2020年09月25日 (金)お堀を下る柳川の灯り舟(あかりぶね)


藤澤義貴です。

4連休が明けて、
早くもあすからの土日が待ち遠しい人も多いのでないでしょうか。

先日、柳川市から中継しました。
ことしから毎日運航している「灯り舟(あかりぶね)」です。

fu_200925_01.jpg

新型コロナウイルスの影響で観光客が激減しましたが、
4連休では50隻を超える灯り舟が出て
にぎわいを取り戻しました。

船にはちょうちんが設置され、
温かい雰囲気を醸し出しています。

fu_200925_02.jpg

感染対策も徹底。
密を避けるため、定員を半分の10人に減らしました。
さらに、船の長椅子には座布団を新たに設置。
一人一人が座る場所を決めることで、
距離を保てるように工夫しています。

fu_200925_03.jpg

灯り舟は、
およそ4キロのお堀のコースを70分かけて、
ゆっくりと下ります。

あすからの土日は、晴れの予想。
10月1日は、中秋の名月です。
柳川でゆっくりとした時間を過ごしてみるのはいかがですか。

投稿者:藤澤義貴 | 投稿時間:10:07 | カテゴリ:藤澤義貴 | 固定リンク


2020年09月24日 (木)門司に行ったら・・・


中山庸介です。
先日の4連休、天気も良かったので家族と北九州・門司港に行きました。

na_200924_01.jpg
 
奥に見えるのは本州と九州をつなぐ関門橋。
青空に映える白い橋の優美さに見とれてしまいました。
「うーむ。まさにニュースブリッジ北九州だなあ・・・」と、
思わずひとこと。

18:30以降の北九州局の番組のタイトルですね。
存在感がある美しさでした。


na_200924_02.jpg

さて、門司に来たからには食べなきゃいけないのが、
ご当地発祥の「焼きカレー」。
戦前から多くの洋食店が立ち並んだ門司港周辺。
さまざまなハイカラなメニューが生まれてきました。
実は私も、焼きカレーは初めてです。
とある喫茶店に入り、頼んでみると・・・。


na_200924_03.jpg

待ってました!これが本場の焼きカレーだ!
ご飯の上には濃厚なルーとチーズを乗せて、オーブンで焼かれています。
グラタンのようですね。
トッピングはフライドオニオンです。
お店の方「ざくっと、真ん中にスプーンを入れてみてください」
「どうして??」

na_200924_04.jpg
 
ルーの下には、ほどよくとろけた、半熟の卵が埋まっていました。

ご飯とチーズがルーとともに溶けて一体となり、
わずかにカレー粉が焦げる香ばしい香りがアクセントとなっています。
この感覚、なんといったらいいんでしょう。
一言でいえば「ハーモニー」でしょうか。
お皿の上に広がる絶妙の調和に、満足してお店を後にしました。

na_200924_05.jpg

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15:22 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク


2020年09月23日 (水)防災ランチ


松崎洋子です。

みなさんは、
お昼ご飯に何を食べましたか?
わたしは、ピラフ!

ma_200923_01.jpg
といっても、
ただのピラフではありません。
非常用に備蓄していた保存食です。


ma_200923_02.jpg
お湯を入れて、15分で完成。
エビやコーン、ニンジンも入っています。


ma_200923_04.jpg
やや硬めのご飯で
バターの味をしっかりと感じました。


非常時に困らないように、
毎月決まった日を「マイ防災デー」にして、
保存食を食べたり
備蓄品を見直したりする日にしよう!と
先日取材した防災士の方が
話をしてくれました。


作り方は簡単!
お湯を入れてから待ち時間が長い!
味付けは少し濃いかな?など、
実際に食べてみて、
いろいろな発見がありました。


防災を日常に取り入れる。
もしもの時に備えて、
非常食に慣れておくことも大事だと
思いました。

 

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:13:00 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク


2020年09月18日 (金)4連休 キャンプが人気に


庭木櫻子です。
あすからの4連休、お休みという方も
仕事などの予定があるという方も
いらっしゃると思いますが、
みなさんはどうお過ごしでしょうか?

