2021年10月

綾自慢!匠の逸品


はっけんTVの柴田文子です。

21日の放送では宮崎県綾町で作られた工芸品についてご紹介しました。

お話を伺ったのは、現役の染織職人・二上拓真(ふたかみたくま)さん

大学時代に今の工房を訪れたのがきっかけで染織の道へと進まれたそうです。

 

スタジオには綾町にいる3人の現代の名工の工芸品をお持ちいただきました!

ayakoge.jpg

まずは、ガラス工芸作家・黒木国昭さんの作品。

kuroki.jpg

黒木さんは西洋のガラス素材に和の絵柄を取り入れ、唯一無二の作品を作ります。緑色に光り輝いている大皿の綾切子は綾町の針葉樹林をイメージしているんだそうです。ガラスの中に綾町の美しい原風景を見ているようでした。

 

続いては、碁盤や将棋盤を作る盤師・熊須建一さんの作品。

kumasu.jpg

国産のかやの木から分厚い盤を切り出す「木取り」や、日本刀で升目を入れる「太刀盛り」には熟練の技が見られます。弾力性に優れたかやの木は駒や碁石の衝撃を吸収するので、一日中対局しても疲れることがないんだそう。実際に様々なタイトル戦で使われています。

 

そして最後は二上さんの師匠でもある秋山眞和さんの作品。

akiyama.jpg

藍色が色鮮やかな着物。秋山さんの工房では蚕の飼育から糸引き、染め、織りに至るまですべての工程を手仕事で行っています。秋山さんの下で毎日藍と向き合っている二上さんの手の爪は藍色に染まっており、仕事への情熱を感じました。

 

来月20日から開催予定の「綾工芸まつり」では綾町の工芸品が一堂に集まります。期間中は作家自らブースに立ち直接会話ができるので、毎年多くの方でにぎわうそうですよ。

今年は40周年の記念の年で、数量限定の来場者プレゼントも予定しているということです♪

投稿者:柴田文子 | 投稿時間:16時24分 | カテゴリ:はっけんTV・ラジオ | 固定リンク


みなまた和紅茶


はっけんTVの柴田文子です。

昨日の放送は熊本県水俣市の和紅茶の話題でしたが、ニュースのため紹介が途中までとなってしまいました。ここでは改めて和紅茶の魅力をご紹介します!

90年ほど前からお茶の生産が盛んだった水俣市では、もっと多くの人に親しんでもらおうと「みなまた和紅茶」作られ始めました。

「和紅茶」とは日本で育った茶葉を使い、日本で加工されたお茶のことを言います。

茶葉が作られる土地や気候の違いで風味の違いを楽しめるそうで、外国産のものとはまた違った味わいがあるんだそうです♪

IMG_8491.jpg

wakocha.jpg

そして!和紅茶になじみのない方でも気軽に楽しめるイベント「第3回九州和紅茶サミットinみなまた」が今月31日に開催されます。

1000円の協賛金を出すと有田焼のティーカップがもらえ、地元熊本はもちろん、鹿児島、宮崎の16店の出店ブースで飲み比べができます。

何杯飲んでもOKということですので、お好みの紅茶を見つけるにはぴったりの企画です!!

また、地元で人気の3店舗のパティシエが紅茶に合うように考案した「みなまたスイーツ」のプレートがお手頃価格で味わえます。チョコレートケーキ、チーズケーキ、あんバターがサンドされたスコーンがワンプレートになっている何とも幸せなプレートです。

その他にもイベントではお茶の古木で作る「茶さじ作り体験」などもあります。

道具もこだわるといつものティータイムがよりぜいたくなものになるかもしれません♪

kochasweets.JPG

和紅茶を飲んだことがないという方もぜひこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか^^

投稿者:柴田文子 | 投稿時間:19時27分 | カテゴリ:はっけんTV・ラジオ | 固定リンク


たちうおの田楽


「旬の魚!いただきます」

10月8日の放送ではたちうお(長崎県産)を使った田楽を教えてもらいました。

塩焼きにしたたちうおにほんのりゆず胡椒が香る田楽みそをつけて、ご飯が進むこと間違いなしです!

dengaku.jpg

たちうおの田楽(4人分)

たちうお(ぶつ切り)…4切れ 

山芋(1cmの輪切り)…4切れ

なす(1cmの輪切り)…4切れ

こんにゃく(1cm幅の短冊切り)…4切れ

塩…少々 

サラダ油…大さじ2

<田楽みそ> 

麦みそ…40g 

みりん…大さじ4 

砂糖…大さじ1 

ゆずこしょう…小さじ1/2

作り方

(1)たちうおは背びれを取り除き、両面に包丁で切り込みを入れ、塩少々で下味をする

(2)フライパンに油をいれ(1)・山芋・こんにゃくの両面を色よく焼く

(3) 小鍋に柚子こしょう以外の田楽みその材料を入れて火にかけ、つやがでるまで混ぜながら練り上げる。火を止めてお好みで柚子こしょうを混ぜる 

(4)器に(2)を盛り表面に(3)を塗る

 

さらに!たちうおを使って簡単に作れるもう一品ご紹介いただきました。

外はサクッと中はふっくら。下味なしで塩やレモンをかけていただくのもおすすめです♪

tatuta.jpg

たちうおの竜田揚げ(4人分)

たちうお…1/2尾分  

かたくり粉・揚げ油…各適量 

<下味用>

しょうゆ…大さじ2

みりん…大さじ1 

しょうが・にんにく(すりおろす)…各小さじ1

作り方

(1)ぶつ切りにした太刀魚に調味料を揉みこみ、5分ほど置く 

(2)(1)にかたくり粉をまぶして、170℃の揚げ油で色よく揚げる

 

投稿者:柴田文子 | 投稿時間:18時35分 | カテゴリ:はっけんTV・ラジオ | 固定リンク


ページの一番上へ▲