実感ドドド!

2020年07月01日 (水)地域経済界のキーパーソンが徹底討論する凝縮25分!


こんにちは、広報担当のワタナベです。
「ウィズコロナ」「アフターコロナ」―この言葉が指す方向になにがあるのか。
若き起業家たちは、いまなにを考え、なにを未来に見ているのか、彼ら、彼女の言葉がヒントになるかもしれません。
今週の「実感ドドド!」は地域経済のキーパーソン3人がスタジオで徹底討論します!
do_200701_01.jpg

【出演】
do_200701_02.jpg
●田口 一成(企業経営者)
福岡市在住。寄付金ではなくビジネスで社会問題を解決するソーシャルビジネス専門の企業「ボーダレス・ジャパン」代表取締役。25歳で起業。世界13か国で事業展開し、去年、過去最高の年商54億円を上げる。日経ビジネスにて「世界を動かす日本人50」(2019)に選ばれる。コロナ禍でも貧困・失業・環境問題など、世界の課題に果敢に挑み続けている

do_200701_03.jpg
●田中 彩(企業経営者/NPO法人代表)
佐賀県唐津市出身、福岡市在住。2児の母。出産を機にリタイアし、再就職挫折の経験から、子育てママの社会復帰をサポートする職業紹介企業「Work Step株式会社」を設立。全国的イベント「ママドラフト会議」を主催し、キャリアや能力を生かせずにいた女性を社会に送り出してきた。女性が働きやすい社会実現のため、経済が停滞する今もNPOや自治体との連携を模索し続けている

do_200701_04.jpg
●村岡 浩司(企業経営者)
宮崎市在住。宮崎名物「レタス巻き」発祥の寿司屋の2代目。飲食店の事業展開の傍ら、九州沖縄全県の食材をフル活用した「100%メイド・イン・九州」の食品開発を行う。代表作「九州パンケーキ」はアジア各国で大ヒット。「ONE九州沖縄」をスローガンに今も県境の枠を越えて生産者の元を訪れ、沈んだ地元経済を元気づける新たな商品開発に取り組んでいる

●キャスター:魚住優(アナウンサー)


【トークテーマ】
九州沖縄の強みと課題とは
村岡「九州沖縄を広域な経済圏と捉えてもう一度再構築していく」
田口「顔の見える関係があるから危機を乗り越える助け合いが起こる」

ピンチをチャンスに変えるには?
田中「働きたくても具体的な行動に至らない“潜在就労女性”が九州に9万4000人いる。この人材を新たな社会の担い手として生かせれば」

危機に屈しない新たな生き方とは?
このトークテーマでは、ノーベル平和賞受賞者でグラミン銀行(貧困層向け小額融資)の創設者であるムハマド・ユヌス氏がオンラインインタビューで特別出演!
私たちに伝えたいメッセージとは?
do_200701_05.jpg

未来はわからないから不安なもの。だからこそ、私たちの手で作るものなんじゃないか…そう思わせてくれる言葉の嵐。
放送を見ながら、皆さんが考えたこと、受け取ったことをTwitterで「#実感ドドド」をつけてつぶやくと、出演した3人も見てくれるかも!?

では、最後に元気よく番宣します!今週の「実感ドドド!」は…こちら!↓
-------------------------------------------------------
実感ドドド!「起業家が語る ドうすればいい!? 九州沖縄の経済」
7月3日(金)[総合] 午後7:30
キャスター:魚住 優アナウンサー
(再放送)7月4日(土)[総合] 午前7:35
-------------------------------------------------------
ぜひ、皆さんもマジメに、熱く、
身近な人たちと九州沖縄のこれからを考える議論に参加してみては―。

投稿者:ドドド!スタッフ | 投稿時間:16時00分 | 固定リンク


2020年06月11日 (木)実感ドドド@福岡!そしてそのボードは・・・?