コロナ時代のこの秋、
福岡県内のキャンプ場が
予約でいっぱいなんだそうです。
そこで、東峰村の小石原地区にある
キャンプ場を取材してきました。

自宅で過ごす時間が長くて
窮屈な思いをすることも多い中、
バーベキューやたき火をしながら
自然の中で過ごす時間は
すごくリラックスできそうですよね。

ni_200918_01.jpg

今、コテージなどの宿泊施設を使用せずに
野外にテントを張るスタイルの需要が
伸びているそうです。

ni_200918_02.jpg

どうして、テントで過ごしたいのか?
きょうの「ロクいち!福岡」をご覧ください。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:14:12 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク


2020年09月17日 (木)「令和おじさん」!?で話題に


庭木櫻子です。菅新政権が発足して、
連日ニュースでもふれることが多いです。

きのうは、私も
新政権についてどう受け止めているのか
街のみなさんにインタビューしに行きました。

ni_200917_01.jpg

菅新総理大臣は、新元号の発表から
「令和おじさん」と呼ばれていましたよね。
局内でもその話になり、
こんな写真を久しぶりに見つけました。

ni_200917_02.jpg

年末に、令和ゆかりの地である
太宰府市の坂本八幡宮で撮ったものです。
年越しのとき「ゆく年くる年」という番組で
この場所から中継を出しました。
その取材に行ったときの写真です。

ひとつの時代の変わり目を感じる
貴重な経験だったなと、
しみじみ思い出しました。

投稿者:庭木櫻子 | 投稿時間:16:04 | カテゴリ:庭木櫻子 | 固定リンク


2020年09月16日 (水)大きくてプリプリ濃厚!夏の岩ガキ~福岡 糸島市~


糸島市の岐志漁港は、冬が旬の真ガキの養殖がさかんで、たくさんのお客さんが訪れるカキ小屋が有名ですが、実は、夏が旬の岩ガキも養殖されています。

nak_200916_01.jpg

岩ガキの特徴はなんといっても大きいこと。重さは真ガキの5倍近くもあり、身はプリプリで肉厚、一粒でも十分な食べ応えがあります。味は、クリーミーで甘みが強く、生で食べるのがいちばんおいしいそうです。

岩ガキのおいしさの秘密は、養殖の場所にあります。
養殖いかだは、山々に囲まれた引津湾のなかにあります。山からたくさんの栄養分が流れてきて、岩ガキのエサになる植物プランクトンが豊富にあるため、味が濃くて大きい岩ガキに育ちます。また、波が立たない湾の中では、岩ガキが安心してエサを食べることができるので、身が太るんだそうです。

nak_200916_02.png

岩ガキを養殖している中西圭一郎さんは、真ガキを33年間養殖してきたベテランの漁師さんです。岩ガキの養殖を始めて5年、今年は東京オリンピックがあるということで、これまで1年で出荷してきた岩ガキを2年ものに育てて、準備をしてきました。しかし、東京オリンピックは延期。予定していた岩ガキの出荷先がなくなってしまいました。そこで、インターネットでの通信販売を始めたところ、評判は上々。全国からたくさんの注文がくるようになり、応援メッセージなども届くようになりました。

中西さんは、たくさんの人に糸島の岩ガキを知ってもらい、冬は真ガキ、夏は岩ガキで糸島が元気になることを願っています。
岩ガキのシーズンが終われば、冬の真ガキが旬を迎えます。カキ小屋のオープンも待ち遠しいですね!

 

【問い合わせ先】
▽出演者
大黒丸 中西圭一郎さん 美和さん

住所:〒819-1334 福岡県糸島市志摩岐志778-6
電話:090-5931-9893
※岩ガキは今年の出荷は終わりました。
※カキ小屋は真ガキのシーズンのみのオープンです。11月にオープン予定です。

 

nakata.png
こんにちは!中田理奈です。
今回の食いちは、糸島の「岩ガキ」でした!

nak_200916_03.jpg

私の顔と比べてみても結構な大きさがあり、初めて見た時はただただびっくりしました(笑)
大きさは真ガキよりもだいぶ大きいですが、その味はどうなのだろうと不思議だったんですが…
食べてみると、ほんとうに濃厚でクリーミーで、とてもおいしかったです!
海のミルクと言われる理由がわかりました。
生の岩ガキを贅沢に一口で食べたのですが、口いっぱいにおいしさが広がって、口の中が幸せでした(笑)

そして今回は、養殖をされている中西圭一郎さんに教えていただきました。
海はとてもおだやかで、近くには山がありました。
そこから流れてくる養分も、岩ガキには大事なのだそうです。

岩ガキはロープに塊りになって育っているのですが、それをひとつずつバラしていく作業も大変だということで、私も体験させていただきましたが…。
まず、どれが個々の岩ガキなのか、境目がわからない!(笑)
もしかしてここかな?とやっと分かっても、固くて固くて、まったくバラすことができませんでした…(笑)
職人技でした。

そして中西さんの妻の美和さんが私の大好物、岩ガキでカキフライを作ってくださいました!
あんなに大きなカキフライを食べたのは生まれて初めてでした(笑)
外はカリッとしていて中はふわふわ。
しっかりと岩ガキの味がしてとってもおいしかったです。

