアビスパを応援していきたいと思います!」

ーどうかご贔屓に宜しくお願いいたします!
「僕、長谷部監督はヴェルディの先輩ですからね、長谷部監督の桐蔭学園高校時代から好き。知っていますか?全国選手権でベスト4をかけた前橋商業との試合で、フリーキック決めているんです。すんげぇ風の中。すんげぇ曲げたフリーキック。僕、そのときから長谷部監督を知っている。めちゃくちゃかっこよかったです!」

ー監督も長谷部さん推しということでしょう?
「推しでございます!」

-ちなみに、福岡での思い出ってありますか?
「思い出ですか?僕がプロになって1年目だったかな~。2年目だったかな~。博多のスタジアムで味方の後頭部にヘディングをして鼻血がドバッと。試合中、鼻にティッシュを詰めながらプレーをしたこと!めちゃくちゃ、カッコ悪い写真がいっぱい残っていますね。はっはっは!」

ー最後に、番組をご覧の皆さまにメッセージをお願いいたします。
「是非、みなさんアビスパの応援を宜しくお願いいたします!僕と共に、j 1残留を目指しましょう!!…できればあの、こういった状況がおさまれば、街ぶらなんかもしたいです。僕、博多の街好きで、明太子食べたいです。大好きです。」

 oka_210427_02.jpg


中澤さん、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いいたします


さて、最後になりましたが、
実は、アビスパの試合の振り返りや
選手の素顔に迫る特集のリポート、
私が原稿を書かせていただいておりました。

着目する点が、独特だったからでしょうか?
以前、SNS上でこんな投稿を見つけたよと
スタッフが教えてくれました。

“スポロクの担当者、絶対アビサポですよ
愛を感じます。” 

正解です、私でした

oka_210427_03.jpg
ゴール裏で観戦していた大学時代の写真です。(笑)
配布された紙(写真の左上)を見れば、
クラブ20周年のシーズン、
そう、J1昇格を決めた年ですね

現在は、記者席やピッチのカメラ席で
取材をさせていただいておりますが、
スタジアムでのお声掛けや温かいコメント、
とっても励みになっております。
本当にありがとうございます。

5月のマンスリーアビスパも、
是非ご覧くださいませ

投稿者:岡野唯 | 投稿時間:17:27 | カテゴリ:キャスター日記 | 固定リンク


2021年04月23日 (金)コロナ禍、外国人たちの暮らしは


b_210423_01.jpg

バリサーチ取材班は、コロナ禍の福岡に暮らす外国人のリアルに迫りたいと、外国人が集まる福岡市内の教会を訪ねました。すると、こんな声が聞かれました。

「漢字が難しいからアルバイトが探しにくい」
「勉強した日本語と日本人が話す日本語は、方言などがあり、全く違いました」
「日本人との間に壁を感じる。もっと深く関わりたい」

アジアの玄関口である福岡には8万人あまりの外国人が暮らしています。
彼らの多くが、コロナ禍で母国にも帰れないままになっています。
どんな暮らしを続けているのかさらに詳しく知りたいと、外国人の生活支援をしている
NPO法人、グローバルライフサポートセンターを取材しました。

 

14年前に設立された、NPO法人。

就職や職場の問題、役所の手続きなど、日本で暮らす際に出てくる様々な相談にのってきました。取材の日も、帰化申請を考えているネパール人の男性が相談に訪れていました。

コロナ禍になってからも相談は相次いでいるといいます。

b_210423_02.jpg

(NPO法人グローバルライフサポートセンター代表理事 山下ゆかり さん)

「去年だけでも100件以上の相談が寄せられた。内定取り消されたのももちろんありますし、実習生、アルバイトがなくなったっていうのはもちろんあります」

b_210423_03.jpg

NPOに相談に来ていた人を紹介してもらい、直接会って話を聞くことができました。
それが、福岡市内に住む、ベトナム人女性のディンティ・ルェンさんでした。
同じベトナム人で、専業主夫としてルェンさんを支える夫。
そして3歳と10ヶ月の息子の4人で生活しています。

b_210423_04.jpg
アニメが大好きだったルェンさんは9年前に来日。
大学で日本語を猛勉強し、卒業後、念願だった通訳として工場で勤務していました。

(ディンティ・ルェンさん)。
「石の上にも3年と働きたいと言っていたので、社長からもその考えがあるならいいと褒められた」

状況が一転したのは、去年の4月。次男の産休中のときでした。
コロナ禍で、派遣先での勤務が打ち切りになり、派遣会社からは、産休から復帰しても
戻る場所はないと言われたと言います。

b_210423_05.jpg
(ディンティ・ルェンさん)。
「はっきり辞めてくださいとは言われてないですけど、自分で派遣先の仕事を探しなさいと言われたから仕事を辞めました。自分の会社が自分のことを守らないだから、自分もちょっと寂しい気持ちがある」

去年11月に自主退職を選択せざるを得なかったルェンさん。
就労ビザの期限が半年後に迫るなか、コロナ禍で職を見つけるのは困難を極めたそうです。
外国人実習生が来日できなくなり、通訳の募集はまったくなかったといいます。
想定外だったのが、応募の際、小さな子どもがいることを伝えると、企業が面接を取りやめたことでした。
夫もアルバイト先の仕事を減らされ、生活が困窮していったルェンさんは、ビザの期限が迫るなか、毎晩、2人の子どもを寝かしつけると、胸が苦しくなったと言います。

b_210423_06.jpg
その後、ルェンさんは、日本語能力とこれまでのキャリアを評価され、スタッフを募集していた山下さんのNPOに採用されました。滞在期限は残り1か月を切っていました。
(ディンティ・ルェンさん)。
「まだ日本に生活続ける。家族と過ごす時間できたら本当にうれしい気持ちがありました。ほかの人が正しい道を伝えられるとか、大事な仕事になると思います」

ベトナム人の女性のルェンさんが経験した、小さい子どもがいることで、
職を得にくかったという出来事。
外国人だからという問題ではないのではないのでしょうか。
コロナ禍が外国人を直撃しているのに加え、日本社会の問題が
外国人をさらに苦しめていると感じました。

外国人の生活支援をしているNPO法人は、次のように指摘しています。

(NPO法人グローバルライフサポートセンター代表理事 山下ゆかり さん)
「コロナがあったことによって日本側での体制が整っていない部分や、
 浸透していない部分が浮き彫りになった」
      
今回の取材を通して、日本の社会は、外国人の労働者などに支えられている場面が多いにも関わらず、彼らを置き去りにしているのではないかと感じました。
行政手続きの悩みなど、相談窓口などの受け入れ体制は一定程度、整っているにも関わらず、
外国人たちがそこにたどり着けていない現状もありました。
彼らの悩みの中には、われわれが少しでも寄り添ったりアドバイスしたりすれば解決できる悩みも多く、彼らを置き去りにせず、隣人の問題として考えることが必要ではないでしょうか。

bnr_baresearch.png
追跡!バリサーチのページはこちら

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:19:36 | カテゴリ:追跡!バリサーチ | 固定リンク


ページの一番上へ▲