福地礼奈です。
 
6月12日(金)よる7:30~の「実感ドドド@福岡」は
「若者に笑顔を!みんなの発表会」ということで、新型コロナウイルスで様々な大会が中止になった若者の声や、発表の場をプレゼントしたりする内容をお届けします!
 
fu_200611_01.jpg
 
この手書きのボード、「実感ドドド@福岡」の放送前に描いてSNSに動画を載せているのですが、実は・・・
 
fu_200611_02.jpg
   
毎回私が描いていました!
 
ふと気づけば・・・
 
fu_200611_03.jpg
   
こんなにたくさん( ^o^)ノ!!
 
小さいときからこういう風に、何かを描いて作ることが好きで、
このボードを作る時も集中して黙々と作っています(^^;)笑
でもそんな作っている時間が好きです!
 
今回の「実感ドドド@福岡」は、部活動に打ち込んでいた青春時代のことを思い出すな~。と感じました。
みなさんもお家でぜひご覧ください(^o^)!
 
fu_200611_04.jpg

投稿者:ドドド!スタッフ | 投稿時間:13時03分 | 固定リンク


2020年05月21日 (木)九州沖縄と新型コロナウイルス


実感ドドド!「新型コロナ 見えてきた教訓と九州沖縄のこれから」【拡大版】72分
[総合] 5月22日(金)午後7:30【再】5月23日(土)午前10:05
[BS1] 5月26日(火)午後10:40

キャスター:魚住 優アナウンサー

------------------------------------

こんにちは、「実感ドドド」キャスターの魚住優です。

九州沖縄の皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

私も在宅勤務や自粛生活を送り、誰ともしゃべらない日も続きます。正直に申しますと気がめいっています…人とのつながりの大切さを再確認する日々です。

緊急事態宣言は解除されましたが、第2波への警戒が続く中、各局のスタジオと生放送で結び、全力取材したディレクター・記者が「九州沖縄は新型コロナウイルスとドう向き合っていけばいいのか」熱く伝えます!私も視聴者の皆さんが「ドうなっているのか」気になることをズバズバ聞いていきます。是非ご覧ください!

do_200521_04_uozumi_10.jpg

----------------------------------

番組では以下の内容などをお伝えします。

▽クラスターの教訓
クラスター(集団)が発生した北九州市の医療機関や、長崎港に接岸し150人近くが集団感染した外国籍のクルーズ船で見えてきた教訓とは―。

▽経済的な打撃、そして乗り切るためのヒント
個人経営店が林立する宮崎市の歓楽街“ニシタチ”を取材します。また、この現状を乗り切るための動きとして、熊本・天草市で行われている【育児等で社員が出社できず人手が足りない中小企業】×【仕事がなく人余りの観光業】の“異業種マッチング”に密着しました。

▽第2波への懸念
“コロナ疎開”や観光客を介した感染が問題となっている沖縄県。第2波への警戒が続く中、私たち一人ひとりには何が求められるのか―。

do_200521_01.jpg

do_200521_02.jpg

投稿者:魚住優 | 投稿時間:12時00分 | 固定リンク


2020年05月12日 (火)制作現場リポート!~広報担当が聞き込み・中の人たちはいま~


ねぇ…リモートで新作ドキュメントってどんなものなの…?
ねぇ…いまテレビ局ってどうやって番組を作っているの…?

私もちょっと思いました。
申し遅れました。NHK福岡の広報担当ワタナベです。

テレビでは芸能人の方のリモート出演も多く見られるようになりました。
今回の「実感ドドド@福岡」は、一般の方の生声をお伝えするドキュメント。

冒頭の問いを調べるべく、まず、ナカムラチーフ・プロデューサーに聞き込み。(在宅勤務中のため電話で)

ナカムラ) 「今回はディレクター5人体制で番組を作っています。」

ワタナベ) 「ディレクター5人で25分番組…!(普段と比べると多め!)」

ナカムラ) 「うん、取材させていただく方との信頼関係が大事だからね。今回はリモート取材だからこそ、かつて番組や取材で実際にお会いしたことがある方々に各ディレクターが取材しています。山笠の赤手拭を担うアメリカ人、漁師さんなど、職業や年齢はさまざまです。この1か月間の変化も含めた“声”をお伝えできたらと。」

リモート取材中のディレクターにリモート取材したい…と思い(←ややこしい)、取材中のヒロセディレクターのもとへ。(もちろんビデオ通話で)

ヒロセディレクターは2児のママ。

ワタナベ) こんにちは。いまどんな感じで取材しているのですか?