ぜひ皆様も、夏の岩ガキ、召し上がってみてはいかがでしょうか。

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:食いち! | 固定リンク


2020年09月15日 (火)続・さわやかな風


中山庸介です。
まもなくお彼岸。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、
朝晩はさわやかな風が吹くようになってきました。
以前もこのブログで「さわやか」とは秋の季語という話を
書きましたが、心おきなく使えるのでようやくほっとしています。

na_200915_01.jpg

そんな風に吹かれつつ、散歩も楽しめるようになりました。
近所を歩いていたら、こんなかわいい花が咲いていました。

na_200915_02.jpg

外側はピンク、そして内側は白から黄色のグラデーション。
「勲章」みたいな姿に、思わず目を奪われ写真を撮ってしまいました。
何の花かと思い、植物にもとりわけ詳しい吉竹さんに聞いてみると、
「ランタナの花じゃないですかね」とのこと。

調べてみると、どうもそのようです。
もともとは熱帯植物で、暑さに強い花。
繁殖力が旺盛で、5月から10月に花を咲かせます。

na_200915_03.jpg

見ると、花の下には紫色の小さな実が。
これには毒が含まれているので、ご用心!

歩くだけで精いっぱいだった暑さから抜け出して、
少し周りを見渡す余裕が出てきた今日この頃です。

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:15:47 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク


2020年09月14日 (月)『特別』な鷹の祭典


松崎洋子です。

ことしも鷹の祭典が始まりました!
ドームが何色に染まるのか、
毎年楽しみにしている人もいると思います。

ma_200914_01.JPG

ことしのカラーは、
福岡の街を元気づけるイエローと、
医療従事者などへの感謝を表すブルー。


新型コロナの影響で生活が一変したり
不安な気持ちを抱えながら過ごしたり
している人もいる今。
単なるイベントではなく、
野球を通して、
福岡の街に、みんなに、力を与えたい!
という選手たちの思いや、
使命感のようなものが伝わってきて
例年とは違った鷹の祭典だと感じています。

ma_200914_02.JPG

野球が普通にある毎日がこの先も続くように…
わたし自身も、
改めて感染拡大防止に努めていきます。


きょうのスポロク!では
鷹の祭典で大活躍した
あの選手に注目してお伝えする予定です。
お楽しみに!

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:17:03 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク


2020年09月11日 (金)今どきのプレゼント


松崎洋子です。

マスク着用しながらの生活になって
もう半年以上が過ぎました。
みなさんは、
どんなマスクを着けていますか?

ma_200911_01.jpg

わたしは、こちら。
白と水色のレースが可愛くて
お気に入りです。

これ、実は、
ロクいち!担当のヘアメイクさんの手作り。
プレゼントしてくれました!

ma_200911_02.jpg

接触冷感素材で、涼しく、快適です。


最近は、素材・色・機能など
さまざまなマスクがありますが、
自分に合ったものを見つけて
快適に過ごしていきたいですね。

投稿者:松崎洋子 | 投稿時間:16:49 | カテゴリ:松崎洋子 | 固定リンク


2020年09月10日 (木)ヨッシーがきた!


中山庸介です。
福岡局に、大型アナウンサーが登場です!
酒井良彦アナウンサーが転勤してきました。
ハニカミ笑顔のナイスガイにして、
なんと身長186cm。

na_200910_01.jpg

その迫力ある体格を生かして(?)
大相撲の実況担当アナウンサーでもあります。
というわけで、来週からの大相撲週間は、
戸部ちゃん改め、「ヨッシーのロクいち大相撲」(仮)として、
たっぷり郷土力士の取り組みを解説してもらいます。

na_200910_02.jpg

では、本人からのメッセージです。

「福岡の皆様、はじめまして。
京都局から異動してきました酒井良彦です。
京都の前は佐賀局で勤務しておりましたので、
九州に住むのは2度目です。
戸部アナウンサーの後任として大相撲などを担当します。
まさか福岡で働ける日がくるとは!!!
豚骨ラーメン、もつ鍋、水炊き、ごまサバ、ごぼう天うどん、明太子、餃子、鳥皮…
もう早く食べたいものがどんどん浮かんできます。

おっと、もちろん仕事も楽しみなのです!
アマチュアからプロまで、各競技とてもレベルの高い福岡で、
たくさん学び、吸収したいと思います!
何事も楽しんで!!福岡生活を満喫します。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。」

na_200910_03.jpg

趣味は料理、
得意なレシピは生姜焼きのヨッシー。
街で見かけたら、ぜひ声をかけてやってください!
新たなメンバー、よろしくお願いいたします!

投稿者:中山庸介 | 投稿時間:16:32 | カテゴリ:中山庸介 | 固定リンク


ページの一番上へ▲