ヒロセ) 私は久留米市の農家と、田川市のアーティストに取材をしています。ゼロから取材先を開拓する時間がないと判断したので、いずれも、過去に番組の中継でお世話になった方や、知り合いの方に再びアプローチしています。こんな感じでビデオ通話でインタビューした映像を収録して取材を進めています。

do_200515_01.jpg
取材中のヒロセ ディレクター

ワタナベ) あ、なんかリラックスしてお話されていますね!ヒロセディレクターは2児のママですよね…。いまは自宅で取材してるんですか?

ヒロセ) はい。保育園の登園自粛が求められる中、在宅勤務をしながら家で取材できるのはありがたいです。とはいえインタビュー収録のときは子どもに邪魔をされるのがキツイので夫にお願いしたり、どうしても…というときは保育園に預けたりしました。ほかのディレクターも家からインタビューしています。

ワタナベ) ほぅ…、実際リモートでインタビューってどうなんでしょう…。

ヒロセ) 実際やってみて、正直なところ、どうしてこれまでリモートインタビューをもっと活用してこなかったんだ?!と思っています。まず、事が起こったときに、相手の気持ちが冷めぬうちにすぐに話を聴けます。取材相手にかける負担も、少し軽減できるかなと思います。そして、ビデオ通話ということで、取材相手の方も、心なしかリラックスして話してくださるような気もします。大きなカメラの前で話すのは緊張しますからね…。いずれにしても、今後も、通常のロケとうまく組み合わせて使っていきたいとも思いました。

do_2005015_02.jpg
田川市の現代アーティスト タナカナミさん

ワタナベ) まさに、困難や課題に直面して、それを解決しながら常識がアップデートされていく、という感覚でしょうか。

ヒロセ) ですね。放送現場でも学ぶことがたくさんあります。

~番組を見てくださる方に一言!~ ヒロセディレクターより
今回の番組でご紹介させていただく方々は、取材している方々の中のほんの一部です。NHK福岡では、「実感ドドド@福岡」に関わらず、今後も、さまざまな立場の方の、さまざまな「コロナ自粛」の生活、思っていることを、番組で紹介していきたいと思っています。こんなことに困っている、こんな過ごし方があるよ、など、ありましたら、NHK福岡までお寄せいただけたらと思います。よろしくお願いします。みんなで乗り越えましょう!

■「実感ドドド!」へのご意見・メッセージはこちらから

もちろん、いまの私たちの生活があるのは、医療従事者のみなさん、生活必需品に関わるみなさん、運送業のみなさんなど、生活を支えてくださっている方々が頑張ってくださっているからこそ。そういったみなさんに感謝しながら、知恵を出し合って、この難局を乗り越えていけますように。
今回の「実感ドドド@福岡」も、ぜひご覧ください!

投稿者:ドドド!スタッフ | 投稿時間:12時00分 | 固定リンク


2020年04月10日 (金)ドうすればいいの?新型コロナウイルス


福岡でも不安が広がる新型コロナウイルス。福岡県内の最新状況とともに、感染を広げないためにどうすればいいのか、その手立てとお役立ち情報を徹底取材。「新型コロナにかかったらどうすればいいの?」「緊急事態宣言で、福岡の暮らしはどうなるの?」「自粛が続けば子どもたちをどうすれば?」・・・。ともに不安を乗り越えるために、考えます。

※「実感ドドド!@福岡」は、「実感ドドド!」内にて月に1度程度放送している、福岡県の情報に特化した番組です。


■番組内で紹介した内容について

▽福岡県の新型コロナウイルス感染症の患者の発生状況について
 感染250人 死亡1人 (注:4月10日13時・時点)

 →福岡県庁のホームページで確認できます
「新型コロナウイルス感染症ポータルページ」


▽新型コロナウイルスに関する自治体の相談窓口(全般的な問い合わせ)
福岡県:092-643-3288
福岡市:092-711-4126
北九州市:093-522-8745
久留米市:0942-30-9335

▽新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の受診・相談について
 →福岡県では、保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」で新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。お住まいの地域の保健所にご連絡ください。

■帰国者・接触者相談センター
dododo_200410_01.jpg

dododo_200410_02.jpg


▽国の緊急事態宣言を受けて福岡県が発表した緊急事態措置について
 →福岡県庁のホームページで確認できます
「新型コロナウイルス感染拡大にかかる緊急事態措置について」

▽福岡県内の交通機関や公共施設、商業施設等の状況について
 →NHK福岡のホームページ「福岡県 災害関連情報」でまとめています
「福岡県 災害関連情報」

■日常生活で気をつけることQ&A

Q.緊急事態宣言で、屋外での運動・散歩は行って良いとされているが、どの程度なら大丈夫??
九州大学病院グローバル感染症センター 下野信行さん

⇒屋外でも油断は禁物。口からの飛沫が、周りの人にかからないようにすることが大事。近い距離で長時間しゃべる、大声を出すのは避けましょう。

⇒遊具やボールなどを共有した際には、遊んだ後によく手を洗いましょう。

Q.生活必需品を買う時、スーパーなどで気をつけることは何??
九州大学病院グローバル感染症センター 下野信行さん

⇒密集を避け、必要以上に商品に触らないようにする。

⇒カートやカゴ、商品についたウイルスからの感染を心配しすぎなくてもよいが、帰宅後はしっかり手を洗いましょう。

Q.公共交通機関の感染対策はどうなっているの??
おもな交通機関に聞いてみました

●西鉄バスでは、全てのバスで常時換気扇を使い空気を入れ換えています。
また周りに配慮すれば、必要に応じて窓を開けても大丈夫だそうです。

●福岡市営地下鉄は、天神や博多駅など主要駅において、駅全体を強制換気。
それにより、車内の空気を入れ換えています。
⇒電車・バスは、人の密度が高くなりがちです。マスクの着用や咳エチケットなど、乗る人もマナーを守りましょう。

●タクシーは、複数の会社で、乗務員のマスク着用、窓を開けての換気、手すりなど車内の消毒を頻繁に行っているということです。
一方で、利用者にも、マスクの着用などの感染対策を行ってほしいとのことでした。


■経済支援について
新型コロナウイルスに関する支援策の一例として、
「緊急小口資金」「総合支援金」「雇用調整助成金」「小学校等休業対応支援金・助成金」があります。
これらの内容や緩和措置などは変わることもありますので、詳しくは市町村等の窓口にお尋ねください。

▽労務・労働関係の相談窓口
<福岡県 労働局>
福岡労働者支援事務所:092-735-6149
北九州労働者支援事務所:093-967-3945
筑後労働者支援事務所:0942-30-1034
筑豊労働者支援事務所:0948-22-1149

福岡県社会保険労務士会:092-414-4864

福岡県弁護士会:092-753-6364

▽中小企業の資金繰り・融資などの相談窓口
九州経済産業局:092-482-5447

福岡商工会議所:
092-441-2161(東・博多・南区)
092-441-2162(中央・城南・早良・西区)

北九州市:
093-551-3619(小倉)
093-873-1433(戸畑)

久留米市商工政策課:0942-30-9133


■子どものケアについて
昭和大学大学院准教授 副島賢和さんの話

▼子どもたちは今「我慢をし、頑張っている」。大人が不安でいると、子どもたちもとても不安。その姿を見ている子どもたちは、自分も頑張る・我慢すると思い、そして耐えています。その影響が、時間が経ってから出てきます。

▼今回、子どもたちにとって辛いのは、「人と関わることが危ない」とされていること。これは大人も同じです。だからこそ、家族でできる限り触れてあげて欲しい。ハグやスキンシップはもちろん、目で触れたり、会話で触れたり、いろいろな触れ方がある。特に思春期の子どもたちのサインを見逃さないで。

▼子どもたちも、家族が大変な時は、自分も何か役に立ちたいと思っています。「子どもだから・・・」「勉強していなさい」ではなく、「一緒にお料理する?」「お洗濯畳頼んで良い?」など、家族の一員として頼りにしてほしい。頼りにされるのは子どもにとっても嬉しいこと。それが力になっていきます。

▼大人の皆さんも、自分を大切にしてほしい。頑張りすぎない。子どもたちや夫婦・家族・友人、お互いに支え合ってほしい。

▼ゲームばかりで、勉強をしていないと「学力は?」と大人が不安になります。当然です。それは大人の不安です。ただ果たして、子どもたちはそのゲームを楽しんでいるでしょうか?不安の解消がゲームなのかもしれません。学習については、ぜひ担任の先生にご相談ください。

●番組で紹介した、家庭教育・子育て全般関する相談
 福岡県立社会教育総合センター:092-947-3515 


※NHK福岡放送局のホームページでは、福岡県の新型コロナウイルスに関する情報を掲載しています。是非ご覧ください。
「福岡県の新型コロナウイルス関連情報」

投稿者:ドドド!スタッフ | 投稿時間:19時55分 | 固定リンク


2019年11月19日 (火)完成!六本松に住む新キャラクター!


do_191119_01.jpg

先週15日の「実感ドドド!@福岡 “オトコの育児“応援SP」では、絵本作家・よしながこうたくさんのライブペインティングを中継しました!NHKエントランスからのライブペインティングは、子どもたちと一緒に、即興で一体のキャラクターを描くもの。今回、子どもたちが描いたのは「六本松に住んでいるキャラクター」。

番組では途中までしかお見せできませんでしたが…名前も含め、みんなのアイデアで完成したキャラクターがこちら!

do_191119_02.jpg

キャラクター名「へんた・いぶき くん」
ハートの耳に緑の鼻、真っ黒な歯が特徴的な、ゾウとイルカが合体したキャラクター。
子どもたちいわく、「へんた・いぶきくんは、下水道のリンゴが大好物だが、泳げず流され、悔しくて目からビームと汚水を垂れ流している」のだとか。

放送が終わったあとも、子どもたちは興奮冷めやらぬようすで、絵を描き続けていました。参加したお母さんの1人は「息子の右脳が刺激されているのが見ていて分かる。あんなに激しく手を挙げて絵を描きたがるなんて…」と、驚きを隠せないようすでした。また、よしながこうたくさんは、ライブペインティングを終えて、「子どもの自由度に対抗するのに本当にパワーを使ったが、とても楽しい時間だった」とおっしゃっていました。
みなさん、ぜひご自宅でもやってみてください!

よしながさんは、こうしたライブペインティングで子どもたちが描いた絵を“リメイク”し、SNSで紹介する活動もされています。よしながこうたくさんの手によって、キャラクターがどんな風に生まれ変わるのか!?気になる方はぜひチェックしてみてください!

投稿者:ドドド!スタッフ | 投稿時間:11時24分 | 固定リンク


2019年10月21日 (月)小倉競輪場にも行かナイト!


アナウンサーの魚住優です。
北九州に夜の魅力に迫った「実感ドドド!@福岡」、ご覧いただけましたか?

残念なことに機材のトラブルで、予定していた「小倉競輪場」の中継ができませんでした(涙)。ご協力いただいた小倉競輪場のみなさま、本当に申し訳ございません。

u_191021_01.jpg

この場を借りまして、少し「小倉競輪場」の魅力をご紹介します。

それが、「バックヤードツアー」

u_191021_02.jpg

普段は立ち入れない、バンク(コース)や選手の皆さんが準備するバックヤードに、一般の人たちも見学できるんです。

u_191021_03.jpg

たとえば、レース前に自転車を点検する「検車」の様子を見ることができたり、

u_191021_04.jpg

選手の皆さん専用の売店で買い物することができたり、

u_191021_05.jpg

運が良ければ、ゆるキャラの「かねりん」にも会えるかも!

u_191021_06.jpg

競輪発祥の地として、より多くの方に競輪場を身近に感じてもらおうと始まった取り組みなんです。
みなさん、是非足を運んでみてください!

u_191021_07.jpg


※詳しくは 小倉競輪場 TEL:093-941-0945 までお尋ねください。

投稿者:魚住優 | 投稿時間:15時20分 | 固定リンク


2019年10月18日 (金)今夜の@福岡は、北九州に泊まらナイト!


アナウンサーの魚住優です。
秋の訪れを感じるきょうこのごろですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回の「実感!ドドド@福岡」では、北九州に泊まりたくなる!夜の観光特集をお送りします。

u_191018_01.jpg
(福地キャスターと、泊まら“ナイト”ポーズです)

番組で紹介の、北九州の夜景を見るための交通手段やツアーの概要はこちら!

★皿倉山からの夜景を見るには…「皿倉山ケーブルカー」
〇山のふもとまではJR八幡駅からシャトルバス(無料)
〇ふもと→山頂はケーブルカーとスロープカー
・毎日夜10時までの特別運行中(11月4日まで)
・料金(往復)大人 1200円 小学生以下 600円
※詳細は、「皿倉登山鉄道」tel:093-671-4761までお尋ね下さい。


★夜景スポットを巡るバスツアーに参加するには…「ぐるっと関門夜景バス」
〇10月5日~来年3月14日の土曜日(11月と12月は金曜日も運行)
〇コース例 小倉駅(午後6時)→門司港レトロ→下関市の火の山公園→小倉駅(午後9時頃)
・基本料金 1500円(北九州市・下関市に宿泊すると500円引)
※料理などのサービスを付けると料金が変わります。
詳細は、門司港レトロ総合インフォメーション(tel:093-321-4151)までお尋ね下さい。

★工場夜景を堪能するナイトクルーズに参加するには…「関門汽船」
〇毎週土曜日・日曜日に運航
〇JR小倉駅近くの小倉港出港(午後6時半)→洞海湾を周回して帰港(約2時間)
・料金 大人2500円 子ども(小学生)1250円(北九州市内に宿泊すると1割引)
 「関門汽船」連絡先 tel: 093-331-0222

★そのほか北九州の観光情報は・・
〇北九州市総合観光案内所 tel:093-541-4189 (午前9時~午後7時)まで。

みなさん、ぜひお楽しみください!

投稿者:魚住優 | 投稿時間:19時30分 | 固定リンク


2019年08月07日 (水)ブログではお初です。魚住です!


春から「実感ドドド!」のMCを担当している魚住優です。
ブログではご挨拶ができていなく、申し訳ありません…

福岡に来てからというもの、取材・プライベート関わらず九州中を巡っています!(沖縄は9月までに参る予定です)
以前から「九州・沖縄に赴任したい」と思っていたのですが、取材をしたりゆっくり過ごしたりすることで、ますます魅力を感じています。

制作陣とともにいい番組をお届けできるよう精進してまいります。
どうぞ「実感ドドド!」よろしくお願いいたします!!!

dododo_190805_01.jpg

(写真の題字は、熊本地震の直後から取材でお世話になっている益城町在住の書道家の方からいただいたものです)

投稿者:魚住優 | 投稿時間:12時21分 | 固定リンク


ページの一番上へ▲